2009年01月12日

怪しいリゾット

今朝、ローマ=ミランのハーフタイムに作った朝食です〜
「ミラノ風リゾット 菜の花とライスケーキ添え」

IMG_03681.jpg

って、要するに、冷凍保存したご飯に「リゾットの素ミラネーゼ(サフラン風味)」と水を加えてレンジでチーン。
出来上がったところに塩茹でした菜の花を入れて、
焼き餅と、プチトマトを添えただけです〜
意外ですが、結構、お餅が合いました。

このリゾットの素のシリーズ、買い置きしてます。かなり、使えます!
みかけたら、試してみてください〜
実は七草粥にも、ジェノベーゼ(バジル風味)を使っちゃったりなんかして(笑)。
ラベル:食品
posted by かや at 09:22| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第18節結果など

第18節結果など
■第18節終わって、順位だいたい以下のとおり。今週水曜に、悪天候で延期になってた第9節のローマ=サンプドリアが開催されるので、そこで試合数が全部おなじになります。
Inter 43; Juventus 39; Milan 34; Napoli 33; Fiorentina 32; Genoa 32; Lazio 30; Palermo 26; Catania 25; Atalanta 24; Roma 24; Udinese 23; Cagliari 22; Sampdoria 20; Siena 19; Bologna 16; Torino 15; Lecce 17; Reggina 13; Chievo 10

■日曜の試合の結果
■Bologna-Chievo 1-1
43' Pellissier (C), 45' rig. Di Vaio (B)

ボローニャ、ミハイロビッチ監督
「是が非でも勝たなきゃいけない試合だったから、却って固くなっちまったかな。でもビビらずにあきらめずに、最後までやりぬくのが大事だな」

キエーヴォ、ディカルロ監督
「速いテンポで、うちが押してたんですけどね。チャンスはしっかり点にしないと。なに。まだキエーヴォは終わってないですよ」

■Fiorentina-Lecce 1-2
7' Giacomazzi (L), 24' Felipe Melo (F), 28' Castillo (L)
レッチェは9月28日からずーーーっと勝ちなしでしたが、ここでまさかのフィオに勝利

フィオ、プランデッリ監督
「2点目はオフサイドだったかもしれないけれど、今日はアプローチが間違っていたんです。おいついた後、なんとかなるだろうじゃなくてどんどん押すべきでした。結果、レッチェに守り倒されてしまった。今心配なこと?ムトゥの怪我です。検査結果次第では1月の移籍のプランを変えなければならない。幸いうちにはストライカーが4人いますが、1人減るのはやはり痛いです。」

レッチェ、ベレッタ監督
「勝ちに相応しい内容でした。今日はうちのほうが優勢だったし、内容どおりの結果が出ました。」

■Juventus-Siena 1-0
33' Del Piero (J)
ユーヴェ、ラニエリ監督
「予想通り、厳しい試合になりました。このような、こう着状態の試合こそ、デルピエロのような一瞬のマジックを持ち合わせている選手の真骨頂の見せ所です。インテル?いや、昨日の試合でわかったのはカッリアリが実によくやったということです。今日はうちがシエナに随分押されてしまった。要するに、カンピオナートには楽な試合などひとつもないということです。」

シエナ、ジャンパオロ監督
「主力がかけた状態で、アウェイで、よくここまでやりました。失点はデルピエロのフリーキック1点だけなんだから、胸を張って帰ります。あとは、バランスのとれた試合だったと思います」

■Napoli-Catania 1-0
80' Maggio (N)

■Palermo-Atalanta 3-2
22' Miccoli (P), 39' Bresciano (P), 65' Floccari (A), 78' Ferreira Pinto (A), 81' Cavani (P)
パレルモ、バッラルディーニ監督
「前半はうち、後半はアタランタが良かったです。うちの問題点は、ホームでなくアウェイです。」
アタランタ、デルネリ監督
「内容は互角ですよ互角。ミスがまだ少々あったけれど、方向はこれでいいでしょう」

■Reggina-Lazio 2-3
4' rig. Corradi (R), 14', 22' e 76' Pandev (L), 63' Cozza (R)

■Udinese-Sampdoria 1-1
57' Delvecchio (S), 62' Domizzi (U)

■Roma-Milan 2-2
Vucinic (23' pt; 27' st), Pato (4' st; 8' st)
前半はローマの展開。ミランは後半目が覚めた、というような感じです。でもあっし的、なんといっても印象的だったのが、試合前の両監督のハグですね(笑)。どっちもにこにこ、周辺の人たちまでにこにこ。おいといて。やっぱミラン、最初のうちは、後ろが手薄なのが目に付いてしまいました。後半、バランスが見出せつつある雰囲気ではあったけどね。話題のベッカムは、たしかに、機能してます。いいクロスあげたりしてます。3月までの短期間で、どこまで馴染んでどこまで貢献できるかだよな〜。・・それにしても、あれだけ凄いメンバーなんだけどね。ガッちゃんが居ないと、なんか、ミランじゃないような(笑)。ゼイタク?ちなみにアンチェロッティさん、さまざまなチームの監督をやってきてますが、これまで一年の最初の試合には負けたことがない、という記録をもってるんだそうです。今年も記録キープ。

ローマ、スパレッティ監督
「先行したもののあっという間に逆転されてしまった。こういう状態で冷静さを失ってしまうケースは多いのですが、選手たちはよく落ち着いてバランスよく対処していました。前半はしっかり守れていたのですが、徐々にミランにボールコントロールが移ってしまった。パト?1対1の局面が大変上手いです。ともあれ、いい試合でした。勝機はどちらにもありました。ファンのみなさんも楽しめたと思いますよ」
「苦しい時期もありましたが、今はローマ本来の姿に戻れたと思います。怪我人も戻りつつあります。試合数が多いのでこれは特に大事です。」

ミラン、アンチェロッティ監督
「今日の試合のいい面は、後半どんどん前に行ったこと。よくない面は、前半テンポがだらだらだらだらしてしまったこと。終わってみたら、コップに水が半分あるけど「まだ半分ある」なのか「もう半分しかない」なのか、うーん。難しいとこですな。ベッカムの先発?先発させないって言いながら?いや、最初から起用するつもりでした。選手たちには言っておきましたよ。なに、メディアからのプレッシャーをちょっとでも軽くしてやろうと思ってね。まだほんの数日しかいないのに、戦術も理解してるし、バランスも考えてるし、なんせ熱心に練習するし、このぶんならすぐ馴染むでしょ。ベッカムが来て、みんな嬉しいと思いますよ。なに。インテルと9ポイント差?勝ちたかったけど、引き分けでも良しとします。前向きにいきましょうや。いい選手が揃ってるのはご存知のとおり。でも、みんながちょっとずつ自己犠牲を払うことでミランはもっともっとよくなるんです」

■次節の対戦はこうなってます。アタランタ、がんばってくれー!!
Atalanta-Inter; Cagliari-Udinese; Catania-Bologna; Chievo-Napoli; Lazio-Juventus; Lecce-Genoa; Milan-Fiorentina; Sampdoria-Palermo; Siena-Reggina; Torino-Roma

ラベル:セリエA
posted by かや at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。