2009年01月23日

昨年の観客動員数は


■2008年度の、各クラブ1試合当たりの観客動員数をFIGCが調査したところ、全試合平均は、この不況の年なのに前シーズンより400人ほど増えて、24,895人でした。いっちゃん多かったのは、やっぱりミラン。1試合あたり60,067人。インテルが51,637人、ローマが41,225人、ラツィオが36407人、ナポリが38,658人。意外にもユーヴェは少なく、22,251人。もっとも今使ってるオリンピコスタジアムが小さくて、収容人数が25,000人なのでこうなちゃってるそうです。ちなみにいっちゃん少ないのはシエナ。10,630人だそうです。

■ユーヴェ、ラニエリ監督がCLについて。
「チャンピオンスリーグ決勝?確実にいけるとでも言うのなら、自腹でお金を払ってでも行きたいもんです。冗談はさておきまして、全員が決勝に行きたいという強い気持ちがあります。もちろん決勝以前に次々に強豪と対峙しなければならないのが事実であり、早速昨シーズン惜しくもPKで敗退したチェルシーが待っています。うちを含め、残っているのは強豪ばかりですが。まずチェルシー戦にはベストの状態で臨みたい。チャンピオンスリーグは高度のエネルギーと集中力が必要な試合なので、負傷欠場中の主力たちには戻ってきてもらいたい。怪我の多い理由?分からないです。昨年と同じ練習メニューなんですがね。でもどこかに問題があるなら解決しなければなりません。検査でダメージが見当たらないのに痛みを訴える選手や、怪我が続く選手もいます。ディエゴ?いい選手ですね。注目しています。ですが、移籍については状況、バランスを良く考えた上で決めますよ。マンチェスター・シティのカカへのオファー?うちの選手たちはプライスレスです。私は、誰も売りません。もっとも、誰かが去ることでバランスシートの問題が解決し、なおかつ他の選手が来るチャンスがあるのなら考えるかもしれません。ですが、決定権があるのは私ではありません。」

デルピエロ。本人が一番良く覚えているゴールは、94−95シーズンのフィオ戦で、2−0から2−3に逆転した試合のゴールだそうです。そのシーズンは優勝で終わってます。監督は、ユーヴェ1年目のリッピさんでした。
「あのゴールはよく覚えていますよ。あっという間です。考える前に体が動いていました。それが幸いしたんでしょうね。ただボールを蹴ることしか頭になかった。トルドの頭上を超えてゴールに入るように、ロングボールを蹴って、蹴ったあともまだ集中していましたよ。ゴールに入ったあとは、もう、世界が爆発したみたいでしたね。あのゴールは本当に特別でした。他にちょっとないです。強烈に覚えています。」

ユーヴェ。ネドヴェドの後継者にいろんな名前が上がってますが、リヴァプールのカイトに結構いい条件でオファーしている、という噂。

■ユーヴェと対戦するチェルシーのアネルカ。
「僕アネルカでし。ユーヴェは一流だから、厳しい試合になると思いまし。っていうか、イタリアのクラブは戦術的に強いから、難しいんでし。ホームでしっかり勝って、アウェイで無失点狙いまし。トレゼゲ?最高でし。ああいう天性のスコアラーは、ちょっと居ないでし。ちょっとでもチャンスがあったらゴールしちまうでし。そんなトレゼゲが帰ってくるのは、俺たちにとってはまじ嫌でし」

■ミランのキーパー、アッビアーティ。11年の6月まで契約延長してます。思えばアッビアーティ、ユーヴェ、トリノ、アトレチコ・マドリッドなど貸し出しになりながら99年からずーっとミランに居ます。仕事は、確実。いい選手だねえ。まだ31歳、先は長いぞ。もっともっとがんばれよー!

ミラン、ネスタが帰ってきました。
「これからミラネッロで練習開始です。準備整ったら、試合に出れると思います。僕ぁ怪我のこと真面目に考えて、長いこと治療に専念して、ここから離れてました。8ヶ月かかったけどしっかり治してきましたよ。あとは試合カンだけだな。最終試験の。ホント、早くピッチに戻りたい。最高の状態に戻りたいです。」

ミラン、ベッカム。アンチェロッティ監督と一緒に、ルー・ゲーリッグ病と闘う、フィオレンティーナのボルゴノーボさん(夏にミランやフィオの新旧の著名選手が集まって、チャリティー試合をやりましたっけね)を訪問してます。

■ローマ、スパレッティ監督がコッパの試合のあとに。要するに審判の判定負け?
「いい内容だったんですよ。問題を起したくないので敢えては申しませんが、コメントの難しい試合です。負けの原因は、私たちにはありません。インテルはこういう勝ち方をする必要があったんでしょうか。こういう負けは試合後のストレスが大きいです。ファンやメディアの皆様の賛辞はありがたいですが、この敗退の原因は私たちのミスではありません。」

ロセッラ・センシ会長
「なんたる判定ぞ。かようにまでして、インテルは勝ちたいのかえ。妾は悔しい」

■インテルは、あまり起用しない選手たち・・クレスポ、ブルディッソ、ダクール、マテラッツィ(えっ!?マテはね〜だろう)を売却リストに載せて市場に出した?!といわれています。マテとブルディッソにはトッテナムが、ダクールにはボローニャ、クレスポにはパルマからオファーが来てるとか・・

■キエーヴォ。ラツィオからマキンワを借りました。このシーズン、ラツィオではザラテ、パンデフ、ロッキが大活躍。マキンワは出番がなかった。さっそく今週末から起用できます。がんばれよー!目標は残留になっちゃったけど。
ラベル:ユーヴェ ミラン
posted by かや at 06:45| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。