2009年05月06日

来月はコンフェデなのでした!

■6月に南アフリカで行われる、ワールドカップのリハーサル、コンフェデレーションカップに参加する審判が発表されました。参加国(イタリア、スペイン、ブラジル、イラク、ニュージーランド、エジプト、アメリカ、開催国の南アフリカ)から、ニュージーランドの審判が選ばれてます。で、この中で上位の審判は英国のウェッブさんとスイスのブサッカさんだそうです。決勝は、このどちらかが笛を吹くんでしょう。
Matthew Breeze (Australia)、Coffi Codjia (Benin)、Carlos Batres (Guatemala)、Carlos Amarilla (Paraguay)、Jorge Larrionda (Uruguay)、Michel Hester (New Zealand)、Massimo Busacca (Switzerland)、Martin Hansson (Sweden)、Howard Webb (England)

■ということで6月に開催、って来月6月じゃん!!早いな〜。開催されるコンフェデですが、イタリア代表は、絶好調インザーギを連れていくか?!という話がgoal.comにでてます。ペペ、モントリーヴォ、トニ、・・いろいろ考えられます。このコラムを書いてる方は、ディフェンスは問題なし、中盤は個人力に期待、でもワールドカップの優勝はピルロとガットウーゾが共にキャリアのピークにいたのに多分に寄与している。と言ってます。で、ここ8試合で11ゴールなんてとんでもないペースでゴール決めてるインザーギを連れて行かない法はないだろう。という意見。もし自分がリッピさんだったら真綿につつんで大切に持ってくそうです。この調子だったら来年2010年の本番でもインザーギは十分に力を発揮できるでしょう、というんですが・・う〜む今年開催だったら迷わず連れてくね。でも、でもですよ。ドナドニさんは、ユーロもシーズン終盤調子よかったインザーギを置いていき、トニと心中した。これ、謎なんだよなあ・・さあリッピさん、どうします?アマウリはまだ国籍決めてないし。そうだ、ブラジルはアドリアーノ抜きになるのは必至ですから、う〜むブラジルのほうが試合には出やすいということか。でも、イタリアにも、こいつはまず外せない!という存在感のあるストライカーは、あっし的、やっぱインザーギしか思い浮かばないわけで(笑)、こっちでも十二分にチャンスはあると思う!アマウリ、ユーヴェで仕事続けるならイタリア選んでちょーだい。

ワールドカップといえば妙〜に思い出すのがグロッソ(笑)。あれはコルポ・グロッソ状態でしたな〜。でもあそこで人生の運の大半を使ってしまったかのように、インテル、リヨンと移籍しながらあまり目立った活躍がありません。で、ミランがザンブロッタと組んで使いたいので買い取る?という噂。他、ジェノアとフィオもCLに出られるようだったらオファーを出す、かもしれません。また、1年1人ずつイタリア人の増えているバイエルンが、今年のターゲットとして?グロッソを考えているという噂もあります。

トッティ。
「俺がローマのユニフォーム以外に着たことのある一つだけのユニフォームが、イタリア代表だ。運がよかったからな。96年でアズリーニの欧州選手権で優勝して、06年にはワールドカップに優勝した。ユーロ2000に、あと30秒で優勝しそこなったのは悔しいけど、全部すごくいい経験になった。あ?2010年?リッピ監督が、静かな環境でいい仕事できるようにしてやろうぜ。でも、もしかして俺が呼び出し受けたら・・わかんないぜ。」

■ユーヴェは5月5日に緊急会議を行っています。
ディレクターのブランさん
「ごく普通の会議でしたよ。シーズン終了後の解雇の話などありませんでしたよ。ユヴェントスの今後の構成は、シーズン終了時の結果次第です。皆、同じ船に乗っているんです。私はディレクターとして決断を下す立場にあり、全員が総力を挙げて最後の数週間協力しあっていこうと決めました。このスポーツには苦難の時期がかならず訪れます。45日間、勝ちがないという事実を重くうけとめています。チーム、スタッフ全員が話し合い、一体となって、目標に向って各々がなすべきことをなすことが必要です。10月の苦難を乗り切ったのと同じやりかたです。もっと隅々まで考え、共に過ごす時間を増やしてミラン戦に臨みます。ジョン・エルカンさんがおっしゃったとおり、結論はシーズン終了後に出すつもりです。あと4試合に集中して臨みます。この苦難を乗り切るだけの力はあります。全員の結束がカギを握っているんです」

なんて言いながら、ラニエリさんの去就はミラン戦の結果次第ではないかと見られています。ちなみに、今週末のミラン戦はネドヴェドとメルベリが出場停止、レグロッタリエとグリゲラが怪我で無理っぽい。おいおい!うしろが、えらいこっちゃ!

ネドヴェドの代理人のライオラさん
「ネドヴェドはまだ引退してないですよ。私は実のところ、ネドヴェドはあと1年現役を続けると見てます。」

デルピエロ、5月5日に二人目の子供が生まれました。女の子で、名前はドロテアちゃん。おめでとう!

ユーヴェ、チームはえらいことなんですが、おめでたブームです。ブッフォン嫁が2人目を妊娠中だそうです。

モッジさん。
「もしアンチェロッティさんがミランを去ったら次の監督ですか?そうですわね、ジェノアのガスペッリーニさんかしら。このシーズン、本当にすばらしかったですわね。もっとも、ミランを率いることができるカリスマ性があるかどうかまではわかりませんわね、おーっほっほっほっほ」

ユーヴェ系もうひとつ。デシャンは、来期オリンピック・マルセイユの監督に就任するようです。

■次節出場停止の選手。上記のように、うちはネドヴェドなしでミランかトホホホホ〜。Bellini and Doni (Atalanta), Mingazzini and Mutarelli (Bologna), Morimoto (Catania), Pinzi (Chievo), Ferrari and Thiago Motta (Genoa), Ibrahimovic (Inter), Mellberg and Nedved (Juventus), Ledesma (Lazio), Riise (Roma), Campagnaro (Sampdoria), Sereni and Ogbonna (Torino)。あ。イブラヒモビッチとモリモトも出られないじゃん。

■ミランに行く?という噂の、アーセナルのアデバヨール。
「ミランのガリアーニさんとは、よく電話で話すよ。あの人、フランス語上手いんだ。奥さんはモロッコ人だしな。まあ、ガリアーニさんはビヨンセほどセクシーじゃないけど、ミランは魅力的だな。7回チャンピオンスリーグに優勝してる。アーセナルが一度も優勝したことないやつだもんな。去年はもうちょっとで契約できたんだけど結局ダメで、それで今は2012年までアーセナルと契約したんだ。今?このシーズンできるだけいい順位で終わりたい。でも、俺の代理人のクルビスさんもモラビトさんもよく働く人だよ」

■今週、首位インテルをホームに迎えるキエーヴォのキャプテンのペリッシエール。
「インテルは本気で勝ちに来てるし、ファンもたくさん応援に来ると思うけど、ここでインテルに優勝パーティはさせない!俺たちのほうが、勝たなきゃならない状況だから。」

■インテル=マドリー間で、イブラヒモビッチ=イグアインかハンテラーかロッベンの1人+5000万ユーロの交換?という噂がでてます。

■5月18日に、Torna la Partita del Cuoreという、イタリアの歌手、俳優チーム対サッカー選手のチャリティー試合が、トリノのオリンピコでおこなわれます。例年、そのときに援助が必要な人ためのチャリティー試合として開催され、今年は18回目だそうです。今回の収益は、3月のローマ近郊の地震の被災者に送られます。トリノで行われるということで、サッカー選手のほうはAre10チームとして、デルピエロ、カンナヴァーロ、マルディーニ、ヴィアッリなどが参加します。イタリアではショートメッセージや携帯電話を通じて広く一般からも募金ができるようになっていて、100万ユーロの寄付金が集まると見込んでるそうです。
posted by かや at 07:34| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。