2009年05月17日

INTER CAMPIONI D'ITALIA


■今日、ミランがウディネーゼに負けたので、2試合のこしてインテルと7ポイント差となり、インテルは翌日のシエナ戦を待たずに優勝が決定しました。おめでとうございます!
インテルの選手たちは試合前日なのでピネティナ練習場に集まっていて、テレビで見ていました。今日はモラッティ会長の64歳の誕生日でもあり、試合終了後は会長の誕生祝いも兼ねてシャンパンのビンが開けられ、スタジアムで歌われる皆を励ます歌や、もちろんモラッティ会長のための歌も歌われ、そのあとシャンパン持って練習用のピッチに行って、優勝をお祝いしにピネティナまで駆けつけたファンともお祝い。もちろんモウリーニョ監督も一緒になってはしゃいでたそうです。
インテルにとっては史上17回目の優勝。4連勝になります。モウリーニョ監督はインテルだけでなく、セリエA監督初年でいきなり優勝した外国人監督になります。今夜サンシーロでは、気分よくI Campioni dell'Italia siamo noi!→We are the Championsのイタリア語版が何度も唄われるでしょう。

モラッティ会長
「私の誕生日とスクデットを一緒にお祝いするのは初めてです。選手監督の皆さんは大変よくやりました。本当によくやりました。ウディネーゼかミランが私達に贈り物をしてくれたと申し上げてもいいでしょう。この贈り物は先週ユヴェントスからもいただいていたことになりますので、皆さんにお礼申し上げます。一番印象深い試合?今宵のウディネーゼ=ミランでしょうか。冗談はさておきまして、チーム全員とこの瞬間を分かち合えることをとても嬉しく思います。このために全員が、厳しい練習とプレイの向上のためだけでなく、何ヶ月もの間多くを犠牲にしてきたんです。モウリーニョさんは既に英国で勝利を手にしていますが、ここイタリアでも初年度にもかかわらず目覚しい仕事でチームをここまで導いてくれました。この勝利を誰かに捧げるかと?もちろん。私の父です。それからファンの皆さんとモウリーニョ監督に捧げます」

モウリーニョ監督
「たしかに今夜は優勝が決まったのだからお祝いでしょう。わかります。ですが、私は実のところ、明日のために早く休むべきだと思っていますがね。なに。私はインテルのシンボル?まだまだです。そうなるためにはやらなければならない事は山ほどあります。」

モウリーニョ監督、この試合前に。
「今は余計なエネルギーも集中力も使いたくありません。今日のウディネーゼとミラン試合で、明日私達はどうすべきか。残り3試合のうち2試合のアプローチが変わります。今日は恒例の試合前日の合宿ですので、全員揃って試合を見ますよ。午後は皆でリミニ=トレヴィゾを見るかもしれません。なに。もし、明日の試合後にまだスクデットが決まっていなかったら?選手達に試合後のシャワーを使わせません。サンシーロの水道代がもったいない。」

インテル=バルサ間で、イブラヒモビッチ=エトー+現金の交換、の噂があります。

インテルといえば、レコバさ。今、ギリシャのパニオニオスに居ます。モラッティ会長とは依然仲がよく、先日モラッティさん、レコバにの最近のパニオニオスの試合を録画したDVDを送るように頼んだとか。
スクデット決まる前のインタビュー。
「まんずまんず!お久しぶりだなや。ギリシャさ、のびのび生きるのに、いい所す。ライフスタイルがウルグアイさに似てるす。みんな、敬意を持って接してくれるす。それに海の近くは、まんずまんず気持ちいいす。んだどもな、スクデットみてえなおっきい目標に向って、強烈なプレッシャーさ受けながら試合する生活じゃねえす。ちょびっと懐かしいす。もうこっちはシーズンさ終わって、あとはプレーオフあだけす。わだすたちは、もう終わってるす。なに。インテルさで怪我したあとも、自分さ本当のアスリートだと思ってるかって?たしかに2年間、まんず怪我だらけで、9月になってからやっと行き先さきまってアテネに来ただどもな。楽では、ながった。最初、筋肉さ怪我してしまったりな。んだどもYouTubeで探せば、わだすががやってる試合さ見つかるす。あと2年はトップレベルで試合さ出来ると、自分では思ってるす。なにインテルさ。もちろん、ずーっと見てるす!わだすこれからスペインさでチャリティー試合さに出て、そのあとイタリアに帰るす。わだすの家さコモの近くだがら、皆さと一緒にボールさ蹴りにピネティナさいぐつもりす。それにしても、まんず、インテルさ強すぎすな。ローマさコゲた後さ、怖いものなぐなったすな。それに、あのチャンピオンスリーグの負けは、ねえすな。欧州最強のマンUさと互角に試合さやったす。わだす、あの試合で、インテルさもっどもっど大きぐなれたと思ってるす」

■Udinese 2 - 1 Milan
D'Agostino pen 31 (U), Zapata 48 (U), Ambrosini 93 (M)
ミランにとっては負けたらインテルの優勝が決まってしまい、勝ったらチャンピオンスリーグ出場権が確定する試合でしたが、ベッカムとファバッリが出場停止。一方のウディネ是は5連勝中。ディナターレやんが怪我でいないんだけど、絶好調でした。ちなみに12月の試合は5−1でウディネの大敗。でも今回は勢いに負けるウディネの勝ちでした。ミラン、最後の15分は、インザーギ、ロナウジーニョ、カカ、シェフチェンコが同時にピッチに居るという凄い状態だったんですけど点にならず。それに、これだけ居てですよ、93分の得点者がアンブロジーニって。泣かせるじゃないですか。この時間の1点!やっぱミランは最後まで諦めない。来期のキャプテン、たのんます!

ミラン、アンチェロッティ監督
「スクデットはとっくに決まってたんですがな。うちの目標は、来期チャンピオンスリーグに出ることなんです。今期いちばん着実に勝ちを重ねていたインテルが優勝。納得できる結果です。私の今後?来週の結果次第です。3ポイントしっかりとるために今週も練習ですよ。なに。今日勝ってたらその今後は変わったかって?いや。全く変わりません。今日の内容は、ウディネーゼが勝って当然です。私達は、チャンピオンスリーグ出場を確実にするための3ポイントが必要だった。ですが、今日のチャンスにとりそこなった。次のチャンスに確実にするまでです。でもね率直言って、今日の内容は私が求めていたものと違いましたよ。一週間、練習はよく出来てたんです。でもいざ本番で、やり方を間違った。ウディネーゼは前に出るのも下がるのもスピードがあった。それが、今日のポイントでした。1点先行されて、うちはますますバランスが悪くなってしまったんですがな」

ウディネーゼ、これで6連勝です。UEFAカップが終わったらクラブの連勝記録に並ぶ快挙になってます。
マリノ監督
「シーズン全体をみて、インテルの優勝は相応しい結果だと思います。どこよりも安定感があったしね。人間、失敗したらそこから学ばなければなりません。このシーズンのウディネーゼはずっとそうしてきました。この6連勝は集中力を高め、どんどんゴールを決めることで続いています。この6試合の失点は4点ですから。それに何人かが調子を取り戻してきている。やはり彼らが戻ってくると違うな」

■Roma 4 - 3 Catania
Perrotta 13, 31 (R), Tedesco 15 (C), Vucinic 17 (R), Mascara 47 (C), Morimoto 72 (C), Panucci 91 (R)
ローマ、試合前のウォームアップからブーイングを浴びてました。でも欧州カップ戦に出るためには是が非でも6位以内にならないといけません。これは、執念の勝ち。でもこの試合の3失点で、降格ゾーンの3チームに次ぐ失点数57ゴールになってしまいました。更に、デロッシが警告累積で来週のミラン戦に出られません。一方カターニアは、オリンピコで得点したのは1965年以来なんだそうです。モリモトは対ローマには自信があるんでしょう。前半戦ではドッピエッタ、今日も1点きめてます。ちなみにジャコモ・テデスコのこのシーズン初ゴールも、モリモトのアシスト。

ローマ、スパレッティ監督
「前半は統制が取れていて、積極的に攻めました。ですが集中力がなくなってテンポが落ち、失点につながりました。単純ミスもありました。一方カターニアはこのシーズンの成績につながったスピリットをこの試合でも発揮し、同点にまでされてしまった。自信過剰が一気に負けてしまうかもしれない立場になり、そこで攻め続けたローマが、最後には勝ちました。勝ちに相応しい内容でした。サポーターのブーイングは予想していました。。ファンの期待は大きい、このシーズンの結果を通して考えれば無理もありません。受け入れなければならないでしょう。なぜ批判されるのかは良く分かっていますそのために私達は苦しいときも全力を尽くしているんです。57失点?たしかに。ローマはいろいろな記録を更新していますので。冗談はさておいて、今日はピッチ上で全くコミュニケーションがとられておらず、誰もチームメイトを助けようとしていない時間がありました。これが、出来る事を出来なくしてしまう原因なんです。あと2試合、難しい試合が残っていますが、私達は来期欧州カップ戦に出たい。ローマ魂の見せ所です。なに。私の来期はユヴェントスではないかと?ラニエリさんに対する過小評価からそのような話になるんでしょう。ラニエリさんは監督としてのみならず、人物としてもとても優れた方ですよ。私にはローマ以外のどこからもオファーはありません」

センシ会長、試合中試合後のブーイングについて。
「このような時こそ、自分達のチームには味方がいるのだと示すのがファンというものではないのかえ。選手たちがいかにローマに尽くしているか思い起こしてほしい。何年もの間、皆を楽しませた同じ選手たちではないか。今期の成績に失望するのはわかる。成績が落ちれば回復させたいのじゃ。妾はわかっておる。クラブの今後について?この場でなく公式に発表するつもりじゃ。妾は、常に、本当のことを話して居る。信じるか否かは受け取り手次第じゃ」

ローマはこれまで身売りの可能性を否定し続けてきましたが、スイスの企業から、センシ一族の会社イタルペトロリ株の過半数株式取得希望があると発表しています。書い手に十分な資金力とASローマを更に発展させていける力があるか協議中。もし不十分なら却下するそうです。

■ユーヴェは先日ご逝去したスザンナ・アネッリさんを追悼のための喪章をつけて試合をやります。
ラニエリ監督。
「現在の成績を残念に思います。この一ヵ月半、多くのポイントを失いました。気落ちすることもあります、私達はプロではあっても人間です。アタランタ戦ですか?先発は決めています。今一番調子の良い11人を起用します。ユヴェントスには選手の優先順位はありません。一番調子がよく、意欲の高い者を起用します。発表は試合前までお待ちください。先週のミランとの試合で、まだまだ私達はできると感じました。このトレンドを確認したい。まだミランともフィオレンティーナとも接戦なので。明日の対戦相手のアタランタは失うものがありません、ピッチ上30メートルの間で、貝のごとく口を閉ざすタイトなフォーメーションを敷きつつ、カウンターでアグレッシブに攻めてくると考えますが、私たちは残り3試合2位を奪還すべく全力で臨みます。結果は私達次第です。」

ユーヴェはバイエルンの左うしろ、ラーム25歳の獲得を考えている、というのもモリナーロは怪我が多い、ディチェーリエはまだちょっと経験不足。という理由から。でもバイエルンは2000万ユーロの値札をつけているといわれています。ユーヴェは既に2500万ユーロを投じてディエゴを獲得していますので、あまり大きい額は出せないところ。でも獲得できたら、かなり後ろのほうは心強くなりますな。うん。

で、ユーヴェの後ろのほうといったら、カンナヴァーロ。ユーヴェの練習場の外側に「カンナヴァーロ特権乱用」なんてバナーが貼られてしまったそうです。というのも、ナポリ近くのカンちゃんの家がプールとフェンスを作ったあと、ナポリ近郊のその地域は建物の基準をそれを認可すべく変更した経緯があるそうで、ユーヴェに戻ってくるのにも、「特権乱用」したんじゃないか、ということ。だそうです。

■セリエBのパルマ、土曜の試合でチッタデッラに2−2で引き分け、来期セリエAに昇格です。
グイドリン監督にとってはBからAへの昇格達成は3回目。
「いやー嬉しいですねえ。ホイッスルが鳴った瞬間のWサイン?いや、ありゃ3です。95年のヴィチェンツァ、04年のパレルモ、今回のパルマ。私にとって3回目の昇格決定ですので。今は喜び弾けて、来期どうするかはあとでゆっくり考えます。何より、選手、コーチ陣、全員に感謝しています。このシーズン選手達は本当によくやってくれた。大変嬉しい。」

■イタリア代表リッピ監督
「私はクラブの監督になろうとは思っていません。また、2006年ワールドカップ優勝のあと、メキシコなど何カ国からナショナルチームの監督のオファーがありました。ですが、お断りさせていただきました。自国のチームを率いてワールドカップで優勝した者が、他国を率いて再度ワールドカップに挑むということ自体が考えられません。私の夢は常にイタリアにあります。私と、カペッロさんトラパットーニさんの違いは、お二人にはワールドカップ優勝経験がないということです。私にはお二人がどうお考えか知るすべはありませんが、たとえばトラパットーニさんがガットゥーゾやマテラッツィに言うのと同じことをアイルランドの選手に言っているとは、私には思えません。」

posted by かや at 10:13| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

今シーズンあと3試合

■ユーヴェ、今週のアタランタ戦は無観客試合でおこなわれます。

ユーヴェ、ラポ・エルカンさん。
「セリエAのクラブでありながら、イタリア人がピッチに2、3人しかいないのはあまりに恥ずかしいでしょう。国にとってもリーグにとっても決して良いことではない。各クラブだけに任せるのでなく、纏める立場のほうから国内選手の育成を図るように、ルールを導入するべきです。」
もちろんこれはインテルを指してます。昨年、マンチーニ監督は、先発の11人が全部ガイジンというセリエA初の記録を作ってしまったそうですが、今年モウリーニョ監督も全ガイジンでやってしまってるそうです。モウリーニョさんもガイジンだから、こっちのほうが超ガイジンチームですよね。

同じくラポ・エルカンさんがデルピエロの後継者について。
「もしデルピエロが引退したあとのキャプテン?キエリーニかブッフォンのどちらかでしょう。カンナヴァーロはもうキャプテンじゃありません。何も話すことはないでしょ。カンナヴァーロが居なくなったのと同時に、キエリーニが来たんですよ。ブッフォン?こちらは降格しても残ってくれたサムライの1人ですからね、うちの旗印に相応しい。」

そのエルカンさんの叔母であり、ジャンニ、ウンベルトのアネッリ兄弟の姉妹にあたるスザンナ・アネッリさんが15日に亡くなっています。ご存命中はモンテアルジェンタリオ市の市長を務めたり、外務大臣も一年努めてます。また、毎年年末に行われるチャリティ、テレソンの会長を29年間ずっと務めていました。脚の骨折で入院、手術ののち体調を崩してしまったそうです。87歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

入団発表を待つばかりのディエゴ。
「あとほんのちょっとで契約完了なんだ。ずっとセリエAでやりたかった。最高の、チャレンジしがいのあるリーグだし。それにユーヴェが真剣に俺に来て欲しいって言ってくれたからさ。セリエAにはいつだってチャンピオンがたくさんいるけど、俺の目標はジダン。ずっとテレビで見てたんだ。フランス人だけど、あの動きはブラジルだよ。セリエAはプレッシャーがハンパない?プレッシャーなら慣れてる。19のときからセレソンやってるんだぜ。あそこ、負けちゃったらもう・・ドラマだよ。」

アトレチコにいる、チェコ出身ウィファルシ。来期ユーヴェ?の噂がありますが。
「ありえないね。俺、ここで絶好調だし。それにユーヴェなんか行ってみろよ、フィオのファンにウラギリモノ呼ばわりされるしな!」

■ラツィオ、コッパを決めたPK戦で最後に蹴って決めたのはダボでした。
「蹴る前から自信あった。でもすっげえいろんな事が、今年は怪我であんま出れなかったこととか、マンCのサイテーな1年とか、今年やってきたコッパの試合とかぐるぐる頭んなか回ってた。でも、俺延長になってから交代させてくれって言ったんだけど、なんか気が付いたら120分最後までピッチに居たんだよな。やっぱ、俺がPK決める運命だったんだろうな。カステラッツィの左の高め狙って蹴ろうと思ってたけど、バー当たったらヤバいと思って、直前にコース考え直した。迷信とか信じないほうだけど、最後は俺が決めることになってたんだな。まじ思ったね。」

■ローマ、スパレッティ監督はラツィオ=サンプドリアのコッパの決勝あとの、ラツィオ優勝のお祭り騒ぎをみながら、アーセナルに負けたPK戦を思い出してたそうです。
「私の今後ですか。このあと私は何を為したいか、チームと、話し合いますので。メディアには何も申し上げたくありません。昨シーズンとどこが違ってしまったのかと?結果だけですよ。私は自分の取るべき責任は取ります。そうです。このギョーカイは経過より結果なんです。ラツィオはPKで勝って祝賀会ですが、ローマはPK2本失敗のために冴えないシーズンに終わりつつある。そういうことです。今は次のカターニア戦に焦点を絞っています。率直申し上げて状況が変わってしまった今、何をやるのも困難になっているんです。」

ということでローマ、スパレッティ監督の今後が微妙になってきてますが・・
元インテル監督マンチーニの代理人のデジョルディスさん
「もしローマから監督の話があったら?もちろん受諾しますよ。カルチョには、ありえないはありえないですから。なに。条件?実際に話が来たらお話しますよ。今のところ、マンチーニの契約についてはインテルからも他のクラブからも何の進展もありません。本人は海外での仕事を考えているようですけれど、そちらのほうも何も進展なしです」

■ミランのマルディーニは引退後、ミランユースの責任者になる、かもしれません。今のミランユース責任者のブリアーニさんは6月で契約満了。近年、ユーヴェやインテルと比較するとミランユースからは優れた若手が出てきていないので、批判があったそうです。

ミランにしばらくいた、マーティン・ラウールセン。今はアシュトンヴィラにいるんですが、右膝の怪我に苦しみ、1月からは試合に出られない状態でした。困難でリスクの高い手術を行うか引退か考えた結果、31歳とまだ若いんですけど、引退を発表しました。
「何週間か手術か引退かすっげえ考えて。今後の人生のことも考えて引退することにしました。・・でもまだ、実感ないんだよね。こうして喋りながら。かなり妙な気分で、でも悲しいよな。97年にプロになってから、俺の生活サッカーだけだったからさ。でも自分そろそろ32歳だし、ずっとこのまま現役続けられるわけじゃない。いつかやめなきゃいけない時は誰にでもくるんだしさ」

■カッリアリでこのシーズン22ゴール決めて活躍したストライカーのアクアフレスカ、は、実は、インテルが権利持ってます。でもシーズン終了後は貸し出し元のインテルに戻る、わけではなさそう。
代理人のファッブリさん
「インテルのディレクターと話し合ったのですが、呼び戻したくないようですな。まあ、スクデットが数字の上でも確定するまでは、縁起担ぎもあって何も言わないものでしょう。ジェノアが欲しがっているのは確かだし、インテルはミリトが欲しい。そのへんの絡みもあるでしょうね。ブランカさんがおっしゃるにはアクアフレスカには2チームから移籍希望があり、ナポリがいいんじゃないかとのことでした。ラベッシと2トップ組むとしたら面白そうだしね」

■フィオ、クズマノビッチが練習中にふとももに怪我で、10日アウト。ということはのこり3試合のうち2試合無理。厳しいねえ。

で、そのフィオレンティーナ。既に来期にむけて選手を1人獲得済みとコルヴィノ会長が発言しています。誰かは明らかにされていませんが、インテルで出番のないクレスポと2年契約?という噂が流れています。そうですよね。クレスポ、全然出番ないもんね。もったいないですよ。ちなみに年俸はシーズンあたり50万ポンドだそうで、これまでの契約からみたら端数みたいな数字になっちゃってます。とはいえ・・クレスポにとっては2010年がワールドカップに出れるかもしれない最後のチャンスだもんね。試合に出られるチームならどこなりと、なんでしょう。

インテルから出ていくかもしれない?という噂がもう1人、ヴィエイラです。PSG行き?ヴィエイラ、このシーズンは13試合しかでていませんでした。契約は2010年まであります。って、PSGもかなりな資金難だそうですので、上記クレスポ並みのバーゲン価格でなければ買えないかも。

■アタランタとパルマの共同保有選手のチガリーニ22才。今期はアタランタで頑張りました。冬にはユーヴェ入りの噂もあったけれど、来期はナポリ行きが決まりました。ナポリからアタランタへは、400万ポンド+ガリクス、パルマ(A昇格ほぼ決まり)へは、500万ポンドが支払われるそうです。

■改めて、現在2〜4位のポイントと、残り3試合の対戦相手を列挙すると・・
2位ミラン71ポイント。 ウディネ、ローマ、フィオ
3位ユーヴェ67ポイント。アタランタ、シエナ、ラツィオ。今週のアタランタ戦は無観客試合
4位フィオレンティーナ64ポイント。 サンプドリア、レッチェ、ミラン
5位ジェノア61ポイント。キエーヴォ、トリノ、レッチェ
で、レッチェ、ボローニャ、トリノ、キエーヴォは残留がかかってます。
・・と並べてみると、うち、比較的楽かな?ラツィオはもうUEFAカップ決まったし、アタランタもシエナも残留決まったあとで、特に目標はないですから・・
ちなみにレッチェはかなり気の毒で、今週はボローニャ、そのあとがフィオ、ジェノアと対戦です。
posted by かや at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

コッパはラツィオ優勝


■コッパイタリア
Lazio 1-1 Sampdoria (6-5 pens)
Scorers: Zarate 4 (L), Pazzini 31 (S)
オリンピコ満員の7万人観客のうち、ジェノアからローマまで、18000人のサンプドリア応援団が15年ぶりの優勝の瞬間を見に、応援に来たそうです。残念ながら結果は1−1で延長ののち、PKでラツィオの勝ち。欧州カップ戦でもユーロでもワールドカップでも、イタリアが絡むとPK戦まで行くパターンって多いような気がするんですが、意外にもコッパの決勝がPK戦になったのは28年ぶりだそうです。ちなみに前回04年のコッパにも出た選手はダボだけ。ともあれこれでラツィオは、カンピオナートでは現状10位なんですけど、この優勝によりUEFAカップ出場が確定しました。
Penalties: Cassano saved (S), Ledesma goal (L), Palombo goal (S), Rocchi post (L), Pazzini goal (S), Rozehnal goal (L), Gastaldello goal (S), Kolarov goal (L), Accardi goal (S), Zarate goal (L), Delvecchio goal (S), Lichtsteiner goal (L), Campagnaro saved (S), Dabo goal (L)
ラツィオ、ロッシ監督
「今日の成功はファンの皆さんのおかげです。皆さんに捧げます。もちろん、ここまで全力で頑張った選手たちのものでもあります。苦しみながら勝ちました。自分が心から打ち込める仕事をやっていて、このような大きなチャンスが来たなら。皆様にもこの気持ちがよく分かっていただけるでしょう。なに私の今後。シーズンが終わってから決めることになりますよ」

ラツィオのキーパー、ムスレア。アルゼンチン代表のファーストキーパーです。
「信じられないけど本当だ。トーナメント通して良くやったと思うよ。苦しい試合だったけど勝った、PKはホント何がおこるかわかんないものだけど、上手くいった。我ながら、落ち着いてたし、調子戻ってきたのが嬉しい。今日のコッパはうちの家族にささげる。皆ウルグアイに居るんだけど、集まってテレビで見てるぜ。」

ロティート会長
「この勝利に、極めて満足しています。選手全員、監督、よく頑張りました。これを契機に、ラツィオ新プロジェクトを推進し、さらに大きな成果を目指します。本当に、よく頑張りましたよ」

ラツィオ、ロッキ
「今期くるしい時もあったけどさ。のりこえて。ここまで来れたんだよ。俺たちだけじゃない、会長も本気でコッパに勝ちたいって思ってたんだよ。俺たちから会長に捧げる。それからファンのみんな、カンピオナートでいまひとつでごめんな。」

サンプドリア、ディレクターのマロッタさん
「マッツァリさんの今後は、今回の結果には無関係です。私達の現状の計画ではマッツァリさんにこにまま続けていただきたい。ご本人の意向はわかりませんけれどね。もし、監督交代せざるをえない場合、どうすべきかのアイディアははっきり決まっています」

サンプドリアのキーパー、カステラッツィ
「勝ったと思ったんだよなあ。1点とられて、もう1点ぐらいヤバイかと思ってたら同点に出来て。このままいけると思ったんだよ。でもいい決勝だったな。PKはくじみたいなもんだしさ。でもな。あと1歩だったんだよなー」

■ユーヴェ、ミラン戦に意外や先発しなかったデルピエロ34才。契約は来期一杯で、今のところ延長の話し合いはしないとユーヴェ側が言ってるそうです。ちなみに入団発表を待つばかりのディエゴ24才はデルピエロと同じようなポジション。・・これ、ユーヴェの経営方針が変わったことも絡んでるようです。コスト削減と若手の開発、登用。ということでベテランの給料を下げたい方向なのかもしれません。デルピエロはプロとして振る舞い、不満をみせず練習も極めて熱心。ちなみにミラン戦の後半に出場したことで、ユーヴェでの公式試合出場600試合の記録を達成してます。

ユーヴェ、カモラネージ。
「ミラン戦?よくやったと思うけどね。勝てなかったのは確かだけど、調子は上がってるし本来の俺たちに戻ってる。どこが悪かったかって?俺たちには常に、何かに優勝するって目標があるんだけど、そこんとこ、先が見えなくなくなったからだと思う。でも控え室で起こったことは控え室の中で、俺たちだけのことにしとくのさ。2位はイケると思ってるよ。俺はね。後ろも見ながらじゃなきゃいけないけど、目標は2位。ディエゴ?テレビで見たことしかないな。カンナヴァーロ?戻ってくるの嬉しいよ。ガンガン貢献してくれると思うよ。」

ブッフォン
「うぃっす!なんか最近、いろいろメディアに書かれたりしてるけど、俺、はっきりしとくっすよ。俺は、次のシーズンもユーヴェでがんばるっす!ジョン・エルカンさんとブランさんと、2回話し合って、話、超はっきりしたっす。来年勝てるかどうかは、心配してない。っていうか、ぶっちゃけた話3、4年かかると思う。でもここで働いてる全員が、何にでも勝てるポジティブなチームつくりたいと思ってるし。俺、心配なことなんかないっす!このシーズン、出来るだけいい形でフィニッシュしたいっす。ミラン戦だって、中身はここんとこ何試合かより良くて本来の俺たちっぽかったし。あと3試合だけど前向きに頑張るっす!」

■ローマ、アクィラーニは先日手術したばかり。
「俺、次のワールドカップ出たいからさ。来期ローマでしっかりレギュラーで出るとこから始めたいんだ。来期、またがんばるよ。スパレッティさんがうちの監督でいてくれたらいいんだけどね」
ラベル:ユーヴェ
posted by かや at 06:02| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

移籍の噂などいろいろ

■ユーヴェ、ブレーメンのディエゴ側が、移籍手続きはほぼ完了、それぞれがサインをするだけ、と発言してます。
ディエゴ
「まだ俺は契約書にサインしてないけど、金曜までには全部手つづき終わると思う。それが済んだらあとは時間の問題だけだよ」
コボッリ・ジッリ会長も、ディエゴについてはあとは瑣末な点だけが残ってる、と発言してるそうです。これは確定、と見ていいかな。ということで、他の獲得選手候補として、4ヶ月の長期に渡る怪我をしてしまったモリナーロの場所、左の後ろ側に入れる選手を探さなければなりません。ディチェーリエも来期はどうなるか微妙なところ。ということで、ツィオのコラロフ23才を獲得する?そうなのよ左のうしろといったら、左ウィンガーのネドヴェドの後継者との連携も考えなきゃいけないですよね。でも、ぶっちゃけ、監督がどうなるか、はっきりしてないしね・・

ユーヴェ、パトロンのラポ・エルカンさん。
「次期監督ですか。私にお尋ねになられてもねえ。私はタダのユヴェンティーノですし、影響力はないですから。会長にお尋ねくださいな。いやいや、私が会長になりたいなどと申しているわけではありませんよ」

バーリの会長マタレーゼさんが、コンテ監督の来期の去就について。
「そりゃあもうユヴェントスから電話があって、おたくの監督をくださいと言われるのが最高のシナリオです。喜んで送り出しますよ。なにうちのディレクター?彼らにはこのままここで仕事をつづけてもらいたい。このシーズンはファンにも大いに喜んでもらえたし、結果に満足していると伝えたところですよ」
コンテにはもちろん、ユーヴェだけでなく、サンプドリア、ジェノア、アタランタからも監督のオファーが来てるそうです。

■ミラン、やっぱり先日の新聞政治面に出たベルルスコーニさんの「戦術で失敗した試合がいくつもあった」発言は実は本音で、アンチェロッティさんのチェルシー行きは時間の問題?
移籍のスペシャリストのパスクァリンさん
「次のミランの監督ですか。アッレグリさんではないでしょうね。いわゆるミランの血筋ではないですから。その観点で考えると、レオナルドとフィリッポ・ガリの二人でやっていくか、ライカールトか、ファンバステンになると思います。ともあれミランの系譜の人になるでしょう」

ミラン、ガットゥーゾが久々に試合・・ミランのアルバニア代表との親善試合・・に出たあとに。昨日のメンバーを見たらガッちゃんいきなり90分出てたようでしたけど、45分だけだったそうです。失礼しました。
「5ヶ月も試合ば離れちょったばってん、おいどん、感慨深かったと。でも、また怪我ばしたらどぎゃんしようか、最初は少しばかり不安もあったばってん、何分か動いたらいつもの自信ば戻ってきたとね。上手くいったとね。まだ90分フル出場は無理ばってん、大事なテストだったとね。カンピオナートはこげな試合とは違うけど、おいどん、ミランのためならいつだって喜んで全力たい。ばってん、フィットネスば調子上げんとっとっと。」

■インテルのバロテッリくん。友人と一緒にライバルのショップ「ミランストア」の前でショップの主人と喋ってるところを目撃されてしまい、写真をスポーツ紙に掲載されてしまった。本人いわく理由は、ファンバステンの現役時代のビデオを探しに行ったんだそうですけど、この時期は、まずすぎるだろ〜。

インテルは来期もしかしたらローマのデロッシを獲得する?
ジャーナリストのロッシさん
「モウリーニョ監督の希望者リストにはデロッシ、ミリト、ドログバが記載されていると思います。もしこのままモウリーニョさんが来期も監督を続けるのなら、モラッティ会長は彼らを獲得すべく手を打つと思います。昨シーズンはローマからキヴとマンシーニを買いましたが、おそらく予算の半分ぐらいで済んだんでしょう、モラッティさんの会社サラスとセンシ一家のイタルペトロリとはパートナーシップがあるし、ローマの資金難の件もわかっているはずですからね。もしモラッティさんが4、5000万を提示したら話は早く纏まると思いますよ」
って、今のローマが、デロッシを出すか?!

■カターニア、今週はローマ戦。ストライカーのモリモトは今シーズン結構活躍してる印象があるんだけど、実は出場試合20、ゴールは4だったのか。でもローマ戦で決めてるんだよね。
モリモト
「前半のローマ戦よく覚えてますよ、ドッピエッタ決めたから。あの2点で状況ガラッと変わったんだよね。1月にはどっかに貸し出しになりそうな気配だったからさ。今はカターニアのセリエA残留が決まってる状態だけど、自分としてはもっと進歩したいし、もっとゴール決めて終わりたいです。もちろん全員が最後まで全力がんばります」
カターニアの残りの試合は、ローマ、ナポリ、ボローニャです。う〜む最後が残留かかってるボローニャか。

■ローマのアクィラーニは、3月の練習試合で傷めてから炎症を起すなど具合のよくなかった右足首の内視鏡手術を行いました。無事成功し、2ヵ月後には回復、ということはシーズン前のキャンプには参加できそうですな。コンフェデはダメだけど。

■ウディネーゼのディフェンダーのザパタ、コロンビア出身。マドリー行き?の噂あがるそうです。アーセナルから話があったけど断ったとか、ミランも興味ありとか・・
ザパタの代理人のイタリアーノさん
「そりゃ本人嬉しいですよ。レアル・マドリッドの噂がでるなんて、ねえ。でも残念なことに私のところには連絡がないんですよ。要するに、タダの噂です」
posted by かや at 06:17| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ガッちゃん復帰!


■ユーヴェの取締役会の席上で、このシーズン終了までのラニエリ監督の継続が確認されたそうです。その取締役会、10時間に及んだそうです。
取締役の1人モンタリさん
「いや、普通の長さですよ。話し合うことは山ほどあるんです。それに全員、仕事が大好きで熱意を持って打ち込んでいる人ばかりです。ラニエリさんについては、私達全員が信頼を置いていますよ。シーズン最後までお任せいたします。」
また、ユヴェントスは昨年度増益です。第3四半期に710万ユーロ一気に増えたのは、チャンピオンスリーグ出場のおかげ。やっぱ出られる出られないとは大きく違いますな。

先週水曜にユーヴェのブランさん、セッコさんがブレーメンに行き、ディエゴのユヴェントス移籍が合意した、そうです。契約金は2400万ポンド、5年契約といわれてます。ちなみに、まだ完全に手続きは終わってないそうです。

ユーヴェ、ジェノアに貸し出し中のクリスキトは、ジェノアとの契約更新の話し合い中。貸し出し期間延長にならなかった場合、ユーヴェに戻る?かもしれないそうです。ちなみにパッラディーノも同じくユーヴェからジェノア貸し出し中選手ですので、この2人の来期はリンクしてるかもしれません。

■Albania 3-3 Milan
Scorers: Ronaldinho 22 (M), Shevchenko 50 (M), Vila 64 (A), Muzaka 71 (A), Salili 76 (A), Inzaghi 88 (M)
ミランは月曜にアルバニアに行き、アルバニア代表と親善試合をおこないました。この試合の収益はアルバニアの識字率を高めるた芽に使われるそうです。で、この試合で5ヶ月ぶりに膝の怪我から回復したガットゥーゾが復帰してます。予定より1ヶ月速い復帰だそうです。さすが骨が固い(笑)あんま関係ないか。
試合結果は3−3のあと(シェヴァがゴール決めてますね)、PKで8−7でミランの勝ち。
Penalties: Kaka scored (M), Pisha scored (A), Seedorf scored (M), Muzaka scored (A), Flamini scored (M), Vila scored (A), Thiago Silva scored (M), Vrapi scored (A), Inzaghi scored (M), Beqiri missed (A)
コピペだらけですみません。メンバーは以下のとおり。ガッちゃん、90分出たみたいね。
Milan: Kalac (Perucchini); Mattioni, Thiago Silva, Senderos (Darmian), Antonini; Gattuso, Pirlo, Jankulovski; Ronaldinho (Albertazzi), Pato (Kakà); Shevchenko (Inzaghi)

■サンプドリアは93−94シーズン、エリクソン監督が率いていた時、コッパイタリアに優勝したことがあります。ちなみにその時の対戦相手はアンコーナだったって、アンコーナは今Bの下のほうで残留争い中。
ともあれ、サンプドリアのマッツァリ監督がコッパイタリア決勝の前に。
「決勝進出を誇りに思っています。昨年はセリエA6位、UEFAカップ出場を果たしました。そこから出発し、今期はここまでくることが出来ました。また新たな前進です。15年ぶりの名誉です。対戦相手のラツィオにとってホームのオリンピコでの試合ですので、相手に利があるのはあきらかです。どちらのホームでもない場所でしたら、バランスの取れた決勝になるかもしれませんが、私達にも常に応援してくれるファンが居ます。彼らのためにも特別な日にしたいと思っています。1発勝負の試合は、何が起こるかわからないものです。冷静なほうが勝つでしょう」

■ローマ、トッティ。
「今期はインテル優勝だな。一番、安定してたもんな。怪我人あれだけいながら、やっぱ選手層が厚いと違うな。うちはUEFAカップに出るの目指して頑張るさ。先週勝ったのは結構意味あるぜ。あ?俺にとってどんなシーズンだったかって?チームはいまひとつツイてなくても、せめてゴールはどんどん決めたいぜ!」

■インテル、マテラッツィ
「あんま出番のないシーズンだったけど、俺的には主力の一人だったと思ってるよ。試合に出れたら、きっちり仕事して応えてたから。ユーヴェ戦とかな。モウリーニョ監督?ナンバーワンだって、ここに来たとき言ったけど。1年一緒に働いてみて、やっぱナンバーワンだな。仕事超えていい付き合いしてるよ。お互い、尊敬してる。」

■アタランタ、このシーズン12ゴール決めて、ブレイクしたと言えるでしょう。フロッカリ。先週末のジェノア戦終盤に足を負傷して交代したのですが、右ふとももに第二度の筋肉断裂でした。治療に3週間かかります。ということはシーズン終わってしまいました。フロッカリにはジェノア、ローマ、ナポリから声がかかっているそうですので、もしかしたら先週の試合がアタランタで最後に試合になってしまったかもしれません。

■ドイツのバイエルン・ミュンヘンは成績不振のため、シーズン終了後大幅にメンバーを入れ替えそうです。でも主力リベリーにはいろんなチームからチェックが入っていて、逆をいえばいい値段で売れそう、ということでもあるんですけどね、居なくなってしまった場合の補強として、ミランからボルドー貸し出し中のグルカフの名前が先日から出てます。で、グルカフ獲得のためにトニが逆方向行きの選手として放出されちゃうんじゃないか、という噂。う〜む。ミランにトニ?・・前のほうばっかどんどん補強してもしゃーないのでどこかに貸し出し、もしくは売却でしょうか。

■イタリア代表キーパーの1人、デサンクティス。このシーズンはセヴィーリアであまり出番がなく、今はガラタサライに貸し出しになってるそうです。来シーズンはナポリに?というのもドナドニ監督が高く評価してるから、だそうです。
ディサンクティス
「代理人がいろいろ仕事してくれて、話が動き出したのは知ってますけど、まだこのシーズンおわってないし、セヴィーリアとの契約はまだ2年残ってる。でも、試合に出られないところには居たくないしね。イタリアだけじゃなくどこの国でも、話はどーんと来いだし、。リッピ監督は国外の選手もチェックしてくれてるのは知ってますけど、やっぱりセリエAに帰れるかもしれない話は嬉しいですよ。」
posted by かや at 06:13| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

なごんでくださいまし〜


youtubeをさまよっていて、発見しました。
笑える猫いろいろ
小鳥派のあっしでも、ついつい、笑ってしまいました〜。
なごんでくださいまし。

注意!BGMの音量が大きめです。こっそり見る場合、ご注意ください。
posted by かや at 05:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェヴァとロナウジーニョの来期は?

■ユーヴェのグリゲラとディチェーリエは、ミラン戦で怪我してしまった。ディチェーリエは肋骨を打ってしまい、2月の肋骨骨折、肺に穴があいてしまった怪我があったんで懸念されましたが、骨折はなし。グリゲラは足の打撲です。でも両者ともに軽傷で、数日で復帰できるそうです。ちなみに、今週末はホームでアタランタ戦。

試合後、マルキオンニ。
「ビッククラブ相手に、こういう結果出したかったんですよ。いい試合できたと思います、引き分けだけど、勝ったみたいな気分だな。だって俺たち調子が戻って来たの実感できたから。シュートが決まらなかったのは悔しいけどね。」

ユーヴェ、キーパーコーチのランプッラ。
「ここまで怪我人だらけじゃなかったらインテルを追いかけるんですけどね。そうね。うちにとっては、いいシーズンとは言えなかったです。でもスクデットの獲得は、それだけのことをやってきた結果なんだから、インテルは優勝に相応しいと思います。ラニエリ監督の今後?俺はなんにも聞いてないです。」

■ミラン、アンチェロッティ監督。
「順位表を見ると、あと3試合でインテルが7ポイントうちの上です。圧倒的にリードしてますがね。最良のチームが一番上にいるとは限らないですよ。たしかに、継続的に勝った結果がこの順位ですけどね。シーズンで出しの不調が悔やまれますがな。このあと?とれる限りのポイントを狙うしかありませんがな。」

ミラン、カラッチは先週のユーヴェ戦がシーズン初出場だったそうです。
「やっぱ、試合に出れるのは最高だね。それも大一番だし。案の定厳しい試合だった、ユーヴェはフィジカルがいいし、穴があかないよな。引き分けでも悪くないよ。俺たち2位であと3試合でしょ。このあとはできるだけポイントとって、予選なしでCLでれるように頑張るよ」

シェフチェンコ
「俺が次シーズンどこに居るか。ですか?チェルシーのアブラモビッチさんに聞いてくださいよ。自分としては、「元ミラン」の選手だとは思ってないです。このままミランで引退まで続けたいです。今の目標はベストの自分に戻ることなんだけどね。・・スクデット?可能性はゼロじゃないですよ。でもインテルは継続的に勝ってたから、この結果なんだよな」

シェヴァはそう言ってるけど、ロナウジーニョのほうは来期も居るんだろうかな・・フラメンゴ入り?という噂があります。

ユーヴェ戦のあと、アンブロジーニは病院にかけこんだそうです。って、男の子が生まれたからでした。午前2時近くに生まれた男の子、名前はフェデリコくん。おめでとうございます!

■キエーヴォ=インテルで、バロテッリに対するブーイングがあったそうです。
キエーヴォのカンペデッリ会長
「うちのファンが、バロテッリにホイッスリングした?ああ、それは、いいプレイされて悔しかったからでごじぇーます。世界屈指の選手のゴール後の勝ち誇った姿は、そりゃあもう、憎らしくかつ恐ろしいもんでごじぇーますだ。審判による保護など必要ないでしょう、録画を見れば分かります。残念ながらインテルに勝てませんでしたが、完全に完璧にやらなければ、勝てない相手でごじぇーましただ」

■ユーヴェ入り?の噂のブレーメンのディエゴ24才。バイエルンが、おそらくマンUに行ってしまうであろうリベリーの後任として獲得交渉していたそうですが、バイエルンの興味はディエゴからフレブに移った、らしいとのこと。う〜む。ユーヴェに来るのかな?ちなみにブレーメンはUEFAカップ決勝進出してるんですが、ディエゴは出場停止で出られないそうです。

■クライフがイタリアサッカーについて。
「イタリアサッカーが危機に瀕しているかどうかはわからないけれど、たしかにスタジアムに来るお客がすくないのは、大いに懸念されます。たとえばバルセロナは、お客が嬉々としてカンプノウに来ますよ。楽しい、わくわくするような試合が見れるからです。ところがイタリアでは、サッカーは楽しさより結果がなにより重視される。そこが問題ですよ」
posted by かや at 05:42| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

ミラン=ユーヴェ引き分けのあと


■試合後、ミラン、アンチェロッティ監督
「試合前から優勝はないとわかっていました。私たちは着実に3位以内を目指します。そのためには、あと1つだけ勝てば目標はクリアできます。今日の前半は、相手は後ろをピッタリ閉ざしてしまい、うちは上手くボールを動かすことができなかった。ユーヴェは統制が取れている上に、とにかく熱心に守り倒してましたから、うちらしいいいプレイが出来なかったんですがな。交代?フラミニにするかヤンクロウスキにするか。迷いましたよ。どちらも調子いいですからねえ。でもフィジカルが強いほうのフラミニを選びました。今日の失敗?前半、慌てちまったことだな。もっと辛抱強くやればよかったんですがな。今日はピッチが滑った?そうね、でもその分ボールは速くなったからうちには有利でしたよ。いずれにせよ雨でなくても滑りやすいピッチですしね。なに。インザーギが交代されて不満そうだった?そりゃあそうですよ、交代されるのは気分良くないのはわかります。でもインザーギは毎度こういうドラマには慣れているし、私のほうだって慣れっこですから、不機嫌だったのさえわからなかったな。なにラニエリ監督。私はこの、イタリアのカルチョが大好きです。矛盾と論争に満ち満ちていますがね。ですがラニエリさんの身に起こりつつあることは、前向きではありませんな。監督を評価するには、数試合の結果によってでなく、長期的視野からみて判断を下すべきです。私は、ラニエリさんのユヴェントスでの仕事は前向きなものだったと思いますよ・・なに。私の後継者?そりゃ私が決める話じゃありませんがな。言うまでもありませんが、私は監督であり、ミランのために出来うるベストを尽くす立場にいるんです。次どうするかを決めるのは、クラブのほうですがな」

ロナウジーニョ
「いい試合だったけどさ、3ポイントとらなきゃダメじゃんよ。ちょっと調子こいて、気が緩んだと思う。同点にされてショックだったけど、残り試合の前にいい勉強したよ。」

■試合後、ユーヴェ、ラニエリ監督
「自力で復活することができました。国際試合で休みの週から調子がよくなかったのですが、今日はチームとしてまとまり、集中力のあるいい試合ができました。ピッチ上での選手同士の間隔が、これまでのように伸びすぎずほど良いバランスがとれていました。1点目を取られたあと、当然ながら少し雰囲気は悪くなりました。うちには3,4回チャンスがあったのに、ミランはその半分ほどのチャンスで点をとったんですから。ですが今日のような試合展開なら、遅かれ早かれ得点できると信じていました。ストライカーの選択ですか?私は順番をつけて居ません。ここにきて2年間、イアクィンタは怪我で思うようなプレイができていなかったものの、ディフェンスを抜く力はあるしチャンスをつくる能力も高い選手です。今、私は選手の体調を最優先してメンバーを決めています。今日はアマウリとイアクィンタ、両者を選んだわけです。アマウリはボールをよく取り、イアクィンタはプレイに奥行きを持たせる。どちらも背が高く運動量が豊富です。常々、最も好調な選手を選んでピッチに送り出しているのですが、アマウリとデルピエロはシーズン前半とてもいい仕事をしました。現在は両者ともに万全ではないのですが、怪我から復帰したイアクィンタが好調なので起用しました。批判ですか?監督は批判されるのも仕事のうちですからね。受け入れるべきは受け入れます。ですが、誰が批判しているかです。ここまで良い仕事をしてきたと、私は自認しています。建設的、前向きな批判でしたら歓迎いたします。今私が出来るのは残りの3試合で出来る限り多くのポイントを獲得し、2位フィニッシュを目指すだけです。今日のユヴェントスなら、できます。運も味方しましたが、自らの闘争心が運を呼び込んだんです、いい内容でした。」

コボッリ・ジッリ会長
「誇るべきチームですよ。ミランよりチャンスは多かったでしょ。今日の引き分けは受け入れますが、2−1で勝てたかもしれなかったし、私はそう期待していたんです。ですが闘争心にあふれた試合だったでしょう。2位は厳しくなったものの、ミランに一歩も劣らない内容でした。なにより、本来のユヴェントスの姿が垣間見えた試合でした。それがとても嬉しい。この勢いなら、あと3試合で6ポイントか7ポイント獲得できるでしょう」
posted by かや at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第35節結果

■第35節終わって、順位は以下のとおり。インテル、ミラン、ユーヴェ、いずれも引き分け。それにしてもこの時期、残留かかったチームは強いな〜。
Inter 78, Milan 71, Juventus 67, Fiorentina 64, Genoa 61, Roma 54, Palermo 52, Udinese 51, Cagliari 50, Lazio 47, Atalanta 45, Sampdoria 44, Siena 43, Napoli 43, Sampdoria 41, Catania 40, Chievo 36, Torino 31, Bologna 30, Lecce 29, Reggina 2

■Atalanta - Genoa 1-1
9' Valdés (A), 90' Criscito (G)
ジェノア、ガスペッリーニ監督。試合前、ユーヴェのディレクターのセッコさんと一緒に昼食を食べてたのを目撃されたそうですが・・
「ユヴェントスの話?ジェノアができるだけ良い成績でこのシーズンを終えるように勤めるのが、私の仕事です。ユヴェントスについては何も知りません。今日は貴重な2ポイントをとりそびれてしまった。前半は相手の出来が大変よく、苦労しました。後半は挽回してきたんですがね。もっと早い時間に点が取れていたら違う展開になっていたかもしれませんが、こっちも疲れてきて、動きに切れがなくなってきたいたのは確かです。このところナイトゲームが多く、午後の試合がなかった影響もあるかもしれません。」

アタランタ、デルネリ監督
「内容はうちの勝ちですようちの。前回の対戦もそうでした。後半は相手ペースになった、でも前半チャンスがあるうちに、点をとれなかった。最後の最後に、ひきわけられちまいましたよ。残念です。なに私の今後?なにも動きはありませんよ。でもジェノアは今ごらんのとおり、いいシーズンを送ってますからね。スタッフを変えることはないんじゃないかな」

■Cagliari - Roma 2-2
34' Matri (C), 58' Acquafresca (R), 63' Totti (R), 69' Perrotta (R)
カッリアリ、アッレグリ監督
「今日は、2−0になるまでは、やるべきことがきちんとできていたんですよ。そのあとは、頭に血が上ってしまったんだろうな」

ローマ、スパレッティ監督
「今日は最後まで面白い試合でした。このシーズン好調のカッリアリは、この順位に相応しいいいチームです。最初のチャンスにきちんと得点して、更に追加点を加えています。ですが、後半立て直して前向きな結果で終わることが出来ました。選手たちのプライドと貪欲さと闘争心が現れた結果です。」

■Catania - Fiorentina 0-2
11' Jovetic (F), 90' Zauri (F)
カターニア、ゼンガ監督
「選手達はこれ以上望みようがないよどよくやりました。いいシーズンですよ。うちの目標は残留だったので、今日はリラックスしてしまったわけですな」

フィオレンティーナ、プランデッリ監督
「今日はいい試合をやって、3ポイント獲得できました。自分達を信じて、正しい心構えで試合に臨み、貪欲にゴールを狙いました。まさに、こうあるべき姿勢でした。新しい戦術にも慣れ、継続性がでてきています。数字上でもチャンピオンスリーグ出場を決めるにはあと6ポイント必要ですが、私のチームなら出来ると確信しています。そのためにも次のサンプドリア戦に集中します。

■Chievo - Inter 2-2
3' Crespo (I), 27' Marcolini (C), 65' Balotelli (I), 73' Luciano (C)
インテルは今日キエーヴォに勝ち、ユーヴェがミランに破れたら優勝が決まったんですが・・残念。ちなみにキエーヴォはホームでは滅法強く、17試合中わずか3敗。

キエーヴォ、カソ監督
「インテルに2度リードされて2度とも追いつくのは並じゃないですよ。でもうちだって何がなんでも残留したいんですよ。引き分けは妥当な結果だと思います。」

インテル、モウリーニョ監督
「嬉しい結果ではないですな。タイトルまで、あと5ポイント必要です。残り3試合のうち2試合はホームです。優勝できるかどうかは自分の力にかかっている。これはとてもいいことですよ。今日は2ゴール決められてしまった、1点差になってしまったあとの守備が少し甘かったです。それにしても残念なことに、私は自分の思ったとおりのフォーメーションというのは、一度もピッチに出したことがないんですよ。怪我や出場停止でね。ミラン=ユーヴェ?ユーヴェを応援しますね。いや、偽善者ではありませんし、相手の心配をしてるわけでもありません。うちに贈り物をくれたらありがたいな、ということです。」

インテル、モラッティ会長
「いい試合で2度もリードしながら、残念ながら追いつかれてしまいました。大事な試合でしたが。今日はイブラヒモビッチが出場停止なのでどんな動きになるのか私も楽しみでした、よく動いていましたよ。でも今日は大きく1歩リードすることも出来た日でした。残念です。ではごきげんよう」

■Lecce - Napoli 1-1
33' Pià (N), 44' rig. Zanchetta (L)
レッチェ、デカニオ監督
「勝ちに行ったんだけれど残念ながら引き分けに終わってしまった。痛いなあ。でも、元気はあるんですよ。まだ、残留の望みはありますよ」

ナポリ、ドナドニ監督
「全身全霊で戦った試合でした。最後まで両チームとも、いい試合をやったと思います。賞賛に値する試合でした。」

■Siena - Palermo 1-0
60' Calaiò (S)
シエナ、ジャンパオロ監督
「厳しい試合でしたが、このシーズンは一度も最下位に落ちなかったことが、選手達には気持ちの上で余裕が出来、結果につながっているんでしょう。」
パレルモ、助監督のレグノさん
「試合に際するメンタリティは良かった、だが思ったとおりの自分達らしいプレイが出来ていなかった。そういうことです」

■Torino - Bologna 1-1
37' rig. Rosina (T), 86' rig. Di Vaio (B)
残留かかってる同士の試合は、最後に好調ディバイオのPKが決まって、ボローニャ引き分けに持ち込みました。
トリノ、カモレーゼ監督
「残念ながら勝ち逃げは出来なかったな。前半はチャンスがたくさんあったのに、1点しかとれなかったのは失敗でした。後半相手に盛り返されてしまった」

ボローニャ、パパドプロ監督
「今日はどっちもいい試合をやったと思いますよ。相手のPKは誤審だと思うけどね」

■Milan-Juventus 1-1
57' Seedorf (Mil), 60' Iaquinta (Juv)
Sent off: Favalli 84 (M)
ミランはここ8試合7勝、ユーヴェは50日間勝利なし、というナサケナイほどコンディションの明暗がはっきりした状態での対戦になりましたが、ユーヴェ、引き分けました。終盤、ミランはファバッリが警告2枚で退場で10人になってしまいましたが、相手がミランじゃ一人減ってもそうそう攻め込めないわな〜。この試合、まだ途中までしか見てないんですが、思ったより、ユーヴェが攻めてた印象があります。っていうか、ホント、マルディーニはあと3試合で引退しちゃう選手には、とても見えない。・・帰宅後、ゆっくり見直します〜
ラベル:セリエA
posted by かや at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

バーリ昇格おめでとう!

バーリのセリエA昇格決定!ということで、

バーリのシンボル→ニワトリ
バーリの色→赤白
な、パスタをお昼に作りました(笑)。
コンテ監督おめでとう!

ちょっと見、うどんのようですが、
鶏肉トマト煮をソースにした、リングイネです。
なかなか、美味しかった!

IMG_08251.jpg




ラベル: セリエA
posted by かや at 15:23| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーリ昇格!

■Lazio 1 - 3 Udinese
Rocchi 56 (L), Floro Flores 60 (U), D'Agostino 69 (U), Quagliarella pen 86 (U)
ミラン並みに絶好調なのが実はウディネーゼ。これで5連勝。ラツィオは水曜にコッパがあり、マツザレムとレデズマが出場停止、ではあったけれど、後半はブロッキが退場になったり、かなりボロボロ感が・・まあ、ウディネは一時はヘタこいたら降格もありになってましたから、相当気合が入ってるはずではあります。勢いの違いでしょうか。しかしウディネーゼの上下とも黄色ユニって。あまり見ないユニだったので、テレビつけたとき、あれ、これラツィオと、どこだっけ?キエーヴォ?でした。(笑)

ウディネーゼ、マリノ監督
「ここしばらく怪我人とUEFAカップ対策で思うようにポイントが取れなかったのが悔やまれます。今日は少し戦術を変更しましたが上手くいきました、フロロ・フローレスの交代が奏功しました。疲れが見えたチームを上手く立て直しましたよ」

■Sampdoria 5 - 0 Reggina
Dessena 1, 31 (S), Delvecchio 37 (S), Marilungo 46 (S), Pazzini 52 (S)
サンプドリア、先週ダービーでやられたくやしさぶつけてきた感じです。一方のレッジーナはここ3試合で7ポイント獲得して、奇跡的な持ち直しをみせていたんですが、2点先行された上に19分にヴァルデスがパッツィーニにファウルで一発退場。ボローニャ=トリノの結果次第では降格確定。

サンプドリア、マッツァリ監督
「ダービーで負けたあとの起爆剤が欲しかったんですよ。相手が早々に1人減り、最初のチャンスで点が入り、今日は有利に展開することができました」

レッジーナ、オルランディ監督
「完敗ですな。開始19分で2−0の上に、1人退場では・・跳ね返すだけの気迫がありませんでした。残留のためにはあと3つ全勝するしかありません」

■ユーヴェ、ミラン戦を前にラニエリ監督
「ミラン戦を楽しみにしています。試合に向けて選手達は良いムードで練習しています。今、ミランが大変好調で、一方自分達はそうでもないのですが、謙虚に平常心で望みます。ユヴェントス魂の見せ所です。互いに2位を目指してよい試合をしたいはずので、集中力を途切らせることなく臨みます。私たちは3位になるためにここまでやってきたわけではない。レッチェ戦のあと?たしかに控え室での議論はありました。この世界ではよくあることです。真実は人それぞれによって異なるものです。私には私の真実がある。私はチームが自分と共に居ると感じています。毎日良く練習していますよ。レッチェ戦は誰が悪いわけれもありません。次のシーズンも、私はここで仕事を続けると、さまざまな面を考えた上で思っています。全力を尽くすつもりです。クラブ側ともよく話し合っている。私への信頼感の揺らぎなどないと思っています。」

元ユーヴェのタッキナルデイが、今期のユーヴェの不振について。
「よーするにフロントの力不足でしょ。ここ3年、移籍があまりに下手ですよ。ティアゴ、アルミロン、アンドラーデ、ポウルセン、ディチェーリエ、グリゲラ、サリハミディッチ。このへん、役に立ちました?良かったのはシッソコとアマウリだけでしょ。すんごい無駄遣い。この上、カンナヴァーロ呼び戻すなんて、まだ、なんにもわかってないんだよなあ。降格したらさっさと逃げ出した奴を、今自分達は、君が居るに相応しいチームに戻ったとか言って呼び戻してるわけでしょ、それなら、ザンブロッタとかエメルソンとかカペッロ監督とか、ぞろぞろ皆呼び戻したらどうですかね。今期の成績?ミランには勝てないと思う。3位より4位かもしれない。次の監督?コンテかヴィアッリだな。ミラン見てたら分かるよ。だから、現役のときにビアンコネロ着てピッチに立った、心からビアンコネロな人じゃないと、昔は選手で、今は監督でここを率いてるっていう、クラブとの一体感は持てないと思う。」

■ミランはここ8試合で7勝の絶好調。おまけに、待ちに待った!ガットゥーゾが復帰してベンチいりするそうです。・・そんな〜。ユーヴェ戦じゃなかったらあっしも嬉しいんだけどさ。このタイミングじゃ嬉しくねえよトホホホホ〜。
アンチェロッティ監督
「そうね、今ユーヴェは調子が落ちてますねえ。そういう時こそ、・・なに。まいったタヌキは目でわかる?違いますがな、ぶつ、ぶつ、ぶつ。手負いのゼブラは恐ろしい、ですがな。全力振り絞って立ち向かってくるはずです。危険ですよ。うちは今好調でもあり、明日はいいパフォーマンスをお見せできると思います。今は攻撃陣がとても調子がよい。明日も最初からいい出来だったら、有利に展開できると思いますよ。今のミランと対戦するのはどこにとっても厳しいはずです。なに。本当のイタリアダービーは、インテル=ユーヴェでなくミラン=ユーヴェ?私にはどの試合が相応しいかわからない、ですがユヴェントスはセリエAの歴史のうちで最も成功したチームであり、ミランは欧州で最も成功したチームであるのは確かですな。ユーヴェ監督の経験?プロとしていい経験させてもらいました。クラブも選手も、常に私の傍に居てくれましたよ、でもそれ以外が、どうしても私を受け入れてくれなかった。なぜなら私は結局、昔はローマとミランにいた奴、だったからですよ。なにラニエリ監督。私は監督として、全ての同業の皆さんと連帯感を感じています。この仕事がどれだけ難しいものかよくわかってますのでね。ラニエリさんは周囲の期待を超えがすばらしいお仕事をなさっていると、私は思ってますよ」

ミランのガリアーニさん
「チャンピオンスリーグに復帰するためには、若すぎる選手よりベテランが必要なんですよ。ミランは年齢に関係なく、チャンピオンが必要なんです。マルディーニの引退とりやめ?残念ながら今のところ、パオロは気持ちを変えていません。なぜ、パオロが今もミランで毎試合プレイしているか。理由はカンタンですよ、今、うちにいる最高のセントラルディフェンダーだからです。なぜ引退してしまうのか私には理解できないんですがね。何度も何度も、考え直すように言っているんですがねえ」

■セリエB、バーリが来期のセリエA昇格がきまりました。金曜のリヴォルノ=トリエスティーナでリヴォルノが負けたところで確定。38試合で73ポイント獲得してます。大いに貢献したウィンガーのグベルティ、ストライカーのバレット(20ゴール)あたりは上位クラブから注目されるのでは。土曜にはアウェイでピアチェンツァとの試合があり、2−2で引き分けましたが、バーリからピアチェンツァまでやってきた4000人のバーリ応援団はオマツリムードでした。ちなみに、バーリの会長はレガカルチョのアントニオ・マタレーゼ会長の兄弟のヴィンチェンツォ・マタレーゼさん。不振の時期はファンとの対立もありました。ちなみのちなみに優勝が決まった日はバーリ市の守護聖人、聖ニコラの日だったそうです。

バーリを8年ぶりに昇格させた、コンテ監督。2月28日からずーっと首位だったのね。完勝ですな。
「最高のシーズンだった。昇格決めたのは、俺の力なんかじゃない。選手達の力だ。俺がここに来たとき、お客さんは、ホント、居なかった。だから最初の目標は、もっとお客さんにサンニコラスタジアムに来てもらいたい。停滞気味のバーリに、熱気を取り戻したい。そこから始めたっけ。そしたっけ、こんないい結果になった。最高っしょ。俺はこのチームを、心から誇りに思う。バーリ中お祭りだ。だんだん終わりが近づいてくると、もうすぐ目標達成だ、凄い目標がホントに実現できるって実感わいてきた。最高のシーズンっしょ。もう、皆でお祝いっしょ。夢か、どっきりカメラかもしれない、でもなまら嬉しい。俺たち、どこよりも頑張った。いいカルチョやって昇格できた。堂々、昇格だ。」
「最初はセリエBのまんなからへんが目標だった、でも、冬に目標レベル上げた。1月の移籍でグベルティ、ランザファーメ、クツゾフが来た、それが効いた。そこからあとは止まらなかった。サッスオーロに3−1で勝った試合で、確信できた。強い秘訣?謙虚であること。全力であること。ピッチに出たら冷静でありながらも火の玉であること。一所懸命練習すること。希望を捨てないこと。チームのために自分を犠牲にすること。それだけっしょ」
「来年のこと?今は考えたくない。今は、チーム全員と一緒に、この瞬間味わって楽しみたい。話し合う時がきたっけ、会長とじっくり話し合う。とにかく、最高の1年だった。俺、このバーリの1年は一生忘れないっしょ」

■ヴィエリ、代理人がブラジルで移籍先を探しています。既にフラメンゴ、コリンシアンスに断られてるそうですが、3つ目のクラブサントスからも断られてしまったそうです。
サントス監督のマンシーニさん
「体の状態が本当はどうなのかが分からないし、ああいう形で前のクラブをやめてる選手でしょ?直近はどうなのか、去年は何試合に出て何ゴール決めたのか。そこが大事なんです。おまけに、既に2回もワールドカップに出ているような年ではね。興味ありません。」

posted by かや at 09:11| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

びおらのお仕事

実家に行き、びおらと遊んでいたら、
郵便物を持って、父が部屋に入ってきました。
もう、一直線に飛んでいって、紙を切る紙を切る、で大変でした(笑)

あっ、なんか来た!
IMG_08001.jpg

あたしが封筒あけるの!
IMG_08011.jpg

全部切って〜♪
IMG_08021.jpg

こっちも切って〜♪
IMG_08051.jpg

これ、読まないならあたしにちょうだい♪



posted by かや at 13:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オフの主役は?


■さーいよいよ2位3位対戦のミラン=ユーヴェですが、ミランの残りの4試合は、ユーヴェ、ウディネーゼ、ローマ、最終節はフィオレンティーナ、と、カップ戦出場がかかってるかなり厳しい相手ばかりが残ってます。一方ユーヴェは、ミランのあとは、アタランタ、シエナ、ラツィオ。・・なんだか、いけそうな気がする〜♪、って、逆に考えれば、相手はいらんプレッシャーがないクラブばかりですから、逆にのびのびと、面白い、点取り合いの引き分け試合をやられちゃったり、しそうなんだよな〜今年のパターンだと。・・とにかく、がんばれよー!

ユーヴェ、このシーズン後ろで奮闘してくれてるモリナーロ、実はここ数週間腰痛があり、検査したところかなり悪い状態なのがわかりました。さらに検査をしてもし手術が必要なら2〜4ヶ月外れることになってしまいます。う〜〜む。ちなみに今週は、メルベリ出場停止ですが、キエリーニ、グリゲラ両名ともに復帰できそうです。レグロッタリエも問題なし。でも、ネドヴェドが居ないのがな〜。

ユーヴェ、アマウリ
「引退までここに居たいです。もし、人生どこかでやり直すことができても、俺はユヴェントス選ぶと思う。怪我でしばらくでられなかったけど、俺がいなくてもユーヴェの皆ならだいじょぶさ。カンナヴァーロ?控え室で話が出たよ。やっぱあの人凄いよな、来たらディフェンスかなり心強いって、皆言ってる」

そのカンナヴァーロ移籍について、元ユーヴェのディフェンダー、ビエルコウッド。
「ミランが若いティアゴ・シルバを獲得したのは分かるけれど、ユヴェントスがカンナヴァーロを呼び戻したのは理解に苦しむところです、降格したときに出て行った選手でしょう。そんなにカンタンに、出ていったり戻ったりしていいもんですかね。自分だったら別の行き先を選びますがね。なに。今、ミランとユヴェントスのどちらのディフェンスがしっかりしてるか?ミランだな。調子もいいしね」

ユーヴェはオランダのAZにいる、アルゼンチン出身のキーパー、セルジオ・ロメロ21才をチェック中?という噂。アルゼンチン出身でありながらイタリア国籍を持っている、という、要するにカモラネージと同じパターンです。

■ユーヴェ戦を前に、ミラン、ベッカム。
「ミランに来たときからずっと、ユヴェントスと対戦するのを楽しみにしてました。自分はマンチェスター・ユナイテッドでもレアル・マドリッドでも対戦したけれど、雰囲気が独特で、それに今週の試合は2位がかかってますからとても大事です。それに、この試合にでられたら自分はマルディーニのジョカトーレ人生に少しでも関わることができる。最高です。ここにくるまで対戦相手としてしか会ったことがなかったけど、人としても選手としても本当にすばらしいマルディーニと、半年も一緒にプレイすることが出来たのはとても嬉しいです自分はミランから本当に多くのものをもらいました。チームメイトからもファンからも。自分は、真摯なプロで、熱心に練習し、全てをチームに尽した選手として、みんなの記憶にのこりたいと思ってます。」


ミラン、マルディーニ本人が自分の後継者はティアゴ・シルバなんて発言したんだけど、なんと!バルサからプジョール31歳を連れてくる?という噂。来期ネスタが戻れるか、まだはっきりしないようだしね。たしかにこれじゃ少々、後ろが心もとない。他、リヴァプールのアッガー、パレルモのキアルなどが移籍候補に挙がってるそうです。

そのマルディーニ、引退後は監督になるかと聞かれて。
「いいえ、監督にはなりません。今は静かに過ごしたいです。9月末まで長い休暇を取ろうと思っているのです」

ミランはボルドーに、ディフェンダーのグルカフを貸し出してます。ミランではあまりいいところがなかったんだけれど、ボルドーではいい仕事できてます。シーズン終了後、ボルドーはこのまま使いたい意向なんだけど、もし、バイエルンからリベリーが出て行ってしまった場合、バイエルンが獲得に向う?

■インテル、ジュリオ・セーザル。05年に入団、いまやサンシーロの守護神。セリエAベストキーパー、とも言われてます。
「そうね、このシーズンはボローニャ戦のディバイオのシュート止めたのと、2回目のダービーで止めまくったのと。いい仕事できたと思ってる。ナイスセーブって、ゴール決めるのと同じようなもんでしょう。今の順位に、かなり貢献できたと思うよ。いや、まだシーズン終わってないよ、お祝いは早い。俺の契約?2012年まであるけど出来たら延長したいね。シーズン終わったあとで代理人とクラブと話し合うけど、俺はインテル大好きだし、できたらこのまま引退までここに居たい。」

■セリエAもあと4試合。欧州カップ戦に出れるクラブが決まるのももうすぐです、が。もしカッリアリがUEFAカップ出場を決めた場合、自分とこのホームはUEFAの基準に達してないため、使えないんだそうです。その場合はウディネーゼのスタジアムを貸してくれるようにお願いしてるそうです。

■英国のマンC、資金潤沢なクラブとして、このオフもいろいろ話題を提供してくれそうです。早速、4000万ユーロでマドリーのラウール31才にオファーを出している?!という噂。ラウールといったら、キャラクターも仕事っぷりも、マドリーのデルピエロ的存在であり、もしかしたらデルピエロ以上に自分のチームに貢献してる人ですから、余程の非常事態でもないかぎり、移籍はないと思うけど。・・ちなみに今の契約は2011年まであります。

posted by かや at 07:45| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

マルディーニの後継者は


■ユーヴェ、ラポ・エルカンさん。
「スポーツには近道とかショートカットとか楽して成功、ということはありえません。答えはピッチの上で構成に導き出されます。今のユヴェントスの不振の原因?私にもはっきりはわからないですが、常に勝たなければならないユヴェントスにとってはとても残念な状態です。ミラン戦ですか?ビアンコネロのユニフォームの名誉にかけて、いいパフォーマンスをやってほしい。特にベテラン勢の奮起を期待しています。イアクィンタやネドヴェドはまるで若者のように動ける、魂のこもったプレイをみせてくれます」・・って。そのネドヴェドが出れないんだけどさ〜・・だから余計に問題なんだっちゅーの。う〜む。

ユーヴェ、アマウリ。
「ミラン戦か。燃えるぜ。大事な試合だよな。今ミランはうちより調子はいいけど、俺たちだってひっくり返す力があるんだ。それに俺たちのほうが、ハングリーさでは絶対上だぜ。」

■ミラン、ザンブロッタ。
「あと4試合、難しいのが残ってるんだよね。みんなUEFAかっぷかチャンピオンスリーグかがかかってるとこばっかでしょう。でも俺たち、結果も出てるし内容もいいし、最近は前より前向きに考えられるようになった。今のコンディションキープしたまま最後まで行きたいです。ユーヴェは諦めないチームだから今週末は厳しい試合になると思うよ」

ミラン、怪我で出番がないキーパーのアッビアーティがユーヴェ戦について。
「これさあ、2位争い以上の重みがあるよな。俺たちはたまたま調子いいときにこの試合がきて、ユーヴェは、ミニクラッシュ状態のときだけど、俺たちが有利なんてことはない。ミラン戦だからユーヴェのモーティベーションはかなり高いよ。ブッフォンが最近苛立ってること?あいつ諦めない人だからなー。つらいと思う。でも、誰でもたまに、心にもないことが、ぽろっと出ちゃった、なんてことあるだろ。ブッフォンだって乗り越えられる。だいじょぶだと思うよ。2週間前までユーヴェそんなに悪い状態じゃなかったんだけど、なんか気落ちしちゃったのかな。ネドヴェドが引退するのもねー。あの人は替わりがいないからな。ファンが相当ガックリしてると思うよ。でも、俺がユーヴェに居たときは、ここのいざという時の結束はすごく固いって思った。」

ミランのマルディーニは、6月6日にピサで行われるイタリア代表の北アイルランドとの練習試合に、特別召集、ありかもしれません。04年にバッジョが引退したときも、最後にスペイン戦に出てるしね・・ちなみに、コンフェデは6月14日から28日までですから、これ、直前にチーム全体をチェックする大事な機会です。リッピさんがどう考えるかですな〜。

そのマルディーニが自らの後継者について。
「ガリアーニさんに、ティアゴ・シルバはファバッリに面倒をみてもらい、きちんと育てるようにお願いしようと思っています。ティアゴ・シルバは成功する全ての要素が揃っています。瞬発力も早さもバネも、人格的にも。申し分ありません。私の体調ですか?痛みを上手く抑えることができていて、パフォーマンスに問題ありません。先日、ドクター・マルテンスに診ていただきました。このままキャリアの最後の時を大変良い形で終えることができると思います。今は25年間慣れ親しんだカルチョに別れを言う心の準備をしています。これからの人生は全く違うものになるのです。生活のリズムも替わり、厳しい練習もなくなります。」
「今、ミランは昨シーズンより15ポイントも多く獲得しています。リーグ最強の攻撃陣と、2番目に優れた守備陣を要しています。まだまだ、諦める必要などありません。あと2、3人チャンピオンが加わったら、ミランはイタリアでも欧州でも、どこにも劣らないチームに戻れます。これまで、若手とベテランがうまく噛みあってミランは進化してきました。よく、ミランのディフェンスは年齢が高く失点が多いといわれますが、私とファバッリが後ろにいる今シーズンは失点が少ないのです。70年台80年台は、30歳を過ぎたら契約更新は1回しか与えられませんでしたが、現在は、選手寿命自体が延びているのです。・・イタリア代表招集ですか?最後にもう1度、代表の公式戦に出てみたいですね。引退試合は嫌いですので・・FIGCにはかさねがさね感謝いたします。」

■インテル、このシーズンはあまりマテラッツィ出てないですね・・怪我もあるけど、モウリーニョさんが使いたがってないんじゃない?という観測もあり、来期末までの契約満了をまたずしてこの夏に出て行く?という噂があります。ラツィオ行き?という噂があるそうですが、マテラッツィの代理人は。
「マテラッツィはまだ1年契約が残っているし、出て行くとしたら300万ポンドほど余計にかかるんですよ。出るのは難しいです。ラツィオからの話?ありません。」

インテルといえばアドリアーノですが、月額10万ポンド(その分は、スポンサーからフラメンゴに払われるそうです)でフラメンゴとの契約の話が進んでいる?という噂。早ければ今週日曜の試合から出る?って早すぎね?

■ナポリのラベッシ。今借りてるアパートの契約を解約したそうです。もしかしたら、移籍が決まってるのかな?!ラベッシはマラドーナの後継者とも言われてナポリ市民から人気があります。移籍にはファンの反発もありそう。
ラベル:セリエA ミラン
posted by かや at 06:08| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

いろんな人の来期は・・

■ユーヴェ、ブッフォンの代理人
「ブッフォンの値段ですか?いや、設定していませんが。今の市場価格を鑑みると、この夏には2000万ポンドならいい値段だと思うな。でもユヴェントスはその倍額は欲しいと思ってるようですよ」
ちなみにユーヴェは2001年にパルマからブッフォンを3260万ポンドで買ってます。で、ユーヴェが間違って(笑)ブッフォンを売っちゃったとして代わりは誰になるわけ?というと、ウディネのハンダノビッチかカッリアリのマルチェッティではないかと言われてるそうです。

ユーヴェ、トレゼゲ。
「もしデシャンがマルセイユの監督になったら?いいと思いますよ。変わるとおもうな。デシャンの実力は皆が知ってる、ユーヴェをセリエAに復帰させたんですよ、カリスマですよまじで。ユーヴェを出てったのも、少し時間をかけてから、ビッグクラブで仕事したかったからでしょ。だからデシャンにマルセイユの歴史を変えるチャンスがめぐってきたんですよ・・え、俺?2011年までユーヴェと契約あるし。もしデシャンから連絡があったら考えるかもしれないけど、今ここでは関係ない話です」

■サンプドリアのカッサーノの代理人のボッツォさん
「カッサーノは来期もこのまま、サンプドリアに居ると思いますね。興味を示すところは多いけれど。今はシーズンをよりよい形で終えることに集中しています、なんせコッパイタリアの優勝もかかってるしね。インテル?いや。連絡はありません。だいだいカッサーノはずっと静かな環境を探していたんです。そしてついに、サンプドリアで満足できる環境をみつけたわけですからねえ」

■ローマ、助監督のコンティさん
「スパレッティさんは来期もローマで仕事を続けると思いますよ。問題はなにもありませんから。あと2年契約もあるし、それに私個人としても他の監督が来るとは考えたくないです。今はシーズンを最良の形で終えて、来期も欧州カップ戦に出ることを目標に全力を尽くしているところですよ」

■ミラン、アンチェロッティ監督は水曜にロンドンに行ってアーセナル=マンUを観戦したそうです。が。次期チェルシー監督の交渉のために行ったんじゃないかという観測もあります。

ミラン、ガリアーニさん
「ファンバステン?ミランを指揮するに相応しいだけの力はありますよ、でもうちにはアンチェロッティさんがいて、申し分ない仕事をやってますんでね」
ちなみにファンバステンはオランダ代表とアヤックスの監督経験があります。

ミラン、キーパーのジダが練習中に腰痛を訴えて別メニュー練習だったそうです。ということは、週末のユーヴェ戦に出てくるのはカラッチになるかな。

■フィオレンティーナはスタジアム改修計画を発表しました。現在、スタンドとピッチの間にはネットがありますが、それを1.5メートルの高さの強化プラスチック製のバリアに交換、良く見えるようにするんだそうです。また、クルバ・フィエーゾレとピッチの間に子供が遊べる場所を作る、体の不自由な人と介添えの人のための専用席を設ける、などが計画されてるそうです。また、スタジアム警備を担当するのは警官やカラビニエリでなく、スタジアム側の負担にするという計画もあるそうです。

■この不景気な中なんですけど、セリエAのチームに対するスポンサーシップは前年より350万ポンドも増えてるんだそうです。おどろきましたね〜。昨年よりスポンサー収入が減ってしまったのは、トリノだけだそうです。ですが今期でスポンサー契約が満了する企業があるのは11チーム。来期のために新たなスポンサー探しをしなければなりません。

■カッリアリの会長セリーノさん。
「うちのアッレグリさんは、私にとってはモウリーニョさん以上の潜在能力のあるすばらしい監督です。まあ、モウリーニョさんのほうが鋭いというか、抜け目がないというかですかね。咄嗟にいい判断が出来る。でも私は聡明で現実主義のアッレグリさんを選びますよ。うちにはそういうタイプの人が多いです。大いなる志はあるけれど地に足をつけて前進するタイプですよ」

posted by かや at 06:01| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

来月はコンフェデなのでした!

■6月に南アフリカで行われる、ワールドカップのリハーサル、コンフェデレーションカップに参加する審判が発表されました。参加国(イタリア、スペイン、ブラジル、イラク、ニュージーランド、エジプト、アメリカ、開催国の南アフリカ)から、ニュージーランドの審判が選ばれてます。で、この中で上位の審判は英国のウェッブさんとスイスのブサッカさんだそうです。決勝は、このどちらかが笛を吹くんでしょう。
Matthew Breeze (Australia)、Coffi Codjia (Benin)、Carlos Batres (Guatemala)、Carlos Amarilla (Paraguay)、Jorge Larrionda (Uruguay)、Michel Hester (New Zealand)、Massimo Busacca (Switzerland)、Martin Hansson (Sweden)、Howard Webb (England)

■ということで6月に開催、って来月6月じゃん!!早いな〜。開催されるコンフェデですが、イタリア代表は、絶好調インザーギを連れていくか?!という話がgoal.comにでてます。ペペ、モントリーヴォ、トニ、・・いろいろ考えられます。このコラムを書いてる方は、ディフェンスは問題なし、中盤は個人力に期待、でもワールドカップの優勝はピルロとガットウーゾが共にキャリアのピークにいたのに多分に寄与している。と言ってます。で、ここ8試合で11ゴールなんてとんでもないペースでゴール決めてるインザーギを連れて行かない法はないだろう。という意見。もし自分がリッピさんだったら真綿につつんで大切に持ってくそうです。この調子だったら来年2010年の本番でもインザーギは十分に力を発揮できるでしょう、というんですが・・う〜む今年開催だったら迷わず連れてくね。でも、でもですよ。ドナドニさんは、ユーロもシーズン終盤調子よかったインザーギを置いていき、トニと心中した。これ、謎なんだよなあ・・さあリッピさん、どうします?アマウリはまだ国籍決めてないし。そうだ、ブラジルはアドリアーノ抜きになるのは必至ですから、う〜むブラジルのほうが試合には出やすいということか。でも、イタリアにも、こいつはまず外せない!という存在感のあるストライカーは、あっし的、やっぱインザーギしか思い浮かばないわけで(笑)、こっちでも十二分にチャンスはあると思う!アマウリ、ユーヴェで仕事続けるならイタリア選んでちょーだい。

ワールドカップといえば妙〜に思い出すのがグロッソ(笑)。あれはコルポ・グロッソ状態でしたな〜。でもあそこで人生の運の大半を使ってしまったかのように、インテル、リヨンと移籍しながらあまり目立った活躍がありません。で、ミランがザンブロッタと組んで使いたいので買い取る?という噂。他、ジェノアとフィオもCLに出られるようだったらオファーを出す、かもしれません。また、1年1人ずつイタリア人の増えているバイエルンが、今年のターゲットとして?グロッソを考えているという噂もあります。

トッティ。
「俺がローマのユニフォーム以外に着たことのある一つだけのユニフォームが、イタリア代表だ。運がよかったからな。96年でアズリーニの欧州選手権で優勝して、06年にはワールドカップに優勝した。ユーロ2000に、あと30秒で優勝しそこなったのは悔しいけど、全部すごくいい経験になった。あ?2010年?リッピ監督が、静かな環境でいい仕事できるようにしてやろうぜ。でも、もしかして俺が呼び出し受けたら・・わかんないぜ。」

■ユーヴェは5月5日に緊急会議を行っています。
ディレクターのブランさん
「ごく普通の会議でしたよ。シーズン終了後の解雇の話などありませんでしたよ。ユヴェントスの今後の構成は、シーズン終了時の結果次第です。皆、同じ船に乗っているんです。私はディレクターとして決断を下す立場にあり、全員が総力を挙げて最後の数週間協力しあっていこうと決めました。このスポーツには苦難の時期がかならず訪れます。45日間、勝ちがないという事実を重くうけとめています。チーム、スタッフ全員が話し合い、一体となって、目標に向って各々がなすべきことをなすことが必要です。10月の苦難を乗り切ったのと同じやりかたです。もっと隅々まで考え、共に過ごす時間を増やしてミラン戦に臨みます。ジョン・エルカンさんがおっしゃったとおり、結論はシーズン終了後に出すつもりです。あと4試合に集中して臨みます。この苦難を乗り切るだけの力はあります。全員の結束がカギを握っているんです」

なんて言いながら、ラニエリさんの去就はミラン戦の結果次第ではないかと見られています。ちなみに、今週末のミラン戦はネドヴェドとメルベリが出場停止、レグロッタリエとグリゲラが怪我で無理っぽい。おいおい!うしろが、えらいこっちゃ!

ネドヴェドの代理人のライオラさん
「ネドヴェドはまだ引退してないですよ。私は実のところ、ネドヴェドはあと1年現役を続けると見てます。」

デルピエロ、5月5日に二人目の子供が生まれました。女の子で、名前はドロテアちゃん。おめでとう!

ユーヴェ、チームはえらいことなんですが、おめでたブームです。ブッフォン嫁が2人目を妊娠中だそうです。

モッジさん。
「もしアンチェロッティさんがミランを去ったら次の監督ですか?そうですわね、ジェノアのガスペッリーニさんかしら。このシーズン、本当にすばらしかったですわね。もっとも、ミランを率いることができるカリスマ性があるかどうかまではわかりませんわね、おーっほっほっほっほ」

ユーヴェ系もうひとつ。デシャンは、来期オリンピック・マルセイユの監督に就任するようです。

■次節出場停止の選手。上記のように、うちはネドヴェドなしでミランかトホホホホ〜。Bellini and Doni (Atalanta), Mingazzini and Mutarelli (Bologna), Morimoto (Catania), Pinzi (Chievo), Ferrari and Thiago Motta (Genoa), Ibrahimovic (Inter), Mellberg and Nedved (Juventus), Ledesma (Lazio), Riise (Roma), Campagnaro (Sampdoria), Sereni and Ogbonna (Torino)。あ。イブラヒモビッチとモリモトも出られないじゃん。

■ミランに行く?という噂の、アーセナルのアデバヨール。
「ミランのガリアーニさんとは、よく電話で話すよ。あの人、フランス語上手いんだ。奥さんはモロッコ人だしな。まあ、ガリアーニさんはビヨンセほどセクシーじゃないけど、ミランは魅力的だな。7回チャンピオンスリーグに優勝してる。アーセナルが一度も優勝したことないやつだもんな。去年はもうちょっとで契約できたんだけど結局ダメで、それで今は2012年までアーセナルと契約したんだ。今?このシーズンできるだけいい順位で終わりたい。でも、俺の代理人のクルビスさんもモラビトさんもよく働く人だよ」

■今週、首位インテルをホームに迎えるキエーヴォのキャプテンのペリッシエール。
「インテルは本気で勝ちに来てるし、ファンもたくさん応援に来ると思うけど、ここでインテルに優勝パーティはさせない!俺たちのほうが、勝たなきゃならない状況だから。」

■インテル=マドリー間で、イブラヒモビッチ=イグアインかハンテラーかロッベンの1人+5000万ユーロの交換?という噂がでてます。

■5月18日に、Torna la Partita del Cuoreという、イタリアの歌手、俳優チーム対サッカー選手のチャリティー試合が、トリノのオリンピコでおこなわれます。例年、そのときに援助が必要な人ためのチャリティー試合として開催され、今年は18回目だそうです。今回の収益は、3月のローマ近郊の地震の被災者に送られます。トリノで行われるということで、サッカー選手のほうはAre10チームとして、デルピエロ、カンナヴァーロ、マルディーニ、ヴィアッリなどが参加します。イタリアではショートメッセージや携帯電話を通じて広く一般からも募金ができるようになっていて、100万ユーロの寄付金が集まると見込んでるそうです。
posted by かや at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

やっぱり怪しいパスタ

この連休中に作った、やっぱり怪しいパスタの数々。


ペンネを使って、ブロッコリーの芯グラタン
ブロッコリーの芯って、甘くて美味しいですよね〜。捨てるのはもったいない!ということで、シチューの素と牛乳でグラタンにしちゃいました。オーブンがないのでグリルで焼いてますが、焦げ目がしっかりつきました〜
IMG 07421.jpg


豚しゃぶ梅ドレッシングパスタ
なにげにパスタを茹ではじめてから冷蔵庫をあけたら、前日の豚シャブが残ってたので、そのままサラダパスタにしてます。
IMG_07361.jpg


カボチャのニョッキ
残ったカボチャの煮物からパスタをつくる、という番組を見て、あ、そういやあ、冷凍かぼちゃが残ってたっけな!ってな・・
で、だいたい同量の強力粉でコネコネして、ニョッキにしてみました。皮も一緒に潰したら、なんだかソラマメのような色と形に(笑)。でも、カボチャの甘みと香りがあってなかなか美味しかった!シチューの素とパルミジャーノ・レッジャーノで和えてます。
IMG_07831.jpg


野沢菜、キュウリ、キャベツ、プチトマト、大葉、ピンクグレープフルーツのユズコショウ風味冷製パスタ
イタリアンドレッシングと、ユズコショウと、グレープフルーツの絞り汁で味つけてます。適当〜に作ったんですが、意外!爽やかで美味しかったですよ!
IMG_07531.jpg
posted by かや at 07:59| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラニエリさん解任!?

■ユーヴェはシーズン終了前にラニエリ監督を解任、のこり4試合をユースアカデミーのチーフやってる、チーロ・フェッラーラが指揮をとる?という噂が出てきました。ユーヴェはシーズン途中で監督を交代することはないクラブなんだけど、1969年以来40年ぶりに決断するのではないか、という噂。たしかにレッチェの2−2は、ブッフォンならずとも、ありゃ信じられないですよ。それにミランとジェノアの勢いを考えると、このあと4試合は2位追撃というより、実質、3位死守になっちゃうんじゃない?ってな・・

ブッフォンはレッチェ戦のハーフタイムに控え室に入るなり、チームメイトに、「ったく、こんなクソみてえな試合んなって、超恥ずかしいっすよ!皆、わかってんのかよ!え!」なんて言ってたそうです。
イアクィンタ。
「そうなんだよ、ブッフォンまじ怒ってて。もちろん皆も怒ってて、「そうだよ、これじゃダメだ」「こんな試合やっちゃいけないぜ!」なんて言ってた。」

そのブッフォン、ミランのアッビアーティ+1500万ポンドと交換?という噂がでてきた。ブッフォンはB降格の前にもミラン行きの噂が出たことがあり、その前年、シーズン前にミランとやったカップ戦でブッフォンが手に怪我、うちは急遽ミラン控えのアッビアーティを貸し出してもらったことがあったっけね。で、そのときなにげいい成績でしっかり守ってくれたんでした。で、でも本気でスクデットか大耳を狙うなら、このままブッフォンに居て欲しい!

ユーヴェ、カモラネージの代理人のフォルトゥナートさん
「マウロの契約は2011年まであり、これまで監督と問題をおこしたことはありません。クラブがセリエBに行ったときも残った、イタリア代表の1人なんですよ。ピッチ上で監督と口論した?誰しも交代させられるのは嬉しくないですよ。まして昨日は自分本来のポジションじゃないところに入ってた上に途中交代だったんですから、不満溜まるでしょ。それに今はこの状態で、チーム全体がナーヴァスですからねえ」

カンナヴァーロは日曜にペルージアでユーヴェの健康診断を行い、そのあとトリノのフォルナカクリニックに行って残りをやって、合格したそうです。ユーヴェとは1年契約、来期契約交渉オプション付きと言われてます。

■昨日、ジェノアダービーを見ながら管理人、「セッコさん、ディエゴ・ミリト買おう!」なんてぶつぶつ言ってたんですけど、そのディエゴ・ミリト。サラゴサから来て、このシーズン序盤は怪我でしたが、あっという間に19ゴール決めてます。すごいですねえ。ということでインテルもチェックいれてます。今、カッリアリに貸し出し中のアクアフレスカと交換?という噂があります。
ジェノアのプレツィオージ会長
「ディエゴは終盤の追い込みに大変寄与してくれていますよ。ダービーでご覧になったとおりの、代わりが居ない選手です。来シーズンどうなるか?チャンピオンスリーグに出れるかどうか次第ですな」

■ミラン、インザーギ。
「早く怪我した皆に戻ってほしいです。皆が揃ったらミランは無敵ですよ、だって今だって、最近の8試合は7勝ち1引き分けなんだから、シーズンずっとこれだったら優勝できたじゃないですか。前半は出番がなかったから辞めようとかおもいましたかって?ぜんぜん。自分にはチャンスは必ずあるって思ってた。新しい選手がきたら、使って試すのは当然だしね。コンフェデ行くのとバカンスと、どっちがいいかって?まだバカンスどこに行くか決めてないです。今は、すごく調子がいいから今のことに集中して練習してます。試合で、一番いい答えを出したいから。」

■インテル、フィーゴ。
「わしは一昨年、辞めようと思ったぜよ。マンチーニ監督がこのまま続けるなら他に選択肢はなかった、だが、モウリーニョ監督が来たぜよ。これなら働けると思って、続けたぜよ。誰にも、レギュラーの補償などない。でも「使える選手の1人」になるのは大事ぜよ。わしはこのまま引退までインテルに居るぜよ」

■ローマ、デロッシ
「早くUEFAカップ出場決めて終わりたいぜ。次の目標きめてさ。前向きに終わろ。な。」

■ウディネーゼとレッジーナは、ストライカーのコラーディの移籍に合意しました。2年契約1年延長オプションつき。ウディネのディナターレやんとクァリアレッラは、そろって今シーズン限りとみられてますので・・ウディネはいい選手を育成してくれるしね。そこでベテラン33歳コラーディも育成に一役買う、といったところでしょう。がんばれよー!
posted by かや at 07:00| Comment(4) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

第34節結果

■第34節終わりました。順位は以下のとおり。ユーヴェのスクデットは既に数字上だけの話になってますトホホ〜。それに今朝、ジェノアダービー見てたらもう、ジェノアの勢いったら凄いのよ。のこり4試合あったら、うち、ひっくりかえされちゃうんじゃないかってな・・う〜む。
Inter 77; Milan 70; Juventus 66; Fiorentina 61; Genoa 60; Roma 53; Palermo 52; Cagliari 49; Udinese 48; Lazio 47; Atalanta 44; Napoli 42; Sampdoria 41; Siena 40; Catania 40; Chievo 35; Torino 30; Bologna 29; Lecce 28; Reggina 27


■Roma - Chievo 0-0
ローマ、スパレッティ監督
「選手たちは全力を尽くしました。何も言うことはありません。残念ながら勝つことはできなかったけれど、よくやりましたよ」

ロセッラ・センシ会長
「なんとも残念なシーズンになってしまったのう。ファンの皆の失望は、ファンの一人として妾もよくわかる。この責任は、妾にあるのじゃ。わかっておる。ただし、ドイツの会社からの買収提案など、実際にはない。事実無根じゃ。このようなことがあるから、妾は今後、ローマを通じてのみ、発言する。公式コメント以外のコメントはなしじゃ。ファンの皆、誠に申し訳ない。皆の期待を裏切るシーズンになってしまったの。本当にすまぬ。」

キエーヴォ、ディカルロ監督
「この1ポイントで希望がもてました。今日は自分たちらしいプレイが出来ていました。妥当な結果です」

■Catania - Milan 0-2
27' pt Inzaghi, 7' st Kakà
カターニア、助監督のイレッラさん
「どこであろうと、今のミランに勝つのは難しいでしょう。うちはまだ数字上とはいえ降格しないとも限らない場所にいますが、まあ、問題はないと思います」

ミラン、アンチェロッティ監督
「スクデットを狙っているのではありません。目標は4位以内です。あと4試合で4ポイントとれれば確定するんですがな。私は現実的に、一週間きっちり練習し、週末の試合でその成果を出す。その繰り返しです。そして次のシーズンにつなげます。たしかに今期なにも獲得せずに終わるのは残念ですが、怪我人だらけのシーズンだったことは皆様もおわかりでしょ。なに。アブラモビッチさんのヨットが?シシリアに来てるの?そりゃ大変だ。いつ、アブラモビッチさんのヘリコプターが飛んできて攫われないとも限らない。気をつけなきゃ。ねえ。うふ、うふ、うふ。」

インザーギ
「なんかこのシーズン、人生最高のシーズンのひとつかもしれないです。チームにすごく貢献できてるなって気がする。それに皆が僕が点取りやすいようにセットしてくれるんですよ。上手い人たちが一つの目標に向って一つになってるから、ここは何やるのも凄く楽です。残念なことにもうシーズン終盤で、インテルがほとんど優勝きまってるけど、僕達最後の最後まであきらめないですよ。それから、来年はチャンピオンスリーグやりたい。あと4ポイントとれば確定するとこまできたけど、どんな試合だって気合はいりますよ。ユーヴェ戦じゃなくたって。」

■Fiorentina - Torino 1-0
12' st Vargas
最後の最後、トリノのフランチェスキーニがゴールを決めたんですが、オフサイドでノーゴール判定。残念。

フィオ、プランデッリ監督
「今日は自分達のペースで気分よく試合ができました。最後の最後に攻められただけだったな。ずっと相手のディフェンスを散らしておくことができた。攻め続けることは大事ですよ。ヴァルガス?急に自信を持ったようで、今日はうちの原動力でした」
トリノ、カモレーゼ監督
「良く頑張りましたよ。ポイント差が30ポイントもあるチーム同士の試合とは思えない内容でした。選手達を褒めてやります。最後点にこそならなかったけれどシュートまで決めたんです。来週は残留をかけてボローニャと直接対戦です。今日の結果はさておいて次週のために練習です」

■Juventus - Lecce 2-2
11' Konan (L), 9' st, 21 st Nedved (J), 48' st Castilo (L)
後半ネドヴェド2試合、よーし気合だぜ!と思ったら、終盤、なんだか怪しくなってきて、残留かかってるレッチェに攻められっぱなし。確かに、必死さが違います。うわ危ねえな危ねえな、と思ってたら、ロスタイムにやられちゃったよ〜。これでうちは5試合勝ちなし。2位ミランに4ポイント差。う〜〜む。何かが、おかしいですよ。試合中試合後、ファンから選手、監督、ディレクターに対する非難の歌が何度も沸き起こってたそうです。これじゃなあ。うん。

ラニエリ監督
「一見して私達のほうが疲れているように見えましたが、今週の練習には問題がなかった。全員よく走って、熱気もありました。なぜこうなってしまったのか。私にもわかりません。ファンからの抗議は嬉しいものではありませんが、時として奮起する原動力になることもあります。もっと走るべきだったけれど、今日は戦術的に統一感がありませんでした。10日前にも申し上げましたが、このような時は沈黙を守り何も申し上げないのが最善です。どの業界も同じでしょうが、期末には目標が達成できたか否かを確認し、それを踏まえた上で今後の計画を考えることにいたします。もしクラブが私を信じてくださるなら今後も一緒に仕事を続けてまいります。この1ヶ月は困難が続いていますが、そこから抜け出るべく私達も力を尽くしています。一致団結して目標に向ってまい進いたします。毎試合、勝つために戦っているんです。でも上手くいかない。それは自分達が誰より一番よくわかっています。カウンター攻撃による失点は、問題がディフェンスだけにあるからではない。チーム全体なんです。全体で攻め全体で守っているからです。ここ一ヶ月そのような失点が多い、ファンの皆さんの失望も良く分かります。私達も残念です。シーズン最後を気分よく終わりたいのですが、いまのところ実現できていません。ですが、過去を振り返っても仕方ない。早く元の道にもどるべく前進を続けるのみです」

ブッフォンは1−0とリードされてしまった後のハーフタイムに、チームメイトと一緒に控え室に居たのは3分だけ。あとはピッチサイドに居て、ぶつぶつと自分に怒ってたそうです。で、試合後には、コボッリ・ジッリ、ブラン、セッコ3人のディレクターも一緒に30分のミーティングが行われたんですが、ブッフォンは試合終了後誰とも喋らず、さっさと帰ってしまった、という記事がありました。3点目とられた後の呆然とした状態みちゃ、な〜。ハンパない落ち込み方でしたから・・
イアクィンタ
「ブッフォン?怒ってた。わかるよ。俺たち全員怒るべきだよな。だってこんな風にシーズンおわるなんて、ありえなくね?原因つきとめて、この先、冷静にやらないとな。ファンに批判されても当然だと思う。俺たちにとってはありがたくない環境であり状況だけど、これ以上ミスしなきゃ、目標達成できるチャンスはまだあるからさ」

ユーヴェ、緊急会議を数日中に開催するそうです。そこでラニエリさんの去就が決まる、のかもしれません。それにもしかしたらこのところ、凄いプレイも見せてくれるんだけど、肝心のところで失点してしまうブッフォンにも何かの動きがあるか・・

カンナヴァーロがユーヴェの健康診断のためにペルージアに来てるそうです。契約交渉は最終段階にきていて、来週には移籍の詳細が発表される、とみられてます。ちなみに、今週末はマドリーホームのクラシコだったんですが、2−6の大差でバルサが勝ってます。いやはや。マドリーも相当深刻だな・・。

レッチェ、デカニオ監督
「最後は引き分ける、という確信がありました。アウェイでユヴェントスと引き分けて1ポイント持ち帰れたぐらいなんだから、うちは残留できます。最後まで自分達を信じます」

■Palermo - Cagliari 5-1
29' pt Migliaccio (P), 38' pt Miccoli (P), 3' st Jeda (C), 5' st Tedesco (P), 12' st Cavani (P), 42' st Succi (P)
パレルモ、バッラルディーニ監督
「今日は全て、やることが全て上手くいきました。目標の欧州カップ戦出場は目前です」

カッリアリ、アッレグリ監督
「う〜ん。最初から上手くいかず、最後は更に悪く。正直申し上げて、3−1のところで終わってしまった。ギブアップってやつです。それにしても5点も失点するのはいかんなあ」

■Siena - Napoli 2-1
11' pt Kharja (S), 25' Maccarone (S), 35' st Pià (N)
シエナ、ジャンパオロ監督
「今日勝てば残留が確定するのはわかっていました。仕事を成し遂げた気分です。40ポイント獲得するのは、大変難しかったです。 」
ナポリ、ドナドニ監督
「絶不調ですな。責任は監督の私にあります。来週のレッチェ戦では今日とは違うナポリをお見せしたい。」

■Udinese - Atalanta 3-0
42' pt, 29' st, 45' st Quagliarella
ウディネーゼ、マリノ監督
「絶好調のクァリアレッラが突破口を開いて、あとはうちのペースでした。」
アタランタ、デルネリ監督
「完敗です。でも1点目と2点目は、うちのディフェンスにしては珍しい失点でした。要するに今日は、ミス一つひとつが高くついた試合だったんですよミスが」


■Genoa 3 - 1 Sampdoria
Milito 29, 73, 93 (G), Campagnaro 45 (S)
最初から最後まで勢いのある、これぞダービー!ってな試合でした。点とっても、んじゃ守って逃げ切ろう、という意識がない。後半はしょっちゅう試合中断、退場者3人。両チームあわせてファウル60回、警告11枚、退場者3人、鼻血出したやつ1人。でも流れが途切れた感じはあまりなく、それも10人対9人の試合になってから、9人のほうが93分に得点してるんだからして、いや〜面白かったです。試合後のジェノアはもう、優勝でもしたような騒ぎ。監督がもう、大はしゃぎしてるし(笑)(・・セッコさん。ディエゴ・ミリト買おうよ〜♪、って、ダービーでトリプレッタ決めたジェノアの選手って、64−65シーズン以来なんだそうです。おそらく、生涯、ジェノアの英雄待遇ですねこれは。かなりの値段を要求されそうです。)

ジェノア、ガスペッリーニ監督
「負けられない試合でした。ですからこういう形で完勝できたことは大変エキサイティングでした。どちらかといえば押されていた試合でしたが、むしろ失点のあとのほうがいいプレイが出来たのはとても良いことだと思います。終盤は緊張感が高まりましたが、貴重な勝ち点を獲得できました。これでパレルモと8ポイント差で、欧州カップ戦出場が見えてきました。フィオレンティーナとは1ポイント差です、もしかしたらチャンピオンスリーグに出られるかもしれません」

サンプドリア、マッツァリ監督
「ダービーで3−1で負けてしまったんですから、何を言っても言い訳になってしまいます。今は何も申しません。ですが皆さん、今日はカッサーノが冷静さを保って、試合中常にボールを取りに行き、この荒れた試合の最後まで、混乱する場面には居なかった。それはご覧になったでしょう。今日前半はとても調子よく始まったのですが、失点してから様子が変わってしまいました。カッサーノ、パッツィーニに2度チャンスがあったのですが点にはなりませんでした。ミリトの2点目はオフサイドだと私は思いますが、後半最初のあのとき点が取れなかったのが結果に大きく影響しました。シーズンのうちには、こんな試合もあります。運が試合を決めてしまうことがね」

■インテル、昨日の試合で、ゴールを決めた後のイブラヒモビッチの静かにしろ!ジェスチャーとブーイングについて。
イブラヒモビッチ
「俺は、ブーイングに燃えるほうだからさ。で、ゴール決めた。要するに、自分の仕事はやったんだ。試合が終わったらもう全部忘れるよ。前半はあんま調子よくなかったけど後半は気分良かった。シーズン終わったらどうするって?そんなこと言う連中には、試合できっちり仕事して見せてやるだけさ。だから、勝ったから嬉しい。まあ、次節出場停止になっちまったけどな」

キャプテン・サネッティ
「僕たちは90分間フルに、ファンの皆さんの力を貸していただきたいんです。たしかに、何かが上手く行っていないときは、ブーイングされても仕方ありません。でも、自分の応援するチームが順位表の一番上にいるときは、応援したいと思うことのほうが多いと思うんですけどね」

モラッティ会長が
「点とったのにブーイングはないだろう、だから静かにしろというジェスチャーをした、と、イブラヒモビッチは言っていましたよ。うるさいと思ったときの本能的なリアクションであり、インテルでの将来に何ら問題はありません。来期もイブラヒモビッチはインテルで仕事を続けるでしょう。スタジアムに集まったお客さんが緊張や不安を表すのに、ピッチ上の選手達に向けるほかに方法がないということは時にありえます。ですがこのシーズンずっと、インテルのために尽くしてきた選手達には、それなりの敬意を持って接していただいてもよろしいでしょう。いずれにしましても、イブラヒモビッチのジェスチャーは前向きなもので、ファンの皆さんから十分な敬意を受けていると私は思います。ではごきげんよう」

ラベル:セリエA
posted by かや at 08:24| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

衝動買い

今日は天気も良く、ほどよく温かく、風もある好天で・・
でも、どこに行く予定もないので、
午前中は洗濯もの干して、午後はベランダ掃除しました(笑)
環七沿いなので、もう、笑っちゃうぐらい汚れるんですよ。
網戸は2週間に1回ざっと拭いてるんだけど、
そのたびにまっくろけなんですよ。
だから、ベランダは推して知るべし・・

タワシでしっかり洗ったら、思いっきり新品状態みたいに綺麗になりました。
ということで、ちょっと安心して大崎広小路のユニク□まで買い物に〜

ところが。
690円のヘンリーネックTシャツを買いに行ったつもりが、
ポロドレスが通勤に使えそうだったので買ってしまったり、
それに、これ!あっしにしては珍しく衝動買い。

IMG_07701.jpg

だって、「C」の上をアップにすると、
IMG_07681.jpg

そうなんですよ!可愛いインコちゃんが居るのよ!

たまにスーパーなんかで見かける、フランスのお砂糖のメーカーとコラボしたTシャツなのでした。
鳥好きにはもう、たまりましぇ〜ん。
値段を見ないで、手にとってました(笑)。幸い、セール中で990円。やったー!

ってなことで、甘いものを食べない自分が着るのもナンだな〜とはおもいつつ、
今年の夏は、このインコちゃんTシャツで過ごします〜

ちなみに、これは企業コラボTシャツ
ハーシーとかミスドとかチャームスとか、
英国好きな方はヴァージン・アトランティックとか、可愛いのたくさんあります!

明日まで(5月3日まで)990円だそうです。見るだけでも結構楽しいですよ!


posted by かや at 20:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。