2008年11月01日

レス、ちょっとお待ちください〜


カキコしてくださった皆さん、ありがとうございました。スイマセン。管理人、昨日11時すぎまで茅場町で豆腐と串揚げつまみに、同僚と飲んでました。
で、今朝おきてとりあえずニュースを読み、これから実家行って家事手伝いやってきます。
帰宅後、レスします。いましばらくお待ちを〜
posted by かや at 10:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週はユーヴェ=ローマ


■ユーヴェ、今週末はローマ戦です。シーズン前は上位、おそらく1位2位にいるだろうローマに、5〜6位のうちがぶつかって行くのかな〜と思ってたんですが、どっちも低迷中、うちは9位でローマ16位。う〜む。
「ローマが危機的状態にあるとは思っていません。世間では私のところも危機的状況、と言っているようですが。ともあれ、ローマは私たちとの対戦前に建て直しをはかっています。多少調子が悪くても、ローマはローマです。依然として良いチームでありいつものようにリーグの主役なんです」
「デルピエロをはじめとするベテラン勢はユヴェントスに多大に貢献しており、発言も重みを持ちます。発言もリーダーであることを踏まえたものであり、カリスマ性でチームを牽引しているのです。彼らが、新たなるユヴェントスの基盤です」

コボッリ・ジッリ会長
「ローマはこの試合に賭けてくるだろうね。スパレッティ監督は選手のメンタルのコントロールに長けているし、水曜に試合をやっていないぶん疲労も少ないはずです。もっともうちのラニエリさんも普段とかわらず、しっかり仕事してますよ。選手たちは相手より疲れているかもしれないけれど、勝ちたいという大変強い気持ちがります。インテルですか?いい選手が集まってますね。スクデットに一番近いと思います。ミランも、欧州カップ戦の負担が軽いぶんカンピオナートに集中できるはずです。ネドヴェドの契約延長?本人次第ですが、ユヴェントスに長く留まってくれるものと思います。プレイヤー以外の仕事を考えてくれてもいい。若手に本当にいい影響を与えていますので。」

■16位と低迷中のローマは今週末うちと対戦します。悪いことは続くもんで、先週末、豪雨の中試合に先発してたトッティなんですが、金曜の練習中に夏に手術を行った右膝に痛みを訴え、どうやらユーヴェ戦には出られない模様。
スパレッティ監督
「この状態ではトッテイは出せません、このシーズンはわずか3試合しか出てないし、練習も不十分な状態です。本人の復帰したい気持ちはわかりますが、これでは無理です。怪我の回復に全力を尽くします。もちろん今週末は勝つつもりでトリノに遠征します。ユヴェントスはレベルの高いチームであり、再度勢いを取り戻しつつあります。私たちはますますもって苦しくなってきてしまった、ですが、こんな時だから引き分けでも上出来だという気持ちでピッチにでるのは間違いです。トッティがチェルシー戦には戻れればいいんですが、もし間に合わなかったならバティスタを使います。」

試合開始5分で雨天順延になってしまったローマ=サンプドリアは、1月14日に行われることになりました。

■インテルはレッジーナと対戦。
モウリーニョ監督。英国のメディアではMouと書かれてます。モーさんかい。おいといて。アドリアーノについて。
「選手たるもの、監督の考えに自らを合わせる方法を各々考えるべし。これが私の哲学です。アドリアーノが自分がチームに入れない理由を理解しているかどうかは知らないけれど、これまで私は監督としてでなく、ともに働く同僚としてアドリアーノに接してきたんです。ですがは29人のチームの責任者でもあるんです。そこには団体の規律のためのルールがあり、ルールは一人残らず全員が守らねばならない。私はこれまでどおりアドリアーノが好きですよ。ですが、まずインテルありきなんです。チームが、基本です。選手たちはそこを理解しなければいけません。明日のレッジーナ戦でアドリアーノが起用できるなら私も嬉しい。ですが、私にとっては、個人個人のプロフェッショナルとしての行動を重視し、それ以上にクラブとしてのプロフェッショナリズムを重視します。」

■今週末は面白そうな試合だらけなんですが、その一つがシエナ=フィオのトスカーナダービー。今、フィオは怪我人やら出場停止やらでかなり戦力ダウンしてます。
シエナのディレクターのザンジさん
「無論引き分けで満足などするもんですか。ダービー1試合は普通の試合の3試合分ですよ。順位無関係で、どんな結果になるかわからないもんなんです。相手にはジラルディーノもムトゥも居ない、ですが、決して武装解除されたわけじゃありません。要注意です」

その、シエナ。なんと、1月にロナウドを獲得、引退するまで契約?という噂があります。報酬は1ゴール当たり8万ポンド。
引き続きディレクターのザンジさん
「会長はシエナのために最善を尽くしています。良いパフォーマンスをしてもポイントにならない。それをリカバーするべく今後とも最善をつくします」
会長、ストロナティさん
「いいアイディアでしょう。ロナウドは本気で引退を考えてるそうだから、私はラストチャンスを提供したわけですよ。この条件は、私からロナウドの代理人に提案しました。お金は大事だけれど、ロナウドのゴールはシエナを救えるかもしれないからね。まあ、ロナウドに断られた場合のプランBも考えてますよ。チリでプレイしてるアルゼンチン選手の、セッレリーノというのを連れてこようと思ってます」

■イタリア代表監督リッピさんがミランを語る。
「ミランはライバルより半歩前を行っていいます。ライバルはどこも欧州カップ戦があるけれど、ミランは目標をスクデットに絞っていますから。チャンスがあればではなく、本命で狙っています。出遅れはオリンピックと、南米勢のワールドカップ予選のためで、今はリカバーしています。ミランのブラジル勢の働きもさながら、イタリア代表ガットゥーゾの気迫には感銘を受けました。実に良い選手です。ピルロももうすぐ怪我から復帰するでしょう。そうなったらより一層ミランには追い風となります。」
「ウディネーゼは毎年少しずつレンガを積み重ねるように、若い選手をチームに居れながら、常に競争力の高いチームを組み上げてくる。今も、前のほうだけでもディナターレ、ペペ、フロロ・フローレス、クァリアレッラ、サンチェスが居る。」
「ユヴェントスはベテラン勢が牽引して元のコースに戻りつつあります。ボローニャ戦のネドヴェドの働きは瞠目すべきものでした。レギュラーのうち11人が居ない状態で、パヴェルはチームを勝利に導いた。これがユヴェントスのDNA、ドラゴンのいにしえの血とも言うべきものです」
「インテルは今バランスを欠いている、ある意味極端から極端へ飛んでしまったようなものでしょう。監督の発言によるものもあるかもしれないけれど、結果が出ないことがその一番の原因です。ですがモウリーニョさんは良くやっていると思いますよ。モウリーニョさんは、今、インテルを勝たせることではなく、来年の春に最高のコンディションに持って行くべく仕事をしているのです。」

■マドリーのラウール31才。94年からマドリー一筋。
「これは、子供の頃の夢なんですけれどね。大きくなったらプロのサッカー選手になりたい。いつか、ミランでプレイしたい。ってね。思ってたんです。ファンバステンやサッキ、アンチェロッティ、フリット、ライカールト、バレージ、マルディーニと一緒に試合やりたいって。」
「銀河系軍団の名前はミランに取って代わられた?メディアが面白おかしく言ってるだけですよ。うちが銀河系軍団の終末というレベルを張られることは、ライバルにとってはオイシイことでしょ。それに普通のチームより、メジャーどころに勝つほうが嬉しいしね。ミランが集めてるのは銀河系でもアンドロメダ星雲でもM78星雲でもなく、人なんです。ロナウジーニョもベッカムも、見に来たお客さんに楽しんで欲しいと思ってプレイしてるだけなんですよ。ベッカムは本当にプロだし、選手としても最高です。ミランで大活躍すると思います」
「カペッロさんですか?自分のキャリアの最初の、まだ、自分にどうするかを教えてくれる存在が必要だったころに出会って、大変お世話になりました。レアル・マドリッドにこれまでとちがう練習方法やこれまでとちがうフットボールをもたらした人です。そしてトップに返り咲くことができた。どうすれば、苦境にあるチームから最強の力を引き出せるかが良くわかっているんです。ですから次のワールドカップではイングランドが強敵になると思っています」
「カッサーノですか?凄い才能がありますよ。ちょっと他にないですね。でも継続的に、自分は安心して、皆には慕われる環境でを見つけないといけないな。ここでは2試合うまく行かないと、責任問題になる。難しかったんですよ。」

■マラドーナ。さっそくようわからん発言をしている・・
「マラドーナなのだ。こにゃにゃちわなのだ。ナポリ?よく知ってるぞ。今セリエAにいるだろう。デニスって奴がハットトリックで、ラヴェッツィってのが凄い人気らしいな。今から、わしはナポリを応援する。おーれーおれおれおれー、なーぽりー、なーぽりー、おーれーおれおれおれーれれれのれーおでかけですかー。なんていっている場合ではない、わしは自分の過去を懐かしむただのメタボ親父じゃなく、アルゼンチン代表の監督になったのだった。口約束じゃない、仕事なのだ。でも、世間はお前はサッカーもチームスピリットもなんにも知らないくせに監督か、なんて言ってるのは気に入らないのだ。なに。おまえはバカボンのパパだろうって。さんせいのはんたいなのだ。これでいいのだ。」
posted by かや at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。