2009年05月16日

今シーズンあと3試合

■ユーヴェ、今週のアタランタ戦は無観客試合でおこなわれます。

ユーヴェ、ラポ・エルカンさん。
「セリエAのクラブでありながら、イタリア人がピッチに2、3人しかいないのはあまりに恥ずかしいでしょう。国にとってもリーグにとっても決して良いことではない。各クラブだけに任せるのでなく、纏める立場のほうから国内選手の育成を図るように、ルールを導入するべきです。」
もちろんこれはインテルを指してます。昨年、マンチーニ監督は、先発の11人が全部ガイジンというセリエA初の記録を作ってしまったそうですが、今年モウリーニョ監督も全ガイジンでやってしまってるそうです。モウリーニョさんもガイジンだから、こっちのほうが超ガイジンチームですよね。

同じくラポ・エルカンさんがデルピエロの後継者について。
「もしデルピエロが引退したあとのキャプテン?キエリーニかブッフォンのどちらかでしょう。カンナヴァーロはもうキャプテンじゃありません。何も話すことはないでしょ。カンナヴァーロが居なくなったのと同時に、キエリーニが来たんですよ。ブッフォン?こちらは降格しても残ってくれたサムライの1人ですからね、うちの旗印に相応しい。」

そのエルカンさんの叔母であり、ジャンニ、ウンベルトのアネッリ兄弟の姉妹にあたるスザンナ・アネッリさんが15日に亡くなっています。ご存命中はモンテアルジェンタリオ市の市長を務めたり、外務大臣も一年努めてます。また、毎年年末に行われるチャリティ、テレソンの会長を29年間ずっと務めていました。脚の骨折で入院、手術ののち体調を崩してしまったそうです。87歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

入団発表を待つばかりのディエゴ。
「あとほんのちょっとで契約完了なんだ。ずっとセリエAでやりたかった。最高の、チャレンジしがいのあるリーグだし。それにユーヴェが真剣に俺に来て欲しいって言ってくれたからさ。セリエAにはいつだってチャンピオンがたくさんいるけど、俺の目標はジダン。ずっとテレビで見てたんだ。フランス人だけど、あの動きはブラジルだよ。セリエAはプレッシャーがハンパない?プレッシャーなら慣れてる。19のときからセレソンやってるんだぜ。あそこ、負けちゃったらもう・・ドラマだよ。」

アトレチコにいる、チェコ出身ウィファルシ。来期ユーヴェ?の噂がありますが。
「ありえないね。俺、ここで絶好調だし。それにユーヴェなんか行ってみろよ、フィオのファンにウラギリモノ呼ばわりされるしな!」

■ラツィオ、コッパを決めたPK戦で最後に蹴って決めたのはダボでした。
「蹴る前から自信あった。でもすっげえいろんな事が、今年は怪我であんま出れなかったこととか、マンCのサイテーな1年とか、今年やってきたコッパの試合とかぐるぐる頭んなか回ってた。でも、俺延長になってから交代させてくれって言ったんだけど、なんか気が付いたら120分最後までピッチに居たんだよな。やっぱ、俺がPK決める運命だったんだろうな。カステラッツィの左の高め狙って蹴ろうと思ってたけど、バー当たったらヤバいと思って、直前にコース考え直した。迷信とか信じないほうだけど、最後は俺が決めることになってたんだな。まじ思ったね。」

■ローマ、スパレッティ監督はラツィオ=サンプドリアのコッパの決勝あとの、ラツィオ優勝のお祭り騒ぎをみながら、アーセナルに負けたPK戦を思い出してたそうです。
「私の今後ですか。このあと私は何を為したいか、チームと、話し合いますので。メディアには何も申し上げたくありません。昨シーズンとどこが違ってしまったのかと?結果だけですよ。私は自分の取るべき責任は取ります。そうです。このギョーカイは経過より結果なんです。ラツィオはPKで勝って祝賀会ですが、ローマはPK2本失敗のために冴えないシーズンに終わりつつある。そういうことです。今は次のカターニア戦に焦点を絞っています。率直申し上げて状況が変わってしまった今、何をやるのも困難になっているんです。」

ということでローマ、スパレッティ監督の今後が微妙になってきてますが・・
元インテル監督マンチーニの代理人のデジョルディスさん
「もしローマから監督の話があったら?もちろん受諾しますよ。カルチョには、ありえないはありえないですから。なに。条件?実際に話が来たらお話しますよ。今のところ、マンチーニの契約についてはインテルからも他のクラブからも何の進展もありません。本人は海外での仕事を考えているようですけれど、そちらのほうも何も進展なしです」

■ミランのマルディーニは引退後、ミランユースの責任者になる、かもしれません。今のミランユース責任者のブリアーニさんは6月で契約満了。近年、ユーヴェやインテルと比較するとミランユースからは優れた若手が出てきていないので、批判があったそうです。

ミランにしばらくいた、マーティン・ラウールセン。今はアシュトンヴィラにいるんですが、右膝の怪我に苦しみ、1月からは試合に出られない状態でした。困難でリスクの高い手術を行うか引退か考えた結果、31歳とまだ若いんですけど、引退を発表しました。
「何週間か手術か引退かすっげえ考えて。今後の人生のことも考えて引退することにしました。・・でもまだ、実感ないんだよね。こうして喋りながら。かなり妙な気分で、でも悲しいよな。97年にプロになってから、俺の生活サッカーだけだったからさ。でも自分そろそろ32歳だし、ずっとこのまま現役続けられるわけじゃない。いつかやめなきゃいけない時は誰にでもくるんだしさ」

■カッリアリでこのシーズン22ゴール決めて活躍したストライカーのアクアフレスカ、は、実は、インテルが権利持ってます。でもシーズン終了後は貸し出し元のインテルに戻る、わけではなさそう。
代理人のファッブリさん
「インテルのディレクターと話し合ったのですが、呼び戻したくないようですな。まあ、スクデットが数字の上でも確定するまでは、縁起担ぎもあって何も言わないものでしょう。ジェノアが欲しがっているのは確かだし、インテルはミリトが欲しい。そのへんの絡みもあるでしょうね。ブランカさんがおっしゃるにはアクアフレスカには2チームから移籍希望があり、ナポリがいいんじゃないかとのことでした。ラベッシと2トップ組むとしたら面白そうだしね」

■フィオ、クズマノビッチが練習中にふとももに怪我で、10日アウト。ということはのこり3試合のうち2試合無理。厳しいねえ。

で、そのフィオレンティーナ。既に来期にむけて選手を1人獲得済みとコルヴィノ会長が発言しています。誰かは明らかにされていませんが、インテルで出番のないクレスポと2年契約?という噂が流れています。そうですよね。クレスポ、全然出番ないもんね。もったいないですよ。ちなみに年俸はシーズンあたり50万ポンドだそうで、これまでの契約からみたら端数みたいな数字になっちゃってます。とはいえ・・クレスポにとっては2010年がワールドカップに出れるかもしれない最後のチャンスだもんね。試合に出られるチームならどこなりと、なんでしょう。

インテルから出ていくかもしれない?という噂がもう1人、ヴィエイラです。PSG行き?ヴィエイラ、このシーズンは13試合しかでていませんでした。契約は2010年まであります。って、PSGもかなりな資金難だそうですので、上記クレスポ並みのバーゲン価格でなければ買えないかも。

■アタランタとパルマの共同保有選手のチガリーニ22才。今期はアタランタで頑張りました。冬にはユーヴェ入りの噂もあったけれど、来期はナポリ行きが決まりました。ナポリからアタランタへは、400万ポンド+ガリクス、パルマ(A昇格ほぼ決まり)へは、500万ポンドが支払われるそうです。

■改めて、現在2〜4位のポイントと、残り3試合の対戦相手を列挙すると・・
2位ミラン71ポイント。 ウディネ、ローマ、フィオ
3位ユーヴェ67ポイント。アタランタ、シエナ、ラツィオ。今週のアタランタ戦は無観客試合
4位フィオレンティーナ64ポイント。 サンプドリア、レッチェ、ミラン
5位ジェノア61ポイント。キエーヴォ、トリノ、レッチェ
で、レッチェ、ボローニャ、トリノ、キエーヴォは残留がかかってます。
・・と並べてみると、うち、比較的楽かな?ラツィオはもうUEFAカップ決まったし、アタランタもシエナも残留決まったあとで、特に目標はないですから・・
ちなみにレッチェはかなり気の毒で、今週はボローニャ、そのあとがフィオ、ジェノアと対戦です。
posted by かや at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。