2009年05月03日

衝動買い

今日は天気も良く、ほどよく温かく、風もある好天で・・
でも、どこに行く予定もないので、
午前中は洗濯もの干して、午後はベランダ掃除しました(笑)
環七沿いなので、もう、笑っちゃうぐらい汚れるんですよ。
網戸は2週間に1回ざっと拭いてるんだけど、
そのたびにまっくろけなんですよ。
だから、ベランダは推して知るべし・・

タワシでしっかり洗ったら、思いっきり新品状態みたいに綺麗になりました。
ということで、ちょっと安心して大崎広小路のユニク□まで買い物に〜

ところが。
690円のヘンリーネックTシャツを買いに行ったつもりが、
ポロドレスが通勤に使えそうだったので買ってしまったり、
それに、これ!あっしにしては珍しく衝動買い。

IMG_07701.jpg

だって、「C」の上をアップにすると、
IMG_07681.jpg

そうなんですよ!可愛いインコちゃんが居るのよ!

たまにスーパーなんかで見かける、フランスのお砂糖のメーカーとコラボしたTシャツなのでした。
鳥好きにはもう、たまりましぇ〜ん。
値段を見ないで、手にとってました(笑)。幸い、セール中で990円。やったー!

ってなことで、甘いものを食べない自分が着るのもナンだな〜とはおもいつつ、
今年の夏は、このインコちゃんTシャツで過ごします〜

ちなみに、これは企業コラボTシャツ
ハーシーとかミスドとかチャームスとか、
英国好きな方はヴァージン・アトランティックとか、可愛いのたくさんあります!

明日まで(5月3日まで)990円だそうです。見るだけでも結構楽しいですよ!


posted by かや at 20:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第34節土曜の試合結果など

■Inter 2 - 0 Lazio
Ibrahimovic 58 (I), Muntari 71 (I)
インテルはあと6ポイントで優勝が決まります。ラツィオはインテルに対し7年間ずーっと負けなしのあと、06年コッパイタリアに負けてから3敗1引き分けといきなり分が悪くなってました。今日も、しっかりインテルが勝ちました。今日の2点目はムンタリだけど、イブラヒモビッチのいいパスからだからして、イブラヒモビッチの個人技2点で勝ったといえる試合でした。この試合じゅうインテリスタから選手達に対して何度かブーイングが起きてたので、イブラヒモビッチは得点のあと、静かにしてくれ、というジェスチャーを見せてましたな・・これで21ゴール。トップスコアラー順位首位のディバイオに並んだ。ちなみに警告2回もらっちゃったので次節はお休み。

インテル、モウリーニョ監督がファンからのブーイングについて。
「私はここの監督になって10ヶ月。心からインテルに尽くしてきました。スクデットはここで決めて、ファンの皆さんと一緒にお祝いしたい。たしかに今日の試合、不満が溜まるところもあったでしょう。もっと良いパフォーマンスを求められてしまった。私達だってそうしたいですよ。でも今日はこれが出来うるベストです。怪我人が多く、毎試合起用去れる選手たちには疲れが溜まる。スクデットは近くに見えているのに永遠に手が届かないもののように思えます。皆さんにもご理解いただきたい。選手達の一つのミスにブーイングしてネガティブな影響を与えるのはいかがなものか。サンシーロでのお客さんとの一体感は、以前よりより一層強く感じられるようになりました。だからこそ、優勝間近の自分達のインテルにブーイングをするようなことはお控えいただきたい。あと4試合、12ポイントのうち6ポイントをとることが出来たらスクデットです。私達はこのシーズンこれまでわずか3敗しかしていないことを鑑みるに、すぐ近くまで来ているんです。」
「今日の試合後半にクレスポを投入したことによって、イブラヒモビッチが自由に動けるようになり、やりやすくなりました。これが今日の前後半の出来の違いです。マンシーニはこのシーズン、重傷で試合に出ていなかったため体が絞りきれていなかった、したがってチームについていけなかった部分たありました。この点は練習で改善します。なに。1点目が入った後私が怒っていた理由?あの点は94分に入ったんじゃないんですよ。あと30分もあるんだから、大喜びするより集中して欲しかった。あまりリスクをとりたくなかったのでね。もし前半に失点していたら難しい試合になってしまったのは間違いありません。」

ラツィオ、ロッシ監督
「試合開始から1時間は良かった。相手にはコーナーキック以外にチャンスらしいチャンスを与えることなく出来てたんですがね。やはり世界レベルの選手たちは違いますな。それにモーティベーションが違っていた。失点してしまったら最後挽回できませんでしたよ。シーズン中頑張った選手何人かを休なければいけないな。今日は、明らかに疲れていました。今のラツィオにはベスト3に入るだけの力はありません。もっと力をつけなければ鳴りません。ザラテ?(ラツィオはザラテを保有しているアル=サードから移籍金1600万ポンドを要求され、代理人からは年俸アップを要求されているそうです)クラブが払ってもそれで元がとれると思うなら話は進むでしょうね。私としては、トップクラスの選手、レギュラー選手、若手の間に3段階の年俸テーブルを作るべきだと思っています。なに。安心することなど、ありゃしませんよ。試合中も試合後も練習中も、まして今はインテルに負けた直後ですよ。私がゆったりした気分になれるのはベッドに入る10分前の読書の時間ぐらいなもんです」

■Bologna 1 - 2 Reggina
Brienza 40 (R), Barreto 46 (R), Moras 87 (B)
いわゆる残留めざすドッグファイト、レッジーナは最後の頑張りで、先週ユーヴェに引き分け、今日はボローニャに勝ち。いや〜これだからカンピオナートは面白い!わからないもんですな〜。
ボローニャ、パパドプロ監督
「妥当な結果だな。自分達の不安がミスを呼んでその結果、負けたと。そういうことだ。言い訳はしない。自滅だよ。のこりの試合はもっと自信をもってやればいい。まだ、残留の望みは十分あるよ」

レッジーナ、オルランディ監督
「今日の結果は、即忘れます。これまでも、残留できると自信をもってやってきました。ここ数試合でその自信はさらに強まりました。明日のライバルたちの結果を待って、あと4試合、出来る限りのポイントを取りにいきます。今日は多少リスクをとって攻めました。妥当な結果を手にしたと思います。今日はバランスのとれた良い試合ができました。満足しています。」

■ユーヴェは今週、残留のかかってるレッチェと対戦。
ラニエリ監督
「ファンの皆さんが期待しているのは、いい試合をやるユヴェントス、勝つユヴェントスなんです。その期待を満足させることが出来なかったなら、評価が下がって当然です。私達は前向きに考え、できる限りよい形でシーズンを終えることを目指しています。私はユヴェントス発展のためにできうる全てを尽くしています。契約は来期までありますし、クラブともお互い良く理解しあっていると思います。今期はおおむね良い内容でやってきたのですが、残念ながら、チャンピオンスリーグ敗退で、何かを失ってしまいました。あのまま前進できていたなら、状況は変わっていたと思います」

ユーヴェ、ジョビンコ+アルミロン(フィオ貸し出し中)をカッサーノと交換する、という噂があるらしい。あのさー。セッコさん。ジョビンコだけは出してくれるな・・バッジョ、デルピエロと続いた、「ユーヴェの小柄な10番」の伝統を継ぐのに、ジョビンコ以上の適材はいないでしょ〜!(笑)

ユーヴェと対戦するレッチェは残留を目指して奮闘中。先週はホームでカターニアに勝って気分いいところ。
デカニオ監督
「残留セーフまであと9ポイント、達成できるか否かは自分達にかかっています。トリノまで勝ちに行くのはほとんどミッション・インポッシブルだけれど、希望はあります。相手は調子が落ちてるところでもあるし、私達にはこのところ運が向いてきているようですので、ミスがなかったら可能でしょう。最後の数試合は残留のかかったミニトーナメント状態ですので、よい状態のまま突入したいです。無観客試合のほうがレッチェには有利だったでしょうって?いや、残念ではないですよ、だってサッカーはお客がいるものでしょう。私はバロテッリ問題は、レイシズムとは違うものと思います。同時に試合に出ていたムンタリは野次られてなかったんでしょ。ともあれお客さんの前で試合が出来てうれしいですよ。でも、公衆の面前で非文明的なことが行われたのであれば何らかの罰則が下されるべきだと思いますけどね」」

■ミラン、アンチェロッティ監督
「なに。うちが一番PKをもらっている?そりゃあそうですがな、うちは攻撃的な戦術でやってるんですから、それだけ相手のペナルティーエリアに入ってるということなんですがな。逆を言えば、守備的なチームはPKがないということになりますな。なに。ダービーでアドリアーノのゴールがノーゴールなったのが今のポイント差に出ている?私は、終わったことは振り返りません。スクデット獲得を決める一戦になったと思うかって?ノーコメントだな。うちの目標は、トップ3に入っておわることです。できるだけ早く決めてしまいたい。インテルの結果もユヴェントスの結果も興味がありません。チャンピオンスリーグ出場権確保というのは小さな目標かもしれませんが、私達にとってはとても意味のあるものなんです。カターニアは手ごわいです。それにゼンガ監督はセリエA監督の座を自力でステップアップして勝ち取った数少ない監督です。なに私の今後?何度も申し上げていますが、私の来期については目標に到達したのちにベルルスコーニさんと話し合うことになっています。木曜に一緒に食事をしましたが、ありゃ「最後の晩餐」じゃあないですがな。移籍?ネスタ、ボリエーロ、カラーゼがどこまで回復するかによります。今はガットゥーゾも試合には出られない状態だけど、もしコンフェデレーションカップに間に合うようだったらリッピ監督は嬉しいと思いますよ。なにグルカフ。そりゃあ帰ってきたら嬉しいですがな。でもボルドーの意向もあるし、本人はボルドーに行ったことでだいぶ成長したしねえ」

ミラン、このシーズン存在感がなかったといえば、まずシェフチェンコ。で、それに次ぐのが年明け以降のロナウジーニョだよね〜。シーズン当初は大騒ぎだったけど、怪我、ベッカム入団といろいろ重なったとはいえ、全然出てこなくなっちゃった。来期終了後はワールドカップもあるからして、今期終了後はレギュラー出場の場を求めて移籍、と言う観測はなるほどですよね。ここで手を差し伸べているのがトルコのフェネルバフチェ。年俸400万ポンドで3年契約をオファーしているという噂。ちなみに現監督はアラゴネスさんなんですが、来期は元セレソン監督のスコラリさんが監督?といわれてます。

■イタリア代表監督リッピさんがミランについて。
「最近のミランは問題を多く抱えているにもかかわらず、良いカルチョをやっています。もしシーズン最初からこの状態でしたら、数字上でも不可能になるまで、しぶとく首位を狙っていけたでしょうが、今となっては手遅れです。」

posted by かや at 08:42| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。