2008年11月21日

久々ジダン登場!

■ギリシャ=イタリア代表の試合のあとで。
この試合のメンバーみたら、カンナヴァーロが途中交代してるじゃないか。で、その後30分間、キャプテンマークをつけてたのはなんと!ガットゥーゾだったらしい。ガッちゃん、出世したなー!
Italy: De Sanctis; Bonera, Cannavaro (Gamberini 60), Chiellini (Legrottaglie 46), Grosso; Gattuso, De Rossi, Montolivo (Pepe 46); Camoranesi (Maggio 60), Toni (Gilardino 60), Rossi (Iaquinta 70)

イタリア代表リッピ監督
「ワールドカップ優勝は嬉しいものでしたが、連勝記録に意味はありません。記録については、今後毎試合ついてまわることになるでしょうが、31試合の間に、チームを再生、再構築し、良い結果を出し、更に成長させている、という事実が大事なのです。」
「週末のイタリアダービーを控えた選手たちのことを考慮して人選を行いました。練習試合では、常に考慮しています。是が非でも勝たなければならない試合ではありませんでしたので、多くの選手を丹精マした。今日はチャンスも多く、チームとしていい動きができていた。大事なことです。トニですか。トニはクラブではごく普通にゴールを決めているのですから、代表でも同じだろうと期待していました。」

代表デビューしたマッジョは、ナポリの選手なんですが、ナポリから代表が選ばれるのはなんと16年ぶりなんだそうです。
「ハンパない最高。みんなに感謝してもしてもしたりない。何もいえねえぐらい嬉しい。緊張?あんまなかった。練習のときからみんな、雰囲気あかるいんだよ。普段やってるフォーメーションとはちがったけど、ポジションどうのこうのじゃなくってチャンスがもらえて、そのチャンスに出せる力を出し切れたのが嬉しい。え、2月の練習試合?ブラジルのやつ?呼ばれたらまじ最高だな」

■ユーヴェ、ネドヴェドの後継者として、バイエルンのシュバインシュタイガーを獲得する?5年契約、1シーズンあたり350万ポンドの用意があるそうです。が。最近イタリアで活躍したドイツ人選手って、・・思い当たらないのがなんかな〜。ちなみにシュバインシュタイガー、2ちゃんでは「虎男」と言われてるそうです。た、たしかに最後が「タイガー」(笑)。

ユーヴェは今、トリノオリンピックで使用されたオリンピコスタジアムを仮にホームとしていますが、新スタジアムの最終計画が発表されてます。これまでのホーム、デッレ・アルピは、90年ワールドカップの為につくられたので、やたら収容人員が多く(7万人)、4万人入ってもガラガラに見えてしまうこと、予算を節約するため陸上トラックをピッチの回りにくっつけちゃったためピッチと客席の距離が遠く、評判悪かった。2年前から改修工事が始まり、総工費1億とんで500万ユーロ。そのうち7500万ユーロは命名権・・「企業名+デッレ・アルピ」になるらしいので・・として支払われてるそうです。2011年には収容人員4万人、周囲に商業施設、娯楽施設、24時間営業のバー、8店舗のレストランなどのある複合施設に生まれ変わります。ピッチの周囲にはバリアーがなく、見た目、アリアンツ・アレーナのようだそうです。
ユーヴェCEOブランさん
「ただ、スタジアムが新しくなるというだけではないんです。あれから2年、私たちは苦難のときを過ごしてきた。でも、いつもチームとして一丸となってすすんできたんです」

■週末はイタリアダービーということで、ユーヴェのラニエリ監督にインテルのモウリーニョ監督について聞いてます。
「モウリーニョさんの好きな点?ありますとも。インテルの選手たちが口をそろえてモウリーニョさんを褒めているのだから、選手たちとの関係はすこぶる良好なんでしょう。ですが、なにかと論争をもちかける点は、私としては好ましくないです。私との関係?特にありませんよ。チェルシーでは私の後任者でしたけれど。自分のチェルシーでの最後のシーズンも良いものだとおもっています。全く資金をつかうことなく、4位で終わったのですから。ユヴェントスとインテルとのライバリティは、今更はじまったものではないでしょ。モウリーニョさんの報酬がうらやましいですかと?この世界は、自分の実力にみあったものを貰うんですよ。私にとって報酬はそう重要な問題ではありません。ですがこの業界に長くいて、良い仕事を続けていると思っています」

ユーヴェ、インテル戦を前にストライカーのアマウリ。
「ここ7試合と同じ気迫気構えで試合ができれば、いい結果出せると思う。この地点での1つの試合の勝敗がシーズン決めるわけじゃないけど、この試合、勝ったほうが首位になるわけだろ。気持ちの上で意味が大きいんだよな。インテルもパレルモ戦はいい試合だった。特に後半よかったな。ホームの応援もあるしな。でも俺たち、絶好調で突っ走る!デルピエロ?ぜんぜんエゴイストなんかじゃないよ。チームに貢献してる。デルピエロだけじゃなくって、俺もみんなもそうやってる。だから、今俺たちは勝ってるんだ。」

イアクィンタ。・・日本語ではヤクインタ、って書かれてますけど、イタリア語放送で聞くとどーにも、イァクィンタ、とか、アクィンタ、って聞こえるのね・・ずっとイアクィンタで書いて来ちゃったので、このまま続けさせてもらいます。スイマセン。
「去年はビッグクラブとの試合はずっといい結果だしてきたけど。今年もそのまま続けたいです。インテルは今うちの3ポイント上にいる。だから、勝てば並ぶんだ。もう、何か言うより。ピッチの上ですべてぶつけていい試合やりたいです。こういう試合は、ただ体調整えて練習するだけじゃ足りないんだ。モーティベーションも高めとかないとな」

■インテルのサムエル。イタリアダービーには先発するとみられています。
「いい試合になるだろうな。相手は絶好調だしな。うちはコルドバとか主力がちょっといないけど、誰がでても仕事きっちりだぜ。ユーヴェの選手?アマウリ、すげえな。本能でゴール狙うタイプだな。よく走るし、タフだ。でも鍵を持ってるのはデルピエロだな。言うまでもないけど、今やイタリアの象徴のフリーキックには要注意だな。うちの監督?いい監督だよ。控え室での皆とのコミュニケーションのとりかたが上手い。これ、俺たちの原動力になってるんじゃないかと思う」

一方、アドリアーノは10月26日のジェノア戦からあと試合に起用されてません。先週も風邪ということで練習休んでだそうですが・・
「監督と、問題あってさ。だからここ4試合はちょっと離れるっていうか。でもこんどの土曜は大事な試合だから出たい。超出たい。インテルで、試合に出たい。もし出れないならよそ行っちゃう」(・・おいおい!子供かお前は。)

■調子を取り戻してきた、ローマ、今週はレッチェに行きます。
スパレッティ監督
「ダービーのあとは落ち着いた環境で練習ができていますよ。いつも申していますが、静かな環境というのは、選手達の心身のコンディション向上に不可欠なんですよ。」

ローマの暴れ馬タッディ。・・あ、馬、といえば、先日オランジェ氏(隣の、オランダファンの同僚)にユーヴェ=マドリー、マドリー=ユーヴェの2試合のビデオを貸してさしあげたところ、4歳ぐらいの息子さんがファン・ニステルローイを見て、「ぱぱぁ。あの人、顔、ながいね。ボールがあたりやすいね」という、凄い感想を漏らしたそうで、しばし爆笑なのでした。
えー・・タッディ。この人も顔ながいね〜。
「チェルシー戦がこのシーズンのターニングポイントになったと思う。もうあとは上るしかない。ああいう結果がでると気分いいし、よーしやるぞ!って気になる。まあ、ローマって、大好きか大嫌いか、絶好調か絶不調しかない土地柄だってここに来てわかったんだけど、まわりが何言おうと俺たちの実力は変わんないさ」

■セリエB、マントーヴァ監督になった元ミランのコスタクルタ。
「自分は戦術だけでなく、選手達のメンタル面にも重点を置いて仕事してますよ。自分が来たのがチーム全体にいい刺激になったようで、3連勝です。控え室の雰囲気もいいですよ。正直いって、現役中もなんとなく監督みたいな気分でピッチに居たんですよ。いろいろ提案して、チームメイトが賛成して、その通り動いてくれたりしてね。将来?国内のトップクラスのところの監督やりたいです。出来たら、ミラン。インテルでもいいですよ、インテルの皆さんが問題ないと思うのなら。」

■木曜に、モロッコで、「ロナウドなのだー!&友達なのだー!」対「・・ジダンです・・&友達です・・ええ・・」チームの、貧困撲滅のためのチャリティー試合がありました。試合は6−5でロナウドなのだー!の勝ち。ロナウドは前半ちょっと出てたそうです。ジダンは2ゴール決めたらしい。すごいですね〜。
で、元マドリー会長のペレスさんがその場にいたそうで。
ペレスさん「おおジズー、まるで現役当時そのままだな」。
ジダン「・・そうですね・・いやあ・・もしよろしければカムバックしましょうか・・」
posted by かや at 06:55| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。