2009年05月19日

カンナヴァーロが帰ってきた!


■HPに出ましたから、正式決定です。カンナヴァーロ35才、ユーヴェに、帰って来ました。マドリーとの契約は今年6月30日までということですから、ユーヴェは自由契約選手として獲得してます。ちなみにカンアヴァーロとの契約は2010年の6月30日まで、1年契約。
ちなみのちなみに、月曜にトリノのオリンピコでデルピエロ+友人チーム対イタリアのシンガーチームのチャリティー試合がおこなわれ、それにカンナヴァーロは参加してたんだけれど、ハーフタイムに出てきたところ、ボールタッチするたびにブーイングだったそうですわ。
(・・カンちゃんとしたらおそらく、現役最後の大きな大会、次のワールドカップに出るには、マドリーに居るままじゃいまいち評判がよくない。ということで挽回のためにもユーヴェに帰ってきたんじゃないかと思います。けどね。う〜む。あっし的、ぶっちゃけ、複雑だな・・。まあ、ブーイングまではしませんけど。)

■ユヴェントスの監督解任されたラニエリさん。
「こうなると思っていました。今?こころ静かですよ。私は、自分の為すべきことはやりました。」

ユーヴェの監督交代について、マッツォーネさん
「ユヴェントスらしくない監督交代なんじゃもんね。だいたい、最初っからあれだけ怪我人が出たのに、ラニエリさんはよくぞここまでやったと、わしゃ思うんじゃもんね。もし同じ条件で、他の監督がやったところで、結果どうなったか。見てみたいもんじゃい。」

デルピエロが今期のこり2試合監督やるフェッラーラに。
「チーロ、最高!僕はチーロと同じチームでキャプテンだったけど、今度は、僕がチーロの指揮するチームの選手なんだ。また一緒に試合出来るんだね。また一緒に勝とう!」

ジダン(上記、チャリティー試合に出場)がフェッラーラに。
「・・ジダンです・・どうも・・そうですね・・フェッラーラ監督で私嬉しいですね・・あと2試合がんばって・・是非3位で終わってほしいですね・・いやあ・・正直申し上げて私どういう状況でこうなってしまったのかよくわからないのですが・・ユヴェントスが・・監督交代するということは他に手段がなくそうせざるをえなかったからではないのかと・・私思います・・ええ・・」
posted by かや at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラニエリ監督解任


■ラニエリさん、ユーヴェ監督を解任されました。管理人、このニュース見た瞬間、朝5時前に「えええーっ!」と叫びました。近所の皆さんすいません。ということで、先週のアタランタ戦2−2の引き分けのあと、2試合のこして、ラニエリ監督解任です。のこりは、チーロ・フェッラーラが監督やります。
なんだか中途半端なところでの監督交代なんだけど、たしかに8試合勝ちがなくて、ミランに抜かれてフィオが1ポイント差に迫ってる状態じゃな〜。終わってみたら4位で、コンフェデ組抜きで夏休み短くしてCL予選から、になってしまう可能性が結構ありますからして、どっか変えなければいけないということなんだろうか。

ユーヴェ、ディレクターのブランさん
「まず、ラニエリさんに私達から感謝の言葉を申し上げます。たしかにこの時期の監督交代は、ユヴェントスらしい策とはいえません。ですが、欧州カップ戦に出られないユヴェントスのほうが、よほど私達らしくない。昨今の試合の結果、4位のフィオレンティーナが1ポイント差まで迫ってきてしまった。従いまして私達はこのシーズン全体のことも考えて、ラニエリさん解任という決断をいたしました。予選なしでチャンピオンスリーグに出場するために最悪3位を維持するための選択です。あと2試合はチーロ・フェッラーラを監督として行います。あとはシーズン終了後に考慮いたします。チーロは昨日話を受諾し、今朝私達が発表する運びになりました。あと2試合、やってみなければわかりません。まず私達は選手達を奮い立たせました。あとは彼らの奮起次第です。」

コメンテーターのピッツルさん
「賛同できないですね。このままシーズンを終えたほうが、このような衝撃的な策よりいいと思いますが。」

トリノ監督を解任されたノヴェリーノさん
「王が翌日にはフツーの人、これはトリノではよくあることではありますけれどね。ラニエリさんは怪我人が多く存分にお仕事ができなかっただけでしょ。私はあの状況下でよくあそこまでやったと思います。いつだって責任をとるのは監督で、そのチームを組み上げた人たちじゃないんですよ」

ラヴァネッリ
「ラニエリさんは気の毒だな。全部の責任があるとは思えない。あとは・・チーロに頑張ってもらうしかないよなあ。来期もこのまんま続けるの、ありじゃない?って、まあ、この交代が正しかったかどうかは残り2試合の結果次第だよ、ぶっちゃけ3位が危ないんだからさ。3位になれないってことは休みが一ヶ月短くなるってことだもんな」

モッジさん
「ああら。ユヴェントスがシーズン終盤に、あたふたと監督交代ですのね。この事自体が、既にニュースですわね。でもこの業界では昔から、何かあったら監督がまず最初の犠牲者、それからディレクターですのよ。そうね、私のみたところではフィオレンティーナはどんどん先に行きそうですわね。要するにユヴェントスのディレクターの皆さんは、3位の座を失うのが怖いんざぁます。だから選手に奮起を促しているんですわ。でも、この2年間のお仕事を通してみてみますと、ラニエリさんを監督にしたというユヴェントスの選択は間違ってないとおもいますの。この戦力で、よくここまでやりましたわ。インテルと比較したら明らかに見劣りいたしますのに、少し前までずっと2位でしたものねぇ。ラニエリさんの指揮も選択も、間違っていませんわ。」

イタリア代表監督リッピさん
「ラニエリさんには残念です。フェッラーラには幸運を。」

ということでチーロやん。セリエA500試合のうち253試合だからだいたい半分はユーヴェで出てたことになります。引退のあとは06年からユース監督をやったり、代表監督リッピさんの助監督をやったりしていました。
「まいど。そうですなあ。ここでいっちゃん大事なんは、わしらプライドを見せんならんちうことですわ。そんな、大袈裟なことまでせんでも、ほんのちょっとでええ方に事は動くと、わし思いますねん。ちょこちょこっと悪いとことったら治るんちゃいまっか。少なくともフィジカルには何も問題ないと思いますけどな。忘れたらあかんのんは、ここ3年で、わしら、がらっと変わったちうことですねや。でも、来年チャンピオンスリーグに予選なしで出んならんのですわ。・・この話でっか。昨日ディレクターに呼ばれましてん。ユヴェントスの為になるんやったらわし、なんでもお役に立てたら嬉しいですわ。自分のやってきたこと振り返ってみれば、わしやったら、出来ると思いますねん。いやいやいや、何も見返りはいりまへん。1994年からずーっと、わし、ユヴェントスの為になるためにここに居りますねん。でもな。わしが監督やるなんて。感慨深いですなあ。でもな、皆さん、何ぞ言わはるんなら、結果見てからにしとくれやす。何も怖いことはありまへん。でも戦術、技術、どっちも時間かかることやさかいにな。時間は必要だす。今期終わったあとだっか?6月2日からは、代表監督リッピさんのアシスタントやりますねん。だからユーヴェ監督は15日だけですな。そのあとは、どないなりまっしゃろなあ」

■次期ユーヴェ監督の噂があるジェノアのガスペッリーニ監督。2012年までジェノアと契約延長しました。

■カターニア、ゼンガ監督
「私はこのあともカターニアと契約がありますし。何も問題ありません。シーズン最初、私たちはカターニアで世間をあっと言わせてやろうじゃないか、というところからスタートしました。その言葉を守ることが出来たと思います。今期一番嬉しかった瞬間?2回のシシリアダービーです。失点すらしなかった。結果、29試合で37ポイント獲得できて、例年よりリラックスして試合することができています。これまでは残留のための綱渡りが常でしたしね」

■リッピ監督がインテル優勝について。
「極めて順当な結果だと思います。リーグで最も安定した成績であり、もっとも集中力が高く、最も闘争心があり最も強かった。監督の資質も大事です、起用可能な選手達でよくやったと思います。プレッシング、二重マークなど戦術だけでは勝てない。それをいかに手持ちの選手に伝え、人的資源の開発ができるか。監督にはその力が必要なんです。たしかに、モウリーニョさんはインテルの強力な武器となりましたが、その前年のマンチーニさんもよくやったと私は思っています」

■ミラン、ベルルスコーニさん。
「アンチェロッティさんは私の家族の1人だよ。でももし去るのなら、私は新進気鋭の監督を次に迎えたい。私にとってマルコ・ファンバステンは息子のようなもんなんだよきみぃ」
そのファンバステンは先週末、ガリアーニさん、タソッティさん、ガッリさんなどミランのディレクター達と一緒に食事をしているのを目撃されていますが、ミラン側によるとファンバステンは、ただ、ゴルフをやりに来ただけだそうです。

■インテルが来期獲得を考えている選手。ディエゴ・ミリト、クァリアレッラ、ティアゴ・モッタ?
モラッティ会長
「この夏の補強は人目を引くものというより、バランスを考えた補強になります。必要な部分の取捨選択を行います。ちなみに、世間では私達は既にディエゴ・ミリトを獲得したかのような報道がなされているのですが、まだそこまで進展しておりません。ではごきげんよう」
インテルはこのほかにも、アーセナルのファン・ペルシーの獲得を考えているという噂もあります。
posted by かや at 06:17| Comment(3) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。