2009年01月21日

ユーヴェ、インフルエンザ警報



■東京にインフルエンザ注意報が出てるそうですが・・どうやらトリノも、いや、うちはインフルエンザ注意報どころか後ろのほうは警報になってしまってるようです。ブッフォンがゲホゲホやってて翌日発熱、ラツィオ戦でのカムバックが延期になってしまったんですが、キーパー二人にもうつっちゃった。マニンガーはインフルエンザと診断され、キメンティにも風邪の症状がでてるらしい。更にティアゴと、先週得点きめたメルベリもダウンだそうです。週末はフィオじゃん。えらいこっちゃ!!まだ水曜だから時間の余裕あはるけど、キーパーが全員回復しなかった場合、ユースのティモシー・ノッチ君18才がゴールを守ることになります。また、脚の筋肉を痛めてラツィオ戦は出ていなかったキエリーニ君。フィオ戦には戻れそうです。

ユーヴェ、ネドヴェド36才は来期も続けるか、まだ確定じゃないんですが、ラニエリ監督がネドヴェドの引退を発表するのは時間の問題、とも言われてるらしいです。もし引退、となってしまった場合、後継者としてロッベンかリベリーを買ってくれとチームに言ってるという噂。お〜〜〜どっちもいいじゃん。ちょっとロッベンのほうが値札は安いらしいです。が。あっし的、リベリーは大好きだ!(笑)。セッコさん。買ってえ〜。

■インテル、水曜はコッパでローマと対戦します。
モウリーニョ監督
「コッパイタリアは二の次三の次とお考えの向きもあるかもしれませんが、私はそうは思っていません。イングランドとポルトガルでは勝ちとれるもの全てを手にしてきた。ここイタリアでもそうありたい。何であろうと勝ちます。なぜコッパイタリアがいまひとつ人気がないのか理解できません。私が面白いものにしてみせますよ。なに先週末のアタランタ戦?忘れちゃいません。ですから変更修正をします。ひとつはっきりしているのは、私の指示に従わないものは起用いたしません。」

■対戦するローマ、スパレッティ監督
「インテルと同格で試合が出来るわけです。私のみたところインテルには問題らしい問題はない。アタランタ戦で負けたところで何も変わりません。明日はお互いフルメンバーで臨みます、もちろん互いに勝ちたい。見て楽しい試合になると思いますよ。」

■選手相互で選ぶベスト選手、カルチョ・オスカーを獲得したイブラヒモビッチ。
「投票してくれたみんなありがとう。この賞は、モウリーニョ監督と、昨シーズンまで一緒に、インテルのために身をパウダーにして働いてくれたマンチーニ前監督に捧げます。凄くうれしいです。これからもインテルのためにがんばります。」

■ボローニャはフィオからオズワルドを獲得しました。オズワルドはアルゼンチン出身のイタリア人。カモと同じです。イタリアU21の選手です。07年にレッチェからフィオに来たけれどあまり出番はありませんでした。よーし。ミハミハのところでがんばれよー!

■フィオレンティーナ、ヨベティッチ。前のほうの運動量の多い若者です。夏にきてから、ジラルディーノの影になってしまってまだ得点はないけど、存在感は、あります。
「今週はユーヴェだ。厳しい試合になるだろうけどとにかくやってみるさ。俺たちだっていいチームだぜ。どこにだって楽な試合なんかさせない。ゴールきめてないけど、あんま気にしないことにしてる。そのうち決まるさ。ユーヴェ戦で初ゴールになるかもしんないぜ。」

■今週末は出場停止のカターニア、ゼンガ監督。
「なに、スタンドから指示をとばしますよ。これからクラブに許可はもらいますけどね。イングランドはそうやってるんでしょ。だいたいピッチサイドよりスタンドのほうがよく見えるしね、ルーマニアでもそうやってましたよ。なに。ですから、審判を侮辱などしてませんよ。心静かに幸運を祈りつつ、今週末の試合に備えます。」

■ということで、選手のほうの出場停止状況。あら。ナポリのハムシクは2試合アウトなのか。
Two-Match Bans:Barone (Torino)Hamsik (Napoli)Izco (Catania)
One-Match Bans:Jankulovski (Milan)Morero (Chievo)Coda (Udinese)Comotto (Fiorentina)Cossu (Cagliari)Dabo (Lazio)Cicinho (Roma)Ibrahimovic (Inter)Juric (Genoa)Lucchini (Sampdoria)Molinaro, Sissoko (Juventus)Santos (Reggina)

■話題のマンC、ディレクターのクックさん
「マンチェスター・シティは世界最高レベルのカカに興味をもっております。ファンのためにもクラブの商業的利益のためにも、すべてにプラスになるものと、信じておりましたが、ACミランとの話し合いが合意に達するとは思えません」
要するに、カカはミランに残るということのようです。

■ミラン、カカ
「皆さんからたくさんメッセージをもらいました。ありがとう。みんな、自分の気持ちにすなおに従うようにアドバイスくれました。俺もそれが正しいと思う。ミランは俺の家だし、俺はマンチェスター・シティに行こうだなんて30秒だって思ったことはない。噂がたくさん出てるけど、ほとんどが推測で適当で、それに俺はパパと口論なんかしてないのにそんな風にかかれてたり。俺は、どんなことも家族と話し合って決めるんだ。嫁だって、いつもどんな時でも支えてくれてるんだ。俺の気持ちはミランにしかない。お金の問題じゃないんだ。ガリアーニさん、ベルルスコーニさん、レオナルドさん、たくさんの友達のみんな、ありがとう。俺はだいじょぶです。先週の試合はやっぱ普通じゃなかったし、ナポリのスタジアムじゃ俺にブーイングが飛んできた。でも今週サンシーロでは皆応援してくれると思うよ」

ミラン、原因不明の膝の痛みに悩まされているカラーゼは火曜にドクター・マルテンスの診察をうけてます。
カラーゼ
「膝に注射しましたよ。それから2ヶ月ぐらい治療つづけます。練習は明日から出来ます。手術?しなくてだいじょぶだって。今週末の試合出れそうな勢いですけどね。うちのメディカルチームも俺がずっと膝わるいの知ってるし。試合に出れないから不満とか、そんな
ことぜんぜんないです」

■ゼニトのアシャルビン。来期はアーセナル行き?といわれてますが、他の欧州各国からも注目されてます。
アシャルビンの代理人のラッチャーさん
「インテル、ユヴェントスと会談を行いましたが、まだ何も進展はありません。待っているところです。アーセナルのお話はお断りいたしました。マンC?ゼニトには話がいっているのかもしれませんが私は何も存じ上げません。」
posted by かや at 06:47| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。