2009年01月31日

マルディーニはブラジル戦に出るか?


■イタリア代表127試合出場、今は代表を辞退している、ミランのマルディーニを引退前にもう1度だけ、2月のブラジル戦に召集しよう!キャンペーンについて、リッピ監督。
「マルディーニは私の知る中で最高の選手の1人です。代表引退については本人とも話し合いました。その時マルディーニは、代表で試合をすることに興味を失ってしまったと言っていたのですが、引退してしまう前に、最後に1度出場することは可能だと思います。今後話し合いの機会を設け、もし興味があるようだったらイタリアサッカー協会とも話し合いましょう。しかし、本人が、本当に今シーズン限り引退してしまうかどうかはまだ確定していません。それに試合まで2週間弱しかありませんので、時間的にもどうでしょうか。」

■ユーヴェのラニエリ監督、ウディネーゼ戦について。
「もし疲れが溜まっているというのなら、試合の半分もの時間、相手を自軍ハーフに押し留めることはできないと思います。今週末はあのような失敗のないよう、全力を尽くします。たしかにあの試合の出来はよくありませんでしたが、闘争心を失った試合ではありませんでした。カッリアリ戦も厳しい試合になると思います。120%の力を出して、戦わなければなりません。そのためにも、練習あるのみです。まだシーズンは終わっていません。結果は最後の試合が終わるまでわかりません。」

今週末のカッリアリ戦、トレゼゲが本格復帰の予定です。
「4ヶ月ぶりですよ。ぶっちゃけ、今の自分は90分持つかわかんないけど、水曜にウディネ戦でちょっとだけでも戻れて、すっごい嬉しかった。先発?監督が決めることだから俺にはわかんないです。デルピエロとアマウリとのトリデンテはどうですかって?試合に出れるんなら、ディフェンスだって全然OKですよ。チームの1人になれるなら。全力がんばって早く100%に戻りたいです」

■2006年のカルチョポリ騒動の際、2−1でユーヴェがレッジーナに負けた試合のあとモッジさんに控え室に閉じ込められたといわれてる、その試合の主審パパレスタ審判。
「2004年11月6日の、その試合で何があったか。本当のことをお話します。私は控え室に閉じ込められていません。モッジさんとジラウドさんはその試合でユヴェントスにPKが与えられなかったこと、また、終了間際のゴールをノーゴール判定したということで私の判定に激しく怒り抗議しました。ある意味、私はユヴェントス贔屓の判定に傾いていないことを行動で示したわけです。ですが、お二方は抗議のあと去りました。そのことを試合後の報告書に記載しなかったのは私の失念ですが、報道されているような、モッジさんに控え室に閉じこめられた事実はありません。その後、その事件についての滅茶苦茶なメディアの報道とモッジさんのコメントについて、モッジさんに電話で抗議したことはあります。本気で私に審判の仕事を続けさせたくないと思うのでしたら、正式に管轄機関に申請すればいいと思うのですが。」

■インテルに不正試合疑惑が出てるそうです。金曜のIl Giornaleに、昨シーズン24節以降の何試合かを、インテル優勝のオッズを高めるために、故意に負けもしくは引き分け、最終節のパルマ戦まで優勝決定を引き延ばした、という噂が出てるそうです。イブラヒモビッチが怪我で何試合かに出なかった、マテラッツィがシエナ戦のPKを外したのはそのために故意に行った?と推測されてるらしい。また、インテルの当時の監督マンチーニと、マフィアと関係があるといわれている、ドメニコ・ブレシア氏が度々電話で話していたといわれてます。ブレシア氏はインテリスタですが、薬物密売で取調べを受けたこともある人です。
う〜〜む。そんなことありですかね?!って、去年5月の記事を読み直してみたら、インテルはその前の、37節に2−2でシエナに引き分けてます。シエナの得点者Kharja選手は、その前の試合にユーヴェ相手にもゴール決めて絶好調でした。で、マテは前年にシエナ戦でPK決めてたので自信があって、自ら志願してPKやったとか・・最終戦の対戦相手のパルマは、あと2ポイント獲得すれば残留できたのに、ラスト1試合を残して監督(クーペルさんだったんだけど、3月10日に就任して5月10日まで10試合、わずか2勝と散々な成績でした)を解任、ユースの監督で最終戦に望んでます。でもインテル、確かに怪我人だらけでした!ダクール、サムエル、コルドバ、イブラヒモビッチ、フィーゴ、ソラーリ、キヴ、カンビアッソが怪我している状況でした。もっとも、イブラヒモビッチは後半に出て来て得点してます。う〜む。やっぱ、不正試合なんかする余裕、なさそうだけどなあ。

■今週ユーヴェと対戦するカッリアリは、バテ・ボリゾフのミッドフィールダー、シバコフ選手21歳と4年契約しました。そうです。バテ・ボリゾフといったらCLでユーヴェと対戦したベラルーシのチームです。

■ミラン、週末にUEFAの試合に起用する選手リストを提出するのですが・・やはり、3月9日までの期限つき貸し出しのベッカムは入ってないそうです。リストに入れたとしても、出られる試合は2試合。2月にある、ブレーメンとのホームとアウェイだけになります。

それについてガットゥーゾ。
「ベッカムどんば、謙虚で、プロフェッショナルで、点ば取る、チームのためにばり働く、削られても引かん。ほんまごつ、よか選手たい。3月9日過ぎても居てほしか。冗談じゃなか、ミランの為にずっと居て欲しかとね。」
「おいどんの膝ば、マルテンス先生に見てもらっとっと。経過ば、順調たい。おいどんが思うに、2ヶ月もしたら走れるようになるとね。

■インテルのマイコン、マドリー行きの噂について。
「俺は、インテルに居ます。ファンのみんなも、会長も、聞いてください。俺はインテルで気分よくやってるんです。イイカンジでここに馴染んだし、家族もミラノで幸せにやってる。もしインテルのほうが俺が要らないなら、別の場所を探さなきゃいけないけど、俺からは出ていきたくないです」

■トリノのディレクターのフォスキさん、パヌッチ獲得の噂について。
「もしパヌッチがうちに来たなら、もう、チーム全体勇気百倍ですよ。いやー夢のような話だな。でも、たぶん、移籍するならうちじゃなく、外国でしょうな。

■ローマは、先週カッセッティが怪我してしまい、パヌッチは関係が悪化し、ディフェンスが緊急事態になってます。急遽、ウディネーゼのディフェンダーのモッタを連れてくる?!
モッタの代理人
「これからウディネーゼ、ローマの両方と話し合います。ウディネーゼとは合意しました。あとは、ローマのほうです。」

ローマのメクセス。04年にオゼールから来て、ずっと活躍してくれてます。
「ローマを代表する選手になりたいです。ローマのマルディーニって言われるまで、ずーーっと頑張りますよ!ミラン?話し合いなんかないです。俺ローマ大好きだもん」

ラベル:セリエA
posted by かや at 09:21| Comment(3) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。