2009年06月30日

誰も出て行きたがらない。

■ユーヴェ、ブッフォン。
「うぃっす!ブッフォンっす。来季は、俺たちバージョンアップっすよ!インテルに早くおいつきたいっす。あ、俺とかコンフェデ行ったメンバーは、7月16日にピンゾロに集合するんだけど、しょっぱなから気持ちよく、目標はでっかく、まじ、最高のシーズンにしたいっす!メンバーは、そろった。皆の期待にこたえられるか、あとは俺たち次第っす。」

ユーヴェ、ポウルセンは移籍を拒みました。で、どうやら、トレゼゲも話はあるけど拒んでるらしい。なんだか、誰も出て行きたがらないなあ。
で、カモラネージの代理人のフォルトゥナートさん
「ああ、グロッソと交換でリヨンって話ね?ブエノスアイレスで聞きましたよ、それ。冗談ですよね?だってマウロの契約はあと2年あるし、それに最近新しい家買ったばかりですよ」

■ローマ、トッティとの契約は来年6月末まで。ということは、このまま放置しといたら6
か月後には他所と契約してもヤブサカでない状態になります。ということでトッティとしては今週中にローマキャンプが再開するまでに契約を延長したいんだけど、ローマのほうはシーズン開幕まで話し合いを待ってほしい様子。というのも、まだクラブの経営陣がこのままかどうかが確定してないわけで・・トッティは5年契約を希望。年俸15%カットを受け入れる用意があるそうです。

■インテル、バロテッリの両親はガーナ出身ですが、本人はイタリアのブレシアで生まれ育ってます。本人もイタリア人だと思ってます。
代理人のバロテッリ兄
「マリオはガーナ代表に入るつもりはないですよ。だって連絡もない両親の出身地ってだけでしょう。それに今はインテルでうまくやってるし。チーム内の競争だって慣れてる、あいつはこわいものなしだよ」

■ミランはサンパウロのディフェンダー、ミランダ24歳を獲得したい?
ミランダ
「オファーありましたよ。だから可能性はあるね。でも会長と話し合わないとさ」
ところでサンパウロの会長って凄い名前ですねえ。ジュヴェナル・ジュヴェンシオさんですよJuvenal Juvencio。ほんまかいな。これは、ミランってよりユーヴェと関係があってしかるべきでは・・(笑)いや〜元ガーナのサッカー協会長、ニャホニャホタマクロー以来の衝撃だったかも(笑)ともあれ、ミランがこの選手を獲得したらいわゆるEU外枠がいっぱいになるんだそうで。このあと、どうするのかな。

■ネドヴェドの代理人のライオラさん
「ネドヴェドは今休暇中です。休暇が終わったあと、今後を決めます。私としては現役を続けるとおもいますけどね。なにインテル?可能性はありますね。なんせ、自由契約選手ですから、どこなりと自由に選べるわけで。アメリカからもお話がありますよ。でもまず、決めるのはパヴェル本人です」

■コンフェデについて、FIGC会長のアベテさん
「この大会の成績は問いません。来年にそなえて実際現地入りし、状況を確かめるのが重要だったんです。監督にとってはいくつか決断することもあったでしょう。それにブラジル戦以外は、後半なかなかいい展開でしたよ。シーズン終了直後で選手達が疲れていただけです。今後の目標は、ワールドカップ出場権の確保です。ブラジルは間違いなく出てくるでしょうが、ポルトガル、スウェーデンといったあたりもまだ確定していません。なに、アマウリ。イタリア国籍を取得したあと、リッピさんが招集するか否かを決めることになるでしょう。また、来季はワールドカップを控え、8月にシーズンを開始します。U21の監督ですか?カシラギさんはいい仕事をしています、もしこのまま続けるお気持ちがあるのなら私たちは全力でサポートいたします。ドイツ戦のあと少し話しました。また改めて来週話し合いの機会を設けることにしています。私はU21の成績には満足していますよ」

マドリー、早速カカの名前入りユニフォームを早くも2000枚売ったそうです。って、まだ背番号が決まってないのにどうするの?と思ったんですが、番号は火曜の入団会見で発表されます。早々ユニフォームを買っちゃった人は、近くのショップに行けば番号をプリントしてもらえるそうです。なるほど。ちなみに、クリスチャン・ロナウドの会見は7月6日に予定されてます。

■マドリーは更に、リヨンのベンゼマの獲得を考えている?!

■元インテル監督マンチーニ。このシーズンはインテル解任後も契約がのこっていて、結局どこの監督もやらなかったんだけど、来年は日本代表監督?の噂があるそうです。なんか、全然イメージできないんですけど(笑)。まじっすか。
posted by かや at 06:16| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

コンフェデレーションカップ終了

■United States 2-3 Brazil
10' Dempsey C. 27' Donovan L.(u)
46' Luis Fabiano 74' Luis Fabiano 84' Lucio(B)
う〜む。ブラジル、2点先行されたのか。終わってみたらブラジルの優勝、ではあったけれど、世界のサッカーのレベル全体が高くなってきたんだなあ。と実感させられる大会だったのでした。来季は、アメリカ代表の選手達の何人かがヨーロッパに来るんじゃないかな。
ちなみにこの決勝戦は、前回03年コンフェデの準決勝の試合中に倒れ、亡くなったカメルーン代表、マルク−ヴィヴィアン・フォエ選手に捧げられています。

Spain 3-2 South Africa
Scorers: Mphela 73, 90 (SA), Güiza 88, 89 (S), Alonso 107 (S)
コンフェデ、3位決定戦のスペイン=南アフリカは延長戦まで行き、スペインが3−2で勝ち。って、この得点時間。いや〜88分から2点とって1点取り返されて延長。凄い試合でしたねえ。

■ユーヴェ。リヴァプールのドッセナを獲得?という噂がありましたが、コンフェデで全くいいとこなしだったので考えを変え、ブラジル代表のサントス26才を獲得に向っている?という噂。

■ミラン、パトにチェルシーから5000万ポンドでオファー、という噂があるそうですが・・
ガリアーニさん
「他のクラブからもっと高額のオファーもありましたが、お断りしました。パトはミランの将来を背負う人材です。現地点では放出の予定はありません。ゼコ?来週まで返事待ちです。もしノーでしたら別のターゲットに向うまでですよ」

ミランはベテランディフェンダーのファバッリと2010年6月まで契約延長しました。

■フィオレンティーナのブラジル代表メロ。もしバルサがリヴァプールのマスケラーノを獲得できなかった場合の候補だそうです。来季はアフリカネーションズカップがあり、今バルサの中盤のヤヤ・トゥーレとケイタが1月にしばらく離脱を余儀なくされてしまうため、その期間の補強対策だそうです。

■サンプドリアのガッローネ会長
「先日私は、カッサーノは95%の確立で来季もうちで仕事をすると申し上げました。今、99%に確立が上がっています。100%と断言できないのは、カルチョには、ありえないはありえないのでね。ですが、私は自信を持ってカッサーノはここに残ると申し上げます。キャプテンのパロンボもここに残りますよ。来季は上位10位以内が目標です。今シーズン後半のような戦いが最初から出来たならもっと上にいけるかもしれません。欧州カップ戦も夢ではありません。」

■パルマは来季のキーパーとして、ヴィヴィアーノ23才を借りました。この選手、インテルとブレシアの共同保有で、このシーズンはブレシアで毎試合出てました。ちなみに、インテル、トルドの契約が2011年までなので、その満了後はおそらくインテルに帰るのでは・・と言われてます。

■昨日、イタリアU21監督カシラギさんが解任の場合の後任、としてコンテの名前が出てましたが・・今日は更に、ペルッツィとディリービオの名前がでてきた。ちなみに両者ともに監督経験はなし。おいちゃんディリービオのほうはここ2年、ローマユースの仕事をしてたそうです。それにしてもなんか、ユーヴェ系の名前ばっか出てくるな〜。リッピさんの弟子ってことでしょうか。
ラベル:セリエA
posted by かや at 05:56| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

籠でくつろぐびおら


昨日、実家に行ってきました。びおら、元気でした。
でも落ち着いたら、ちょっとあっしが嫌いになったようで(苦笑)

そりゃそうだよね。ここ3週間ずっと病院に連れてってたもんだから、
こいつが来ると自分はまた病院に連れていかれる、と思っていて。
放鳥したら、逃げ回って大変でしたわ。
母が髪を染めていたんですが、
逃げ回ってるうちに、その、毛染め中の頭に着地したもんだから・・
捕まるなり、足の裏を洗われて籠に入れられてしまいました。

そんなわけで、くつろぎながらも、ちょっと足を気にしてるびおらです。




posted by かや at 10:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アズリーニ敗退



■イタリアU21、準決勝でドイツに1−0で負けました。前半に相手に長距離シュートを決められてしまい、挽回できず。決勝は5−4でスウェーデンに買ったイングランド対ドイツになります。
カシラギ監督
「残念です。なんとも申し上げようがない。今日の前半は今回のトーナメントで最高の出来だったんです。なんでだろう。一晩考えさせてください。でも準決勝まで来れたことを誇りに思います。今回の敗けを糧にして、このチームは更に成長すると思います。」
優勝せずに負けた、となるとすぐに進退問題が出てくるんだけど・・カシラギさんが解任された場合、次はコンテ?という噂もあるそうです。

というわけで、イタリアはU21もここで終わってしまいました。ということでみんな休暇にはいります。が。その前にユーヴェのジョビンコ君は水曜に以前から問題があった鼻の手術を行うそうです。21日間、練習できません。でも7月のユーヴェの練習再開時には間に合います。

■コンフェデレーションカップ、決勝を前にアメリカ代表監督のブラッドレーさん
「ここ数日で降って沸いたチャンスじゃないんです。ここまでの積み重ねがあって、アメリカはここに居るんです。ここまでには長い道がありました。多くのMLSの選手達はヨーロッパに行き、ワールドカップでは惨敗し、それでも私たちは前進をつづけたんです。この大会は、アメリカサッカーにとって、大変大事なステップなんです。最初のブラジル戦では、私たちは致命的な失策をおかし、一人少ない状態で戦わざるを得なかった。ですが、エジプト、スペインと、エネルギッシュかつバランスよく、積極性に富み、頭脳的な試合をおこないました。ブラジル戦で学んだことを、幸いにして同じ相手に実践できるチャンスを掴みました。オバマ大統領は、「イエス・ウイ・キャン」と言いつづけて大統領の座を勝ち取りました。私たちも申し上げます。「イエス・ウイ・キャン」。」

■ウディネーゼのダゴスティーノ。ユーヴェ行きが確実視されてるようですが・・
ウディネーゼのポッツォ会長
「ユヴェントスはうちのダゴスティーノの価値を正当に評価していないような印象を受けました。値打ちが分かっているなら、それなりの価値に見合うオファーで然るべきでしょう。ですから、移籍が実現するか否かはユヴェントス次第です。ダゴスティーノは私たちが望むレベルを超えた実績を出したんですから。共同保有でもかまいませんよ。もしこの件がまとまらなかったら?ともあれまだ、そこまで進んでいませんので申し上げられません。移籍市場が閉まるまでにまだ時間はあります。他の動きもあるでしょう。ダゴスティーノもユヴェントスにおおいに興味があるようです。ですが、ダゴスティーノに興味をもってくださっているのは、ユヴェントスだけではありませんのでね」

この、ユーヴェのダゴスティーノ移籍の話が難航しているのは、実はポウルセン嫁のせい?といわれています。というのも、ポウルセンがフェネルバフチェからのオファーを断ったのはポウルセン嫁がトルコ行きを拒んだからなんだそうで・・ということで、ダゴスティーノを買おうと当てにしていた売却代金640万ポンドあまりが入らなくなってしまった。と言う話。で、もしダゴスティーノがダメならレデズマ、メロ、ディアッラあたりを買う?

■インテルのヴィエイラ。思ったほど活躍してないですね・・このシーズンは怪我もあって出番、少なかった。来季のモウリーニョさんの計画には入ってないともいわれてます。あと1年契約はのこってますが、PSGに?ちなみにPSGにはいつのまにかマケレレもいます。

■ミラン、ガリアーニさん。
「来季の目標は、上位3位以内。このメンバーだったら達成できるでしょう。過去、ベルルスコーニさんはミランに大いに投資した時もありました。ですが、先日まで私たちには金銭的な問題がありました。今は、解決いたしました。今後はもう、ミランのために尽くそうという選手たちを売却せざるをえないようなことは、なければ良いと思っています。私たちは現実を見据え、現実的な目標にむかってまい進してまいります。ファンの皆さんにも、この状況をご理解いただきたい。」

そのミランですが、今一番必要なのはセンターバック。ローマのメクセスの獲得を考えていたようですが失敗。かわりに、ブレーメンのメルテザッカー?

木曜の夜にアンチェロッティさんとガリアーニさんとミランのディレクターのブライダさんが、ミラノのレストランで会談していたそうです。ピルロの移籍か?!チェルシーは1500万ポンドを提示、ですがミランは2500万ポンド欲しい?

■昇格してきたバーリ、バレットとランゲッラをウディネーゼとの共同保有選手にしました。両名とも、来季はバーリで仕事します。

■ローマはセンターフォワードを探してます。先日からずっと出てる名前がシェフチェンコ32才。既に昨年スパレッティ監督と会って直接話したこともある、という噂。ローマは優秀な物理療法師のコッティさんを雇用したそうです。シェヴァとコッティさんは過去一緒に仕事をしたことがあり、体をきっちりケアしながらプレイしていくという点ではこれは大いなるメリットですねえ。また、他にもローマに来るのではないか、といわれてる選手はインテルのフリオ・クルス(パナシナイコス行きといわれてましたが、パナシナイコスはシセを獲得したため?)、マドリーのハンテラーの名前が出てきてます。たしかに。マドリーったらカカとクリスチャン・ロナウド来ちゃったもんね。出番が減るのは明らかですわな・・それにローマとマドリーはいい関係で、シシーニョ、バティスタもマドリーから来てます。

■ローマに行くんじゃないかといわれている、キエーヴォのキーパーのソレンティーノ。
「俺には直接話きてないですよ。代理人まで話が来てるかも知らない。ジェノアからはずーっと、来ないかっていわれてますけど。まあ、移籍って選手本人がいつも一番最後に聞かされるのが常ですけどね。でも、俺はまだ30だし、控えでもいいやとは思ってない。ローマに行ったところで毎試合ベンチから試合見るんじゃな。やっぱ試合にでて初めて、チャンスがつかめるもんでしょう。」

■ラツィオのパンデフにはユーヴェ、バイエルンからオファーがある、といわれてますが・・リヨンからも話が?

■フィオレンティーナはマドリーからドレンテを借りることで合意した?

■ドイツサッカー協会副会長ベッケンバウアーが今大会のイタリアについて。
「今回のイタリアは、調子が悪かったですな。驚きましたよ。エジプトに負ける。ブラジルには、惨敗といっていいでしょう。まるで、早く家に帰りたいが為に負けたような印象すらありますよ。今後ですか?国際試合のスケジュールは、どこの国も確かに多いです。私が現役のころもかなり多かったけれど、今は更に増えている。疲労がたまるのはよくわかります。今後?リッピさんにお聞きになったら。でも今回の大会でリッピさんでも負けるというイメージが世界中に広がってしまいましたね。ですが、ワールドカップの前年に選手を大幅に入れ替えてチームを若返らせるのは大変危険です。要になる選手達は、まだまだ高いレベルの仕事が出来るんですから、このまま使うべきだと私は思います。彼らを軸に、まずディフェンスから手直しすれば良いのでは」

posted by かや at 08:30| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

移籍の噂いろいろ


■ユーヴェ。ウディネのダゴスティーノを獲得か、というニュースがしばらく出てるんですけど、ミランが交渉に乗り出したという話。もしピルロのチェルシー行きが現実になってしまったら、その場所にダゴスティーノを入れよう、という考えのようです。今のところ、ユーヴェとウディネの希望額の差は500万ポンドだそうです。う〜む。早く決めないと、とられちゃうぞー!

ナポリで活躍中の、ウルグアイさ出身のサラジェタさ、このシーズンは31試合にでて10ゴールきめました。07年からユーヴェとナポリの共同保有選手なんですが、来季もこの契約継続。ナポリで、まんずがんばれよー!

ポウルセン。トルコのフェネルバフチェ行き?の噂がありましたが、本人が断ったそうです。
「フェネルバフチェから話が来たのは名誉だと思うし、ギャラだって400万ユーロったら、高額ですよね。でもカネの問題じゃないんだ。俺はユーヴェに居たい。」
とはいえ、チーロやんの来季の構想にはポウルセンの居場所はなく、セッコさんは別の行き先を探さざるを得ない状況。

■元ミラン、キエーヴォのビエルホフが。ミランが獲得するといわれてるウォルフスブルグのボスニア出身23才ゼコについて。この選手、42試合に出場39ゴールというとんでもない得点実績で、ブンデスリーグのプレイヤー・オブ・ザ・イヤーだったのね。すんごいですねえ。
「ゼコですか。どこからでもゴールを狙える選手ですよ。冷静だし、バランスがいい。まだ有名選手とはいえないけれど、可能性と貪欲さがあり、資金潤沢とはいえない現状のミランにはうってつけの選手だと思います。ミランのカカ売却?状況はわかりますよ。いずれにせよチームの再構築となると、年齢の高い選手、意欲のあまり高くない選手を除外する方向になるのは必至でしょう。ロナウジーニョ?私はミランの移籍についての考えを判断する立場ではありませんので。でも、資金がないということは移籍市場での動きもそれなりに限られてくる。それなりのお値段で可能性のある選手を探さざるをえません。その点でも、ゼコは絶好の人材です。なに。要するにダジャレかって?す、スビバセンね」

そのミランなんですけど、もし、もしですよ、ピルロをチェルシーに売った場合、その資金でアーセナルのセスク・ファブレガスを買うんじゃないかって・・

■ローマは着実に来季の構想をかためてます。シエナとの共同保有選手クルチとの契約を延長。クルチは来季もシエナ貸し出しです。

■インテル、オランダのトゥエンテからアルノートビッチ20才を獲得、間近です。この選手、このシーズン終盤に右足を骨折しているため、その検査もかねて金曜にミラノまで来て健康診断を受診するそうです。トゥエンテはすぐにでも売りたい意向ですが、インテルはこの検査結果いかんでは1月まで貸し出してもらったのち様子を見て契約、にしたい意向。

■バイエルンのトニ。
「インテルに行くんじゃないかって?俺には、直接、話ないですよ。噂でしょ。でもイタリアには帰りたいな。年俸下がってもいいな。」

■ジェノアはU21代表参加中のディフェンダー、ラノッキアをアレッツォから獲得しました。この選手、名前に見覚えがあると思ったら・・このシーズンはバーリに貸し出しになってたのね。なるほど。主力が次々移籍じゃ、コンテ怒るわな〜。

■Bから昇格してきたリヴォルノ。パルマと、ルカレッリの移籍交渉が大詰めになってるそうです。元々、ルカレッリは03年から07年の間リヴォルノにいました。146試合に出て92ゴールきめています。

■パレルモのザンパリーニ会長。
「なにシンプリシオ。トルコのフェネルバフチェには800万ポンドでどうだと言っといたがな、ラツィオのロティートさんもわざわざ足を運んできたな。500から700万で決めようじゃありませんかとね。私としてはセリエA屈指の才能パンデフが欲しいから、パンデフを含めたディールなら話にのってもいいぞ。まあ、パンデフのほうはうちなんかより上位のところに行きたいだろうな。それに希望年俸がうちには高すぎだ。」

■アメリカ、欧州の覇者スペインに勝ってコンフェデの決勝進出です。これは、アメリカサッカーにとっては、1989年にトリニダード・トバゴに勝って1950年以来のワールドカップ出場を実現した試合。94年ワールドカップでコロンビアに買った試合、02年ワールドカップでポルトガルとメキシコに勝った試合と、今後長く並び評される試合になるでしょう。
アメリカサッカー協会会長のグラティさん
「もし優勝することが出来たら、すなわち、スペイン、ブラジルと連覇することになるわけですよ。極めて特別なことです。アメリカサッカーの歴史にのこる、輝ける1週間になるでしょう。エジプト戦のあと、アメリカは今回ツキがありますねと言われましたが、運だけでここまで来られるわけがない。まして予選の組がブラジル、イタリア、エジプトと一緒だったんだから。誰も、うちがグループ勝ちあがりのあと、更にスペインに勝つなんて思ってもなかったでしょう。でも自分たちだけは信じてましたよ。そりゃ毎週試合やって毎回勝てるとは思わないですが、勝てたんです。この調子で日曜のブラジル戦も臨みます。」

アメリカ代表ブラッドレー監督
「選手達には山ほどメールやらメッセージやらが来てます。みんな私たちの味方で、とても誇りに思ってくれてるんです。誰一人、まさかアメリカが世界のサッカー界の頂点に立つなんて思ってないだろうな。ブラジルと10試合やって7回8回勝つとも思ってないだろう。でも、自分達ではそれだけの力があると。信じています。前回のブラジル戦よりいい試合やりますよ。実際、いいチームなんだから」
ラベル:セリエA
posted by かや at 08:09| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ピルロ、売りません。

■いやーコンフェデが凄いことになってますねえ。アメリカが、スペインに勝っちゃいましたね。
スペイン代表カシージャス
「10回やれば1回ぐらい負ける相手だな。でも、昨日のアメリカは確かに強かったよ。決勝行きの実力はあると思う。たしかに俺たち、思いっきり本気でやってたとはいえない。自軍のゴール前10メートルぐらいが空白だったな。それが失点につながった。ワールドカップ?まず予選突破。それから大きい目標に向っていけばいい。でも、運はいつも自分の味方してくれるとは限らないから、注意深くやってかないと」

プジョル
「アメリカにはそんなにチャンスはなかったな。でも凄くアグレッシブだった。ほんの2回だけのチャンス、しっかり点にしたもんな。」

今日のブラジル=南アフリカは順当に1−0でブラジルが勝ってます。

■ユーヴェ、デルピエロ。これまでユーヴェで603試合に出場しています。ユーヴェとの契約は2010年で満了なんですが、まだユーヴェから次の契約の提示がないようで、契約満了後は移籍?なんて噂がでてるそうですが。
デルピエロの代理人、ステファノ・デルピエロ。
「休暇先でも新聞でいろいろ噂は拝見していましたよ。全て、噂ですね。心配することなどありません。このシーズンだって自分で決めるのも、ゴールをセットアップするのも、抜群の実力を発揮してましたでしょう。それに今はシーズンとシーズンの間で試合がない時期ですから、なにかと噂ばかりが流れがちな時期ですもの」

■ウディネーゼ、ダゴスティーノ
「明日、代理人がミラノに行ってユーヴェと話し合うことになってるけど。内容は、俺全然知らないです。今はウディネーゼと契約があるんだし、俺は、契約まもるつもり。ポッツォ会長はホントいい人ですよ。人間的に尊敬してます。まあ、数日以内に話まとまると思うけどね。それに、ここまで来たらもっと上目指したいのが本音だし、そろそろ、自分も上にいってもいい時がきたかなとも思うし。家族とも話し合ってるけど、やっぱジョカトーレとして進歩もしたい、挑戦もしたいし。何より、子供のころから大好きなユーヴェが俺と契約してくれるなんて、ホントにハンパなく嬉しいです。」

■ミラン、ガリアーニさん
「アンチェロッティさんから選手の打診?いや、なんにも。それに、ピルロは売りませんよ。そもそも売ってくれというオファーがないんだから。今のところオファーがあるのはパトだけですよ。お断りしましたけれどね。なにどこからだって?お話したくありません。パトはうちでビッグイヤーを持ち上げたいなんて、嬉しいこと言ってるしね。20才にしてあれだけの実力がある選手は他にいませんよ。なに。ゼコ。ウォルフスブルグの選手でしょう。クラブは売りたくないけれど、本人はくりかえし、うちに来たいと希望しているようですな。選手の意思に反した契約というのは難しいもんですよ。なに。ファブレガスとルイス・ファビアーノが?いつかはうちに来たいって?新聞で見ました。うれしい言葉だねえ。でもうちが欲しいのはストライカーで、ターゲットはゼコなんですよ。もし。この話がまとまらなかったら、ファビアーノか、もしかしたらアデバヨールか。ああ、先日ヴェンゲルさんとちょっとお話しましたけれど、アデバヨールは売りたくないようでしたな。もし、もう一度話がきたらもちろん考えますよ」

ミランからフランス2部リーグのディジョンに貸し出していたオーバメヤンPierre-Emerick Aubameyang,選手20才。父は元ガボン代表だそうです。このシーズンは34試合に出て8ゴールと活躍。ガボン代表デビューも果たし、モロッコに2−1で勝ってるそうで。来季は同じフランスのリールに貸し出しになります。

■ジェノアのパッラディーノはジェノアとユーヴェの共同保有選手ですが、来季もジェノアにとどまります。このシーズンは28試合出場3ゴール。ジェノアの5位という成績にも大いに貢献してます。また、ユーヴェはパレルモとのランザファーメ共同保有契約延長にも合意しました。

■ローマのペロッタに、バイエルンとウォルフスブルグからオファーが来ている?

■パルマはミランとの、パロスキの共同保有契約を延長しました。また、インテルユースの、何て読むんだビアビアニーですかね。Jonathan Biabiany選手を獲得しました。このシーズンはモデナに貸し出しになっていて、18試合に出場しています。

■パレルモ、ザンパリーニ会長。実は財政難だった、ミランの年俸一律減額に追随?
「なにシンプリシオ。このまま置いときたいところだが、既にうちは、2人買っている、それに、オファーが来ている。代理人も一所懸命働いているんだがなあ。そこで、提案だ。どこも、自分とこの選手の給料を一律30%下げようじゃないか。」

■コンフェデ敗退したイタリアのリッピ監督、テンプレートを4−3−3から4−4−2に変更?デロッシを中盤から下げてディフェンダーに、中盤にはブリギ、ダゴスティーノを召集・・なんて声が出てるそうです。また、アマウリを召集できるようになったら、ここまでトニにこだわらなくなるのでは?などという噂。
ラベル:セリエA ミラン
posted by かや at 06:23| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ウディネーゼ、相当入れ替え?


■U21で活躍中のユーヴェのデチェーリエ。ベラルーシ戦で左ふくらはぎを負傷、一足早く帰国しました。結構、重傷かもしれないそうです。もしかしたらナポリからのオファーはなくなるか?ユーヴェ、同じくうしろのほうのモリナーロも怪我で復帰は10月とみられています。・・ということはですよ。グロッソ、来ちゃうかな(笑)

そのグロッソの代わりにリヨンに行く?といわれてるのがカモラネージ。リヨンは以前からカモラネージに注目してました。何度か、カモの移籍先として名前が出た記憶があります。ちなみにグロッソ、07年からリヨンにいて52試合に出場。2ゴール決めてます。

ユーヴェ、クリスチャン・ザネッティ
「俺の契約あと1年あるし、来年も全力ここでがんばるつもり。怪我でずっと出れなくて、つらかったときも励ましてくれたファンの期待に応えたい。もう治ったし、来季はフェッラーラ監督に力いっぱい使ってもらいたいです」

■ユーヴェ行き?の噂のあったカッリアリのアクアフレスカ。U21で3試合でて3ゴールと大活躍。所属はインテルなのね。カッリアリには2年貸し出されていて、68試合出場25ゴール。働きましたねえ。シーズン終わってインテルに戻ったものの、モウリーニョさんの計画には入っていないということで、来季はユーヴェ、ジェノア、パルマ、フラムなど行き先候補はありましたが、アタランタ行きになりました。いい補強したな〜アタランタ。がんばれよー!

■ヴィジャレアルのジュゼッペ・ロッシ君22才。今回のコンフェデで、唯一イタリアの良かったところったら、ロッシが本格的に代表デビューしたことぐらいで・・この選手、ヴィジャレアルの前はマンU。その前はパルマにいました。ヴィジャレアルとの契約を更新交渉中ですが、もしかしたらイタリアに戻ってくる?

■バーリを解任された元監督コンテの代理人、ジャンルカ・コンテ。兄弟なのね。
「アントニオは、会長が言っているような、考えすぎるようなタイプじゃないんさ。バーリが好きで今後のプロジェクトにも大いに乗り気だったんです、でも状況が変わってしまったんじゃしかたないだべさ。ユーヴェの監督候補だったのにって?単なる興味はあったっけ、でも、結果なれなかった。でも後悔してないさ。外国含めてオファーはあるし。アントニオは本気でやりたいからこそ、バーリやめたべさ。今は家族と休暇中さ。あれだけ全力火の玉で働いたんですから休みだって必要でしょう。帰ってきてからこれからのことを考えるだべさ」

■フィオレンティーナは、マドリーのドレンテを買い取りオプションつきで1シーズン借りる?オランダ代表ドレンテは2シーズン前、移籍金1200万ポンドでフェイエノールトからマドリーに移籍しました。で、フィオの買い取り価格は600万だそうです。他にもこの選手にはトッテナム、ジェノアからオファーがあるとか。

フィオレンティーナはローマのタッディの獲得を考えている?タッディ、昨シーズンは怪我もあって出場回数23試合。スパレッティさんが途中でシステム変更したためあまり出番はない。ということで売却もあり?

■資金難のローマですが、ウディネーゼから23才ディフェンダーのマルコ・モッタの権利を半分買取りました。モッタ、既に1月からローマに居て、13試合にでて結構いい仕事してます。シーズン終了後はのこり半分の買取りオプションつきだそうです。

ウディネーゼはダゴスティーノの移籍についてユーヴェと話し合い中。金曜にもユーヴェ行きの話が決まる?

で、ウディネは更にナポリにディナターレやんを売却?!の噂。本人はウディネに残りたいんだけれど、ナポリは是非、既に買取り済みのクァリアレッラと一緒に使いたいようです。って、ウディネーゼ、こんなわけで結構主役級が出て行く話ばっかなんですけど。どうなってしまうのか?!

■トルコのガラタサライのキーパー、デサンクティス。来季はイタリアに戻り、ジェノアに?

■昇格したパルマ。キーパーには今シエナにいるローマとシエナ共同保有のクルチか、サンプドリアのミランテがほしい?

■キーパーといえば、カターニアはリベルタドーレスカップ準決勝に出場したエトゥディアンテのキーパー、アンドハールAndujarを獲得しました。

■フランス代表シセ。マルセイユから、ギリシャのパナシナイコスに移籍?

■ミラン、パト。この人も出て行ってしまうという噂が出てますよね・・
「俺はミランでチャンピオンスリーグに勝ちたいし、ミランでスクデットも欲しい。今後を決めるのはクラブのほうだけど、俺はこれまでここで1年半最高の日々を過ごしてきたんだし、次はまじここでビッグイヤー持ち上げたいんだよね。」

■次のマドリーのターゲットは、ヴァレンシアのビジャじゃなく、リヨンのベンゼマ?という噂があります。リヨンは前々からベンゼマは売らないと言ってますが、マドリーはハンテラーかロッベン含む4000万ユーロ相当を提示してるそうです。

■そのマドリーとミランが8月25日に、練習試合を行います。その名もサンチャゴ・ベルナベウトロフィー。移籍期間終了間際ですねえ。その頃の両チームはどんなメンバーになってるんだろうか。

■今回のコンフェデ、最初のほうの試合は空席が目立っていたそうです。ということでFIFAは準決勝のスペイン=アメリカ戦を含む、試合の無料チケットを地元の人たちに無償配布することにしたそうです。枚数は確定ではないけれど7万枚といわれてますから・・相当、売れてないんだなあ。コンフェデのチケットは10ドルから220ドルまでの値段なんだそうですが、南アフリカは、失業率が25%近いというとんでもない状況だそうですから・・庶民には手が届かない値段であることは容易に推測できるわけで。う〜む。来年の本番はどうなるんだろう。折角はじめてのアフリカ大会なんだから、地元の人たちにも楽しんでもらえる大会にしてほしいんですけど。やっぱ理想は理想で終わってしまうんだろうか。
ところで先日、駅のエレベーターで前に立っていたおぢさんが、リュックにカメルーン国旗とワールドカップのピンバッジをつけててさ〜。あの、九州のカメルーン合宿地の中津江村は、今頃どうなってるんだろう?・・と、検索してみたら、今でも「カメルーン弁当」というものが、今でも地元では売られていました。中津江村とカメルーンの交流も続いてるようです。ちょっといい話、なのでした。

ラベル:セリエA
posted by かや at 06:25| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

アマウリ、イタリアを選んだ!

■U21
Italia 2−1 Belarus
Kislyak (44), Acquafresca (45+2, 74).
シニアチームはコンフェデ終わってしまいましたが、U21は好調。この試合はバロテッリが出場停止でしたが、アクアフレスカの2得点で勝ってます。2点目はうちのジョビンコ君の好アシスト。次は準決勝で、ドイツと対戦します。

■ユーヴェ、ジョビンコ。
「ユーヴェは俺が思ってるほど、俺を評価してないんだな。俺は、べつに先発したいなんてわがまま言ってるわけじゃないけど、もうちょっと考えてほしい。そりゃチームの1人としてやってくのは難しいのは承知だけど、いつも後回しにされるんじゃさあ。でも、今度は監督かわってシステムも替わるから、すこしは出番増えるかもな。」

ユーヴェ、今週末にもリヨンのグロッソを獲得する?グロッソはリヨンとあと2年契約があります。で、リヨンでは1シーズンあたり175万ポンド貰ってます。ユーヴェから提示されたのは1シーズンあたり200万ポンド、という額だそうですが・・

アマウリは9月にイタリア国籍を取得する見通し。わーい!
「9月のはじめの週にイタリアのパスポートがもらえると思う。ここに10年居るしね。嬉しいよ。それにイタリアの市民権を持ったら、リッピ監督は俺のことも見てくれるわけだろ。これまでイタリアに世話になったぶん恩返ししたい。イタリアとブラジルの違い?1年後にはでてくるんじゃないの。今はブラジルが全員調子良かったんだよ。イタリアは新しい選手どんどん試してる時期だから、同じグループで2年やってるブラジルのほうがチームとしては熟成されてたしね。3年前の優勝したイタリアだって、あんまり前評判はよくなかっただろ。でも、リッピ監督には経験とアイディアがある。きっと将来結果が出せると思う。・・カカがスペインに行っちゃたこと?セリエAには残念なことだけど、今度はジエゴが来ただろ。カカのが居なくなっても、面白いと思うよ。うちに決まる前はよく電話で話したよ。チームの様子とかトリノの住み心地とかいろいろ。ここは世界屈指のクラブで、真面目な人ばっかりだから、落ち着いて仕事できるってアドバイスした。」
「コンフェデのイタリア=ブラジル?どっちも応援してなかった。でも俺はいい試合好きだし。面白い試合だったよ。」

■コンフェデ終わって、イタリア代表カンナヴァーロ。ブラジルの3−0の負けの1点目は、カンナヴァーロの守備ミスからですから・・
「年寄りとっしょり言われるのん、慣れたがな。でもな、誰を試合で使うか決めるんは監督やでえ。僕、ワールドカップ優勝メンバーやったからだけで、代表に居るんとちゃうねん。たしかに、ワールドカップのあの7試合より、この大会の出来は悪かってんけど、監督は、今の代表やったら僕入れるのんが、いっちゃんこのチームが力出せるて、信じて使うてくれてんで。トッティもバッジョもデルピエロも居らんねんで。あのな、僕らがこれから作り直さなあかんのん、チームだけちゃう。スタジアムも、教育システムも、みーんなひっくるめてインフラからやらなあかんねん。イケメンでドリブルが上手いと誰でもディフェンダーになれるんとちゃうねん。・・今はカルチョにスターと言える存在て、居らんな。なに。カッサーノ?皆に嫌われとるんとちゃうで。みんなアントニオのことは気にかけとるし、僕だってなんどもカッサーノに、これまでいろいろやってもたから、今代表に入れへんねん言うとるわ。最終的に決めるのんはリッピさんやしな。でもな、アントニオはガールフレンドも出来て今落ち着いてきてるやんか。次のシーズンこそ呼ばれるかもしれんでえ。実力は十分あるねんから」

■インテル。もうすぐ新しいイブラヒモビッチといわれる、オーストリア出身、トゥエンテのアルナウトビッチですかMarko Arnautovic20歳と契約?この選手、昨シーズンは怪我で半年ほど起用できませんでした。ということでまず健康診断から始めて、問題なかったら話を進める、というようです。この選手にはラツィオ、チェルシーも興味ありだそうです。

インテルのヒメネス。ゾラ監督のウエストハムに移籍が決まりました。

■バーリ、ヴェンチュラ監督の就任を発表しました。セリエA昇格させたコンテ監督が来季もこのままバーリを率いて・・ではなく、コンテは6月30日で退任します。バーリは昨日、主力選手グベルティをローマに売却してますので、クラブと監督の間で選手の移籍の方針が違ったためではないかと推測されてます。
マタレーゼ会長
「互いに理解できなかったんですな。監督は結論を急ぎすぎる。これでは一緒にやっていけないということでこうなりました」
コンテ
「俺は俺なり考えがあって、セリエAやっていこうと思ってた。ディレクターだって俺の考えわかってて、お互いに納得したはずだっけ、それが3週間前だ。でも、いきなり話が違った。これじゃ、このあとだって俺の考えてるように行かないのまる見えだ。だから、辞めたっけ。でも、俺はバーリには感謝してる。ファンのみんな、ディレクターのペリネッティさん、ありがとう。これからも貪欲に勇気もって進んでほしい。俺はいつだって見守ってる。幸運を。」

■バイエルンのトニ。ブレシアでの同僚、グァルディオラのバルサに?の噂があるそうです。バイエルンは既に選手獲得に4300万ポンドを使っていて、そろそろ誰かを売る番では・・との推測かもですが。

■アーセナルのファブレガス。
「もし自分がイタリアでプレイできるとしたら、ミランでやりたいです。」
posted by かや at 06:22| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

コンフェデおわって

■イタリア代表リッピ監督
「私たちはここで大会を終わります。ですが、経験の浅い選手達とフォワードについての言葉には注意を払っていただきたい。このような試合に勝てるようになるには経験が必要なのです。ブラジルは予想通り強かった。そして私たちは最高の状態にありませんでした。私の監督就任以来、この大会はもっとも良くないときに当たってしまったといえます。批判は受け入れます。ですが、再構築するまでには至らないと考えます。私はこのチームが完璧だと申し上げたことはありませんし、このメンバーを来年のワールドカップに連れていくと申し上げたこともありません。私は代表監督に戻った際に、まずチームの再構築にとりかかりました。当時は経験豊富な選手たちがいて、彼らがチームの基盤となりました。今、私は、別の明確なアイディアを持っていますし、多くのことが実現してきました。入れ替え?名前は挙げたくありません。ベテラン、新しい選手達、それぞれについて考えています。バロテッリ?ですから、名前は挙げません。ともあれ、バランスを取ることが重要と考えています。」

ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。若い連中、向上心ハンパないっす。連中が成長することが俺たちの力になるんっすよ。それに、これわかって欲しいんっすけど、代表のユニフォーム着てるときの試合と、クラブでやる試合は、まじ別モノっす。代表は経験とか個人のキャラとかがまじ影響大きいんっすよ。ぶっちゃけ、まだ、後を托せるまでの選手はいないっす。まあ、国内リーグがここんとこ欧州じゃちょっと低迷してるし、ここで負けても仕方ないっすかね。現状、ちょっと微妙で。競争力高いとは言い切れないっす。プレッシャーかけてるときはいいんだけど、そうじゃないときいまいちだし、まあ、今回のトホホな経験だって、今後に生かせればいいっす。」

ブラジル代表カカ
「3−0は俺も驚いた。こんなに実力の差はないと思う。でも今日俺たちいい試合できたと思います。ここでイタリアが去ってしまうのは残念だけど、やっぱりイタリアは強いですよ。2006年俺たち負けてるし。今回のイタリアは調子が悪かったけどどうですか、って・・それはイタリアのリッピ監督に質問してください。まさか誰も予選でイタリアが負けるなんて思ってなかったでしょ。それに、俺はイタリアでは本当に世話になったんです。今日の自分があるのもイタリアでプレイする機会をもらえたからだと思うし、本当に恩があります」

■ユーヴェ、クリスキトは今ユーヴェとジェノアの共同保有選手なのですが、ジェノアのプレツィオージ会長はいたく気に入って100%保有の交渉をしているそうです。でもユーヴェのフェッラーラ監督は来季クリスキトを使いたい。更に、ジェノアのアクアフレスカも欲しい。
クリスキト代理人のファッブリさん
「ユーヴェから買い戻しの話がきていると知ったらクリスキトは喜ぶでしょうね。でも、ジェノアはクリスキトが欲しいし、ユーヴェは話を進める前に、まずトレゼゲを売らなければ始まらないでしょ。」

ネドヴェドの代理人のライオラさん。
「いまのところパヴェルには、日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアからお話をもらっています。ですがラツィオの話が、かなり興味深い。ロティート会長は選手としてだけでなく、引退後もパヴェルにはラツィオを代表する仕事をやってもらいたいと話していました。いいアイディアだと思いますよ。これから更に話しあいたいと思っています。2週間以内にはどうするか決まるでしょう。しかしロティートさんと微細に渡る話をするとなったら、私はラテン語を真剣に習わなければならないな。実は、学生時代ラテン語は不得意で、試験に2回落ちましてね。パヴェルに教えてもらわないと。」

■ローマの野獣バティスタ。本人はローマを去りたくないと言っているし、マンCのオファーを断ったといわれていますが、アトレチコ・マドリッドに?

一方、ローマはバーリのグベルティと4年契約しました。


■ミラン。う〜〜む。ピルロの後釜は?なんて話が出てきちゃったよ。やっぱベルルスコーニさんの「売りたくはないんだが、うちが赤字であるという事実をつきつけられてはねえきみぃ」発言が効いてしまったようです。で、ピルロが出て行ってしまったら、マドリーのガゴを獲得する?ガゴはかつてミランに居たものの怪我でほとんど出番のなかったレドンドと同じようなタイプの選手だそうです。ちなみにガゴはブラジル国籍ではありますが、母親がイタリア人なので二重国籍。EU内選手登録できます。

■一時よく移籍候補として名前がでていたパレルモのキアル。クラブも本人も来季残留の方向で話が進んでいる?
キアルの代理人
「たぶんこのまま残るでしょう。本人もそう望んでいます。多数お話はあるようですが、いずれも本気ではなさそうです。ビッグクラブから、ザンパリーニ会長が興味を持つようなオファーがない限り、ここに居ると思いますよ。」
実際のところは、同じポジションで現在カターニア貸し出し中だったカプアーノが、貸し出し期限満了後のオプション行使されて買い取られてしまったため、キアル売るのやめとこうな〜、になったようです。

■ウディネーゼのディナターレやん。この人、ウディネにずーっといますねえ。04年から居るそうです。ウディネで決めたゴールは合計55本。ですが、今期はパルマとナポリから声がかかってるそうです。
ウディネーゼのディレクターのガスパリンさん
「ナポリとパルマからディナターレについての飼料を求められましたが、まだ交渉は本格化していませんよ。それに、ディナターレはクァリアレッラと同じナポリ出身ではあっても、生まれ故郷のナポリより、こちらフリウリ地方に愛着をもっているんですわ」

■U21、インテルのバロテッリはスゥエーデン戦の際にタックルされた相手に蹴りを入れたのを審判に見られ、一発退場になっています。次の試合ベラルーシ戦は出場停止。ですが、地元スゥエーデン側が常にバロテッリを侮辱する言葉をかけ、キレるのを誘ったのが一因のようで。
カシラギ監督
「録画で見ました、たしかにあれはファウルです。ですがね、スゥエーデンの選手たちの振る舞いだって、試合中でもピッチの外でもほめられたもんじゃないですよ。何人かにはペナルティが下されてしかるべきだと思います」
posted by かや at 05:44| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

コンフェデ予選で敗退

■Italy 0-3 Brazil
Scorer: L. Fabiano 37, 43 (B) Dossena 44 og (B)
これ、フジ地上波で放送してるの知らなかった管理人。4時半に起きてテレビつけるなりデロッシのアップがうつり、えっ!スコアが映ったら0−3で、えええっ!!なんなんだ。おまけにオウンゴールまであるじゃん。リプレイでみたらもう、それは見事なループシュートが入ってトホホホホホ〜・・カンナヴァーロはこの試合に出て、マルディーニの持つ代表出場126試合の記録に並びました。が。この大会はここでおしまい。
リッピさん。代表の皆さん。多くは申しません。でも、かなりナサケナイ大会でしたぜ。ともあれ早く休みにはいってゆっくり休んで、来年がんばってください。それから、ブッフォンの茶色のユニ、弱そうだしなんか似合わない。やめようよ〜。

イタリア代表リッピ監督
「ここで私たちのコンフェデレーションカップは終わりました。残念です。ですが、ブラジルが私たちより強かったからではない。ブラジルは、常に強豪です。世界最強のチームの一つです。わかっていました。若手の起用ですか?どの、若い選手?私はこのような大きな大会に、未熟な選手は起用しません。起用に足りると思った選手ばかりを連れてきました。ですから若手若手と皆さんがおっしゃる意味がわかりません。私はこれからも計画どおりに前進いたします。今日は思ったような試合が出来ず、選手達も私もつらい結果に終わってしまいました。ですが、本当はもっと上手く出来る選手達なんです。ではこれにて。」
次のイタリア代表の試合は、9月にグルジア代表と。それまでしばらくお休みです。

メンバーは以下のとおり。う〜む。バイエルンのルシオ、前々からいい選手だと思ってるんですけどね。やっぱいい選手だわ。
Italy: Buffon; Dossena, Chiellini, Cannavaro, Zambrotta; Pirlo, De Rossi, Montolivo; Iaquinta, Toni, Camoranesi
Brazil: J. Cesar; Andre Santos, Juan (Luisao 24), Lucio, Maicon; Melo, Gilberto; Robinho, Ramires, Elano; L. Fabiano (Rossi 38)

■ユーヴェ。今日オウンゴールやっちまったドッセナと、グロッソの獲得を考えているといわれていますが、ハンブルグの左うしろの、ヤンセンにターゲットを変更?と言う噂。

昨日ちらっと書いた、7月に行われるユーヴェの、フランスのナンシーでの練習試合ですが。なんでまたナンシーとはローカルな・・と思ったんですが、今はUEFA会長の元ユーヴェの名選手、プラティニの54歳の誕生日を祝って、プラティニ出生地で親善試合を、ということなんだそうです。ちなみにプラティニ自身が試合に参加するかはまだわかりません。

■ローマ、ペロッタの代理人のボッツォさん
「ペロッタはローマで仕事を続けたいと思っているんですけれど、ローマから延長の話がこないんですよ。契約は2010年で満了だけれど、本人はローマに愛着を感じていて、スパレッティ監督のプレイスタイルで実力をあますことなく発揮できてます。引退までずっとローマに居たいと考えてるんですよ」

■ミラン、ベルルスコーニさん。う〜むもしかしてピルロは出て行く?
「なにピルロ。ピルロは売らん、と最初に言ったのはわしだが、周囲からうちの財務状態を考えてくれと言われたよ。ロナウジーニョ?来季はいいシーズンになるぞ。たぶんな。今期も悪くはなかったが、結局、終盤いざというところで点をとりそこなって、いい成績を揚げることはできなかったが、来季のミランはいいチームになるぞきみぃ。レアル・マドリッドの移籍方針?あそこまで行くと、ばかばかしい。普通の経済感覚も常識も品位も、まるであったもんじゃない。」

レオナルド監督は来季のミランを4−3−3のテンプレートで考えていて、ロナウジーニョをバルサで実績のあった左側で使うつもり。もっともそのためにはロナウジーニョのコンディションを早急に上げなければならず、特別練習メニューを既に作り上げたといわれてます。あとはロナウジーニョ本人次第。

■フィオレンティーナのメロ。いま、ブラジル代表でコンフェデやってます。
「インテルのマイコンが、俺がインテルに行くためならなんでもやるって言ってたけどさ。あれ、思いっきり冗談。自分からインテルに売り込んだことないですよ。そりゃビッグクラブから関心もってもらえたら凄くうれしいです。自分がそれだけ高く評価されてるわけだからね。でも、自分はフィオで気分よくやってるし、チームメイトともクラブともファンとも、みんなといい関係だし。今はセレソンで力いっぱいやってるし。もちろんマイコンに感謝だよ、やっぱ俺がフィオで頑張ったから、ああいう冗談言って褒めてくれたわけだから。あ、それから俺がブッフォンって喋りすぎって言った話、あれもなんか、どっかで話が歪んでああいうことになってるんだよ。俺は喋りすぎだうるさいなんて全然言ってないし、ブッフォンってやっぱ凄いし、実力あるから何でも言えるし、それだけの自信もしっかりもってるし、って、いい事しか言ってないんだけどさ。俺なんかが喋りすぎだなんて、そんなこといえるわけないじゃん。」

フィオレンティーナ。マドリーのドレンテを借りる?

■チェルシーのドログバ
「モウリーニョさんから電話があって、エトーと組んだら最高じゃないか?って言うんですよ。俺とエトー、一緒に使うの夢なんだろうな。でも俺はあと1年ここと契約があるし、契約は守りたい。でもな。マルセイユでもずっと居たいと思ってたんだけど、結局ここに来ちゃったんだよなあ。やっぱ、いろいろあるよな。」

■イングランド代表監督、カペッロさん。カペッロさんになってからのイングランドは、ワールドカップ予選の7試合に全勝してます。
「そうさな。こちとら、技術は全く問題ない。恐ろしく上手いな。でも、何か怖がってるんだ。怖いってえことは自信がもてない。だからその自信を取り戻すために、こちとらひたすら練習するっきゃねえんだよ。ハーフタイムは、誰にも喋らせない。水分補給する。シャツを着替える。喋るなよ。ひたすらリラックスしろ。もし誰かが口をひらいたら、前半のストレスが控え室で倍増されちまう。そういうことさ。俺にとっちゃ、イングランド監督は夢の仕事でね。今は本当に誇りに思ってるよ」
posted by かや at 06:25| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

びおら、快癒しました

今日病院にびおらを連れていき、
手術後の経過を見てもらい、通院の必要なし、とのこと。
おかげさまで、快癒いたしました!
皆様、ご心配おかけしました。

ごめんねびおら。(実は謝ってるんでなく、お腹を掻いてるとこ(笑))
IMG_08671.jpg


べろりんちょびおら。
IMG_00632.jpg



posted by かや at 17:29| Comment(7) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の練習試合の予定

■コンフェデでエジプトに負けてしまったイタリア、土曜の試合形式の練習でリッピ監督はBuffon; Santon, Cannavaro, Chiellini, Dossena; Montolivo, Pirlo, De Rossi; Camoranesi, Toni, Iaquinta.を起用。のちにザンブロッタ、パロンボ、ロッシが入ったそうです。先発はこのへんかな?

イタリア代表リッピ監督。
「ジュリオ・セーザルが、エジプトが私のチームに勝ったのは、よく走ったからだと?なるほど。たしかにエジプトのキーパーは、他のチームのキーパーよりよく走っていました。冗談はさておきまして、私たちはもちろん優勝するつもりです。ワールドカップ同様に。メディアとの論争などありません。エジプト戦のあと、選手たちからほとんど発言がないこと?それは選手達に聞いてください。ジュゼッペ・ロッシの起用?相手のセントラルディフェンダーの動きを考えて選びました。スピードのある選手でかく乱し、横から攻めようという考えでした。しかし、試みましたものの、奏功はしませんでした。2月のロンドンでの試合ではブラジルに2−0で負けた?たしかに。ですが、2月は練習試合だった上、あの試合で初めて大きな試合を経験した選手も何人かいましたので。」

■この夏の、主力クラブの練習試合の予定。
インテル→7月19、26日に米国で、ワールド・フットボールチャレンジに参加。チェルシー、パロ・アルト、そしてミランと対戦します。

ミラン→7月19日から30日まで、6試合をこなします。上記ワールド・フットボールチャレンジに参加のあと、ミュンヘンでアウディカップに参加。バイエルン、マンU、ボカと対戦します。

ユーヴェ→7月19日でナンシーと練習試合。そのあとスペインでピースカップに参加し、セヴィーリアと、韓国のチームSeongnamと対戦。結果によっては31日の決勝まで残ります。

フィオ→7月29日にホームでPSGと対戦。

ローマ→7月末にRiscone di Brunico.で地元チームと練習試合、その1週間後にデュイスブルグと対戦。7月16日にも練習試合は決まってますが、相手がきまってないそうです。

ナポリ→7月にオーストラリアでキャンプ。地元のサント・ポルテン、ソレナウと対戦したあとロンドンに行って、8月8日にウエストハムと対戦。

サンプドリア→7月26日に、ロッテルダムでフェイエノールトと対戦します。

■セリエAは2010−11シーズンから、1試合が日曜のお昼に開催される、かもしれません。というのも、地元放送局が昨今の移籍状況を考え、英国のプレミアリーグのライブ放送を考えていて、セリエAもどっちもライブでやりたい。という意向のためだそうです。なるほどなー。われわれ、日本にいるから思いっきり時差があって、妙な時間に起きて外国の試合見てるけどさ。時間帯が近いところだったら、たしかに、ライブでやるとしたら時間がぶつかりますわな。とはいえ、南のほうの、ナポリやらバーリあたりで真夏の日曜のお昼ったら、見るほうもやるほうも、暑くてたまらんのでは?!

■元ユーヴェ、ヴィアッリ。
「ジエゴか。いいのが来たな。25才以下だったら、ジエゴ、メッシ、クリスチャン・ロナウド。この3人が図抜けてるからな。ドイツでうまく育ってきたとこで、世界屈指の攻撃力のユーヴェにきた。ここで大ブレイクしたらいいな。なに。ゼコ?ミランに行ったらちょっとやだね。なんだか若いころのシェフチェンコみたいで、いい選手になりそうだな。フェッラーラとレオナルド?どっちも友達だよ。二人ともいいチャンスもらえて、俺も嬉しい。選手としてキャリア積んで実績出して勝ち取ったんだよな。今どきの監督は、ピッチの上で指示するだけじゃなく控え室でうまくリードする力が要求される。今の選手達は皆、若くて金持ちで有名人なんだ。商売もある。利己主義もある。そういう奴らを纏めて、前向きに、冷静に、獰猛なまでに全力を出させて、勝ちにいかなきゃならないんだからな。フェッラーラにはリッピさんといういい先生がいた。上手くやれるだろう。それに今のユーヴェは基礎がしっかりしてるよ。国内だったらどこにも引けはとらないと思う。ヨーロッパを舞台にしたなら?うーん。もしインテルからイブラヒモビッチが出ていくようなことになったら、イタリアのクラブはチャンピオンスリーグの優勝候補とはいえないと思う。」

■元ユーヴェディレクターのモッジさんがミランについて。
「なんとも非現実的な状況ですわね。それにガットゥーゾやピルロまでもチェルシーが好きだと発言しているなんて、皆、まるで逃げ出したいかのようですわ。ガリアーニさんは若くて強いチームにしたいといいながら、実際はまるでその逆のよう。世界のトップクラスで居つづけるのには、かなりリスクを伴いますけれど、本気で建て直しをしなければいけないのではないかしら」
ガリアーニさんは、主力は99,9%が残留すると発言してるそうですが・・

■ローマの身売りの話がずっと出ていますが、ローマの持ち株会社イタルペトロリは、フィオラネッリさん率いるスイスの企業との取引はない、と正式にコメントしています。スイスのフィオラネッリさんはローマの買い手として名前が挙がっているひとり。

■インテルのディレクターのブランカさんはマドリードに行ってます。マイコンをマドリーに?
ですがマドリーが欲しいのはマイコンじゃなくイブラヒモビッチで、マドリーはイグアイン含む7600万ポンドを提示した?という噂もあります。

■シーズン2試合のこしてユーヴェ監督を解任されてしまったラニエリさん。来季、ゼニトの監督に?

■金曜にラツィオのロティート会長が、ミラノでネドヴェドの代理人のライオラさんと話し合ったそうです。
ライオラさん。
「ええたしかに。返事は10日から15日ぐらい待ってもらいました。パヴェル本人が今休暇中なのでね。帰ってきてから決めますよ」

■上にチラッと書きましたが、7月24日から8月2日にかけて、以下のチームによるトーナメント、ピース・カップがスペインのアンダルシア地方で行われます。ヨーロッパ、アジア、南米、そして地元スペインは3チーム、うちアンダルシア地方から2チーム。おなじみのところあり、全然わかんないところあり。でもこういうところでいい選手が発見されたりするんだよね。みんな、がんばれよー!
Al Ittihad 、Aston Villa 、Atlante (メキシコ)Besiktas 、Juventus 、L.D.U. (エクアドル)、Malaga 、Lyon 、Porto 、Real Madrid 、Seongnam Ilhwa (韓国) 、Sevilla




posted by かや at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

じゃがいも入りの・・

ヤキソバにジャガイモを入れるところがあるんだそうです。
「ごめんねごめんね〜♪」の芸人で有名になった栃木県。

う〜ん。作ったことはないけど、これはありでしょう。
茹でたジャガイモは、なにをつけても、何もつけなくても、OKだもんね。
ウスターソース和え、ありですよ。

母の得意料理?のひとつに、
一口サイズに切って茹でたジャガイモにパン粉で衣をつけてあげる、という、
シンプル、かつ、揚げたては最高においしいものがあります。
フライといったらソース!
だから、ヤキソバに入ってるソース味なじゃがいも、あまり違和感なさそうな(笑)

ところでその、フライ衣つき揚げジャガイモが、
「芋フライ」として、これまた栃木名物なのは、
これを書くために、ヤキソバ+じゃがいもをネットで検索してて知りました。
我が家では、ホントよく作る揚げ物なので、
全国どこでもフツーにある家庭料理だと思ってましたよ!
独立してから、1人だと、全然揚げ物つくらなくなってしまったんですが、
近所の「○オゼキ」で、同じようなものを、たま〜に売っているのを発見!
土曜のお昼ぐらいに行くと、かなりの確立で揚げたてを買えるので、
午後か夜には、そいつをオツマミに第3の発砲酒飲んでます。

ということで話がかなり脱線しましたが。

ジェノバ名物ジェノベーゼパスタも。
麺をバジルペーストで和えるだけでなく、
ジャガイモ(もしくはジャガイモとインゲン)が具として入るものなんだそうです。

ということで、作ってみました(笑)
麺を5分ぐらい茹でたところで(って、例のレンジでチーンのパスタ容器で、ですけど)
途中でジャガイモ入れて、5分ほど一緒に茹でて、光熱費節約してます〜
あ、お湯はいつもよりちょっと多めでね。

IMG_08811.jpg

パスタだけより、こっちのほうが、
ジャガイモのほくほく感や甘みがあって、
あっし的には、おいしかったです!
ラベル:
posted by かや at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトに負けた!

■Egypt 1-0 Italy
Homos 40 (E)
ゴール前でノーマークの選手に頭できめられてしまい、まさかの負け。エジプトと同ポイントになってしまいました。う〜む。ブラジルに勝たなきゃ次にいけなくなっちゃったよ。経過を読んでると、後半なんかよく攻めてるんだけど。う〜む。

試合の翌日、リッピさんは選手達と話し合いをおこない、前日の試合の反省点を選手達に述べさせたあと、練習にはいりました。試合に出た選手たちはジムで練習。出てなかった人たちはピッチで練習だったそうです。

リッピ監督
「前半は、まるで練習どおりのことが出来ていなかった。後半がかなりましになりましたが、相手のキーパーにナイスセーブされてしまった。やはりこのぐらいの大会になると、出てくるチームは強豪ばかりです。勝つためにはベストの状態で試合に臨まなければならない。この大会で私たちは新しいことを試しています。今日は、それが奏功しませんでした。ワールドカップ優勝チームとの違い?今回の大会とは、メンバーのうち12人が違います。よく、あの優勝チームとあまり変わっていないと言わます。ですが、私は変わったと申し上げています。ご理解いただきたい。ベテランと若手の混在は上手く行っていると思います。活気ある若手に、経験豊富なベテランがアドバイスを与えることで、全体が伸びることを私は期待しているんです。」

ブッフォン。
「うぃっす。ブッフォンっす。やべえっす。チャンピオンがなんてザマだ、自滅っすよ。失点してから目が覚めても遅いっす。なんにも出来なかったわけじゃないけど、取り戻せなかったっす。アメリカ戦と同じで、練習でやってたことが全然できてなかった。ベストコンディションじゃないし、中盤で押されちまったっす。次のブラジル戦、絶対勝たなきゃ超やべえっす。ブラジルに勝って、準決勝でスペインに勝って、決勝でまたブラジルに勝つっす!俺たちがやるのは、いわゆるシャンパンサッカーじゃない。俺たち、6−0で大勝ちするチームじゃないんだ。そういうのはバルセロナとかブラジルがやるもんっす。でも、俺たち強いっすよ!調子がいいなら絶対負ける気がしないっす。だいたい、カンナヴァーロやキエリーニ以上の選手って、世界にどんだけ居るっすかね?でも、コンフェデで試して、ある程度以上手ごたえがなかったら、監督は本番までにどっか変える決断すると思うっすよ」

■U21
Sweden 1-2 Italy
Balotelli 23 (I), Acquafresca 54 (I), Toivonen 89 (S)
アズリーニのほうは順調に勝ち、次のベラルーシ戦は余裕をもって望めます。バロテッリ、得点もしたけど相手選手に暴行。一発退場でした。アクアフレスカのゴールは、うちのジョビンコからのパスを頭で決めてます。ジョビンコ、アベテと交代でピッチを去るとき、この大会はスウェーデン開催で思いっきりアウェイなのに、スタンディングオベーションもらったそうです。う〜む。CLの、サンチャゴ・ベルナベウのマドリー戦で2点決めて、アウェイのお客にスタンディングオベーションもらった、デルピエロをほうふつとさせるじゃあ〜りませんかね。セッコさん。なんとしても、ジョビンコは、売らないでください!

■ユーヴェ、ジョビンコの代理人のダミコさん
「ジョビンコはユヴェントスで活躍のチャンスを与えられ、しっかり生かした。いい1シーズンでした。才能は十分で、まだ若いのにいろいろな仕事をこなせる。問題は往々にして、この国のビッグクラブでは若手にあまりチャンスがないことです。ですがジョビンコはその点も理解したうえで来季もユヴェントスに居る道を選ぶと思いますよ」

ユーヴェ、メルベリは来季オリンピアコスに行くのが決まったようです。カンナヴァーロが来ることで出番が減るのは確かですもんね。1年間、ありがとう!ゴール決めたあとの力コブは、頼もしかったぜい!

ユーヴェ、07年に来たティアゴ。結局あまり出番なくいい仕事もせず・・今スペインに行ってディアッラ、もしくはロッシの獲得交渉をやってるセッコさんは、反対方向に行く選手としてティアゴを売り込んでいると言われてます。来季はどこに?ちなみにティアゴの代理人のメンデスさんはクリスチャン・ロナウドの代理人もやってるので今はそっちのほうで大忙しなんでしょう。

■ゾラはウエストハム監督やってます。チェルシー監督に就任するアンチェロッティさんに。
「カルロなら、実力もモーティベーションも十分だよ。ユナイテッドが圧倒的に強いプレミアをもっと面白くできると思うよ。言葉の問題?いい先生から英語習うぐらいの稼ぎは、カルロならあるだろ。え、うちがバロテッリ買うんじゃないかって?。外向的で頭はいいし、今どんどん学んでる時期だよ。自分が反発買ってるのもわかってる。反抗的なのもふくめて、個性的だし、価値はあるだろうな。でもうちは買わない。ミランからカカが出てったこと?セリエAにとっての大損失だと思う。選手達は自分を高く評価してくれるところも大事だけど、やってて自分が楽しいところを選ぶんだよな。でもこんな形でイタリアを出ていくケースは長いことなかったと思う。カルチョに熱気を取りかえすためには、結果ばかり重視する傾向を、一から考え直さなきゃいけない。スポーツはビジネスじゃないんだ。情熱と文化なんだ。商売最優先でカルチョやったら、ますます人が興味失って、そのうち国技なんていえなくなるよ。」

■ローマのヴチニッチに、マドリーが2500万ポンドでオファー、の噂があります。実現して出て行ってしまったら、ローマにはシェフチェンコが来る?って、その場合はかなり年俸ダウンになるだろうけど。

posted by かや at 08:07| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

代表、若返りが必要?

■イタリア代表リッピ監督
「私たちは各国チームと25日間、ここでトーナメントを行い一緒に過ごします。喜ばしいことです。ですが、私たちが1日10時間練習したとしても、スペインのような試合は出来ません。これは、互いの国の文化の問題です。もちろん良い結果がでても出なくても、心のこもった試合をおこないます。また、現地のファンの皆さんから、大変熱心な応援をいただき、感謝しています。もっとも、その応援に叶う試合ではなかったという新聞での批評は残念に思っています」

イタリアのメディアの傾向として、イタリア代表はそろそろ若返りが必要という方向の意見、なんだそうですが。
カンナヴァーロ。
「そら、僕、全力がんばるけどな。ドイツのワールドカップの頃と同じレベル要求されても、無理やがな。僕な、今日のエジプト戦から僕出るねんけど、まだまだイケてる評価されたいでえ。今日出たら125試合めで、あと一つでマルディーニの代表出場記録と並ぶねんけど、ほんま、満足しとるわ。ジョカトーレになった甲斐あったわ。なに。ディアッラとロッシ、ユーヴェに来るかもしれないのん?ホンマ来たら、インテルにぐぐぐーっと近づけるがな。ええ買いもんや思うでえ」

イタリア代表ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。俺たち年寄り集団とか言われてるけど、まだまだ。力あるっすよ!今のまとまってるチーム大改造して、若返りする必要なんかない。ワールドカップで優勝したのは大昔じゃない、3年っきゃ経ってないんっすよ。もう俺たち、忘れられた存在っすかね。もっとリスペクトされてたっていいだろ?もっと俺たちのホントのこと、わかってくれよな。リッピ監督はどうリードしてったらいいのかすごくよくわかってる。若手の起用だって、思いっきりドンピシャのタイミングっすよ。次のエジプト戦は、敬意をもって試合やるっす。ブラジルと4−3の接戦やったからだけじゃなくって、まじでいいフットボールやるチームだし、個人の力も凄いっす。さすがアフリカチャンピオンの実力っすよ」

■ユーヴェ。ディレクターのセッコさん。スペインに行ってるそうです。ユーヴェの希望としてはディアッラは買い取りオプションつきの貸し出しで。マドリーとしては1700万ポンドでの買い取りで。だそうです。この交渉が上手く行かなかったら、ウディネのダゴスティーノの獲得に方向転換?で、ロッシについては、ユーヴェは1200万ポンドで、ヴィジャレアルはトレゼゲ+現金で2000万ポンドでの移籍を希望?という噂。


■ウディネーゼのミッドフィールダー、ダゴスティーノ。こちらについては、ユーヴェ行きの噂があったんですが、セッコさんがディアッラ獲得交渉にマドリーに行ったそうで、その話が立ち消えに?という話になっていて(笑)
ダゴスティーノ
「進展、なしみたいだね。まあ、俺はやることやってシーズン終わって、待つだけだよ。ユーヴェ行きは第一希望ではあるけど、クラブに行き先決められちゃったら、自分じゃどうにもならないからさー。」

■ミラン、ガットゥーゾの代理人のダミコさん
「ミランはいわばガットゥーゾの家みたいなもんですよ。アンチェロッティさんと大変親しかったからといって、それだけでミランを出て行くことないでしょう。監督と選手のキャリアは別物なんですよ。たしかに、グラスゴー・レンジャースに居た経験もあるし、プレイがプレミア向きなのはご覧のとおりですけどね、ガットゥーゾはプレミアが好きですかと聞かれて、質問に答えただけのことだし。だいたいね、チェルシーから代理人の私のところには、何にも話が来てないんですよ」

ミラン、ピルロ。
「なんかー。チェルシー行くって超噂だけどー。俺―。誰にもそんなこと言ってないしまじまじー」と正式に発言したそうです。

ミランに来る?と言う噂のチッソコーCissokho。日本語のニュース見たらシソコになってましたな。ユーヴェのシッソコはSissokoでミランのシソコはCissokho。う〜む。昔アメリカのシカゴに出張した同僚が、コーヒーショップでチリドッグを頼んだら、「おまえな、ここはシカゴだ。Chicago。チカゴなんていわねえだろ?だから、Chiliはチリじゃねえ。シリだ。シリドッグってえんだ」と言われたそうで、なんのこっちゃ。
ともあれ、チッソコー。ミランと仮契約締結まで行ってたんですけれど、問題が発生してしまったようです。
ミランのガリアーニさん
「ポルトは移籍でなく貸し出しで、それもえらく高いレンタル料を吹っかけてきた。だからこの話は終わりだな」

ミラン、セードルフ。自分の会社ONインターナショナルを通じて、レガプロのクラブ、ACモンツァの持ち株51%を取得すべく交渉中?という噂です。ちなみに今のところ残りの49%を持ってるのはReply S.p.A社、代表者はザンガリさんという方なんですけれど、元インテルのジュゼッペ・ベルゴミがこの会社に関係してるとか・・。ONインターナショナルの代表者のロッシさんは、まだどちらも公式にモンツァの主導権を握ってはいないし、さらに大きい会社が関与する可能性もある、と発言しているそうです。

■ローマは資金難という事情もあってか、いいストライカーを惜しげなく他所に売ってしまいますわな〜。マンシーニしかり。キヴしかり。今年はヴチニッチを売ってしまう?スパレッティさん、守備のメクセスとフアンは売らないでくれとクラブに頼んだそうですけど・・そんなわけでヴチニッチはマンU?という噂。まあ、クリスチャン・ロナウドの穴を埋めるほどではないだろうけれど・・う〜む。

また、ペロッタ32歳も契約は2010年に満了します。ローマとしては、来季の契約満了を待ってから売るなら自由契約選手として移籍金なしで手放さなければならないわけで。この夏に売却して資金の足しに?という観測もあります。さらに、スパレッティさんとあまり折り合いのよくないパヌッチ。こちらもパルマ行きの噂があります。

■フィオレンティーナのディレクター、コルヴィノさん。
「今、フットボール業界もご多分にもれず不況まっただなかです。せめてこの、他国にくらべてえらく高く課税されてしまうシステムをなんとかしていただきたいです、それにEU外選手枠なんてばかばかしいルールも撤廃するべきです。世間一般同様にバリアフリーにしましょうよ。それがスポーツの発展のためです。イタリアの若手はそんな規制などなくても十分力を発揮だせますとも。サントンをごらんなさいよ。マイコン、マックスウェルを堂々おしのけて起用されてるでしょう」
posted by かや at 06:27| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

来季のミランは?


■イタリア代表リッピ監督。
「エジプト戦のメンバーですか?ご想像ください。皆様から何人の名前が出ますでしょうか。・・メンバーは変えます。何人入れ替えるかは申し上げません。明日の朝、ジュゼッペ・ロッシが先発に居るか否か。楽しみにお待ちください。カンナヴァーロの復帰も重要ですが、最近私はかなりディフェンスのメンバーを変更し、それが奏功しているのも忘れないでください。ブラジル?考えていません。その前にエジプト戦に勝たなければ、大変ドラマティックなことになってしまいますので、明日は最良のメンバーで臨みます。選手の体力も考えて頭を使ってメンバーを組み立てます。サントンですか。準備は整っています。アメリカ戦より良い試合が出来ると思います。いずれにせよ、本番の12ヶ月前に南アフリカに来ることができたのは良いことです。現地を実際に見て、天候を体感するのは来年にむけて大いに参考になります。」

■イタリアU21、セルビアと0−0で引き分けたあとにカシラギ監督
「次のスウェーデン戦は厳しいものになりました。スウェーデンは大変良いチームです。エルム、ベルグの二人が好調で脅威になるでしょう。まだグループリーグはあと2試合、6ポイントのチャンスがあります。スウェーデンが1歩抜きん出ていますが、うちとセルビアも最後まで挑戦するでしょう。」
「セルビア戦は厳しい試合でした。接戦でした。前半に2回得点チャンスがあり、そこで点を決めて居ればセルビアに試合をコントロールされることなく違う展開になったかもしれません。最後にボールを相手に取られないよう、改善しなければなりません。今日は勝てたかもしれない試合でした。金曜の試合は勝たなければなりません」

■ユーヴェのデチェーリエ。前のシーズンにシエナで活躍、このシーズンはユーヴェに居ました。来季はナポリと共同保有選手になり、ナポリへ?ディフェンダー、ミッドフィールダーの両方で使える便利な選手だけどまだ23才。ユーヴェは同じようなポジションのグロッソ、ドッセナを獲得する、という噂もあります。そうね〜。ユーヴェのベンチにいるよりは試合に出れる機会が多いチームのほうが、いっかな。

■ミラン、ボリエーロ。このシーズンはジェノアにいました。怪我もあってジェノアはいい成績だったけど出番はそうでもなかった。来季は、ゼコ選手と交換でウォルフスブルグに?という噂ですが。
「俺としては、次は、まじでミランに戻りたい。ミランに戻ってそのままずーっと、ってのが正直な希望なんだよな。なんかいろんな噂あるらしいけど、俺は自分では何にも言ったことないし、分かってたとしても次のシーズンはじまるまで、・・おしえてやらないよ。じゃん♪」

ミラン、ピルロ
「シーズンおわってからー。来季のことかんがえるけどー。うちらー。このままミラン居るか、ぶっちゃけわかんないしー。ロンドン行ってー。アンチェロッティさんと仕事するかもしれないしー。っていうかー。俺ってー。ミランかなり長いしー。環境変えてー。自分のキャリアのー。新しいページめくるのってー。悪くないかもしれないしー」

ミラン、ガットゥーゾ
「おいどん、プレミアば好きたい。おいどんのスタイルに向いとっと。ばってん、おいどんずっとミランに居ったし、ここば離れるのは難しかとね。でも、チェルシーば世界の強豪の一つで、おいどん、ミランでアンチェロッティさんと8年一緒に居ったとね。アンチェロッティさんば、父のごたる思うとっとっと。」

(・・う〜む。もしですよ、ホントにこの二人が出てっちゃったら、・・どーする?マルディーニとピルロとガッちゃんとアンチェロッティさんとカカが居ないミラン。なんだかな〜〜〜。赤黒ではあっても、ミラン、と思えるだろうか。あっし的、これがミランだ、と思うまでに、気持ちの上でちょ〜っと時間かかりそうな気がする。)

ミラン、アンブロジーニの代理人。・・アンブロ君は、のこるよな?
「ミランとの交渉?続いてますよ。まだ時間はたっぷりありますでしょ、あと1年契約あるんですから。ミランもマッシモもお互いいい関係だしね」
来季は残るとしてもその次はどうなるか。ってことでしょうか。既に。フィオ、ナポリ、ローマからチェックが入ってるらしいです。

■キエーヴォの監督ディカルロさん。
「ペリッシエール。売りませんよ。売るもんですか。まあ、時として移籍市場は想像を超えた動きをする場合もありますが、もし来季もうちにいたならゴール量産はまちがいないでしょう。来季の目標?残留です、残留。なに。キエーヴォの監督になる人は皆そういってますねって?笑ってる場合じゃないですよ、セリエA残留は基本です。大事です。残留してナンボです。私も監督として経験を積み、技量は上がってきたと思っています。キエーヴォでは早いうちに残留確定する、それが目標です」

■マドリーの大型補強に対抗して、バルサが狙っているといわれるイブラヒモビッチ。チェルシーも獲得を考えている、という噂。チェルシーは本当はカカが欲しかったんだけどマドリーに行ってしまい、ヴィジャとテヴェスも獲得できそうにないのでイブラヒモビッチ、という推測でしょう。既に3000万ポンドを提示しているという噂もありますが、インテルがつけた値札は7000万ポンド。チェルシーは却下されたらデコかカルバーリョをつけるという観測もあるけれど、モウリーニョさんがイブラヒモビッチを手放すか?

■なんて凄い額が飛び交ってるところに、ボローニャのディバイオが来季もボローニャと契約延長ほぼ確定、の話。年俸100万ポンドだそうです。100万ポンドって、我々からみたら凄い額だけどさ。スター級からみたら30分の1だもんな。いやはや。

■バティステュータ。今、なにやってるんだろう。メッシについて。
「バルセロナでは実力を出し切れていると思う。でも代表ではいまひとつだ。代表は、自分のコンディションがいい時に試合があるとは限らないから、難しいな。でも実力はあるんだから、いつかはいい仕事できると思う。」

■そのバルサ。8月に中南米ツアーをやります。8月1日にLAギャラクシー、5日にシアトルサウンダース、8日にサンフランシスコでメキシコのグァラダラハラと対戦します。

■一方のマドリーは8月19日にドイツのドルトムンドとアウェイで練習試合をやる予定が決まったそうですが・・それまでに、スターお披露目ツアーやるんだろうなあ。いらん心配ですが、選手の疲れは大丈夫なんだろうかな。



posted by かや at 06:06| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

美肌のための食事

あっしんちにいらっしゃるのは、結構女性が多い!と勝手に思っているんですが(笑)、
皆さん、・・やっぱお肌、気になりますよね〜。
この時期の紫外線うんぬん、というより、
オフィスでの乾燥、ちょっとした買い物のときの日焼け、もちろん年齢によるシミ、たるみ、しわ、乾燥、毛穴の目立ち、昼休みに鏡をみたらなんか油ギッシュ、などなどいろいろ悩みは尽きません・・

ということでgigazineさんで見つけました!
きれいな肌を保つために摂取すべき8種類の食べ物

う〜ん。自分が普段から健康を意識して食べてるのは、
この中ではトマトと大豆(ほぼ毎朝納豆たべてます!)ぐらいだなんですけど、
でも、意外と!手に入りやすいし、お値段もさほどしないものばかりですね。
もっと意識して、しゃけとかアボガドとか卵とかたべよう!

・・でも!お茶よりコーヒーが好きだなあ〜。


posted by かや at 06:19| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U21引き分け

■コンフェデ、イタリアの次の対戦相手はエジプトです。カンナヴァーロは緒戦アメリカ戦にはふくらはぎの怪我のために試合に出てませんでしたが、エジプト戦までには復帰できそう、とのこと。

■スペインのメディアは昨日のイタリア=アメリカを酷評してます。「イタリアはいい動きをしていなかった。勝ちの内容じゃない。話できてるんだろ?」とじゃ、得点したロッシはアメリカで生まれ14歳までアメリカで過ごしていることを受けて、「ウラギリモノ」呼ばわりされてたり、子供のころは野球やってたんだろとか言われてたり、だそうでです。

そのロッシ。
「俺みたいな若手が代表なんて凄い機会もらったら、夢中でがんばるよ。またいい仕事させてもらえたらうれしいです。アメリカと関係あったこと?18ぐらいのときに当時のアレーナ監督がワールドカップに連れて行こうか考えたことがあったらしいよ。でも自分はイタリア代表になりたかったんだ。アメリカってぐらいだからアメリカンドリームだってあったろって?そりゃね。プロのジョカトーレになる夢があった。ジョカトーレになるなら、アメリカよりイタリアのほうが、なりやすくね?リッピ監督が、俺の性格を評価してチームにいれた?うーん。自然体で冷静でシンプルだからかな。今後?今はこのトーナメントのことだけ考えてる。そのあとのことは待つしかない、でも俺はイタリアのカルチョが大好きなんだ。難しいしね。プレッシャーかかる状態って結構好きだし。」

■U21のユーロガスゥエーデンで行われているのですが、イタリアは緒戦のセルビア戦に0−0の引き分け。あまりいいスタートではなかった。ちなみにメンバーは以下のとおり。おなじみの名前がずらりですねえ。ってことは、このシーズンは、若手がそれだけ台頭したってことですわな。次のユーロ、次の次あたりのワールドカップはこの顔ぶれが代表として出てくるわけか。楽しみだねえ。
Italy: Consigli; Motta (Pisano 78), Andreolli, Bocchetti, Criscito; Marchisio, Cigarini, De Ceglie, Giovinco; Acquafresca, Balotelli (Abate 67)

ちなみに同グループの他の試合は、地元スゥエーデンはベラルーシに5−1の快勝でした。イタリア、次の試合は金曜、対戦相手は開催国のスウェーデン。セルビアはベラルーシと対戦します。う〜む。勢いに押されなけりゃいいんだけど。

■トレゼゲの代理人のカリエンドさんはいろんな人の代理人やってます。
「マンCのエラーノでっか。ダイナミックなええ選手でっしゃろ。攻撃もええ守備もええ。誰でもが欲しゅなりますがな。で、本人はな、英国より他のところでやりとうおますねん。ユーヴェにぴったりやと私は思うとりますけどな。トレゼゲでっか。これなあ、ユーヴェとヴィジャレアルが、ストライカーの評価基準が全然違いますねや。難しいですわ。」

今期がんばったカターニア、マスカラ。いろんなとこからオファーが来ているようですが。
「え、マンCとかヴィジャレアルとかって噂はあるみたいだけど、俺はぜんぜん知らないんだよなあ。でも8月31日まで、ありえないはありえないしわけだし。でも、俺はカターニアがいちばんいいな。もしクラブの為になるようないいオファーが来るなら、よーく考えるよ。とにかく今は家族とバカンスだからさ〜」

ユーヴェのディレクターのセッコさんがマドリードに行ってるそうです。目的はディアッラの獲得?

■ミランのレオナルドについて、アルトベリさん。
「レオナルドは誰にでも親切だしよく働きますよ。話をきいていると、フットボールに対する造詣の深さには驚きます。根っからのミラニスタなんだな。名選手だったように名監督になると思いますよ。経験のなさ?最近はあまり経験のない人もビッグクラブの監督になってるでしょう。レオナルドにはカリスマ性もあるし、控え室での纏めかたも上手いですよ」

■インテルのフリオ・クルス。ギリシャのパナシナイコスに?ちなみにパナシナイコスには元インテルの同僚、レコバさが居ます。クルスの代理人がアテネに行ってるそうです。また、英国、スペインのクラブからも興味を示されてるそうです。

■ラツィオ監督に就任したバッラルディーニさん。
「今期は10位で終わりましたが、更に向上をめざす計画をたてようと考えています。とてもやりがいのある仕事をいただきました。折角のすばらしい機会を存分に生かしたいです。選手達にはプロとして充分な練習をし、実力を発揮してもらいたい。ラツィオには大きな可能性がありますが、日々の積み重ねによってそれが実現するんです。まだここではお話できませんが、今後の計画ははっきりしています。選手達に相応しいシステムを見出し、更に質を上げることを目指します。私はあまり話すのが得意ではありません。話すことより、ピッチの上での事実を皆様に見ていただきたい。ラツィオの選手達はラツィオに相応しいからこそここに居るんです。今後加入する選手の名前は今は申し上げませんが、質の高い選手を更に増やしつつあります。私はファンの皆さんにも敬意をもって、私たちのできうる最善を尽くします。きっと、よい仕事ができると思います。」

ラベル:イタリア代表
posted by かや at 06:06| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

緒戦に勝ったあと


■イタリア代表リッピ監督
「私たちらしい試合が出来たと思います。アメリカも、アメリカらしくよく走る生き生きしたサッカーを見せてくれました。最初は多少ナーヴァスでしたが相手が1人退場で数的優位になり、後半は自分達らしいプレイができました。ロッシの2ゴールは私も嬉しく思います。この大会は、自分達でもどうなるかわからない、もしかしたら間違った道を辿ってしまうかもしれない可能性もありましたが、今日は、このチームにはワールドカップを勝ち取った精神が宿っているのをお見せすることが出来たと思います」

ゴールを決めたジュゼッペ・ロッシ君22才
「勝って、ゴールも決めれて嬉しいです。今日のゴールはアメリカでテレビで観戦してる家族に捧げます。アメリカ、手ごわかったですよ。タフだし当たりきついし、でも後半は疲れたみたいで。そんなわけでいいスタート切れました」

■ユーヴェ、フェッラーラ
「まいど。コンフェデだっか?エエカンジで始まりましたなあ。結局わしは最初の1週間だけ代表と一緒に居りましてんけどな、最初から若いのんが皆、よう頑張ってましたで。もちろん。ベテランも負けじとがんばってましたで。それに、皆、イタリアは年寄りやとっしょりや言わはりますけどな、ブラジルやスペインと、そんな変わりまへんて。ワールドカップを手ぇにしたんは、その、とっしょりのチームでっせ。今回も次のワールドカップも、経験生かしてどんどん行きまっせえ。なになに。グロッソ。よろしいなあ。他にも、わしとこが目ぇつけてるええ選手、代表にもようけ居てますけどな。」

ユーヴェ、早速代表で活躍したヴィジャレアルのジュゼッペ・ロッシを獲得、逆方向にトレゼゲを?!ヴィジャレアルは既にトレゼゲに連絡を取っているという噂もあります。

■トリノの来季監督はコラントゥオノさんになりました。

posted by かや at 20:16| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンフェデ緒戦無事勝利〜

■Italy 3 - 1 USA
Donovan 41 (USA) Rossi 58 (ITA) De Rossi 72, 93
ハーフタイムではリードされてたイタリア、終わってみればジュゼッペ・ロッシとデロッシで3点とって快勝。いい勝ち方だねえ。それも、ちょっと複雑ではあるけど、ガッちゃんとカモをロッシとモントリーヴォ、若手に変えたらチームのバランスが良くなった感じですねえ。ワールドカップと、次のユーロが楽しみだ!ってかなり早いか(笑)
メンバーは以下のとおり。
Italy: Buffon; Grosso, Chiellini, Legrottaglie, Zambrotta; Gattuso (Rossi 56), Pirlo, De Rossi; Camoranesi (Montolivo 56), Gilardino (Toni 68), Iaquinta

試合前のコメントですがリッピ監督
「昨日の試合をみたところ、スペインは引き続き大変好調なように見受けられました。どこが優勝候補?私には興味ありません。然るべきときに然るべき調子を維持し、存分に力を発揮できたチームがトーナメントを制するのです。」

■ユーヴェ、デルピエロ。マルディーニ引退後、いわゆるクラブの顔といったらデルピエロかトッテイか、になってしまいましたな・・そのデルピエロも契約切れの来季2010年には35歳。あまり時間はのこされてません。が。ここにきて、来季はもしかしたら1000万ポンドぐらいで移籍?の噂がでてるそうです。スペイン、アメリカ、中国からオファーが来てるそうですが。
コボッリ・ジッリ会長
「来季はデルピエロにとって正念場だと思います。本人も、ワールドカップ出場メンバーに選ばれるために、是非ともレギュラーで試合に出たいという強いモーティベーションがあるでしょうからね。それにまだ契約満了まで1年あるし」

■インテルはチェルシーのデコとリカルド・カルバーリョの獲得を考えている?
モラッティ会長
「デコは何度か、もう一度モウリーニョさんと一緒に仕事をしたいと発言しています。嬉しいことを言ってくれますな。モウリーニョさんは他にも、カルバーリョを連れてくるべく交渉中です。かなり順調ですよ。出来たら二人ともこちらに来てほしい。移籍期間が終わるときには、レアル・マドリッド、バルセロナに引けを取らないメンバーを揃えていたいものです。インテルはこれで4年連続優勝ですので、ライバル達の打倒インテルの思いはますます強くなっているでしょう。私たちには更なるやんごとなき歴史を打ち立てるチャンスです。モウリーニョさんも私も欲しい選手はもう1人います。ドログバです。マイコン?もちろん、このままうちに留まりますよ。ではごきげんよう」

モウリーニョ監督
「イブラヒモビッチ?うちを出て行く理由なんかないでしょう。あの、レアル・マドリッドの移籍市場の動き方を見ていたら、もう、なんでもありですな。誰もイブラヒモビッチの本当の価値に合うだけのカネは出さないでしょうね。さすがにクリスチャン・ロナウドに払われた以上の高額を払う人が出てくるとは思わない。でも、このギョーカイ、ありえないはありえないんです。・・なにチャンピオンスリーグ。私だって勝ちたい。私はイタリア、スペイン、英国での優勝経験はあるけれど、チャンピオンスリーグはやはり難しいですよ。なに。デコとカルバーリョ?チェルシーの選手でしょう。他のクラブの選手についてお話しても仕方ないんですが。二人とも過去一緒に仕事をした事があります。また出来るならうれしいですよ。でも、それを決めるのは私じゃなくチェルシーでしょう」

■ローマといったらセンシ一族なのですが、センシ一族保有の会社イタルペトロリがローマの株式の77%を保有しています。が。この不況でイタリアの銀行から資金を借りられないといわれています。銀行のひとつウニクレディートは、イタルペトロリが保有する最も勝ちある資産、ASローマを売って資金を作るべくアドバイスしているといわれています。ということで、既に昨シーズンのジョージ・ソロスに始まって買い手の話が何人か出ました。今度はアンジェリーニさんという、薬品関係の会社を持っている方が現れたそうです。1億1100万ポンドでセンシ一族から持ち株を買い取り、更に1億7000万〜2億ポンドを注入して選手を獲得、ローマを強化する、という噂ですが・・

■ミランはヤンクロウスキ+1000万ユーロで、ローマのメクセスが欲しい?

■ラツィオの来季監督はバッラルデイーニさんに決まりました。45歳。この方も若手といえるでしょう。う〜む。来季は主だったところの監督が若返りますねえ。セリエA、もしかしたらがらっと変わる時期を迎えたのかな。

■パルマ、ルカレッリ。
「昨日クラブと話し合ったとき、ディレクターのレオナルディさんはこのままうちで頑張ってくれたまえとおっしゃってましたよ。99.9%は来季もここに居ると思うよ」
とはいうものの、フィオとローマから声がかかっている?

■う〜むマドリーは何を考えてるんでしょうか。第二銀河系構想でしょうか。カカ、クリスチャン・ロナウドでは足りず、ヴィジャ、イブラヒモビッチ、更にトレゼゲの噂が出ているそうです。
トレゼゲの代理人のカリエンドさん
「実際、レガでやってみたらそらもう、満足以上の結果になると思いまっけどな。行き先マドリーやったら、年俸下げてもよろしおまっせぇ」
反対方向には、ということはすなわちうちにオファーされてるのはドレンテとハインツェ、といわれてます。

マドリー系で、もうひとり。ハンテラー。イタリアのクラブからオファーが来ているとか・・ハンテラー、25才とまだ若い。ローマから声がかかっている?という噂。

■カカ。前向きだなあ。
「俺の夢はもう一度パローネドーロをもらうこと。でもその前に、ナショナルチームでも、クラブでもタイトル獲得することがもっと大事だけどね。個人に与えられるものは最後でいいんです。ブラジルはいつも優勝候補と言われてるけど、今回の大会はすごく大事だと思います。5大陸どこの代表にも、最善の試合やっていい勝ち方したい。ワールドカップに向けて最高の予行演習だから。それに2014年のワールドカップはブラジルでやるんだ。ムード最高に持っていきたいです。」

ラベル:イタリア代表
posted by かや at 06:19| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。