2008年11月30日

デルピエロ250ゴール


■Juventus 4 - 0 Reggina
Camoranesi 27 (J), Amauri 44 (J), Chiellini 62 (J), Del Piero pen 74 (J)
この試合、悪天候の中で行うのを見越して、学生は5ユーロで入場できる、というキャンペーンをやってたそうです。それにしても寒そうでしたな〜。天気は、みぞれから雪。後半はピッチがシャーベット状の雪でおおわれ、誰も行ってない場所は白く残ってたりして・・そんな中でユーヴェ、勝ちました。デルピエロはユーヴェで250ゴール目をきめてます。カモは右肩を負傷していて途中交代。ゴールをきめたあとも、こっちの肩には触るな!と言ってたそうです。キエリーニ君は頭で初ゴール。


ラニエリ監督
「うちの目標は、昨シーズンの順位、3位から上を目指しています。ス○デットが目標、などと口にしたら、次の試合は必ず負けてしまいますので。優勝のプレッシャーは、インテルにお任せします。私だけでなく、うちでは会長から用具係まで、全員が、優勝はインテルかミランだと言っています。メディアの皆様、誤解のないように。たとえばですよ、ブッフォンが2位を目指していると、皆様お思いですか?もちろん、そんなことはありません。でも、インテルとミランは優勝を目指す。私たちは、トラブルを解決しながら出来うるベストを目指す。それ以上のものはボーナスです。今私たちはより多く得点できるようになっていますが、大事なのはチャンスを作ることです。昨シーズンより、チームは馴染んで纏まっています。」
ジョビンコの貸し出しですか?それは昨シーズンやりました。このシーズンは、他のクラブで20試合出場するより、このユヴェントスで自分の出場チャンスを掴むことです。決して楽な目標ではないですが、ここでは目標を高く設定し、より力を発揮するよう努めるのが常なんです。私たちがこのシーズンジョビンコを呼び戻したのは、それだけ信頼しているからですよ。まだポジションも確定していません。二人目のストライカーも出来るし、エンポリでやっていた4−4−2の左側もできる。だから、私はネドヴェドの後継者をまだ決めていないんです」

デルピエロ
「いいプレイが出来たときは、ゴールが決まってなくても僕は嬉しいですよ。もちろん、ゴール決まったならもっと嬉しいです。やっぱり、決まれば嬉しいですよね。記録は二の次です。スクデット?いや、僕の目的はもっと上手くなることですよ。明日?家で家族と過ごします。それから、インテル=ナポリがどうなるかですね」
(・・デルピエロ、記念の250ゴールですけど、寒かったんでしょうかね。今日はゴールあとの「べろりんちょ」アクションはなしでした。代わりといっちゃナンですが、STAMPAで見つけた「べろりんちょバナー」を持つおにーさん。)


ブッフォン、怪我は回復に向ってます。移籍の噂について。
「うぃっす!最近やっと練習できるようになったっすよ。最初ちょっと走ってみたら。なんだか、自分、爺さまになったみたいっていうか、シーズンはじまる前みたいな感じっす。マンCっすか?全然。俺には、誰もなんにも言ってきてないっすよ。考えたこともないし。」

レッジーナのオルランディ監督
「2点目をとられたときに終わってたな。気持ちの問題ですよ。ホームではインテルに2−0にされても元気はあったけれど、今日はそのへんが問題です。フィジカルでも、戦術でもない。ユーヴェはスクデットを狙えるチームですよ。技術的なことはもちろん、タイトルを目指すのが常のチームだから、そのへん心構えができてます。」

■Catania 1 - 1 Lecce
Paolucci 61 (C), Castillo 69 (L)
不調同士の対戦、引き分けました。

■フィオレンティーナのディフェンダー、ゴッビが練習中に顔面を2ヶ所骨折。長期離脱になりそうです。

■ラツィオは厳しい3連戦を控えてます。日曜にはアウェイでアタランタ、水曜はミランで次の週末はインテル。
ロッシ監督
「いやはやイベント続きでね。一番大事なのは、最初にくるアタランタです。ベルガモの雰囲気は特別で、アウェイだとやりにくいこときわまりない。アタランタはいいチームですよ。ドーニやフロッカリの個人力に頼ってないです。それにしても、アウェイに応援団が来られないのはつらいね。ほんのわずかな常識知らずのために、大多数のファンがえらい迷惑を被っている。」

■インテルのモウリーニョ監督、ドログバを語る。ドログバはインテル入りの噂もあるらしいです。
「ああ、私の息子のようなもんですよ。はっきり覚えている。私の希望でドログバがチェルシーに来た日のこと。ウェンブレーでのカップ戦決勝の日のこと。優勝したときドログバはチームメイトより先に私をハグしたんです。でも今もチェルシーの選手ですからね。他のクラブにいくチャンスもあるのに自らチェルシーを選んで残っている。だから私も他所の選手のことはあまり語れないし、それにここ数ヶ月は話してないです。最後に話したのは、チャンピオンスリーグが始まったころかな。なにより、私は自分のところの選手のことで忙しい。クレスポ。クルーズ。アドリアーノ。イブラヒモビッチ。既にこれだけ居るんだから、チェルシーであまりいい状況ではないのはわかるけれどね。そのようなわけで、ドログバとは依然いい関係ではあるけれど、それ以上でもそれ以下でもないですよ。ドログバが自分のレベルに相応しく、楽しくプレイできるようになるよう祈ってます。」

■イタリア代表は来年6月にコンフェデレーションカップに出場するんですが、その時のユニフォームは、いつもより薄い色で、ナポリかウルグアイさのユニフォームぐらいの色合いの、青というより濃い水色になるそうです。で、更に、パンツが茶色になるそうなので、かなり見慣れない状態になりそう。う〜む。ちなみにキットを提供するのはプーマ。

posted by かや at 09:49| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

インザーギ語る。


■ローマは11月4日のチェルシー戦の際、お客が発炎筒を焚いたりしたので、CL決勝開催の資格剥奪?の噂がでたそうですが、予定通り行われます。
UEFAのスポークスマンのゲイラードさん
「噂にすぎません。どこからそのような馬鹿げた話が出てきたんでしょうかね。オリンピコの安全対策は確認済みです。過去最高の決勝になるでしょう。」

■ユーヴェ、今週はレッジーナと対戦します。
ラニエリ監督。
「レッジーナは2連勝中で、いい試合をやるチームです。闘争心をもって、焦点を絞って対峙しなければ難しい試合になるでしょう。今は、この試合だけに集中し、110%の力を出して臨みます。ジョビンコの移籍?理由がありませんよ。よくやっているし、私のファーストチョイスの1人です。それにメディアは常に人の興味を集める見出しを考えだすものですから」

■ミラン、インザーギがポーツマス戦のゴールについて。
「特別なゴールだよね、だって2−0から2−1になったけど、もう時間なくって、そんな時にファンの目の前で、キャプテンマークつけてゴール決めるなんて、だいたいキャプテンの腕章もらったの、僕はじめてなんだもの。だから、ホントに特別じゃないですか。UEFAカップの試合だってなんだって、ホント嬉しいです。いつも一所懸命練習して、皆に信頼されてるの自覚してます。若い選手もたくさんいて、環境いいし居心地もいい。ミランに居るって凄く楽しいです。もうすぐ300ゴールになるけど、もし達成したらお祝いだな。自分の最初のゴールも、昨日のみたいな感じだったの覚えてますよ。随分前のことだけど。・・これ以上キャリアで望むこと?もう、ないよ。チャンピオンスリーグの決勝で2ゴール決めて、クラブワールドカップ決勝でも2ゴール決めて、もうこれ以上何にも望むことないです。こんな凄いチャンスと感動くれた神様に感謝してます。」
「欧州カップ戦のゴール数?数えてますよ。でも他人のまでは知らなかった。それに、トヨタカップのゴールはカウントされないんだってね、だから去年のヨコハマできめた2点ははいってない。でもどうでもいいや。ラウール?僕より若いからね。僕の数字は抜かれると思うよ。」

ミラン、ポーツマス戦は同点ゴール決めたインザーギだけでなく、ロナウジーニョもPK決めて貢献してたのでした。
ロナウジーニョ
「フリーキック、すっげえ練習したんだぜ。練習の甲斐があったぜ。これまでもスペインで、上手い人集まったクラブにいたけど、ミランは、とにかく楽しいんだよ。皆で助け合ってさ。俺って結構チームメイト助けるのってすきなんだ。真面目に練習して、もっとゴールきめて、ミランのためになりたい。パローネドーロ?いや。今一番大事なのはミランでタイトルとることだから。チームのためにやった結果、自分も賞もらえるなら嬉しいよ。バルセロナで最悪の1年のあとだったから、ミランで、考えられる最高のスタートできたし、それにここ、想像してたより、全てがもっといいんだ。もっと頑張るぜ!って気にあなるよ。だって俺もみんなと同じで、ここの主役の1人だって思えるんだもの。デルピエロ?俺のアイドルだね。ずーっと見てるよ。凄いよな。チャンピオンだよな」

posted by かや at 09:22| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

ピッポすげー!



■Portsmouth 2 - 2 Milan
Kaboul 62 (P), Kanu 73 (P), Ronaldinho 84 (M), Inzaghi 92 (M)
いや〜・・管理人は毎日7時30〜40分ごろに出社、業務開始の8時40分までは比較的ゆっくりできるんだけれど、今日はなんだか、机のカギを忘れたから貸してくれだの、ダンボール箱をくれだの、不慣れな配送屋さんが間違って当社に別の会社の荷物もってきただの、扶養・保険料控除申請書の書き方がわかんないだの、インフルエンザの予防注射したいんだけどこのへんで良さげな医者はないかだの、シュレッダーが詰まったからペンチ貸してくれだの(・・シュレッダーの奥のほうに紙が詰まっちゃったとき、ペンチではさんで引っ張ると、上手くやると、引っこ抜けるんですよ。荒業だけど、結構効果あり。特に上手い奴がいてね。時々電話で出動要請してます(笑))朝いちからやたらガタガタしていて、ところでミランはどうなった、と、PCを立ち上げたら引き分けてるじゃないか!!それも、同点が92分にインザーギですよインザーギ。
インザーギ、なんと、決めたとき、キャプテンマークつけてたらしい。
「3回も枠に当てて、今日は入らない日かもしれないって思いはじめたけど、やっぱ信じてよかった。神様は見てた。92分になって願いかなえてくれたよ。ミランのキャプテンとして試合に出て、ゴールきめて、欧州カップ戦史上最多の、ラウールのゴール記録塗り替え(65ゴール)なんて最高じゃないですか。やっぱヨーロッパのカップ戦はミランにとって大事なんです。どんなトーナメントでも決勝やりたいです。だから、今日は次のラウンドに進めるのが決まったことが、一番大事なんです」

アンチェロッティ監督
「ピッポ?そうね、昨日ラウールが決めたからねえ。気合はいったんじゃないですかね。でもねえ、あんな土壇場で決めるなんて、ピッポしか出来ませんがな。全員勝つと信じていて、その思いを最後の最後に点にしたんですがな」

インザーギがゴールを決めたのはザンブロッタのクロスからでした。
ザンブロッタ
「だから俺のクロスが最高だったの。冗談だよ。ピッポだから決めたんだよ。ペナルティエリアじゃまじ最高の仕事人だからさ。ゲームセットギリギリで貴重な引き分けできたから、すっげえ嬉しい。」

■ユーヴェ、1月にウエストハムかジェノアかパレルモに貸し出し?の噂のジョビンコですが、ディレクターのセッコさんは1月の売却はない。と発言してます。

ユーヴェはバイエルンのシュバインシュタイガーの獲得を考えてる、というのはよく出てくる噂で、たしかにあの迫力なら、ネドヴェドの後継者として申し分ないです。思えば、ネドヴェド以前にいたのは、ダービッツだもんな。うん。本人も大いに海外でやってみたいという発言があります。ところがですよ、そのシュバインシュタイガーは嫁に弱い。嫁はドイツ人でモデルやってる、サラ・ブランドナー。国内では知られてるそうですが、海外ではあまり知名度がない。ということで嫁はドイツで仕事を続けたいので、はたしてシュヴァインシュタイガーは海外に出るだろうか?という話でした。ちなみにシュヴァインシュタイガー、バイエルンとの契約は6月まで。契約切れ前半年の1月になったら、どこと契約してもOK、ということになってるんだそうです。

■ミラン、来年の夏に獲得したいのはローマのメクセスかマドリーのセルヒオ・ラモス。そのためにカカを売って現金化、というとんでもない噂が出てます。売却先は・・そう。噂のマンCです。

タグ:ミラン
posted by かや at 21:05| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UEFAカップ経過と結果など

■イタリア代表監督リッピさん、ローマでここ数試合大活躍のブリギ27歳について。この選手、ボローニャ、キエーヴォ、パルマ、ブレシアと、プロビンチアを渡り歩いてきた実力者です。いまいち華やかさはないけど、いい仕事やってます。
「ブリギですか。大変真面目で熱心な青年です。この調子で活躍を続けてほしいものです。・・カッサーノですか。・・代表召集者を決めるのは私です。説明は必要ないでしょう。カッサーノは確かに実力を否定されたことはないでしょうが、決めるのは、私です。」

■ユーヴェのトレゼゲ。9月23日に両方の膝の手術を行いましたがかなり回復してきてます。今はフィットネス調整中。1月には復帰予定ですが・・ご存知のとおりデルピエロもアマウリも絶好調。ジョビンコ君もいい仕事やってます。ちうことで、もしかしたら移籍?の噂。行き先はファン・ニステルローイが抜けたマドリー?・・あ、そっか。トレゼゲもCL出てないじゃん。

■クルージュに勝った試合のあとトッティ。
「あ?嬉しいけどな、まだまだ。喜んじゃらんねえよ。最後のボルドー戦は絶対負けらんないからな。このまま勝ち抜けるには勝つっきゃない。出だしはさんざんだったけど、がんばったぜ。あ?もし1位ぬけしたら、また皆にめしおごるかって?人のおごりだとやたら食う奴もいるけど、こないだ奢ったあとダービー勝ったしな。そうだな。またやるか。」

■ミランはUEFAカップでポーツマスに行ってます。
カカ
「俺、ポーツマスって来るの初めてなんですよ。イングランドは広いね。俺、知らないことばかりです。え?ここのスタジアムがプレミアリーグで一番小さいんだ。でもファンがすごく近いね。いいおおきさじゃないの。でも近すぎるのは却って選手にはやりにくいかもな」

アーセナルからミランに来たフラミニ、フランス出身。
「初めてきた国でいきなり実績だすのは難しいですよ。自分としてはコンディションはいいんだけど、まだ周囲から信頼されるまでにはなってない。そのためには自分が100%なら、ずっと、続けていい仕事しなきゃいけない。目標?レギュラーです。その前にチームのみんなと、ミラン流のやりかたをもっと理解しなきゃいけないです。アーセナルとは全然違うんだよね。ポーツマス?よく知ってるよ。あそこはディフェンスが強くて、長いパス通してくるから気をつけなきゃいけないです。セリエAとプレミア、どっちがすきかって?どっちも難しいリーグだけど、イタリアのほうが戦術が細かいです。イングランドは最初から攻めあいだね。」

■そのUEFAカップ、サンプドリアとミランが試合中です。
まだポーツマス=ミランは終わってないですが、なんと2−0でポーツマスが勝ってるんだよね・・得点者kanuってなってますが、ヌワンコ・カヌ?!
メンバーはこうなってます。終盤、カカシェヴァに変えて、パトとロナウジーニョが出てます。う〜む超超攻撃的テンプレートだが・・

PORTSMOUTH: James, Jonhnson, Kaboul, Distin, Traorè; Bouba Diop, Little, Hughes, Belhadjd; Crouch, Kanu.

MILAN: Dida, Zambrotta, Senderos, Favalli, Antonini; Gattuso, Emerson, Flamini, Kakà, Sheva, Inzaghi.

もう1試合、サンプドリアはシュトゥットガルトと対戦、引き分けました。
Sampdoria-Stoccarda 1-1
Marcatori: 8' pt Marica (St), 39' pt Sammarco (Sa)

(しっかしイタリア語表記のドイツの地名はわからんね〜(笑)。ストッカラーダって、どこだっけ、ストックホルム?ちゃうちゃうちゃう。選手の名前がドイツだし。あ、シュトゥットガルトでした。ってな・・モウリーニョさんが「ロモナコさん」騒ぎでちょっと有名にしてくれましたけど。ミュンヘンなんかMonacoだもんな。)


■セリエB、パルマで活躍中のルカレッリ。フィオレンティーナに?


タグ:ミラン
posted by かや at 06:50| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

今年もこの季節がやってきました

そうなんですよ〜。中華まんのおいしい季節になりました。

コンビニで、「2番目にお待ちのかたどうぞー」と言われて、行ったレジが中華まんのあるとこだと、
ついつい、買ってしまうのだ!

先週、日本橋コレドのすぐ裏手に□ーソンが出来たので、
とりあえず新しいものが出来ると行ってみる管理人、さっそくお昼を買いに行き、
レジ前の中華まんケースの中で、みつけてしまったのがこれだー!

081127_114336_M.jpg

きん肉まん

残念ながら「キ」が薄くて「ン肉まん」でしたが(笑)。

持ち帰りながら、これ、中身はなんだろう・・と考え、
ま、まさか、牛丼=牛肉+たまねぎ+ごはん+紅しょうが?

と、おそるおそる齧ってみたら、牛肉とたまねぎでした。米つぶもはいってるそうですが、わからなかったです。
よーく煮込んであって、タマネギとろとろ。少し甘めですが、結構美味しいです!

でも、一度食べれば、いいかな〜(笑)。
次はキーマカレーまんにしよう。


posted by かや at 20:11| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CL試合後のインタビューなど

■インテル、パナシナイコスに負けてしまったモウリーニョ監督。でもシーズン始まって、全てのトーナメントひっくるめてもこれが2敗目だっていうからやっぱすごい。
「今日は、出来が悪かった。試合前に選手たちの意欲を高めるべく策をとったのですが、奏功しませんでした。負けても仕方ないな。いわば血液ガッタガタ心技体ガッタガタ症状ですかね。7,8人もが気分が乗らず動きが緩慢でした。これは問題です。試合をやるなら常に高レベルを目指すべきなんです。ったく何人交代しなきゃならんのか、悩みましたよ。スタンコビッチ?ユーヴェ戦の疲労が残っているので今日は休ませました。なにはともあれ、今日は集中力が問題だった。メンタルケアをなんとかしなければなりません。現在私達は運も助けもない状態で、カンピオナートでは首位を維持しています。チャンピオンスリーグでは運には、恵まれています。しかしホームで1−0の負けはいただけない。予選通過は決まったとはいえ、監督の私から選手一人ひとりから、今日は安心して家に帰ってはいけない試合です。まだ突破できるかわからないまま、ブレーメン戦をむかえたほうがマシだったな。まあ、抜けたところで2位通過になりそうなビッグクラブもあまたありますからな」

モラッティ会長、ドログバ獲得?について。
「いや、私は何も存知あげません。テレビでこの話を知ったぐらいです。モウリーニョさんからの要望もありません。ランパードは欲しいと申しておりましたものの、残念ながら獲得できませんでした。もっとも、本人から望んでインテルに来ることはありかもしれません。その場合?誰かを手放すべきだと思います。ではごきげ・・はい?イブラヒモビッチは、チャンピオンスリーグで1年ゴールが決まっていない?理由はカンタンです。昨シーズンは早々に敗退してしまった、それだけです。今年は違う結果になることを希望します。ではごきげんよう」

■インテルと対戦したパナシナイコスのテンカテ監督は、CLでは3試合連続負けなし。最終戦は勝ちぬけをかけて、ホームでアノロソシスと対戦です。いやーケツバイア監督のアノロソシスか。面白い試合になりそう。
「私達は獅子の如く勇敢にインテルに挑みました。幸運にも恵まれたと思いますが、勝ちに値する内容だったと思います。私のチームはこれで80%といったところです。まだ改良の余地あはります。次はもっと上手くやります。選手たちも互いに学び、私もまた選手たちから多くを学びました。心の問題です。チーム全員が心を一つにして試合に臨む。そうすれば、何でも可能になるんです」

■ローマ、危機説はどこへやらで、現状ではグループ1位じゃないですか。もっとも、最終戦でボルドーに勝ったら1位抜け、引き分けたら2位抜けですが、負けちゃったらCLはおしまいになってしまう。らしいです。う〜む。
スパレッティ監督
「常々申していますが、このチームには高い実力があるんです。今日は嬉しいことにもてる力をそのまま発揮できました。いい動きで、勝ちに相応しい内容でした。若干のミスもありましたが、チャンスも多かった。ブリギですか?相手ディフェンダーを霍乱しただけでなく大いに攻めました。心身の強さが発揮されました。私は、一位抜けでもさほどの大きなメリットはないと思っていますが、それでも嬉しいです。自力で危うい状況を乗り切ることが出来ました。今後も現状に甘んじることなく冷静に対応する所存です」

■フィオレンティーナは残念ながらここで敗退。
プランデッリ監督
「私たちは胸を張ってチャンピオンスリーグを去ります。ビッグクラブと対戦した経験は、必ずや今後の糧にになるはずです。良い経験をしました。フィオレンティーナには洋々たる前途があります。私たちはまだ発展途上にあります。このトーナメントも、ステアウア戦以外は大変良いフットボールが出来た十見ます。私は試合の後選手達にお礼を言いました。全員が、これ以上望みようがないほど力を尽くしました。こうして初めてのチャンピオンスリーグは終わってしまいましたが、世界屈指のトップクラブと対等に戦うには経験も必要でした。心を開いて新しいものに挑戦することは、将来につながります。前向きにとらえ、更に前進します」

■ユーヴェのキーパー、マニンガー。いや〜想像以上の仕事してくれてるねえ。
「いやー寒かったですよ。とにかく寒いかったー!ピッチは凍って固いし。厳しい試合でした。でもどんな状況でもきっちりやりますよ!プロだからね。結果は出せたし、安心してトリノに帰ってきました。俺、最高レベルでやりたいからユーヴェに来たのね。だからチャンスもらえて本当に嬉しいです。すごく充実してます」
posted by かや at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンピオンスリーグ結果など


結果だけでスイマセン。インテルは負けちゃったんですけど、勝ちぬけきまり。う〜むアノロソシス恐るべし。で、ローマ、ブリギが救世主になってます。先々週ぐらいから絶好調だねえ。ドッピエッタです。

■Girondins Bordeaux 1 Chelsea 1
Scorers:
Girondins Bordeaux: Alou Diarra 83
Chelsea: Nicolas Anelka 60
Red card: Frank Lampard (Chelsea) 86

■CFR Cluj 1 AS Roma 3
Scorers:
CFR Cluj: Yssouf Kone 30
AS Roma: Matteo Brighi 11, 64, Francesco Totti 23

■Atletico Madrid 2 PSV Eindhoven 1
Scorers:
Atletico Madrid: Simao Sabrosa 14, Maxi Rodriguez 28
PSV Eindhoven: Danny Koervermans 47

■Liverpool 1 Olympique Marseille 0 - result
Scorer: Steven Gerrard 23

■Anorthosis Famagusta 2 Werder Bremen 2
Scorers:
Anorthosis Famagusta: Nikos Nikolaou 62, Savio 68
Werder Bremen: Diego 72 penalty, Hugo Almeida 87

■Inter Milan 0 Panathinaikos 1
Scorer: Jose Sarriegi 69

■Sporting 2 Barcelona 5
Scorers:
Sporting: Miguel Veloso 65, Liedson 66
Barcelona: Thierry Henry 14, Gerard Pique 17, Lionel Messi 50, Marco Caneira 67og, Bojan Krkic 73pen
Red Card: Rui Patricio (Sporting) 71

■Shakhtar Donetsk 5 Basel 0
Scorers: Jadson 32, 65, 72, Willian 50, Yevgen Seleznov 75

■サンプドリアのウィンガー、スタンケビシウスはリトアニア出身。セリエBのブレシアから来ました。今期11試合先発。リトアニアの08年最高選手に選ばれてます。ちなみにリトアニア第2位になったのはボローニャのダニレビシウスだそうです。

■カターニアで活躍中のキーパー、スピネージ。失点すくないです。05−06は20失点、06−07は17失点。ゼンガ監督のカターニアの底堅さの一因でもあります。が。もしかしたら冬の間に別のキーパーが来て、ピサかグロセットに貸し出しになる?というちょっともったいない噂があります。

■ブッフォン→マンC?の噂についてサッキさん。
「なにをおっしゃいますか。イタリア屈指のカネ持ちクラブですよユーヴェは。ブッフォンを売らなきゃならんほど困ってるわけないでしょ」

■フィオのキャプテンのダイネッリ。リヨン戦でふとももの筋肉を痛め、2週間アウト。でもCL予選の最終戦にはまにあいます。フィオはもうCLには出られないけど、まだUEFAカップの望みがある。がんばれー!

■UEFAカップでミランと対戦するポーツマスのキーパーのジェームス。
「ポーツマスにとっては、空前にして絶後の大試合だと思う。俺、ここにきたとき、ポーツマスの歴史にのこるようなこと、何かやってやろうって思ってたの。これだぜ。フラットンパークに、ミランが来るんだぜ。考えつく限りの、超ビッグゲームじゃん。この試合はうちの関係者にもファンにもずーーーっと覚えててほしい試合にしたい。ぶつかって砕けろだよ」

■リヴァプールで活躍中、シャビ・アロンソ。ユーヴェ行きの噂があったけど、ティアゴ復活で噂は消えそう。
「夏にユーヴェから話があってさ。彼ら、リヴァプールまで来たわけ。でも夏によくある類の話でさあ。どこのクラブもやってる程度のことで結局俺はここにいるわけで、俺のほうはあんま興味はなかったから。でもイタリア行きの可能性はゼロじゃないし、スペインに帰るかもしれないし、先のことはわかんないよ。でも今俺はリヴァプールに全力だ。これだけは、確かだよ。ユーヴェ?苦しいところ耐え抜いて元にもどったからね。そういうの含めて、強さはハンパないよ。底堅いし、コンパクトにまとまってるし、キメるとききちんと決める選手もそろってるしね。え?ラニエリ監督は俺はスピードがないって?うーん。俊足ではないな。たしかに。でも他の面でカバーできてると思うよ」

■あの人は今!元ラツィオ、ユーヴェにいたマルセロ・サラス、チリ出身34才。チリに帰ってウニベルシダド・デ・チリで現役やっていたんですが、引退を発表したそうです。


posted by かや at 06:50| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

今日は飲み会でした

今日は怪しいおみやげ・・081126_145638_M.jpg

081126_150304_M.jpg

京都(ねぎ焼き味じゃがりこ)と、水戸(なっとう味うまい棒・・名前ほどとんでもないモノではなかったですよ!)・・を2件いただきました。なっとう味のほうは、バックの雑誌のほうが怪しい?

081126_195024_M.jpg

夜は飲み会でよっぱらいました〜


081126_205124_M.jpg
世間はもうクリスマスなのね〜。

posted by かや at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャンピオンスリーグ結果

■チャンピオンスリーグ結果。ユーヴェ、マドリー、リヨン、アーセナル、マンU、ヴィジャレアル、は勝ちあがり決定。

■GRUPPO E
Aalborg-Celtic 0-0
AaB Aalborg: Caca 73, Gary Caldwell own goal 87
Celtic: Barry Robson 53

Villarreal-Manchester United 0-0

■GRUPPO F
Bayern Monaco-Steaua Bucarest 3-0
Miroslav Klose 57,71, Luca Toni 61

Fiorentina-Lione 1-2
15' pt Makoun, 27'pt Benzema, 45'pt Gilardino

■GRUPPO G
Arsenal-Dynamo Kiev 1-0
Nicklas Bendtner 87

Fenerbahce-Porto 1-2
19'pt, 28'pt Lopez Kazim Kazim 63

■GRUPPO H
Zenit San Pietroburgo-Juventus 0-0
管理人、珍しく寝過ごしました(爆)。今日は飲み会なので(多いです・・)ビデオをセットしとこうかと思ったんですが、丁度帰ったころに面白そうなフィオ=リヨンが始まるのでそっちを見よう〜。ということで、見るのはしばらく待ちます。メルベリ、カモ、イタクィンタ、デルピエロ。いいチャンスはあったんだけどな〜。・・ともあれ最終バテ・ボリゾフ戦を残してグループ抜けはきまってます。シソコが警告累積で次に出られません。

ユーヴェ、ラニエリ監督
「3ポイント獲得するつもりだったのですが、運に恵まれなかった。4、5回中盤から組み立てていい機会を作ったのですが。土曜はインテルに完敗でした。今日も、ゼニトはよくやりました。私達も調子は悪くありませんでした。デルピエロのシュートは入ったとおもったんですが・・次回に期待しましょう。マルキシオ?よくやりましたよ。シソコとの連携もいいでしょう。ジョビンコ?いい状態で試合が進んでいたので、今日はあまり活躍の場がなかった。ですが、練習熱心で大変好感がもてる選手です。またチャンスはあります。1月の補強?お教えしましょう。大物を予定していますよ。トレゼゲです。」


ユーヴェ、ディフェンダーのメルベリ。
「特に試合開始直後にチャンス随分あったんだけどなー。でも、接戦だったな。勝てたかもしれなかったけど。相手が勝ってもおかしくなかった。だから引き分けで妥当なのかもな。ヘディングシュート?だろ?俺も入ったと思ったんだ、まじで。惜しかった。チームの皆とはうまくやってるよ。キエリーニとは仲いいよ。あいつ上手いね。すごいわ。」


ミランはUEFAカップでポーツマスと対戦します。ポーツマスっていえば。最近、猫ひろしって出てこないですね・・おいといて。ともあれミラン、マルディーニとヤンクロウスキとボリエーロは遠征参加しません。アンブロ君は戻ってきます。カカは微妙。

インテル。夏にはドログバ獲得?の噂がでています。インテルのディレクターのブランカさんと、ドログバの代理人のメンデスさんがフラムのレストランで会食しているのが目撃されてるそうです。

■Bate Borisov-Real Madrid 0-1
7'pt Raul


■そろそろ年末が近いので、いろんな賞のノミネートなどが発表されてますが、イタリアサッカー協会発表の、そうです!いわゆる'Oscar Del Calcio 2008'今年の最優秀選手賞の候補者が発表されています。このようはプロフェッショナルとして優れた実績を残した、選手、監督、審判に送られます。去年もらったのはカカ。今年の候補は以下のとおり。

Best Italian Footballer: Alessandro Del Piero (Juventus), Daniele De Rossi (Roma), Andrea Pirlo (Milan)

Best Foreign Player: Zlatan Ibrahimovic (Inter), Ricardo Kaka' (Milan), Adrian Mutu (Fiorentina)

Best Goalkeeper: Gianluigi Buffon (Juventus), Sebastien Frey (Fiorentina), Julio Cesar (Inter)

Best Defender: Giorgio Chiellini (Juventus), Phillipe Mexes (Roma), Alessandro Nesta (Milan)

Best Youngster: Mario Balotelli (Inter), Sebastian Giovinco (Juventus), Marek Hamsik (Napoli)

Best Coach: Carlo Ancelotti (Milan), Cesare Prandelli (Fiorentina)
Best Referee: Emidio Morganti, Roberto Rosetti, Massimiliano Saccani.

■スペインのプリメラデヴィジョンの、Olímpica Valverdeñaというクラブ所属のディフェンダー、本名Francisco Javier Herrezuela Arroyo、短くしてグティ君22才が試合中突然倒れて病院に運ばれる前になくなってしまいました。昨年のセヴィーリアのプエルタ選手と同じような状態だったそうです。・・こういう話聞くとホント悲しいね。原因がわかればいいんだけど、改善の余地ってないんでしょうか。・・ご冥福をお祈りします。

posted by かや at 06:48| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

試合は行われる予定。

■ユーヴェがアウェイで試合を行うサンクト・ペテルブルグで火曜朝に市内北部の地下鉄Udelnaya駅近く(ゼニト練習場からあまり離れてないらしいです)で車が爆発し、子供を含む3名が死亡する事故がありました。一時は試合延期も考えられたそうですが、試合前に犠牲者のために黙祷を行い、試合は通常通りおこなわれる予定です。

■ユーヴェ、ジオビンコ君。セヴィージャ、アトレチコ・マドリッド、ウエストハムから貸し出し依頼がきているそうです。ちなみに、ウエストハムの監督はゾラです。

■インテル=リヨン間で、アドリアーノ=ベンゼマの交換?ちなみにリヨンはベンゼマに1億ユーロの値段をつけてるそうです。ということで、5000万ユーロ+アドリアーノで交換?ともいわれてます。

■インテルといえばクレスポ→マドリー、の噂があるけれど、マドリーはもしクレスポが買えなかったらバイエルンのポドルスキーを獲得に向かう?って、ほかにも移籍の噂で名前が出ているのは、ミリト、ハンテラー、シェフチェンコ。オリヴェイラ、アシャルビン、ドログバ、ザラテ、バロテッリ、アデバヨール、ヴチニッチなどなど。だそうです。

タグ:ユーヴェ
posted by かや at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水曜はサンクトペテルブルグ行き

■ユーヴェ、水曜はチャンピオンスリーグ、アウェイのゼニト戦です。なんせサンクトペテルブルグですからね。そりゃ寒いですわな・・現地の気温は0度を下回ってるそうです。あっちにしたらまだまだ暖かかったりして・・

ラニエリ監督
「厳しい試合になるでしょう。私たちはインテルに負けたところではありますが、前向きに考えて、また元の道に戻りたいと思っています。直近のゼニト=スパルタク戦をみたのですが、押しが強い、良いチームです。ベスト16入りを狙っているのがひしひしと伝わってきます。現地の寒さにも負けないようベストを尽くします。カモラネージ?起用するかもしれません。ザネッティとポウルセンもまもなく復帰できますよ」

デルピエロ
「土曜は、どういう結果が出たとしてもおかしくない試合でした。結局僕たちは3ポイントをとり損ねたわけですが、シーズン全体を考えれば大きな痛手ではないし、イタリアダービーの結果はどうであろうと、僕達の目標は変わりません。できる限りの結果を積み重ねていきます。PK?ホームでは100発100中?そんなことはありえないです。たまたま、このところ当たっているだけです。でも寄与しているのはたしかですね。今後もPKのチャンスがあったら決めたいですよ。でも水曜の対戦相手はリーグで苦戦中とはいえ、強豪です。」

レグロッタリエ
「土曜にインテルに負けたけど、そう深刻には考えてないです。インテルは6ポイント上だけど、まだシーズンこれからだってある。インテルだって、去年と俺たちが違うのは分かったと思うよ。これからも、勝てる試合にはきちんと勝って、上との差をつめて。ゼニト戦ですか?勝って、気持ちよくロシアから帰ってきたいですよ。でも、ハンパなく寒いだろうな。こればかりは相手が優位だけど、ウォームアップしてがんばる。」

■ミランのカラーゼはトリノ戦のあと、相手にスポットキックを与えたファリーナ審判に対して「あいつ、何が審判だよ。ルール知らねーんじゃねえのか」発言してしまい、謝罪。
「昨日はすいませんでした。試合の後でまだアドレナリン状態でした。あれは、あの場のあの判定に限っての発言です。すいません。」

■昨今の、ブッフォン→マンCの噂について、なぜか、ヴィアッリ。
「賭け屋で、5・1の確率でマンC行きだって?なるほど。そんなもんだろうな。オーナーがアラブの富豪で、強いチーム作るにはカネに糸目つけないっていうんだからな。俺がブッフォンの立場だったらマジで考えるよ、1300万ポンドったらハンパじゃない額だぜ。でも出てっちゃったらユーヴェはヤバいね。あれだけの選手の代わりったら、ちょっと市場には出てこないからさ」

■フィオレンティーナのパッツィーニは昨シーズン9ゴールを挙げているんですが、このシーズンはジラルデイーノとムトゥが多く起用され、あまり出番がないし、そのせいか実績もいまひとつ。ということで、1月には移籍?の噂がでています。行き先のひとつとしてサンプドリアと共同保有になり、シーズン後半はサンプドリア?という噂があります。
タグ:ユーヴェ
posted by かや at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

塩やきとりパスタ


常にあっしのつくるパスタといえば、「怪しい」がついてしまうんですが・・
まあね。フツーに、ビン入りのパスタソースなんかも買ってあるんですけどね。
なんとなく、それじゃつまらん(笑)

長ネギ3本98円、につられて買ってしまったものの、
まだ冷蔵庫に1本近く残っている・・ということで、パスタに長ネギを使っちまおう!と思い立ち。

で、冷凍庫のお肉のストックで見つけ出したのが「鳥肉からあげ用」
鶏肉とネギといったら、焼き鳥ですな!

ということで塩やきとりパスタ。

ということで、まず、ネギを焼きます。
長ネギ半本を薄い斜め切りにして、オリーブ油をいれたフライパンに入れ、塩を振ってフタをして、弱火で蒸し焼きにすると、
量が減って、白い部分がとろ〜っとして甘みのある、なにげに美味しいモノになります。
ここまでは、何度かやってるので、それをパスタにしようというわけ。
ネギは甘みがでて、ちょっと焦げ目がつくぐらいまで焼き、とりだします。

鳥肉を解凍して一口ぐらいに切り、ネギを取り出したあとのフライパンに入れて焼きます。
ここで、ワインなんかあったらいいな〜(笑)と思いつつ、
コクをだすためにダシ醤油を入れて少し焦がして香りをだし、ネギを戻して塩味を確認、ちょびっとバルサミコを入れたのち、パスタを入れます。
塩味ベースのパスタは、茹で汁も捨てずにとっといて、麺がパサパサにならないようにちょっと入れるのがコツ〜

例によって、パルミジャーノ・レッジャーノを削ってかけ、
焼き鳥なので、七味トウガラシをふりかけて出来上がり。
・・これは、珍しく!美味しかったの。また作ろう!

KIF_40551.jpg


posted by かや at 15:52| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第13節結果など



■第13節終わって順位は以下のとおり。なんとなく、ローマの試合以は、予想外な結果という感じ。えっ。最下位ってキエーヴォ?!
Inter 30 punti; Milan 27; Juventus 24; Napoli 24; Lazio 23; Fioentina 23; Udinese 21; Genoa 21; Catania 21; Atalanta 17; Palrmo 17; Siena 16; Sampdoria 16; Cagliari 14; Roma 14; Lecce 12; Torino 12; Reggina 11; Bologna 9; Chievo 6

■Bologna-Palermo 1-1
20'pt Di Vaio (B), 47' st Succi (P)
ボローニャ、ミハイロビッチ監督
「土壇場で引き分けられてしまったのは残念です。もう1点きちんと決めとけばよかったんだが、これがあるからサッカーなんだよ。うちがローマ相手にギリギリで点いれた、あれの逆だな。でも大事なのは、こういう試合のあとヘコたれちゃいけないことだ」

パレルモ、バッラルデイーニ監督
「前半まるで動けてなかったけれど、後半は相手を押さえていた上に、8回ほどもチャンスがあったのはいいことです。」

■Chievo-Siena 0-2
38' st Galloppa rig. (S), 43' st Maccarone rig. (S)
キエーヴォ、ディカルロ監督。
「うーん。私がここに来てから5失点だけれど、好調のデルピエロに1点とられたのを含め、全部PKで失点なんだなあ。要するに、PKなんだな。今日だって相手ストライカーはきっちり抑えましたよ。70分間は大変よかった。・・ここで下をむいちゃいけない。なに、2連勝すりゃあ状況はがらっと変わりますよ」(・・って、次はアウェイでウディネーゼ。ここで勝ったら、かなり気分は盛り上がりそう。がんばれよー!)

■Lazio-Genoa 1-1
25' st Milito (G), 35' st Dabo (L)
ラツィオのロッシ監督
「調子いい同士、いい試合でしたよ。まだ前のほうの攻撃陣は改良中だけれど、バランスが良かった。」

■Lecce-Roma 0-3
11' pt Vucinic (R), 38' Juan (R), 4' st Totti (R)
レッチェ、ベレッタ監督
「今日は完敗です。どうにもなりませんでした。シーズンのうちには、こういう手詰まりの時が必ず来る。ひたすら練習して乗り切るしかありませんな」

ローマ、スパレッティ監督
「ローマらしい試合が出来るようになった。シャープになってきたし、90分間、正しいアプローチで臨むことができました。今はとにかく勝って、地に足をつけ、歩みを進めなければなりません。十分いろいろやってきましたが、まだまだ改良の余地はあります。」

ローマ、トッティ
「やっと帰って来たぜ!こんなに負けっぱなしなんて、俺たち経験なかったからな。長かった。でももう大丈夫だ、俺たちはいつものローマに戻れたんだ。それが大事なんだ。あ?目標の4位はまだまだ遠いでしょうって?今はとにかく、ローマらしいローマに戻れたのが素直に嬉しい。これからどんどん向上してけばいいんだ。そうしなきゃダメだけどな。」

■Napoli-Cagliari 2-2
9' pt Hamsik (N), 11' st Lopez (C), 39' st Lavezzi (N) , 50' st Conti (C)

■Reggina-Atalanta 3-1
10' pt Cozza (R), 21' pt Corradi (R), 35' st Corradi (R), 49' st Doni (A)

■Sampdoria-Catania 3-0
お〜。カッサーノが2得点じゃん。
6' Bellucci (S), 17' st Cassano (S), 46' st Cassano (S)
サンプドリア、マッツァリ監督
「やっと、試合の内容に相応しい結果を手にすることが出来ました。大変嬉しく思います。ベルッチも完全復調しました。カッサーノは申し分ない。リッピ監督、いつでも見に来てくださいよ。」

カターニア、ゼンガ監督
「今日の最優秀は、審判だろうね。1−0のときにうちにはPKがもらえてもいいプレイがあった。今日の判定は悉くうちに不利だったな。実力を考えればいい勝負になったはずなんだけれど。カッサーノ?皆さんご存知の通りですよ。いい選手ですよ。」

■Torino - Milan 2-2
25' Stellone (T), 28' Pato (M), 34' Ronaldinho (M), 78' rig. Rosina (T)
トリノは2002年以来ミランから得点してなかったそうです。で、点とって逆に慌てたのかな。得点直後に失点しちゃってますね・・ミランがきっちり勝とうと考えてたのは、終盤にガットゥーゾに変えてシェヴァを入れて、ロナウジーニョ、カカ、パト、セードルフがいる上にシェヴァという超攻撃的フォーメーションにしたことでもわかるけど、結果、ひきわけられてしまった。78分、トリノに与えられたPKはカラーゼのハンド判定なんですけど、これがももに当たったあと腕にあたったのをハンドとされてのもの。

トリノ、ディビアジ監督
「今日はいいパフォーマンスで、調子のいいチームに勝ちました。自分たちのミスで苦労する場面もあったけれど、最初の20分はミランを相手サイドからほとんど出さなかった、それだけでも1ポイント獲得以上の価値があります。まあ、順位表をみたらそう落ち着いてもいられないんですが。ロジーナ?フィットネスが完全ではなかったのによくやりましたよ。それにミランのアッビアーテイは昨シーズンうちに居たから、PKはやりにくかっただろうね。審判の判定?私たちはここ12試合の失点は、わずか4ゴールですよ。ロナウジーニョが蹴った場所からほんの2メートルのところにうちのプラタリが居て、腕にあたった。ありゃ避けようがないでしょう。カラーゼのハンドはそれとは違いますよ。問題にする必要なしです。」

ミラン、アンチェロッティ監督
「審判の判定には、何も申しません。ただね、夏に確認されたルールでは、ボールが体のほかの場所にあたった後に腕に当たったら、故意のハンドとはみなされなかったんじゃないですかね。今日の前半にトリノの選手が腕にロナウジーニョのシュートをあてて止めた、あれのほうがペナルティじゃないかと私は思うんだけど。う〜む。ともあれ、判定は下されたんです。私はなにも申しません。リードした後、もっとコンパクトにまとまって相手のチャンスを減らしゃよかったんだし、3−1にするチャンスもあった。でも、失敗しちまいました。そういうことですがな」
「今のところ、うちは自分たちらしいいいカルチョをやっていると思います。ただ、いい試合をやっても勝てない。レッチェ戦もそうだった。今日もまたそうだった。今後の課題は、リードしたときに如何にテンポを保つか。それなんですがな。なにピルロ。2ヶ月試合に出てなかったけれど、いいパフォーマンスでしたでしょ。大いに貢献してくれましたよ。なに。1月にベッカムが来るから、もっと使う選手の選択肢が増えますねって?そうなんですがな。いっそ、くじ引きで誰が出るか決めることにしましょうかね。うふ、うふ、うふ。ロナウジーニョも継続的にゴールを決められるようになって、いよいよ本領発揮だしねえ。シェフチェンコも貢献してますよ。まだまだ試合はたくさんあるし、みんなにチャンスがあるんですがな」

■ちなみに次節の組み合わせはこうなってます。ローマ=フィオ、インテル=ナポリ。いや〜これまたおもしろそうですねえ。ちなみに今週半ばは、CLあり。
Prossimo turno (30/11/2008): Atalanta-Lazio; Cagliari-Sampdoria; Catania-Lecce (sabato 29/11/2008, ore 18:00); Genoa-Bologna; Inter-Napoli; Juventus-Reggina (sabato 29/11/2008, ore 20:30); Palermo-Milan (ore 20:30); Roma-Fiorentina; Siena-Torino; Udinese-Chievo

■ユーヴェ、イタリアダービーのあとにディレクターのブランさん。
「あのムンタリの1点は、歴史に残るおーわらいモノのゴールです。あんな、な〜に〜?やっちまったなー!!なゴールは、ちょっとない。・・しかし高くついてしまった。たしかにインテルは賞賛に値するいい試合をやりましたが、うちにもリードするチャンスはあったんです。ともあれ、まだ5月迄、時間はあります。シーズンはまだ半分まで来ていない。チャンスはあります。5月にどうなっているかですよ」

イタリアダービー、開始直後に膝を捻挫してしまった好調ティアゴ。靭帯に損傷はなかったけれど、治療に30〜40日かかります。折角調子よくなったのにな〜。う〜む。まだポウルセンもザネッティも戻れないし・・そうなんですよ。特にポウルセン。期待してただけに、是非是非、暴れて欲しい!早く帰ってきてくれ〜。

■インテル会長モラッティさん
「一方的にうちが圧倒した、ワンサイドゲームになりました。とても大事な試合に、全員がすこぶるすばらしい仕事をしました。いい試合でしたよ。一番気に入ったのは?もちろん、ゴールです。イブラヒモビッチのゴールがなかった?気にしていません。そのかわりに誰かが絶好調の働きをみせてくれるのですから。イブラはゴールだけでなく、大変すばらしい仕事をしてくれます。モウリーニョ監督はこの一週間大変集中して仕事に取り組んでいました。この試合がインテルにとってどれだけ大事なのかをきちんと理解していました。」

■イタリア代表監督リッピさん、イタリアダービーを見てました。・・見てたならさ〜。アマウリ欲しいでしょ〜。ね?
「インテルは実にいい試合をしていた。中盤と後ろは大変良く仕事をしていました。アマウリ?イタリア国籍を取得したなら考えます。カッサーノの召集ですか?私は常々申し上げておりますが、18才から40才まで、全ての選手にチャンスがあります」
「コンフェデレーションカップの組みあわせですか?実のところ、ブラジルとは06年ドイツワールドカップの決勝で対戦するかと思っていたのですが、そこで出会うことはなかった。2月と6月の対戦が楽しみです。エジプトも強敵となるでしょう。要注意です。更に力を蓄えて臨みたい。ですが私たちはまだ、2010年ワールドカップに参加できるかいなかの予選の最中にあることを忘れてはなりません。楽勝といわれても、サッカーにありえないはありえないのですから」

posted by かや at 08:52| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

コンフェデ組み合わせなど

■コンフェデレーションカップ組み合わせ、決まりました。来年2月に、英国でブラジル対イタリアの練習試合があるけど、この両国、コンフェデで同じ組に入ってしまった。本気の対戦、ちうことになります。過去、大きな大会で4回対戦したことがあり、互いに1勝ずつの2引き分けという結果になってます。行われるのは6月21日。いや〜楽しみですねえ。ちなみに前回のコンフェデの覇者は、ブラジル。決勝はアルゼンチン=ブラジルで、スコアは4−1でした。

Group A  South Africa, Iraq, New Zealand, Spain
Group B USA, Italy, Brazil, Egypt

Fixture List
Group A
June 14 South Africa-Iraq (Johannesburg, 14.00 UK time)
June 14 New Zealand-Spain (Rustenburg, 18.30 UK time)
June 17 Spain-Iraq (Bloemfontein, 14.00 UK time)
June 17 South Africa-New Zealand (Rustenburg, 18.30 UK time)
June 20 Iraq-New Zealand (Johannesburg, 18.30 UK time)
June 20 Spain-South Africa (Bloemfontein, 18.30 UK time)

Group B
June 15 Brazil-Egypt (Bloemfontein, 14.00 UK time)
June 15 USA-Italy (Pretoria, 18.30 UK time)
June 18 USA-Brazil (Pretoria, 14.00 UK time)
June 18 Egypt-Italy (Johannesburg, 18.30 UK time)
June 21 Italy-Brazil (Pretoria, 18.30 UK time)
June 21 Egypt-USA (Rustenburg, 18.30 UK time)

組み合わせについてリッピ監督
「人生においてこれまで全く経験がなく、今後も期待さえしていなかった事態が起こってしまいました。私はこれまでブラジルと対戦したことも、ブラジルのクラブと対戦した事もありません。監督としてだけでなく、もちろん、選手としてもありません。それが、来年の2月と6月、2度も対戦することになりました。なんとすばらしい。厳しいほうのグループに入ることが出来て、嬉しく思います」


■Inter 1 - 0 Juventus
Muntari 73 (I)
カルチョポリの因縁、モウリーニョとラニエリの因縁、1位2位対戦、ってなことで、観客8万人近くが入りました。いや〜満員御礼。インテル、奇策?か、アドリアーノが先発。うっそ〜。で、開始数分で、うちは好調ティアゴが負傷交代。いきなり1人交代せざるを得なくなり、今日はちょ〜っと・・という感じになってしまった。両者攻め合いではあったけれど、画面によくマニンガーが映って、いい仕事してるってことは、要するに押されてるってことだし。それに引き換え、ジュリオ・セーザルの仕事があんまなかったこと(苦笑)。結果論なんだけど、カモを入れてすぐに失点してしまったのは、な〜んか・・微妙に、やな後味です。得点は、誰もマークしてなかったムンタリがゴール前に飛び込んで決めたんだけど、その時うちの選手をひきつけてたのはアドリアーノでした。本人も達成感あったんでしょう、交代時も不満そうではなかった。このまま、立ち直ってくれよ。おばさんはユーヴェが負けて残念だけど、同じ誕生日のアドリアーノくんが仕事できたのは、ちょっとだけど嬉しいぞ。katawebは、この試合はモウリーニョさんが監督になってから、戦術的にもフィジカル的にもインテルのベストマッチの一つ、と絶賛してます。がんばった人、インテルはスタンコビッチとサムエル、ユーヴェはキエリーニとシッソコ。ちなみに当日早朝カンビアッソに長女が生まれ、ヴィットリアと名づけられてたそうです。名前どおり、勝利を呼んだかな。これで首位インテルと2位ユーヴェは6ポイント差。

インテル、モウリーニョ監督
「今日は相手よりいい出来でしたよ。というより、パフォーマンスも戦術もすばらしかったし、こういう試合に勝つために不可欠な自分達らしさも出ていた。集中力と、ほどよい緊張感と、バランスの良さですな。最初から最後まで、実にすばらしかった。試合も、ベンチも、観客も、全てがすばらしかった。今週にはいって、イタリアダービーはインテルに如何なる意味をもつかが分かりましたよ。自分がインテルにささやかな貢献が出来て嬉しいです。今日の勝利は、チーム全員からモラッティ会長に捧げます。なに。シーズン最高の試合?私には判断いたしかねるところですが、試合全体私たちがコントロールし、ひやっとしたのはデルピエロのシュート1回だけでしたからね。すこぶる良い試合をやったのは確かです。なにアドリアーノの起用?相手のセンターバックは、キエリーニもレグロッタリエも大変アグレッシブな守備をするタイプなので、アドリアーノの野獣のようなパワーを対抗させようと思い起用しました。結果、ゴールを挙げる原動力になり、更にデイフェンス参加もしていた。いい仕事をしましたよ。イブラヒモビッチ?今日も、もし0−0で終わったとしてもいい出来でした。今日はチームのためにプレイしていました。シュートは2本とも失敗に終わっていても問題ありません。大事なのは、今日のゴールは確かにすばらしいゴールとはいえないけれど、チャンスを多くつくり、対ユヴェントスでの不名誉な成績続きをここで終わらせることができたことです。勇気を持って、正しい気持ちのありかたでこの試合を行うことが出来ました。ハーフタイムに話し合ったのは、ほんの2、3箇所の小さな修正点だけで、しゃにむに勝ちに向うのではなく、今のままのやり方で続けるように指示を出しました。これで、4連勝で、首位を守り、下に差を広げることができました。これで水曜のパナシナイコシス戦に集中します。グループ1位抜けを目指します」

ユーヴェ、ラニエリ監督
「今日はユヴェントスらしさがありませんでした。ピッチ全体、インテルが優勢で私たちの思うようなポジションが取れませんでした。全体が伸びて冗長になってしまい、思うようなスピードあるつながりにならなかった。私たちの失策です。ほんの些細なキッカケから、イブラヒモビッチを通してしまい、それがムンタリのゴールにつながってしまった。今日はインテルが勝ちに相応しい内容でした。今日の出来は標準以下でした。ティアゴですか?捻挫のようですがまだ詳細は分かりません。このところ、昨年ザネッティがやっていた分の良い仕事をしていた選手なのですが。チャンピオンスリーグですか?一発勝負ですからね。カンピオナートは継続的にいい成績を出さなければならない。今日はインテルに勝てば首位に並ぶことが出来たのですが、残念ながら望みどおりにはならなかった。目標順位?2位以上です」

ユーヴェ、がんばったぜマニンガーなんだけど、ムンタリに決められてしまった。
「イブラヒモビッチがシュートしたのが見えたんだけど、ディフェンダーが何人もいて、クリアできたと思ったんだけど突然ムンタリが出てきてさあ。あれ、オフサイドでしょうよ。たしかにサンシーロでインテルに勝てるチームはそうないだろうけど、あれが決まるまではバランスとれてて、このまま引き分けだと思ってたけど。運もカルチョのうちだよな」

■Fiorentina 4 - 2 Udinese
Floro Flores 29 (U), Mutu pen 52 (F), Montolivo 64, 78 (F), Gilardino 79 (F), Di Natale pen 83 (U)
ウディネ、2度チャンスに失敗してしまったツケは大きかった。これでフィオは4位。

フィオ、プランデッリ監督
「ハーフタイムに言ったこと?自分達の持っている力を出せばいいと。それだけですよ。彼らならやると思っていた。前半はちょっと力を抜きすぎていて、ばらけてしまっていましたのでね。後半はいい試合になりました。私がフィオレンティーナに来てからの、屈指の出来だったと思いますよ。」

ウディネのマリノ監督
「いい試合だったけれど、審判の判定に神経質になりすぎでした。選手は怪我をするわ判定はミスをするわ、このような形で負けるのは大変残念です。」

■ミランのロナウジーニョ。
「まだ子供のころ、俺の兄がトリノのトライアルに行ったことがあるんだよね。家族みんな大騒ぎだったぜ。だって皆の人生変わるかもしれないだろ。皆でトリノに住むことになったら、俺もトリノのユースにはいるつもりだった。でも、グレミオが結局手放さなかったからこの話なくなって。俺も、グレミオユースに入ったんだ。」
「アンチェロッティ監督は友達みたいだよ。監督になるなら、ああいう素質必要だな。どうすればいいのか、ずばっと的を得た指示をくれる。そうなんだよね。これまで世話になった監督に比べると、ホント、友達に近い感じなんだな。」
「バルサの頃?いろいろあったよ。上手くいかなければ、メディアに、誰かのせいにされてな〜。めちゃくちゃデタラメばっか書かれた。俺はただ怪我が治らなくて試合に出れなかったのにな。だから環境変えたかった。そのために、まじで出来ること全部やったと思うよ。アドリアーノ?友達だしチームメイトだし、もしミランに来るなら大歓迎だ。俺だけじゃなく、皆歓迎だよ」

■トッティ嫁、イラリー・ブラージはイタリアのチャンネル5にVerissimoという自分のショーを持ってるんだけど、その場で、トッテイがゴール後に決まってみせる、親指をくわえるアクションについて語ってるそうです。
「あれ、子供のためだって思ってるでしょ。子供のおしゃぶり。でも、うちのダーリンがやるのはあたしの為なの。あれ、あたしの癖なのよ。」

posted by かや at 10:17| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

SKYのサッカーCM

皆様ご存知、livedoorの、「ごしっぷでかるちょ!」ですが・・
これ、会社で昼休みに見つけて爆笑しちゃったよ〜。

で、もちろん、動画を探し出しましたぜ!お楽しみください〜
管理人的一番気に入ったのは「ワイン収穫」。


映画のような

勝った!勝った!勝った!

でっかくなっちゃった〜

ワイン収穫

ワイン収穫「メイキング」

ドリブルのやたら上手いじーさん

タグ:セリエA
posted by かや at 09:23| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来年はコンフェデ

■イタリアダービーを控えたユーヴェ。マンCがブッフォンに6500万ポンドという、巨額のオファー?という噂ですが。
ディレクターのブランさん。
「ブッフォンはプライスレスです。本人は、もし、いい値段のオファーがあったならチーム再構築のために受けてくれてもいいっす、と発言していますが、私たちには売るつもりはありませんし、マンチェスター・シティからのお話もありません。全く持って根拠のない噂です。11-12シーズンにできあがる、新しい私たちのホームスタジアムのゴールを守るのはブッフォンです。・・なんですと。ファンと私たちとの不仲?なぜか、大試合の前になると、決まってこの手の噂がでてくるような気がしますな。選手達はインテル戦に向けて集中しています。新スタジアムの計画も固まって、インテル戦にむけて気概を新たにしているところですよ」

■インテルのほうには、アドリアーノは1月にミラン行き!?という噂が出ているらしい。ははははは。実現しちゃったら、ますます、アドリアーノ出番減るじゃ〜ん。これはないでしょう。

■今週はイタリアダービーなので、管理人そっちのほうに気が向いてしまい(笑)でも!フィオ=ウディネ、というこれまたいい試合もあるのよね〜。最後までUEFAカップ、もしくはCL出場枠を争うことになりそう。
フィオレンティーナ、プランデッリ監督。
「ファンのみなさん、メディアの皆さん。今週末も熱気ある応援をお願いします。一緒なら、力も倍増です。よろしくお願いします。ウディネーゼは攻撃力のある強豪です、カウンター攻撃を得意としていて、威力がある。うちはバランスが大事になります。ムトゥが帰ってきますよ。ですが、クロルドルップとジョベティッチが代表の試合で負傷してしまった。代表召集された選手は心身ともにエネルギーチャージして、チームにも良い影響を与えてくれるのですが、次の試合までの準備期間が短いのが難です」

■ローマ、アクィラーニがユーヴェ入り?の噂について、ディレクターのコンティさん。
「アクィラーニとは毎日話してるけれど、移籍したいなどと聞いたことがないですよ。クラブにいろいろ問題があるなら、それを解決するのが私たちの仕事ですが、これは、まったくもって根拠がなく悪意さえ感じられる噂ですよ。」

ローマは今週末レッチェと赤黄対戦なのですが、ローマで活躍中のヴチニッチはレッチェから来てます。
「難しいよな。俺、レッチェには6年も世話になったんだよ。今はローマでやってるから、ローマのために全力だけどさ。ゴール決めても、きめポーズはやらないつもり。」

ミハイロビッチが監督になったことで、やたらインテル→ボローニャ。の噂が多いんですけど、こんどは、ダクール。07年12月に膝の十字靭帯を怪我してからすっかり姿が消えてました。治ったものの出番がない、ということで1月にはボローニャ?!

■再来年のワールドカップに向けて、来年09年6〜7月は、コンフェデレーション・カップが行われます。ワールドカップ開催国南アフリカで、前回勝者のイタリアと、アメリカ、スペイン、ブラジル、エジプト、イラク、ニュージーランド、そして開催国の南アフリカがトーナメント形式で戦います。
リッピ監督
「いつもどおりの闘争心、相手に対する敬意をもってトーナメントに臨む所存です。単なる練習試合ではありません。参加者すべてにとって敵情視察のよい機会です。モーティベーションを高めるに十分な状況がそろっています。起用するメンバーですか?若手とベテランを組み合わせたチームを考えています。30名ほどの、実力と安定性を兼ね備えた選手を揃えて臨みます」
組み合わせは土曜の夜に行われます。4チームずつの2グループ分かれて、互いに対戦し、上位2チームずつが残り、トーナメントになります。
posted by かや at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

久々ジダン登場!

■ギリシャ=イタリア代表の試合のあとで。
この試合のメンバーみたら、カンナヴァーロが途中交代してるじゃないか。で、その後30分間、キャプテンマークをつけてたのはなんと!ガットゥーゾだったらしい。ガッちゃん、出世したなー!
Italy: De Sanctis; Bonera, Cannavaro (Gamberini 60), Chiellini (Legrottaglie 46), Grosso; Gattuso, De Rossi, Montolivo (Pepe 46); Camoranesi (Maggio 60), Toni (Gilardino 60), Rossi (Iaquinta 70)

イタリア代表リッピ監督
「ワールドカップ優勝は嬉しいものでしたが、連勝記録に意味はありません。記録については、今後毎試合ついてまわることになるでしょうが、31試合の間に、チームを再生、再構築し、良い結果を出し、更に成長させている、という事実が大事なのです。」
「週末のイタリアダービーを控えた選手たちのことを考慮して人選を行いました。練習試合では、常に考慮しています。是が非でも勝たなければならない試合ではありませんでしたので、多くの選手を丹精マした。今日はチャンスも多く、チームとしていい動きができていた。大事なことです。トニですか。トニはクラブではごく普通にゴールを決めているのですから、代表でも同じだろうと期待していました。」

代表デビューしたマッジョは、ナポリの選手なんですが、ナポリから代表が選ばれるのはなんと16年ぶりなんだそうです。
「ハンパない最高。みんなに感謝してもしてもしたりない。何もいえねえぐらい嬉しい。緊張?あんまなかった。練習のときからみんな、雰囲気あかるいんだよ。普段やってるフォーメーションとはちがったけど、ポジションどうのこうのじゃなくってチャンスがもらえて、そのチャンスに出せる力を出し切れたのが嬉しい。え、2月の練習試合?ブラジルのやつ?呼ばれたらまじ最高だな」

■ユーヴェ、ネドヴェドの後継者として、バイエルンのシュバインシュタイガーを獲得する?5年契約、1シーズンあたり350万ポンドの用意があるそうです。が。最近イタリアで活躍したドイツ人選手って、・・思い当たらないのがなんかな〜。ちなみにシュバインシュタイガー、2ちゃんでは「虎男」と言われてるそうです。た、たしかに最後が「タイガー」(笑)。

ユーヴェは今、トリノオリンピックで使用されたオリンピコスタジアムを仮にホームとしていますが、新スタジアムの最終計画が発表されてます。これまでのホーム、デッレ・アルピは、90年ワールドカップの為につくられたので、やたら収容人員が多く(7万人)、4万人入ってもガラガラに見えてしまうこと、予算を節約するため陸上トラックをピッチの回りにくっつけちゃったためピッチと客席の距離が遠く、評判悪かった。2年前から改修工事が始まり、総工費1億とんで500万ユーロ。そのうち7500万ユーロは命名権・・「企業名+デッレ・アルピ」になるらしいので・・として支払われてるそうです。2011年には収容人員4万人、周囲に商業施設、娯楽施設、24時間営業のバー、8店舗のレストランなどのある複合施設に生まれ変わります。ピッチの周囲にはバリアーがなく、見た目、アリアンツ・アレーナのようだそうです。
ユーヴェCEOブランさん
「ただ、スタジアムが新しくなるというだけではないんです。あれから2年、私たちは苦難のときを過ごしてきた。でも、いつもチームとして一丸となってすすんできたんです」

■週末はイタリアダービーということで、ユーヴェのラニエリ監督にインテルのモウリーニョ監督について聞いてます。
「モウリーニョさんの好きな点?ありますとも。インテルの選手たちが口をそろえてモウリーニョさんを褒めているのだから、選手たちとの関係はすこぶる良好なんでしょう。ですが、なにかと論争をもちかける点は、私としては好ましくないです。私との関係?特にありませんよ。チェルシーでは私の後任者でしたけれど。自分のチェルシーでの最後のシーズンも良いものだとおもっています。全く資金をつかうことなく、4位で終わったのですから。ユヴェントスとインテルとのライバリティは、今更はじまったものではないでしょ。モウリーニョさんの報酬がうらやましいですかと?この世界は、自分の実力にみあったものを貰うんですよ。私にとって報酬はそう重要な問題ではありません。ですがこの業界に長くいて、良い仕事を続けていると思っています」

ユーヴェ、インテル戦を前にストライカーのアマウリ。
「ここ7試合と同じ気迫気構えで試合ができれば、いい結果出せると思う。この地点での1つの試合の勝敗がシーズン決めるわけじゃないけど、この試合、勝ったほうが首位になるわけだろ。気持ちの上で意味が大きいんだよな。インテルもパレルモ戦はいい試合だった。特に後半よかったな。ホームの応援もあるしな。でも俺たち、絶好調で突っ走る!デルピエロ?ぜんぜんエゴイストなんかじゃないよ。チームに貢献してる。デルピエロだけじゃなくって、俺もみんなもそうやってる。だから、今俺たちは勝ってるんだ。」

イアクィンタ。・・日本語ではヤクインタ、って書かれてますけど、イタリア語放送で聞くとどーにも、イァクィンタ、とか、アクィンタ、って聞こえるのね・・ずっとイアクィンタで書いて来ちゃったので、このまま続けさせてもらいます。スイマセン。
「去年はビッグクラブとの試合はずっといい結果だしてきたけど。今年もそのまま続けたいです。インテルは今うちの3ポイント上にいる。だから、勝てば並ぶんだ。もう、何か言うより。ピッチの上ですべてぶつけていい試合やりたいです。こういう試合は、ただ体調整えて練習するだけじゃ足りないんだ。モーティベーションも高めとかないとな」

■インテルのサムエル。イタリアダービーには先発するとみられています。
「いい試合になるだろうな。相手は絶好調だしな。うちはコルドバとか主力がちょっといないけど、誰がでても仕事きっちりだぜ。ユーヴェの選手?アマウリ、すげえな。本能でゴール狙うタイプだな。よく走るし、タフだ。でも鍵を持ってるのはデルピエロだな。言うまでもないけど、今やイタリアの象徴のフリーキックには要注意だな。うちの監督?いい監督だよ。控え室での皆とのコミュニケーションのとりかたが上手い。これ、俺たちの原動力になってるんじゃないかと思う」

一方、アドリアーノは10月26日のジェノア戦からあと試合に起用されてません。先週も風邪ということで練習休んでだそうですが・・
「監督と、問題あってさ。だからここ4試合はちょっと離れるっていうか。でもこんどの土曜は大事な試合だから出たい。超出たい。インテルで、試合に出たい。もし出れないならよそ行っちゃう」(・・おいおい!子供かお前は。)

■調子を取り戻してきた、ローマ、今週はレッチェに行きます。
スパレッティ監督
「ダービーのあとは落ち着いた環境で練習ができていますよ。いつも申していますが、静かな環境というのは、選手達の心身のコンディション向上に不可欠なんですよ。」

ローマの暴れ馬タッディ。・・あ、馬、といえば、先日オランジェ氏(隣の、オランダファンの同僚)にユーヴェ=マドリー、マドリー=ユーヴェの2試合のビデオを貸してさしあげたところ、4歳ぐらいの息子さんがファン・ニステルローイを見て、「ぱぱぁ。あの人、顔、ながいね。ボールがあたりやすいね」という、凄い感想を漏らしたそうで、しばし爆笑なのでした。
えー・・タッディ。この人も顔ながいね〜。
「チェルシー戦がこのシーズンのターニングポイントになったと思う。もうあとは上るしかない。ああいう結果がでると気分いいし、よーしやるぞ!って気になる。まあ、ローマって、大好きか大嫌いか、絶好調か絶不調しかない土地柄だってここに来てわかったんだけど、まわりが何言おうと俺たちの実力は変わんないさ」

■セリエB、マントーヴァ監督になった元ミランのコスタクルタ。
「自分は戦術だけでなく、選手達のメンタル面にも重点を置いて仕事してますよ。自分が来たのがチーム全体にいい刺激になったようで、3連勝です。控え室の雰囲気もいいですよ。正直いって、現役中もなんとなく監督みたいな気分でピッチに居たんですよ。いろいろ提案して、チームメイトが賛成して、その通り動いてくれたりしてね。将来?国内のトップクラスのところの監督やりたいです。出来たら、ミラン。インテルでもいいですよ、インテルの皆さんが問題ないと思うのなら。」

■木曜に、モロッコで、「ロナウドなのだー!&友達なのだー!」対「・・ジダンです・・&友達です・・ええ・・」チームの、貧困撲滅のためのチャリティー試合がありました。試合は6−5でロナウドなのだー!の勝ち。ロナウドは前半ちょっと出てたそうです。ジダンは2ゴール決めたらしい。すごいですね〜。
で、元マドリー会長のペレスさんがその場にいたそうで。
ペレスさん「おおジズー、まるで現役当時そのままだな」。
ジダン「・・そうですね・・いやあ・・もしよろしければカムバックしましょうか・・」
posted by かや at 06:55| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

よい子は、ご飯の前に手をあらうんだぜ!

いや、ご飯の前じゃないんですが(笑)
足を齧って、キレイキレイ〜♪
気持ち良さそうにお手入れ中のびおらちゃん。

KIF_39891.jpg

posted by かや at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャ=イタリア結果など

■Grecia Italia 1 - 1
ギリシャとの練習試合、ひきわけてます。リッピさん無敗記録続いてます。イタリアの得点は後半9分、やっと決まったぜ、トニ!ちなみに、700分ゴールがなかったそうです。

■今週末はイタリアダービーですが、ユーヴェ、ポウルセンが水曜の練習中に右太ももの筋肉を負傷。週末には出られないようですトホホホホ。ポウルセン、怪我多いな〜。ということで、中盤はティアゴが起用される模様。ちなみにティアゴは練習試合のためにブラジルに行ってるらしいです。う〜む時差が・・

トレゼゲは来週月曜から、チームのフルトレーニングに参加できるそうです。これまではランニングや軽いエクササイズだったそうなので、1歩復帰に近づいたぞ!

シッソコ。
「ファンの皆にいつも応援してもらって嬉しいです。今週は絶対インテルに勝ってくれ、とかお前ゴール決めてくれよな、とか。嬉しいですよホント。去年もやったけど、今年のほうがもっと楽しみです。特別な試合になりそうな気がする。リヴァプールに居たころの、ユナイテッド戦みたいな感じだよな、他の試合とはちがう特別な感じで。トリノダービーより俺的には燃えてるぜい。いや、チーム全体が考え方ポジティブで、燃えてるぜ!やっぱこうじゃなっきゃな」

■このシーズン、不調のローマでがんばってるヴチニッチ。マドリー行きの噂があるけれど。
ディレクターのブロンツェッティさん
「いや、それはないでしょう。クレスポの獲得に動いてるのは確かなようですけれどね。ヴチニッチはチャンピオンスリーグで使えないし、EU外の枠を考えても、厳しいんじゃないですか」

■リッピさんが、モウリーニョさんの「イタリアのサッカーは世界では好まれていないようですな」発言について。
「ここで仕事をする難しさがお分かりのようですな。他の国より難しいです。見た目の華やかさはないけれど、世界でもっとも難しいリーグであり、ここで仕事をするのは大変むずかしい。モウリーニョさんはそこのところをご理解なされたのでしょう」

posted by かや at 06:31| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

目くらまし?!

■カターニアに、とんでもない奴がいた!プラズマティと言う選手なんですが、先週末のトリノ戦の前半の終了間際、自軍のマスカラのフリーキックの際に、なんと、相手のキーパーの目くらましを狙ってパンツをさげていた(笑)。

プラズマティ
「いや、相手を馬鹿にしたとかじゃなくって、壁つくるとかさ、普通に味方の援護だするじゃん?それと同じでしょう。ゴールが決まったのはマスカラの実力だし、ゴール決まって嬉しいときユニフォーム脱ぐだろう。同じじゃねえの。別に妨害でも規則違反でもないし。パンツ脱いだっていうけど、俺、中身出したわけじゃねーんだし」
って、ゴール決まったあとの嬉しそうな顔みると、これ、確信犯だな〜。ま、ゴールのあと、よろこんでシャツ脱ぐと警告1枚ですからねえ。・・ペナルティだとしても、それと同じ扱いでいいんじゃない?

審判教会会長のコリーナさん
「止まったボールから始まるプレーで、攻撃側の一選手が、ひゃーていたパンツをおろしたというのは、たしかに、ルールブックに書いてある、妨害規定には出てにゃー。でも、相手に対する敬意を欠いた行為だぎゃー」

目の前でやられちゃった、トリノのキーパー、セレーニは。
「え。俺、知らなかったけど。えー?どう思いますかって言われても、なあ。壁あったし、俺、そんな、パンツおろすとこなんて見てないから何にも言えないんだけど。」

■イタリア代表、ウディネのクァリアレッラ、練習中にキーパーのクルチとぶつかって鼻骨骨折。少なくとも、代表のギリシャ戦には出られません。うわ〜長期離脱になっちゃったらこれは、ウディネには痛手ですな・・

■おいちゃんディリービオ。今、FIGCの監督資格取得コースを受講中だそうです。
「へへ。始めたばっかだからな。どうなるかね。なに。モウリーニョさん?ここに来たときはもうスターだったわけだろ。いろいろ、いいアイディア出してるじゃねえか。おいちちゃんはな、結構好きだぜ。チャンピオンスリーグ?特別だな。一生いちどはやってみたいトーナメントだな。でもフィオはアウェイの成績が悪すぎる。若くて経験の浅い連中が多いからなあ。でもほんの数年もありゃ、立派に育ってくるさ」

タグ:セリエA
posted by かや at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。