2009年05月25日

人には見せられない・・

〜繰り返しますがお知らせ〜
明日早朝、seeesaaブログがメンテナンスを行います。
「時間:5月26日(火) 午前2時 から 午前8時 までを予定
メンテナンス終了時刻は、作業状況によって前後する場合がございます。」
ということで、明日は更新できましぇん。出来ても、夜になります。ご了承願います。
水曜朝はフツーに更新する予定ですので、よろしく!


■あっしが良く行く日本経済新聞のHPに(いやなに、仕事中にチラ見してても、日経ならあまり気がとがめない、ってな(笑)・・)
「マリソル」という、女性向けのページがあります。

ところがこれが、なんだか、高級志向でさー。
紹介されてるモノが、服とかお店とか、なんだか、妙〜にお高い・・

ターゲットは大手町とか丸の内の一流企業OLで、丸ビルや新丸ビルで日常フツーに買い物してる人たちか、
自分が外資、もしくはダンナが外資、とか、
ウォーターフロントの高層マンションの高層階に住んでる人たち・・
ってなイメージなんですよ。

そんなマリソルが、お金かけずに出来る美肌の話を載せていた!
顔ヨガ」。

・・これ、やってる所は人には見せられないぞ〜(笑)
1人の時に、こっそり試してみてくださいまし!
posted by かや at 20:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 怪しいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第37節結果など



●まずお知らせ!
明日早朝、seeesaaブログがメンテナンスを行います。
「時間:5月26日(火) 午前2時 から 午前8時 までを予定
メンテナンス終了時刻は、作業状況によって前後する場合がございます。」
ということで、明日は更新できましぇん。出来ても、夜になります。ご了承願います。
水曜朝はフツーに更新する予定ですので、よろしく!

■ということで、37節終わりました。えらいことになってきた。最終節までこんなにもつれるとは。順位は、以下のとおり。
Inter 81 punti; Juventus e Milan 71; Fiorentina 68; Genoa 65; Roma 60; Palermo 56; Udinese 55; Cagliari 53; Lazio 50; Atalanta 47; Sampdoria 45; Catania, Napoli e Siena 43; Chievo 38; Bologna e Torino 34; Lecce e Reggina 30

ユーヴェはCL出場を確定しました。が。最終節のフィオ=ミランは、結果によってはこれ、71ポイント同点。前半の試合はミランが1−0で勝ってるので、フィオが2点以上ミランに差をつけて勝ったら、フィオがCL出場と3位を手にします。でも引き分け、もしくは1−0で負けでも、シーズンの総ゴール差?でミランがCL出場だそうです。・・プレーオフはないのね。降格のほうは、レッチェが降格確定しました。ボローニャとトリノがまだわからない。ボローニャは前半の試合でトリノに5−2で大勝しているので、引き分けの場合はボローニャ残留です。ちなみにトリノはアウェイでローマ。ボローニャはホームでカターニア。
降格するほうは、レッチェの降格が決まりました。ボローニャ、トリノはまだわからない。

■Milan - Roma 2-3
36' pt Riise (R), 30' st Ambrosini (M), 35' st Menez (R), 36' st Ambrisini (M), 40' st Totti R),
この試合前、スタジアム中がマルディーニに感謝、もしくはやめないでくれ、のバナーだらけでした。まあ、クルバの一部に「俺たちのキャプテンはバレージだけだ」なんてバナーもあったそうですけどね。しっかしこの結果・・いや〜・・驚きました。でもアンブロ君の意地が光ったよ。それにトッティ。やってくれました。 この試合結果に、最後にブーイングが起きてしまってます。

アンチェロッティ監督
「こうあってほしくない、最悪のシナリオになっちまいました。最後まで仕事がきっちり残っちまいましたがな。今日、決めたかったんだが。マルディーニ?一部のファンはお祝いムードに反対してたようですけど、それで台無しってことはないでしょ。何も変わりゃしません。なに私の今後。次の月曜に話し合います。今はまだお話することはなにもありません」

ローマ、スパレッティ監督
「全員、大変よくやりました。難しい環境にもかかわらず勝ちました。欧州カップ戦出場を決めたことはローマにとって自信を取り戻すことのできる事実です。現在の順位はともかく、ここ何年か続けた努力の結果です。大変難しいシーズンでした、ですがここまで克服してやってくることが出来ました。ローマの未来は明るい。」

■Atalanta - Palermo 2-2
31' pt Succi (P), 5' st, 22' st Plasmati (A), 30' st Miccoli (P)
アタランタ、デルネリ監督
「ファンの皆さんの応援のおかげですばらしい2年間を過ごせました。信頼してくれてありがとう。このあとどこにいくことになろうと、皆さんとはずっと友人です」
パレルモ、バッラルディーニ監督
「もっといい結果が出せたかもしれないけれど、ローマがミランに勝ってうちのヨーロッパリーグの夢が終わってしまった。」

■Cagliari - Inter 2-1
8' pt Ibrahimovic (I), 34' pt Cossu (C), 26' st Acquafresca (C)
カッリアリ、アッレグリ監督
「シーズン終盤、気分よく終わりたいもんです。今日の結果は、このシーズンの勲章みたいなもんですよ。なに来期はミランの監督だろうって?私はカッリアリと後2年契約があります」

インテル、モウリーニョ監督
「私は99.9%来期もここで仕事を続けますよ。0.01%不確定ですけど、要するにローマよりはインテルにぜんぜん近いというわけです。インテルはチーム力強化に積極的かつ効果的な仕事をする、私は大変気に入っています、更に向上していきそうです。・・ですから。私は、レアル・マドリッドよりインテルにぜんぜん近いんです。確かに興味深いオファーをくださったので考えはしましたよ。社交辞令で誤魔化すことも出来る話ですけれどそれは私のやり方ではないのでね。それに、イタリアのメディアのことですから、また大騒ぎするんでしょ。ともあれ、次のレアル・マドリッドの監督が出来る人は幸運です。ファーストチョイスの監督ではないんですからね。私がしっているリストの人のうち4人は断っていますよ。なに。マドリーに要求したことが断られたからでしょうって、そんな事実はありません。私はインテルを離れようとは思っていませんよ。モラッティ会長が一番よくご存知です。私は2011年まで契約がありますし、始終話し合っています。」
「今日の試合ですか。イブラヒモビッチは得点した。ボルゾーニはセリエAデビューした。スクデット勝者のメダルを手にした。でも、この試合で得たものはありませんでした。でもシーズン38節のうち4敗目なんですからまあ許せます。今日のインテルはお休みモードだったんですよ」

■Catania - Napoli 3-1
28' pt Bogliacino (N), 42' pt Morimoto (C). 43' st Mascara rig. (C), 46' st Falconieri (C)
おおっモリモト!頑張ってるなあ。なんて結果見て思ったんですが。試合後、ゼンガ監督がカターニア監督退任を発表してます。えっ、そんな。

ゼンガ監督
「最後のホームでの試合をリラックスした気持ちで出来ました。大変楽しい1年間でした。難しい決断でしたが、人生には自然に終わるときもあるんです。良いときに終わるのが最良だと。私は思います。他のクラブからの打診はありません。ですが、カターニアに良い思い出を残して私は去りたいと思います。」

ナポリ、ドナドニ監督
「動きは悪くなかった。でも、闘争心と自信がいまひとつなんですよ。ナポリの実力はこんなもんじゃないんですよ」

■Chievo - Bologna 0-0
キエーヴォ、残留をきめました。
デイカルロ監督
「いやー大きな目標を達成できました。残留を信じて、応援してくださった皆さんありがとう。誰もがダメだと思ったときにも支えてくれた皆さん、本当にありがとう」

ボローニャ、パパドプロ監督
「好調なチーム相手にこれだけの試合ができて、1ポイント奪い取ったんだもの。大事な結果ですよ。これなら、残留できますよ」

■Lecce - Fiorentina 1-1
5' st Tiribocchi (L), 45' st Jorgensen (F)
フィオ、90分に意地で引き分けた。これでレッチェは降格です。残念。
レッチェ、デカニオ監督
「シーズン後半は不運が続いてしまった。折角セリエAに復帰したのに早々に降格するとはトホホホホホ」

フィオ、プランデッリ監督
「リラックスして試合に臨みました。多少の計算もありましたが。火曜からはミラン戦に向けて集中を高めていきます。来週は今日よりプレッシャーのない、良い試合をお見せしたいと思います。このシーズン通じて、良い結果を出してきています。何より、全員がチームの勝ちのために貢献したいという気持ちをもっているんです。それにしても最後にヨルゲンセンが1点きめて引き分けなかったら・・状況は大きく変わっていましたよ。まだ3位の希望はあります。私達の目標は4位でしたから、来週は楽な気持ちで挑戦することが出来ます」

■Sampdoria - Udinese 2-2
13' pt D'agostino rig. (U), 32' pt ,44' pt rig. Cassano (S). 16' st Felipe (U)
サンプドリア、マッツァリ監督
「今後のこと?シーズン終わってからクラブと話しあいます。この2年間サンプドリアで私が出した結果は大変良いものだと自負しています」
ウディネーゼ、マリノ監督
「最後まで全力を尽くしたんだが、思うようには行きませんでした。ともあれ1年通しでみれば、いいシーズンだったと思いますよ」

■Siena - Juventus 0-3
18' pt Del Piero, 37' pt Marchisio, 44' st Del Piero
3月以来7試合ぶりの勝ちです!ユーヴェはミランとフィオに勝っているので、CL出場を確定しました。デルピエロ、久しぶりに先発したらドッピエッタ。1点目は20メートルの距離のフリーキック、2点目はオフサイドトラップをぬけてマルキシオのパスを決めてます。な〜んでラニエリさん、デルピエロ使わなかったの。それにしても89分って・・いつも、最後に見せてくれるな〜。

シエナ、ヴェルガッソーラ
「今年は早めに残留も決まったしね。最終戦にファンに喜んでもらえなかったのは残念だけど」

ユーヴェ、フェッラーラ監督
「いやー最高ですわ。みんなホンマようやったわ。ええ試合やった。デルピエロ?うーん。アレぼんには、ホンマは、わしの隣でに居って励ましてもらいたかってんけどなあ。わし、どきどきしてましたさかいに。冗談おいといて、90分使いましてん。ええ3点目やったわ。でも冗談やのうて、何がおきるかわからんから、ホンマどきどきしてましたで。アレぼんには先週じゅう、攻撃にも守備にも、ようけ注文出してもたさかいに。それに最初はシエナがごーっつええスタートやってんけど、だんだんユヴェントスらしくなってきましたやろ。自分のためやのうてチームのため、それがわしらのスピリットだす。わしが居らんでも、みんな、自分がやるべき仕事は、きっちりわかっとりますねん。あと一つこの調子でいきまっせ。なにコンテ。「がんばるっしょ」って、応援のメッセージわしに送ってきましたで。」

デルピエロ
「これまで先発から外れていたことですか?説明できるのはラニエリさんだけだと思います。ラニエリさんの考え方があって、そうなさっていたんですから。今日僕はチーロの監督デビューに2点決めることができて嬉しい。でも、ラニエリ監督の下で19ゴール決めていたのも、忘れないでください。苦しいときもありました、でも責任はラニエリ監督だけにあったんじゃない。最近はあまりゴールを決めることができなかったけれど、フェッラーラは僕を信じてくれました。試合に出れると、みんな全力で頑張るんです。ネドヴェドもカモラネージも、みんなそうなんです。チーロですか?チームメイトとしてのチーロ、ユース監督としてのチーロは知ってます。でも僕達のチームの監督としていいデビューが出来たのが今日の最高の収穫だと思います。マルディーニ?もう・・最高ですね。シンプルに、全てが最高。ここまで全てなげうってカルチョに貢献するなんて、信じられないぐらい凄いです。長いあいだずっと、ピッチの上でも練習でも。普段普通にそういうことやってる、その精神は皆の良い見本です」

ユーヴェ、セカンドキーパーのマニンガーですが・・セリエA昇格を決めたパルマに移籍?の噂があります。

■Torino - Genoa 2-3
33' pt Milito rig. (G), 40' pt Franceschini (T), 3' st Oliveira (G), 4' st Bianchi (T), 4' st Milito (G)
この試合終了後、両チームでケンカが怒るわファンがピッチになだれ込んでくるわで大変な騒ぎになったらしい。
トリノ、カモレーゼ監督
「ジェノアのティアゴがうちのベンチの前にきて「うるせえ」と言ったんですよ。だからうちの選手たちも言い返した。うちより30ポイントも上のチームがすることじゃないでしょう。あとはご覧のとおりです。」

ジェノア、ガスペッリーニ監督
「なぜ、ジェノアが勝とうと努力することを、世間は不思議に思うんでしょうかね。たしかに目標を達成したチームのシーズン最後のほうの試合というのは、馴れ合いでやっていることもありました。でも、私はそんなことはしたくない。ジェノアにはまだ目標があるんです。もしフィオがレッチェと引き分け以下だったら、4位の可能性があったんです。たしかにトリノがここで負けて残念に思う気持ちは分かります。ですがうちの選手にヤツアタリすることはないでしょう。これで降格が決まってしまったわけじゃないんだし。」

■昨日、パルマのスタジアムの6メートルのフェンスから転落したファンは残念ながら亡くなりました。セリエAの37節の試合の前に、黙祷が行われています。
また、この事故のため試合が20分中断のあと再開されたことが問題視されてるそうです。ちなみに事故が起こった地点でパルマが4−0で勝っていました。パルマは昇格確定、ヴィチェンツァは残留が確定した後の試合でした。
パルマ、ミッドフィールダーのモローネ
「だって人命がかかってる事でしょう。試合中断して当然だと思う。俺たちとしては出来ることだったら、そこで試合やめたかったんだよね。転落した子がどうなったか、続報待ってたんですよ。でも、もしリスタート宣言されたとこで俺たちが試合しないって言ったら、両チームともあとでペナルティを課される可能性があるかもしれない。だから、ノーゲームにはできなかったし、あの時は怪我人が病院に運ばれて状態は安定してるってことだったから、再開したんだよね、でも最後のホイッスルまで、ただ、お互いピッチの上でパスしてただけだった。」
posted by かや at 06:25| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。