2009年01月01日

ガッちゃん父はミラニスタだった!

■ユーヴェ、アマウリ。もうすぐイタリア国籍獲得の手続きが終わります。さー、どっちの代表になるんじゃい。
「俺はブラジル人だから、セレソンっきゃないよ。今はな。でももうすぐ選択肢が出来るからさ。何日か何ヶ月か後にパスポートが届くいたら、そしたら考える。考えすぎない程度に考える。あ、俺がブラジル代表になるならレギュラーにしてほしいって条件出したって噂だけど、そんなこと全然言ってないぜ。おれそんな性格じゃねえし。」

ユーヴェ、キエリーニくん。
「今年の目標?何かタイトルの獲得。スクデットでもビッグイヤーでも、どっちでも。ちょっと不振の時期があったからインテルに離されちゃったけどな。あれなかったら、もっと近かったとは思うけど、苦労したからこそ結束は強まったと思うんだよ。今はインテルのほうがちょっとペースダウンじゃん。追いつくぜ。やっぱさ、サンシーロでインテルに勝ったあのあと、あー俺たちやっとなくしたもの取り戻して、本当のユヴェントスに戻れたって気がした。チャンピオンスリーグではマドリーに勝った試合が、同じ様な感覚だったな」
「アマウリ?2月10日(英国でブラジル=イタリアの練習試合があります)には同じユニフォーム着てピッチに居たいぜ!」

元ユーヴェのモンテッロさ。現役時代は退場王、と言われたほどレッドカードが多く、現役13年のあいだに9枚もらったのはユーヴェの選手としては最多記録。
「まんずまんず、お久しぶりスな。なに。ジェラードが相手のファンと喧嘩さスた?俺も同じような話コあるス。友達さと一緒にヴィアレッジョさ行った時、フィオのファンさに取り囲まれたス。考えてみなんしょ。ユーヴェの選手が、フィオのファンに囲まれるスよ。罵りあい、押し合い、殴り合い、ス。・・なに。今の選手で自分の系譜?キエリーニさすな。タフさが似てるす。んだども、キエリーニさのほうが俺よりゴール多いスな」

■親方フラーキ33才。サンプドリアにいますが、ドーピング疑惑で2年間の出場停止の最中。
「復帰試合のシナリオ?出場停止になってからずーっと考えてるさ。ハリウッドで映画作れそうなやつ。冗談おいといて、復帰したら、最初の試合で悪運もってきたなんて言われてる俺が、89分に逆転ゴールで勝つ、なんてのやりたいね。体はしっかり鍛えてるぜ。誰よりもガンガン練習やってるし、アウェイの試合もチームと一緒に行動してる。最初はそりゃ実戦から離れてるからテンポの問題とかあるだろうけど、長期離脱の経験はあるからさ。一番問題になるのは、やっぱ自分の気持ちのありかたで、前向きに考えなきゃいかないな。で、ピッチに出たら出来ることは確実にやる、ってこと」

■審判のリッツォリさん。
「審判の判定が論争になる、この傾向を改善するには、カルチョの文化から変えなきゃいけないですよ。この国では負けは受け入れられないでしょう、だからそんな場合は審判のせいにされる。私達審判のミスが試合結果を左右することもあります。でもそれも試合の一部でしょう。選手がPKを失敗するのと同じ程度の重要さだと思います。たとえば、私達は試合後に自分の判定についての説明をすることは禁じられています。自分の出身地のチームの審判はやらない。スコットランドではグラスゴー出身の審判がダービーの笛をふいたりしますが、ここではありえないですよ。もし判定ミスしようもんなら、翌日は家から出れないですよ。それに、特定のチーム偏重もありません。ビッグクラブ相手のミスが少ない?そんなことないです。どんな間違いも高くつきます。トッティを退場にしなかった件は、私の最大の失敗でした。自分のキャリアが終わるかと思いましたよ。一度信頼を失ったら、二度と取り戻せませんから。でもそういう細かいエピソードによって自分は生長して行くものだし、コリーナさんという、良き師もいます。トッティはあのあと、個人的に私に謝り、新聞紙上でも謝罪しています。でも次に試合で会ったときには、互いになにもなかったように振舞いましたよ」

■ミラン、当面怪我で出られないガットゥーゾ。
「去年ばおいどん、調子悪か、全然シャープじゃなか、いいとこなかだったばってん、もう、ガットゥーゾば終わったとまで言われたとね。そげなとき、バイエルンから話ば来たとね。おいどん行く気になったと。で、ガリアーニさんとアンチェロッティさんと話し合うことになって、おいどん、親父ば応援に頼んだとね。ばってん、親父ば、まるでミランのディレクターのごたる、会議の場で俺に反対の立場ば取りつづけたと。リノば、まだまだ終わってなか、年寄りじゃなかと。わかっててくれてたとね。」

■インテル。イブラヒモビッチとフリオ・クルスは調子よく点とってますが、実はあとのストライカーが、ねえ。アドリアーノとオビオビ君。どっちも調子よくない。ということで1月にはストライカーを補強、という噂があり、ベンフィカ貸し出し中のスアゾと交換という形でオーウェンが来るんじゃないかという話。

■マドリーが、ナポリのラベッシ獲得に4000万ポンドの用意がある?

■イタリア代表、リッピ監督の後継者は・・という話に、FIGC会長のアベテさん
「今、プランデッリ監督をなんとかフィオレンティーナから譲っていただくべく、画策中です。いや、冗談ですよ。プランデッリさんは代表監督としての資質は十分ですが、今はリッピさんという申し分ない指揮官がいらっしゃいますしね。フィオレンティーナはイタリアサッカーに多大な貢献をしています。選手、クラブの育成のみならず、先日のボルゴノーヴォさんへのチャリティー試合も、あれだけのものを上手く仕切りましたし、試合後ホームの選手が控え室入り口でアウェイの選手を握手と拍手で迎える方法を提案したのもフィオレンティーナです」

■2018年のワールドカップは、もしかしたらカタールで開催されるかもしれません。カタールは2011年にアジアカップを開催予定。ほかにもさまざまなスポーツイベントの開催地となってます。他に立候補しているのは英国、アメリカ、スペイン=ポルトガル共催、メキシコ、オーストラリア、日本、中国。だそうですけど・・6〜7月の中東ったら、すんごい暑さになるんじゃないの?!

(・・ということで皆様、新年おめでとうございます。やっぱりフツーに、ニュース読んでしまった(笑)。
管理人、今朝初詣に川崎大師に行ってきたんですが、例年以上に混んでました。思ったより京急大師線に到達するのに時間がかかり例年より15分ぐらい遅れ、7時ちょっとぐらい前に着いたんですが、本堂の階段の前で規制されてました。こんなことなかったですよ。不景気のせいで参拝者増、ですかね・・いやはや。ともあれ、平和でありますように。みなさまにとって、良い1年の始まりでありますように。)

posted by かや at 11:05| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。