2009年05月11日

ミラン=ユーヴェ引き分けのあと


■試合後、ミラン、アンチェロッティ監督
「試合前から優勝はないとわかっていました。私たちは着実に3位以内を目指します。そのためには、あと1つだけ勝てば目標はクリアできます。今日の前半は、相手は後ろをピッタリ閉ざしてしまい、うちは上手くボールを動かすことができなかった。ユーヴェは統制が取れている上に、とにかく熱心に守り倒してましたから、うちらしいいいプレイが出来なかったんですがな。交代?フラミニにするかヤンクロウスキにするか。迷いましたよ。どちらも調子いいですからねえ。でもフィジカルが強いほうのフラミニを選びました。今日の失敗?前半、慌てちまったことだな。もっと辛抱強くやればよかったんですがな。今日はピッチが滑った?そうね、でもその分ボールは速くなったからうちには有利でしたよ。いずれにせよ雨でなくても滑りやすいピッチですしね。なに。インザーギが交代されて不満そうだった?そりゃあそうですよ、交代されるのは気分良くないのはわかります。でもインザーギは毎度こういうドラマには慣れているし、私のほうだって慣れっこですから、不機嫌だったのさえわからなかったな。なにラニエリ監督。私はこの、イタリアのカルチョが大好きです。矛盾と論争に満ち満ちていますがね。ですがラニエリさんの身に起こりつつあることは、前向きではありませんな。監督を評価するには、数試合の結果によってでなく、長期的視野からみて判断を下すべきです。私は、ラニエリさんのユヴェントスでの仕事は前向きなものだったと思いますよ・・なに。私の後継者?そりゃ私が決める話じゃありませんがな。言うまでもありませんが、私は監督であり、ミランのために出来うるベストを尽くす立場にいるんです。次どうするかを決めるのは、クラブのほうですがな」

ロナウジーニョ
「いい試合だったけどさ、3ポイントとらなきゃダメじゃんよ。ちょっと調子こいて、気が緩んだと思う。同点にされてショックだったけど、残り試合の前にいい勉強したよ。」

■試合後、ユーヴェ、ラニエリ監督
「自力で復活することができました。国際試合で休みの週から調子がよくなかったのですが、今日はチームとしてまとまり、集中力のあるいい試合ができました。ピッチ上での選手同士の間隔が、これまでのように伸びすぎずほど良いバランスがとれていました。1点目を取られたあと、当然ながら少し雰囲気は悪くなりました。うちには3,4回チャンスがあったのに、ミランはその半分ほどのチャンスで点をとったんですから。ですが今日のような試合展開なら、遅かれ早かれ得点できると信じていました。ストライカーの選択ですか?私は順番をつけて居ません。ここにきて2年間、イアクィンタは怪我で思うようなプレイができていなかったものの、ディフェンスを抜く力はあるしチャンスをつくる能力も高い選手です。今、私は選手の体調を最優先してメンバーを決めています。今日はアマウリとイアクィンタ、両者を選んだわけです。アマウリはボールをよく取り、イアクィンタはプレイに奥行きを持たせる。どちらも背が高く運動量が豊富です。常々、最も好調な選手を選んでピッチに送り出しているのですが、アマウリとデルピエロはシーズン前半とてもいい仕事をしました。現在は両者ともに万全ではないのですが、怪我から復帰したイアクィンタが好調なので起用しました。批判ですか?監督は批判されるのも仕事のうちですからね。受け入れるべきは受け入れます。ですが、誰が批判しているかです。ここまで良い仕事をしてきたと、私は自認しています。建設的、前向きな批判でしたら歓迎いたします。今私が出来るのは残りの3試合で出来る限り多くのポイントを獲得し、2位フィニッシュを目指すだけです。今日のユヴェントスなら、できます。運も味方しましたが、自らの闘争心が運を呼び込んだんです、いい内容でした。」

コボッリ・ジッリ会長
「誇るべきチームですよ。ミランよりチャンスは多かったでしょ。今日の引き分けは受け入れますが、2−1で勝てたかもしれなかったし、私はそう期待していたんです。ですが闘争心にあふれた試合だったでしょう。2位は厳しくなったものの、ミランに一歩も劣らない内容でした。なにより、本来のユヴェントスの姿が垣間見えた試合でした。それがとても嬉しい。この勢いなら、あと3試合で6ポイントか7ポイント獲得できるでしょう」
posted by かや at 19:48| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第35節結果

■第35節終わって、順位は以下のとおり。インテル、ミラン、ユーヴェ、いずれも引き分け。それにしてもこの時期、残留かかったチームは強いな〜。
Inter 78, Milan 71, Juventus 67, Fiorentina 64, Genoa 61, Roma 54, Palermo 52, Udinese 51, Cagliari 50, Lazio 47, Atalanta 45, Sampdoria 44, Siena 43, Napoli 43, Sampdoria 41, Catania 40, Chievo 36, Torino 31, Bologna 30, Lecce 29, Reggina 2

■Atalanta - Genoa 1-1
9' Valdés (A), 90' Criscito (G)
ジェノア、ガスペッリーニ監督。試合前、ユーヴェのディレクターのセッコさんと一緒に昼食を食べてたのを目撃されたそうですが・・
「ユヴェントスの話?ジェノアができるだけ良い成績でこのシーズンを終えるように勤めるのが、私の仕事です。ユヴェントスについては何も知りません。今日は貴重な2ポイントをとりそびれてしまった。前半は相手の出来が大変よく、苦労しました。後半は挽回してきたんですがね。もっと早い時間に点が取れていたら違う展開になっていたかもしれませんが、こっちも疲れてきて、動きに切れがなくなってきたいたのは確かです。このところナイトゲームが多く、午後の試合がなかった影響もあるかもしれません。」

アタランタ、デルネリ監督
「内容はうちの勝ちですようちの。前回の対戦もそうでした。後半は相手ペースになった、でも前半チャンスがあるうちに、点をとれなかった。最後の最後に、ひきわけられちまいましたよ。残念です。なに私の今後?なにも動きはありませんよ。でもジェノアは今ごらんのとおり、いいシーズンを送ってますからね。スタッフを変えることはないんじゃないかな」

■Cagliari - Roma 2-2
34' Matri (C), 58' Acquafresca (R), 63' Totti (R), 69' Perrotta (R)
カッリアリ、アッレグリ監督
「今日は、2−0になるまでは、やるべきことがきちんとできていたんですよ。そのあとは、頭に血が上ってしまったんだろうな」

ローマ、スパレッティ監督
「今日は最後まで面白い試合でした。このシーズン好調のカッリアリは、この順位に相応しいいいチームです。最初のチャンスにきちんと得点して、更に追加点を加えています。ですが、後半立て直して前向きな結果で終わることが出来ました。選手たちのプライドと貪欲さと闘争心が現れた結果です。」

■Catania - Fiorentina 0-2
11' Jovetic (F), 90' Zauri (F)
カターニア、ゼンガ監督
「選手達はこれ以上望みようがないよどよくやりました。いいシーズンですよ。うちの目標は残留だったので、今日はリラックスしてしまったわけですな」

フィオレンティーナ、プランデッリ監督
「今日はいい試合をやって、3ポイント獲得できました。自分達を信じて、正しい心構えで試合に臨み、貪欲にゴールを狙いました。まさに、こうあるべき姿勢でした。新しい戦術にも慣れ、継続性がでてきています。数字上でもチャンピオンスリーグ出場を決めるにはあと6ポイント必要ですが、私のチームなら出来ると確信しています。そのためにも次のサンプドリア戦に集中します。

■Chievo - Inter 2-2
3' Crespo (I), 27' Marcolini (C), 65' Balotelli (I), 73' Luciano (C)
インテルは今日キエーヴォに勝ち、ユーヴェがミランに破れたら優勝が決まったんですが・・残念。ちなみにキエーヴォはホームでは滅法強く、17試合中わずか3敗。

キエーヴォ、カソ監督
「インテルに2度リードされて2度とも追いつくのは並じゃないですよ。でもうちだって何がなんでも残留したいんですよ。引き分けは妥当な結果だと思います。」

インテル、モウリーニョ監督
「嬉しい結果ではないですな。タイトルまで、あと5ポイント必要です。残り3試合のうち2試合はホームです。優勝できるかどうかは自分の力にかかっている。これはとてもいいことですよ。今日は2ゴール決められてしまった、1点差になってしまったあとの守備が少し甘かったです。それにしても残念なことに、私は自分の思ったとおりのフォーメーションというのは、一度もピッチに出したことがないんですよ。怪我や出場停止でね。ミラン=ユーヴェ?ユーヴェを応援しますね。いや、偽善者ではありませんし、相手の心配をしてるわけでもありません。うちに贈り物をくれたらありがたいな、ということです。」

インテル、モラッティ会長
「いい試合で2度もリードしながら、残念ながら追いつかれてしまいました。大事な試合でしたが。今日はイブラヒモビッチが出場停止なのでどんな動きになるのか私も楽しみでした、よく動いていましたよ。でも今日は大きく1歩リードすることも出来た日でした。残念です。ではごきげんよう」

■Lecce - Napoli 1-1
33' Pià (N), 44' rig. Zanchetta (L)
レッチェ、デカニオ監督
「勝ちに行ったんだけれど残念ながら引き分けに終わってしまった。痛いなあ。でも、元気はあるんですよ。まだ、残留の望みはありますよ」

ナポリ、ドナドニ監督
「全身全霊で戦った試合でした。最後まで両チームとも、いい試合をやったと思います。賞賛に値する試合でした。」

■Siena - Palermo 1-0
60' Calaiò (S)
シエナ、ジャンパオロ監督
「厳しい試合でしたが、このシーズンは一度も最下位に落ちなかったことが、選手達には気持ちの上で余裕が出来、結果につながっているんでしょう。」
パレルモ、助監督のレグノさん
「試合に際するメンタリティは良かった、だが思ったとおりの自分達らしいプレイが出来ていなかった。そういうことです」

■Torino - Bologna 1-1
37' rig. Rosina (T), 86' rig. Di Vaio (B)
残留かかってる同士の試合は、最後に好調ディバイオのPKが決まって、ボローニャ引き分けに持ち込みました。
トリノ、カモレーゼ監督
「残念ながら勝ち逃げは出来なかったな。前半はチャンスがたくさんあったのに、1点しかとれなかったのは失敗でした。後半相手に盛り返されてしまった」

ボローニャ、パパドプロ監督
「今日はどっちもいい試合をやったと思いますよ。相手のPKは誤審だと思うけどね」

■Milan-Juventus 1-1
57' Seedorf (Mil), 60' Iaquinta (Juv)
Sent off: Favalli 84 (M)
ミランはここ8試合7勝、ユーヴェは50日間勝利なし、というナサケナイほどコンディションの明暗がはっきりした状態での対戦になりましたが、ユーヴェ、引き分けました。終盤、ミランはファバッリが警告2枚で退場で10人になってしまいましたが、相手がミランじゃ一人減ってもそうそう攻め込めないわな〜。この試合、まだ途中までしか見てないんですが、思ったより、ユーヴェが攻めてた印象があります。っていうか、ホント、マルディーニはあと3試合で引退しちゃう選手には、とても見えない。・・帰宅後、ゆっくり見直します〜
タグ:セリエA
posted by かや at 06:01| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。