2009年06月15日

緒戦を前に

■イタリア代表リッピ監督
「私のチームの平均年齢は28歳と高いといわれていますが、他とさほど変わりません。心配無用です。このチームなら何かを成し遂げると信じています。今後数ヶ月のうちには、U21から更に何名かがステップアップしてきます。これが1シーズン通してのトーナメントになるなら、私はこのメンバーは選びません。ですが、30日から40日で行われるものでしたらこのメンバーを超えるだけのチームは他にありません。思ってスペインはワールドカップ優勝こそないけれど、ユーロで優勝を果たしています。ここまで来るのに若手育成に6、7年を要しています。ですが私たちはスペインやブラジルの後塵を拝しているとは思いません。私たちは世界チャンピオンです。レベルは同じです。」
「緒戦のメンバーですか?当日の朝に考えます。貪欲に価値を目指します。目標は勝利。できるなら、良い試合で勝利したいと思っています。カルチョは世界の最高峰であることを示現したいと思っています。アメリカチームはワールドカップで対戦したチームとは一味違うと思います。ドノヴァン、デンプシー、ビアズレーなどはまだ健在ですが、体力的に大変優れています。要注意です」

イタリア代表の最初の試合は月曜の夜におこなわれます。審判はチリ出身のポゾさん。

ということでコンフェデはじまりました。スペイン、緒戦はニュージーランドに0−5で大勝してます。すごいですねえ。フェルナンド・トーレスは3ゴール。いきなりトップスコアラー候補。

■ユーヴェ、ジョビンコ。ウディネーゼからオファーが来てるそうですが。
「俺は絶対ユーヴェで続けたいです。まじ全力がんばる。出て行くなんて考えられないです、だってユーヴェは世界の超トップレベルだから。ラニエリ監督?正直、あまり気に入られてなかったです。試合に出なきゃ、実績も実力もなにもないよ。」

ジョビンコ代理人のパスクァリンさん
「本人の言葉通りですよ。ユーヴェを去ることは全く考えてないです。ジエゴが来たことで更に燃えてるしね。自然と、他を圧倒するだけの態度も身についてきましたよ」

ユーヴェ、ポウルセン。ドイツのハンブルグに?

■ネドヴェド。ラツィオ行き?
ラツィオのロティート会長
「この業界、ありえないはありえないからねえ。ネドヴェドは、チェスにたとえるならクイーンでしょう。体調だって問題ないし、大変モーティベーションが高い。まだ何も話は始まっていませんけれど、ラツィオを更に向上させる話でしたらなんでも大歓迎です」
ラツィオはまだ来季の監督を発表してません。おそらく、バッラルディーニさんになるのではと言われています。監督発表してから選手の移籍になるんだろうな。

■ミランからマドリーに行ったカカ。
「ミランにはホント感謝してます。自分が世界レベルの選手と言ってもらえるのなら、ミランとセレソンには、本当に世話になってます。恩返ししなければいけないと思ってます。ミランが財政難になってしまったのは残念だけど、ここに来たからには自分はレアル・マドリッドの一員なんだし、自分のプロ選手としてのミランとの関係はもう終わったんです。ミランはこれからも、新しい監督と一緒に前進していくと思う。レオナルド監督がんばってください。俺はいつでもミランが好きです。」

■ローマ、スパレッティ監督
「来季もうちのクラブ所有者は変わらないと思います。私は、来季もファンの皆さんに楽しんでいただけるカルチョを目指します。苦しい時も、適切な振舞いがあれば乗り越えられるとご理解いただけたなら、来季のローマはきっと何かを得ることが出来ると思います。何人かの新しいメンバーを迎え、4年前のすばらしい成績を挙げたローマの再現を目指します。全員、さらに貪欲かつ熱心に前進いたします」

■うううまた名前の読めない選手が出てきた。アルゼンチン出身、Mariano Andujarアンジュハル選手ですかね。この選手、05−06シーズンにパレルモに居て11試合出場、そのあとエトゥディアンテに戻っていましたが、来季はカターニアに来そうです。

ラベル:イタリア代表
posted by かや at 05:55| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

あの優勝から、もう3年かあ。

■ユーヴェ、ブッフォン。
「うぃっす!ブッフォンっす。ワールドカップの優勝から、もう3年経つんっすね。あの直後は、コンフェデだってこの勢いなら俺たちだってとこだったけど、いざここにきたら、かなりバランスとれたチームが集まってると思うっすよ。ブラジルがちょっと抜け出てて、俺たちとスペインが挑戦者、って感じっす。俺にとってはもちろんコンフェデって大事で、だって5大陸のそれぞれ一番強いとこが集まってやる大会で、そこに出られる代表なんだからまじ真剣勝負っす。俺たちは一番平均年齢高いけど、18才のサントンもいる。優勝チームに若手を導入して育ててくプロジェクトなんっす。来年から本格的にワールドカップに向って準備することになるけど、俺たちにはあと何人か若手が入ってくると思う。もしこの大会でコケたら?うーん。状況次第だろうけど、新旧交代が進むと思うっすよ。メディカルチームにとっては本番にむけて有益なデータがとれるチャンスで、まあ、どこのチームにとっても同じっすけど、1年早く現地でやれるのは、俺たちにとってもいい経験になると思うっす」

ユーヴェのティアゴ・メンデス。この2シーズン、結局、あまりというかほとんどいいとこなかったなあ。
「2012年までユーヴェと契約はあるんだけど、このギョーカイ、ありえないがありえないですからね。フランスリーグはいまいちメジャーじゃないけど、俺にはありだった。セリエAは戦術がなんていうか洗練されてて、俺のキャラむきじゃない。ポルトガルに戻って自国リーグで優勝めざして頑張る機会があったら嬉しいな。」

ユーヴェ、ディレクターのセッコさん
「ドッセナとグロッソ?獲得予定リストに出ている名前のうち、実現の可能性がある二人です。今はジェノアとクリスキトの移籍交渉中で、返事待ちです」
他にも、ウディネからローマに貸し出しになってるマルコ・モッタの獲得を考えているとか・・

■ミラン、ガリアーニさん。土曜にポルトガルのオポルトに行きました。今朝もみかけた、ポルトのCissokhoチッソコー選手と5年契約?この選手、まだ21歳、ポジションはフルバック。右も左もできます。

■今はアメリカに戻ったベッカム。
「自分が短期間でもミランに行こうと思った理由のひとつに、アンチェロッティ監督の存在があります。世界に通用するすばらしい監督の下で働いてみたいと思ったんです。アンチェロッティ監督が去ったあとのミランでも、もちろん自分は仕事を続けたい。チェルシーに行ったカルロには、幸運を祈ります。ミランのトレーニング施設は、自分がこれまで経験したうちで最高のものでした。ミラネッロのフィットネスは大変効果がありました。それが、アンチェロッティさんのアイディアだったそうなんです。きっとチェルシーにもあのアイディアを持ち込むと思いますし、それだけでなく、たとえば戦術面などでも、多くのお仕事を熱心になさると思う。チェルシーには大変なプラスになると思います。自分ですか?今から、来年のワールドカップ出場メンバーに選抜されるべくコンディション調整を始めます。そのためにも、トップレベルで継続的にプレイすることが自分には必要なんです。ミランに行くかもしれないし、プレミアに戻るかもしれないし、他のリーグに行くかもしれない。自分にもまだわかりません。ギャラクシーとの契約満了までに考えます。」

■チェルシーのアンチェロッティ監督。イタリアから誰をつれていくか、いろんな推測が飛び交ってますが、ローマのメクセスとフアンの名前が出てきてます。ローマはご存知のとおりの資金難で、クラブ買収の話がシーズン終了前から出てますので、場合によっては、というか、高く売れるのであれば、デロッシ、メクセスのような主力も売りにださなければならないか・・

■パルマ。先日はネドヴェド獲得?なんて噂があったけれど、ローマでスパレッティ監督といまいち不仲のパヌッチを獲得する?
ディレクターのレオナルディさん
「来季のパルマは若手とベテランが一体となった良いチームにしたい。パヌッチ?おおいに興味がありますが、パヌッチからすればかなり環境が変わることになるでしょう。アクアフレスカもいい選手です。でも、引く手あまたですからなあ。それからルカレッリ。今はジラルディーノの控えになってしまっていますが、これまたいい選手ですねえ。」

■アタランタ、このシーズン一杯でデルネリ監督が退任しました。来季の監督はグレグッチさん。
「挑戦の機会をくださったアタランタに感謝申し上げます。契約期間はとりあえず1年ですが、そんなのはあとで話し合えばいい。わたしにとっては本当にすばらしい機会を頂戴いたしました。アタランタの基本方針は、若手に実力をあますことなく発揮させるところにあり、私の考えと一致いたしました。最初はデルネリさんが作りあげた4−4−2から始めます。どこまでできますか、全力を尽くします。目標?残留とセリエAに新しいジェネレーションを台頭させることです。」

■インテル、イブラヒモビッチ。さっき買い物に行ったら、スーパーで、イブラヒモビッチのレプリカユニフォームを着てる子供をみかけました(笑)。おいといて。バルサ行き?といわれてますが、マドリーがイグアイン+現金でオファーしている??

posted by かや at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びおら、入院してました。

実はびおら、数日入院してましたが、無事、退院しました。
長――くなってしまったので、折りたたみます。

サッカー好きの方、この記事飛ばしてくださいまし〜
聞いてくださる方は、下の「続きを読む」をクリックしてくださいまし〜

退院後帰宅するなり、まっさきにお風呂に入って、毛づくろいするびおらちゃん。

IMG_08621.jpg

続きを読む
posted by かや at 15:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐコンフェデ開幕


■イタリア代表は、月曜にコンフェデ緒戦やります。プレトリアというところでアメリカと対戦するんだけど、カンナヴァーロがふくらはぎの筋肉に怪我、セントラルディフェンダー控えのレグロッタリエも、筋肉に問題があって出場微妙とのこと。たぶんガンベリーニが入ることになると思いますが、ガンベリーニはニュージーランドとの練習試合であんま調子よくなかった選手。・・よーし、本番でその分も挽回してくれっ!たのんだぜ!
代表ドクターのカステラッチさん
「カンナヴァーロは月曜は無理でしょうがそのあとは大丈夫とみています。レグロッタリエは念のため土曜の練習を休ませました。日曜に再度様子を確認します。」
ちなみに、アメリカ戦のあとのイタリアの相手は、18日木曜にエジプト、21日日曜にブラジル。

ユーヴェ、ブッフォン
「カカとクリスチャン・ロナウドの、超高額のレアル・マドリッド移籍っすか?なんか、きりがないっすね。どっかで歯止めつけないとヤバくねっすか。俺がここに来たのは2001年で、移籍金3000万ポンドだった。でも景気こんなに悪くなかった。でも今は超不景気で状況違うのに、あれもんの超高額の移籍が成立する。おかしいっすよ。俺たち、日曜には試合があるけど、その他の日にはすぐそのへんにだってある、厳しい現実みつめるべきっす。ぶっちゃけ、ある意味居心地悪いっす。ちょっと常識的に考えれば、こんな金額払うのおかしいっすよ。」
「ネルソン・マンデラが開幕戦の南アフリカ=イラク見にくるらしいっすね。南アフリカ変えて、南アフリカだけじゃなくって世界中に影響して、言葉で社会変えるってまじ凄いっす。ほんの20年前まで人種差別がフツーだったここで、このトーナメントが行われるってことは、誰にでも、未来の希望があるってことっすよ」

代表に召集されているドッセナは、昨シーズン、ウディネーゼからリヴァプールにいきました。そこそこ活躍してはいるんですが。
「そりゃイタリアに戻りたいですよ。ユーヴェみたいなクラブから声がかかったらまじで嬉しいです。リヴァプールはビッグクラブだし、自分は今、凄くいい経験してるなって思う、でも代理人のとこにたとえばユーヴェから話がきたらまじ考えます」

ザンブロッタ。
「コンフェデは来年のワールドカップに向けて、チーム組み上げるのにすごくいい機会だと思う。俺たち2月に連勝記録31でブラジルにストップされたから、この大会でリベンジしたいです。」

■スペイン代表の緒戦は日曜のニュージーランド戦。
デルボスケ監督。
「先発11人はもう決めてます。うちには23人選手がいて、幸いなことに全員好調です。長くきびしいシーズンが終わった直後ですが、心身ともに良い状態ですよ。最良のコンディションでトーナメントをあれできると思います。緒戦の相手のニュージーランドですか。イタリアとの練習試合見ましたよ。3点とったあれね。まとまっててセットプレーも上手い。それより、どんな相手でも、絶対に軽んじてはいけない。そこんとこあれしちまうと、失敗してしまいます。このトーナメントには強豪が多数参加してますのでね、ブラジル、イタリアだけじゃないですよ。エジプトの優勝だってありかもしれませんよ」

スペイン代表キャプテン、カシージャス
「俺たちは優勝候補のひとつだと思ってます。2年間一緒にやってきた成果が出せると思う。シーズンが終わったばかりだけど、負ける気しないですね。俺たち、これまではいつも強いとこと当たると終わりだったけど、これからは俺たちもその強豪の一角として、大きい大会の決勝まで進めるようになりたいです。謙虚に自分たちのフットボールをやることで俺たちはここまできたんです。それが出来たなら、きっと勝てると思う。」

■ユーヴェ、ディレクターのセッコさん。
「今後の獲得予定選手ですか。タスキTasci?2ヶ月前まで注目していましたが、カンナヴァーロがこちらに来ましたので現状では興味ありません。逆に、去る選手ですか?手放したい選手はいないのですが、新しいフォーメーションで出番がなくなる選手には、もし良い方策があったなら手放すと思います。」
とか言いながら、欲しいのはジェノアのクリスキト、売る方向で考えてるのはマルキオンニ?

■インテル、モラッティ会長。
「イブラヒモビッチは最終的にはうちに残るでしょう。先日の、バルセロナ会長ラポルタさんと私のやんごとなき食事会がみなさま気になるようですが、私たちはお互いに興味があった、というところです。イブラヒモビッチはバルセロナに行きたかったのだし、私たちはバルセロナ側がどこまで本気なのかを確認したかったのです。そして互いに、今のイブラヒモビッチとの関係で幸せだと確認したのだと思います。もっともこれ以上に全員が満足できる方法がありましたら考えますが、これ以上の良策がなければ現状のままかと。エトー?たしかに、多くのゴールを決めている選手ですが、イブラヒモビッチがうちから去るとは思いません。イブラが、現状のインテルには最良の選択と思われます。プロフェッショナルで覇気にあふれ、私は大好きですよ。最初の年こそ少々言動に違和感はあったものの、度々年俸を引き上げるなどの解決策も必要ありませんでした。今回の発言もどこまで本気なのかは私にはわかりませんが、眠れないほど心配することではありませんでした。ただし、もし、イブラヒモビッチと同レベルの選手を獲得できるチャンスが訪れましたら、私はインテルのオプションのひとつとして考えるでしょう。ではごきげんよう」

インテル、モウリーニョ監督。
「デコですか。また一緒に仕事が出来たら楽しいだろうな。一緒にいい仕事をして、勝って、喜びを分かち合った仲間です。私がデコの成長を手助けしたとも言えますが、逆に、私にとっても、デコのような選手が居たから今のような監督に成長できたのだと思っています」

■ミラン、ポルトで頭角をあらわした、ディフェンダーのフランス出身チッソコーですかねAly Cissokho選手を獲得しようと考えている?レオナルド自身がポルトに飛んで交渉したという噂。

ミランといえばマルディーニですが、先週半ばにミランユースのコーディネーターの仕事を打診されたけれど断ったのち、土曜にロンドンに行ったそうです。ということで、来期はもしかしたらチェルシーでアンチェロッティさんと一緒にチェルシーの助監督の仕事をやる?という噂。ちなみに、既にアンチェロッティさんにはウィルキンスさんという助監督が付いてますので助監督二人になるります。ちなみのちなみに、昨シーズンもチェルシーには助監督が二人いたのですが、もう1人のクラークさんはウエストハム(ゾラが監督やってます)に行ってしまったそうです。ちなみのちなみのちなみにマルディーニはマイアミに別荘があるぐらいですので、英語が堪能。

■パルマ、ディレクターのレオナルディさん。昇格の原動力にもなったパロスキは、ミランから借りてた選手なのでした。
「パロスキはミランに帰りますかと?うーん。買い手が二人ということは競争が生じるわけですな。でも、出場機会の多いパルマでもう1年自己研鑽を積むのが、本人にとって最良の道だと、私は思いますがね。ミランに行ってしまったなら、うちはその代わりの選手を探さなきゃいけなくなりますな」

■サンプドリアのデルベッキオ。プレミアのハルシティに?

■キエーヴォ、AEKアテネから借りていたキーパー、ソレンティーノを買い取りました。ソレンティーノはキエーヴォの残留におおいに寄与。来季もキエーヴォでがんばります。

■降格したレッジーナのチリッロ。ギリシャのPAOKサロニコに行きました。ここ、たしか以前シニョーリが行ったとこかな。チリッロは05-07年、AEKアテネに居ましたので、ギリシャに戻ることになります。

■マドリー、まだまだ選手の入れ替えが終わらない。スナイデルと、インテルのマイコンの交換?!
posted by かや at 08:08| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

クエン酸


管理人の最近のマイブームが、クエン酸。
蛇口とかシャワーヘッドに、白い物体が付いてなかなかとれないので、
ネットで見かけた、クエン酸掃除を試みてみました〜

・・取れた!
殺菌効果もあるし。クエン酸えらいぞ!

それに、食用にもなるって言うじゃない。
早速、麦焼酎+クエン酸+タンサン(いきなり酒かい)を試してみたら。
余計な香りなどなく、すんごく、すっきりしゅわっとして、なかなかいい!

で・・
先日、新生姜を見かけたんですよ。
ガリ漬けよう。と思って買ってきたけど、
お酢が足りない。

・・そうだ!クエン酸があるじゃん!

ショウガを薄切りにしてさっと茹でて、
お酢ぐらいの濃さにしたクエン酸+水+人口甘味料、に漬けてみたんですよ。

そしたら、色は綺麗だし、味もたしかにガリっぽいけど、
なんか、う〜む。なのね。
やっぱ人工のモノじゃだめなのね。
テイクアウトの寿司についてるガリのほうが美味しい(爆)

やっぱ、お酢と砂糖は、えらい!
なのでした。

でもなんか悔しいので、
いまいちの手作りガリに、カツオブシと出汁醤油をあわせました〜
なにげ、いいオツマミになりました!

IMG_08851.jpg

・・ガリ+カツオブシかあ。

ガリアーニさん、やっぱ、カカは売らないほうがよかったんじゃなかい。
とりあえずあ、ローマのオカカを買っとく(笑)?
posted by かや at 12:04| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マドリーの移籍方針

■ユーヴェ、コボッリ・ジッリ会長
「ミランはカカ売却によって自ら力を削いでしまった、そのぶんの補強は必須です。ですが、レオナルドの監督就任はギャンブルで、うちのフェッラーラ監督就任は安全策、というご意見には同意いたしかねますな」

トレゼゲ
「このあと?今はバカンスだからさ。もうちょっとしたら帰るよ。でも、まだどうなるかわかんないな。俺、ここに9年いて、この先どうするか、ぶっちゃけ俺次第なんだよね。7月3日に話しあうことになってる。このシーズンははっきり言っていいシーズンだったとは言えなかった。前半は怪我で。後半は監督となんか上手くいかなくて。でももう怪我は治ったんだし、次のシーズンはユーヴェでも他所のチームでも、俺、主役のひとりでまじ頑張りたいんだよね」

トレゼゲの代理人のカリエンドさん、ナポリ出身。
「せやから、ユーヴェはトレゼゲ売りまへんて。セッコさんが売りに出さんて、言うたはりましてん。なになに。レアル・マドリッドに?トレゼゲも行くんちゃうかって?カカとロナウドとトレゼゲが居ったら、そらもうえらいことでっせ。1人で45ゴールぐらい決めるんちゃいまっか。」

ユーヴェ、ディレクターのセッコさん
「ラツィオのパンデフ?うちにはストライカーは十分居ります。たしかに、先方からのお話はありましたけれど検討に値するものではありませんでしたので。フェッラーラですか?カリスマ性十分でしょう・それに準備は入念ですよ。モーティベーションを上げるのも上手いです」

ユーヴェ、左バックにはモリナーロとデチェーリエがいるんですが、いまひとつ機能しきれてない。ということで名前が出てきたのが、リヨンにいるイタリア代表グロッソ。この選手、な〜んか・・ワールドカップ準決勝ドイツ戦の2ゴールで、持って生まれてきた運の7割がたを一気に使い果たしてしまったんじゃないかと(笑)思ってるんですけど・・インテルはともかく、リヨンでは結構いい仕事してます。来たら、心強い!

■元ユーヴェ、パレルモのミッコリ。
「ユーヴェに居るときの俺の失敗ずらか?最初はよかった。でも、だんだんレギュラーになってきたら、何かと、デルピエロと「競合」してることにされちまったずら。そんなもんなかった。俺は、デルピエロと仲良かったずらで。ユーヴェの1年は22試合に出て9ゴールだったから、悪いシーズンじゃなかったし、俺は今だってユーヴェの皆はリスペクトしてるずら。問題があったのはディレクターずらで。まあ、終わっちまったことだ。良くある話ずらでよ。」

■コンフェデ参加中のイタリア代表の練習を見に、多くの子供を含む5000人もの人が練習場に集まったそうです。地元チームとの練習試合は6−0で勝ち。
ガットゥーゾ。
「リッピ監督ば縁起かついで、ワールドカップ連覇のためにもここでは勝たないほうがよろしいでしょう、なんて言うちょったばってん、そんなの迷信たい。イタリアば、勝つためにここに来たとね。時間つぶしのためじゃなか。それにしても、南アフリカば何かと苦しか国ばってん、こげな大勢の人ば、この大会に熱心に集まってくれるのは感動とね。良か大会にして、歓迎してくれた皆に、笑顔になってもらいたか。」
「レアル・マドリッドがどんどん選手ば買うこととね?新聞で見たばってん、FIFAのプラティニ会長も良くは思ってなかと。金持ちのクラブば、金じゃんじゃん使うてどんどん選手ば買うて、フツーのところはそれが出来んと。フットボール業界もNBAのごたる年俸上限制度ば作れば解決できるとは思うばってん、そうカンタンに行く話じゃなかとね」

■ローマは、シェフチェンコの獲得を考えている??という噂。って、う〜むあっしゃシェヴァはチェルシーの「トロイの木馬」で、アンチェロッティさんをつれてチェルシーに帰ったからして、その報酬の意味もあり英国で出番は少ないながらも数年は安泰に・・なんて思ってたんだけど、そう甘いものではなかった。でもミランのレオナルド新監督の来季のプランに、申し訳ないけど、今更シェフチェンコが居るかったら、う〜むなわけで。といってチェルシーに戻ったところで、アンチェロッティさんはとにかく実績ださなきゃいけないんですから、シェヴァは年齢的にもピークを過ぎてるし、どしどし使ってもらえそうにない。また、昨年の夏からローマはシェフチェンコに興味をしめしていて、スパレッティ監督とシェヴァが会ったことがあるという話もあります。

■ナポリがアンブロジーニの獲得を考えている?と言う噂。ナポリったらドナドニ監督だもんね。ミランつながりか。で、ナポリにはチガリーニ、ガルガノさ、ハムシク、いい中盤の選手は多いけど皆24才以下と若い、ということで、ベテランを導入しようという発想。なるほど。でもマルディーニ後の今期ばかりは、アンブロジーニはミランに残るだろうねえ。ちなみにアンブロ君のミランとの契約はあと1年。

■インテル、リヨンのベンゼマの獲得交渉を始めた?とフランスで報道されてるそうです。ベンゼマ、リヨンで43ゴール決めてます。が。まだ21歳なんだ。若いですねえ。ちなみにベンゼマは、アルジェリア系のフランス人だそうです。お〜。ジダンと同じだ。


■来季昇格するチーム、おなじみパルマも楽しみですけど、あっし的にはなんといっても、元ユーヴェのキャプテン、熱血コンテ監督のバーリです。いや〜楽しみだねえ。
コンテ
「俺、ユーヴェの監督候補になれただけでも、誇りに思う。フェッラーラには頑張って欲しい。でも、俺が監督になってから何度かチーロと話すことあって、自分の戦術とか熱く語ったっけ、でもチーロいつもクールだった。今度はチーロが、チーロの戦術語る番っしょ。きっと、皆、驚くっしょ。うちのホームのユーヴェの試合は、リズムと身体能力の、俺たちのカルチョ見せてやる。ユーヴェに、堂々挑戦する。」
「昇格しても、あんまり変えない。俺は、4−4−2でやるべさ。げれっぱでセリエAにようやっと残る程度の中途半端な補強なら、しないでくれって、クラブに頼んだ。気になる監督?カッリアリのアッレグリさん。相手がビッグクラブでも、堂々自分のカルチョ貫くのは凄いっしょ。会長も本気で信頼してて、5連敗してもびくともしなかったっけ。ゼンガ監督もなまらいい仕事したっしょ。あの人の、止まったボールからの戦術は勉強になる。最近イタリア人の監督が海外で仕事してること?いいことっしょ。それだけ、イタリアには、ナショナルチームにもビッグクラブにも相応しい人材がいるってことだ。選手の国外への移籍?とんでもないオファーが来ると、クラブと株主は経営のこと考えると、反対できないんだべ。それに、海外で挑戦するのはいいことだと思う。」

■セリエB、プレーオフ準決勝のセカンドレッグが行われました。ブレシア=エンポリは3−0、途中バローニオが怪我で交代しながらもブレシアが勝って決勝進出。エンポリ、後半に入った親方フラーキが奮闘したんですが点にならず。もう1試合はリヴォルノ=グロセットは4−1でリヴォルノが決勝進出。

■一方、降格してしまったレッジーナの来季監督にはノヴェリーノさんが就任します。ノヴェリーノさんにとっては9つ目のクラブ。この方、98年にヴェネツィアをBからAに昇格させた実績があります。

■マンUはマドリーへのクリスチャン・ロナウド移籍を発表しました。マドリーはまだまだ物足りず、ヴァレンシアのヴィジャ、インテルのマイコンを連れてくるようです。しっかし資金源はどうなってるんだろうなあ。まあ、日経平均も1万円回復したしね。2月3月ぐらいは、ある意味100年に一度の買い時だったんでしょうね。なんのこっちゃ。冗談でなく、株価が回復しているのは確かですから、うまく投資していればどん底状態からソコソコの状態になってるかもしれません。

■で、そのクリスチャン・ロナウドの後に入るのか。ローマのヴチニッチのマンU入りの噂があります。昨年もローマにオファーがあったそうですが、ローマが断った直後にユナイテッドはベルバトフの加入を発表したといういきさつがあります。

■プラティニが最近のマドリーの移籍市場での動きについて。カカとクリスチャン・ロナウドで合計1億6500万ユーロですよ、円にしたら227億6300万円ぐらい。とんでもない額ですよね・・
「近来、高額での選手の移籍が多数成立しています。UEFAはフェアプレーを目指しているのですが、財務バランスにおけるフェアプレーという観点から申し上げれば挑戦的な行動といわざるを得ない。私たちは更に明確かつ透明性の高い確固たるシステムを構築すべく、最優先で、この点について新たな規定策定を考えています。」

ラベル:セリエA
posted by かや at 08:22| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

ひるやすみ日本橋ウォーキング

管理人、最近脚の筋肉が弱ってきたような気がして、
4月ぐらいから、昼休みにうろうろ会社近辺を歩いてます。
管理人の勤務先の会社は日本橋兜町の東京証券取引所のすぐ近くなので、
そのへんを基点に水天宮、八丁堀、蛎殻町、小舟町、京橋、呉服橋、本石町、などなど、
名前は雰囲気あるけど、実際はオフィスビルばっかなんですけどね。

・ぐるっと日銀コース(日本銀行を一回りするコース)
・三越本店屋上で英国庭園と日本庭園を見るコース
・酢醤油コース(ひげた醤油本店とみつかん酢本店の前を通るコース)
・水天宮で戌の日割引のおせんべい買って帰るコース
・ドラッグコース(薬品関係の会社が多いコース)
・東京駅大丸のスイーツ売り場を歩いて一周して戻るコース
・調味料コース(えすびー、ブルドッグそーす、味のもと、おまけにアミノ酸びる、なんて怪しい名前の建物があるコース)

なんて、40分ぐらい歩いて会社に戻るコースを発見してます。

そんな中で、アミノ酸びるに次いで気になったのがこれ。
「一石橋」。日本銀行のすぐ近くにあります。

IMG_08481.jpg

一石橋、という文字をみたとたん思い出したのが、
「子連れ狼」の、エンディングテーマでしたっけね。
タイトル忘れてしまったんですが、
親とはぐれて迷子になったら、どこで待ち合わせする?なんて歌。

「ててごとははごと、ごとごとで、
一石橋で待てばよい♪」

片親の大五郎はここで、ごとごと回る風車を持って、
拝一刀を待っていたのか・・

って、これ、思いっきり架空の話じゃなさそうなんですよ。

「wiki 一石橋」でググってみたら、
壊れたときに、後藤さんという商人二人で再建された橋だから、
ごとう二人→五斗+五斗で一石、と名づけられたとされているとか、
迷い子のしるべ、というのが設置されてた、なんで書いてありました。

ちこっと、物知りになったような(笑)


posted by かや at 21:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジエゴ語る

■ユーヴェ、ジエゴ。
「俺、イタリア語の勉強するよ。ゴール決めたあとや勝ったあと、一緒にいい仕事したみんなに、お礼したいから。ブレーメンでやってたように、ユーヴェでも出来ればいいんだ。もっと戦術は勉強して上手くならなきゃいけないけど、全力出せるようにがんばる。たくさんゴール決めて、セレソンにも選ばれたい。最後に試合出たのは去年の9月のボリビアで、ポルトガル戦も召集はされたけど出れなかったしさ。」
「ブレーメンで気分よく3年間過ごせた。凄く勉強すること多かったし、勝てるチームで本気で勝ちを目指すことで、自分でも成長したと思う。いいフットボールやると、ファンが素直に応援してくれるんだな。」
「ユーヴェとブレーメンの交渉はまじ長かったよ。何度も話し合って問題をクリアしていって、正しいときに正しい形で移籍成立って感じだよ。もちろん凄くうれしい。ブレーメンに、最後にトロフィー残して終わるのもいい形での退団だと思う。次のシーズンからはセリエAでまた挑戦するんだ。まず最初もここに慣れなきゃいけないけど、クラブがいろんな面で援助してくれてる。その分も早くゴール決めてお礼したい。俺は二重国籍でイタリア国籍もあるんだけど、イタリア語は、言ってることだいたいわかるけど、人前で話せるようなレベルじゃない。勉強しないとな。基本がポルトガル語だから、ドイツ語よりは楽だと思うよ。」

イアクィンタ。
「カカとイブラヒモビッチがいなくなったら?俺もブッフォンと同じ。そりゃ、うちには有利だよ。競争相手のチャンピオンが居なくなるんだろ。で、うちにはジエゴとカンナヴァーロが来たんだから、これで俺たち、次はスクデットだぜい」

■ミラン、レオナルド監督
「パトとピルロはミランの鍵を握る選手です。売りません。昨今さまざまな噂がささやかれていますが、来期のミランのメンバーが確定するのは、移籍期間が終わってからです。ロナウジーニョ?大事な財産ですよ、もっと責任もって仕事をやってもらいたい。今年はベストシーズンに並ぶ出来とはいえませんでした。才能をあれだけ持ちながら、出し切れなかった。ですがミランは1人の選手に依存するタイプのチームではなく、チーム力が持ち味です。マルディーニ?実は私は監督の仕事を承諾するまえ、真っ先に相談したのがマルディーニでした。ですが、マルディーニは私がどう考えているかを、既にわかっていたんです。私もマルディーニの考えが分かった。互いに説明しあう必要がなかったんですよ」

■ネドヴェドが来季昇格のパルマ行き?という噂があるらしい。
パルマの会長ジラルディさん。
「なに。ネドヴェドとうちが交渉している?私はなにも知りませんが、ネドヴェドは皆さんご存知のとおり、目覚しい働きのチャンピオンだからねえ。なにパロスキ。権利は半分ミランが持ってるんだが、互いに難しい交渉になりそうだな、本人はミラン行きの夢があるはずだから。でもまだ若いんだし、セリエAの経験を積んでからでもいいんじゃないかね」
パルマは他にも、インテルのヒメネス、ウディネーゼのディナターレやんの獲得を考えているとか・・

■インテル。・・イブラヒモビッチはホントにバルサに行ってしまうんでしょうかね。月曜に、エトーがミラノにきていたとフランスの新聞が書いてるそうです。エトーのバルサとの契約は来季まで。資金潤沢な英国のクラブ(マンC)に移籍?ともいわれてるそうですが・・

今期で引退したフィーゴ。
「ミラノに住んだ4年間は、わしのサッカー人生最良の4年間だったぜよ。インテルでの待遇は大変良かった。クラブ関係者全員に感謝してるぜよ。一生忘れないぜよ。自分の最高のプレイが出来なかったのは申し訳ないが、インテルとの良い関係は今後も続くとおもう。わしはもう、年をとったぜよ。長かったジョカトーレ人生のあとは、もっと家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいぜよ。」
「モウリーニョ監督が来て、わしにもう一度チャンスが訪れたぜよ。わしは、レギュラー起用が条件の契約などしたことがない。控え室では皆が平等でアタリマエぜよ。モウリーニョ監督がわしを高く評価してくれているのはわかっていた。自分はここで、ゼロからや
りなおせると思った。控えになるのを受け入れるのは嬉しいものではないが、高給目当てに、このまま漠然と居座るのも気に入らなかった、そこにモウリーニョ監督が来たぜよ。」
「わしがマドリーを去ったのは、あと1年契約はあるが試合に出る機会がなかったからぜよ。さっきも言ったが、わしはカネなどどうでもいいぜよ、自分はジョカトーレとしてまだまだイケると思った、だからインテルに移籍することにしたぜよ。そして、こうして幸せなサッカー人生を終えることが出来た。わしは幸運だった、でも勝つための努力もしたんぜよ。」

■ポルトガルつながりで、チェルシーのデコ。
「モウリーニョさんがいるなら、絶対、勝てる。俺がこれまで出合った監督じゃ最高だな。」
デコはチェルシーではあまり出番がありません。監督がアンチェロッティさんになったけど、今後はどうなるか・・インテルのほかにも、興味をもってるクラブもあるのかもしれないですねえ。

■ナポリは、今スペインのセヴィーリアであまり出番のないキーパー、ディサンクティス32歳を獲得する?

■うちのトレゼゲに声をかけてるのはローマだけでなく、実はナポリも獲得を考えているとか、1000万ユーロ以下で売りに出すとか、の噂が出ていますが。
トレゼゲの代理人カリエンドさん。わあ。ナポリ人だった。
「明日ユヴェントスと話し合いの予定がありますねや。その場で、別のクラブを探してもええかどうか決まると思います。移籍金やら移籍先やらごちゃごちゃ噂ででますけどな、今はまだ何も決まってまへんねや。なにナポリ?初めて聞きましたで。私ナポリ人でっから、トレゼゲがうちの地元に来るんやったら大歓迎ですがな。まあ、どっちゃにしてもまず、ユーヴェが方針決めな始まりまへんて。ユーヴェが売らんならこのままでよし、でも市場に放出するんやったら、そらもう、いろいろ話が来ますやろな。」

■ナポリつながりでカレカ。この方、むかーし、ナポリでフェッラーラと一緒にプレイしてた経験と、ブラジル代表でレオナルドと一緒にプレイした経験、両方があるんだそうですが、えらくチーロやんを高く評価してくれてます。うれしいねえ。
「チーロとレオがユーヴェとミランの監督ね。べつに驚くことないな。監督の素質十分だからさ。でも私は、チーロのほうが監督としては1歩抜きん出ていると思う。大物選手が揃った控え室でどう振舞えばいいかは熟知しているからね。チーロはマラドーナの現役時代に一緒にナポリにいたんだが、控え室での行動は実に適切だった。どういう言葉をかければマラドーナが奮起するか、逆に、苦しんでいるときに得意の皮肉でいかに緊張をほぐすか。上手いもんだったよ。ユーヴェにはマラドーナほどの存在はいないけれどスターは多いからね。チーロのバランス感覚は役にたつだろう。ジエゴはゾラのような感じだね。動きも、才能も、ゴールを決めるセンスも良く似ている。点を取るだけでなく守備参加もできる。デルピエロとも申し分なくやっていけるだろう。アマウリは力強いセンターフォワードだけでなく、繊細なボール使いもできる。ジエゴの絶妙のアシストがあったら更に伸びるだろうね」

■ジェノア、着々と来季に向けて選手を集めてます。既にフロッカリ、クレスポ、ペレ、ときて、次はシーズン終了前に何度か名前が出てきた、シエナのミッドフィールダーの、モロッコ出身カルヤですかねHoussine Kharja。300万ポンドで獲得しました。

posted by かや at 05:57| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

イブラヒモビッチ移籍?

■Italy 4 - 3 New Zealand
Smeltz 13 (N), Gilardino 33, 48 (I), Killen 42, pen 57 (N), Iaquinta 68, 73 (I)
イタリア代表、練習試合に勝ちました。ニュージーランドといったら、オールブラックス。黒対青の試合でした。ジラルディーノとイアクィンタ、二人でドッピエッタ!なんて喜んでる場合ではありません。3回先行されて逆転の展開でした。トニに惜しいチャンスがあったのですが、残念ながら得点にはならず。気温は低く、天候は雨。練習試合なので両チームともめいっぱい交代枠をつかって選手を入れ替えてます。
メンバーは以下のとおり。キーパーはアメリアが90分。ストライカーは、前半はジラ=クァリアレッラ、後半はトニ=イアクィンタ。話題のサントン、先発してました。のちにザンブロッタと交代してます。怪我上がりのガッちゃんはモントリーヴォと交代。
Italy: Amelia; Santon (Zambrotta 65), Legrottaglie, Gamberini, Dossena; Gattuso (Montolivo 60), Palombo; Pepe (Camoranesi 60), Rossi (Pirlo 46), Quagliarella (Iaquinta 60); Gilardino (Toni 60)

リッピ監督
「練習試合をやることが必要だったんです。そのため、今日はいわゆるベテランには休養をとらせました。ミスがそのまま失点につながりましたが、結果、勝つことができました。良い点も悪い点もありましたが、よい練習試合でした」


■ユーヴェ、更なる補強の候補として、ボルドーのリーグ1での躍進の原動力、モロッコ出身ストライカー、チャマクーですかMarouane Chamakh選手と、シエナのコロンビア出身ディフェンダー、ズニガの獲得を考えてます。チャマクーのほうは他にもアーセナル、トッテナムから声がかかっていて、行くならプレミアがいいと発言してるそうです。ズニガは右のディフェンダー。このシーズンはグリゲラ、ゼビナ、メルベリ、いずれも怪我だったりでうまくフィットしていなかったので、若手で評価の高いズニガにチェックが入ってるというところのようです。

■インテル、イブラヒモビッチがバルサ移籍?という噂がスペインで流れてるそうです。イブラヒモビッチはチャンピオンスリーグでの勝ちを目指しているので、インテルより可能性の高そうなバルサに、という発想、およびグァルディオラがイブラヒモビッチを高く評価しているためのようです。で、バルサからインテルにはエトー+1000万ユーロだとか・・先週モラッティさんがバルサの会長ラポルタさんと「友人として」一緒に食事をしたという話がありましたが、その席ではエトー+4000万ユーロだったので、随分安くなったなあ、なんちて思ってしまったんですが、エトーの年俸が5シーズン6500万ポンドとかなりお高いものらしい・・

インテル、モラッティ会長
「私たちは自分達の望む移籍なら話をすすめます。私は、今いる選手達を売りたくありません。オファーが来たら熟考し、もしくは本人の移籍の望みがあれば考える方針です。マテラッツィ?契約延長いたしました。モウリーニョ監督も、大変使える選手だといっていますので。ではごきげんよう」

イブラヒモビッチの代理人のライオラさんは、
「いや、ズラタンについてはどことも合意していません。ですからお話できません。会長同士の話し合い?よくあることでしょ。それにモラッティさんはメッシが好きですから、そちらのほうの話も出たんじゃないですかね?いずれにせよ、もし移籍したいのならズラタンからインテルに話すのが最初でしょ。それからいろいろうごきだすわけですよ。フットボールをやるために生まれてきたような選手ですから、どこのクラブでも問題ないでしょ。クリスチャーノ・ロナウドとカカを足したぐらいの力がありますよ」

ユーヴェのブッフォン。
「うぃっす!ブッフォンっす。もしホントだったら、アタリマエだけどうちには有利っす。うちのほうは今んとこカンナヴァーロとディエゴと、チャンピオン二人がきてパワーアップしてるっす。俺っすか?いろいろ話はあったけど、これからのユーヴェのプロジェクト、まじ最高イイっすよ!だから俺はずっとユーヴェでがんばるっす。俺たちセリエAに戻って2シーズン、基本から組みなおしてきて、かなり復活してるっす。まだまだこんなもんじゃないっすよ!」

■カッサーノの代理人のボッツォさん
「カカの代わりにカッサーノ、の噂があるそうですね。でもミランがそうお考えなら、先方からこちらに、まずお話があるでしょうな。実現したらミラニスタにとって嬉しい話でしょう。」
ちなみにカッサーノは95%の確立でサンプドリアに残る、と以前から発言してるそうです。ちなみのちなみに、カッサーノは、自分はインテリスタだと以前発言したことがあるそうです。

■ミラン、セードルフ
「アンチェロッティさんが俺をチェルシーに呼びたがってるって話はよく聞く。嬉しいけど、俺は来季もミランでがんばるんだあ。契約もあるし、ここで充実してるんだあ」
ちなみにセードルフは33才、アヤックス、マドリー、ミランでビッグイヤーを持ち上げてます。4つ目のクラブを選ぶとしたら、そろそろ年齢的にも最後のチャンスになってしまうかもしれません。

■ジェノア、アタランタからフロッカリを獲得しました。
フロッカリ
「ジェノアはカルチョが盛んなとこだし、大きなチャンスもらえて嬉しいです。それに綺麗なサッカーやるし、今後どんどん伸びていくチームだし、欧州で活躍する機会だってあるかもしれない。移籍には迷いませんでした。責任もそれだけ増えるけど、うれしいです。自分の力をおもいきり出してチームのためにがんばります。クレスポもここに来たんですよね。一緒にプレイすることでいろいろ学べるとおもいます。」

■イタリアU21はデンマークに4−0で勝ちましたが。
カシラギ監督
「良い点もありましたが、良くない点も多い試合でした。いい試合ではあったけれど、チーム全体のコンディションに少し問題があります。U21ユーロ緒戦のセルビア戦に誰を起用するか、考えます」


■今期引退したといったらマルディーニとネドヴェドとフィーゴ。に加えて。実はローマのカンデラも引退してました。ヴァンサン・カンデラ、フランス代表。なんだか焙煎にんにくの焼肉のたれのような名前でもありますが、フランス人かイタリア人かっぽい名前ですよね。でも実は英国で育っていて、英国籍を選ぶチャンスもあったそうです。おいといて。ローマでのカフーとの連携はローマのスクデット獲得に大いに寄与してます。得点力もあり、長距離シュートを決めたりしてました。フランス代表にも召集されたけれど、実際はリザラズの控え状態。あまり出番はありませんでしたけれど、代表の選手たちみんなに好かれていました。ローマのあとは英国のボルトン、イタリアに戻ってウディネーゼ、シエナ、メッシーナに在籍したけれど、07年9月にメッシーナを退団したあとは特に所属がなかったのかな。Wikiによると07年9月に引退となってるんですが、そのあとアルバトロスというラツィオ州のチームにいたそうです。6月5日に、引退試合をおこなってます。00−01のローマのメンバー対98年フランスワールドカップ優勝メンバー、というえらく豪華なメンバーで、結果は5−3でローマが勝ったそうです。

posted by かや at 06:17| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

スーパーカップは中国で


■イタリア代表、ニュージーランドとの練習試合を行います。
リッピ監督
「代表チームに長くいる選手の起用を考えています。デロッシとカンナヴァーロは控えにまわります。アメリカ戦の先発はですか?既に決めています。明日の試合のメンバーとは違いますし、試合内容によって変えようとも思っていません。明日はロッシを先発に起用します。サントン、ガットゥーゾ、パロンボ、ドッセナも使おうと考えています。このぐらいでよろしいでしょうか。」
「ジュゼッペ・ロッシは若くして既に国際経験豊富でチャンピオンの風格があります。中央でもサイドでも自由自在な、現代サッカーを示現する選手です。私はメッシがセンターフォワード、ルーニーがストライカー、クリスチャン・ロナウドがウィンガーをやっているのを見たことがあります。今どきのサッカー選手はどのポジションでもこなす能力が要求されるものです」

■9月9日にイタリア対ブルガリアの国際試合が行われます。場所がトリノのオリンピコに決まりました。ちなみにトリノのオリンピコは、ユーヴェの専用スタジアムが完成したのちはスタディオ・グランデ・トリノと改名されます。ちなみのちなみにトリノで代表の国際試合が行われるのは2000年11月の対イングランド戦以来で、1955年のユーゴスラビア戦以来負けがない、縁起のいい場所。

■ユーヴェ=シュトゥットガルト間で、メルベリ=タスキですかねSerdar Tasciの、ディフェンダー同士の交換?このタスキ選手はミラン、アーセナルからも注目されています。

■カカの移籍についていろんな人が。
イタリア代表リッピ監督
「代表監督として申し上げるのですが、もっと多くの外国人選手がセリエAから去ることによって、自国出身者が試合に出るチャンスが増える。良いことです」

バルサのラポルタ会長
「これはまた、常軌を逸した額での移籍ですな。現実に即していない。市場価格に歪みを生じてしまう。」
というのも、バルサはイブラヒモビッチ獲得に乗り出しているのと言われているので、この高額が影響してしまう可能性があるわけで・・

ミランのレオナルド監督
「リカルドが居なくなって、皆寂しいですよ。選手としても人としてもすばらしくて、皆カカが大好きで、ミランのシンボル的存在だったからね。」

あるミラニスタ
「ジダなんかに400万ユーロ払って、要りもしないシェフチェンコだのロナウジーニョだの買って、それで、カカ売らなきゃどーしようもなくなったのさ」

ガリアーニさん
「なに、パト。売りません」

コスタクルタ
「つらい決心だったと思いますが、ミランなら替わりの選手を必ず見つけるはずです。カカは本当は移籍したくなかったと思う、でも賢い子だから、ミランの為を思って決めたんだろうし、新しいものに挑戦することで自分のモーティベーションを見出してるはずです。ミランはカカを売るという選択肢を選んで、変動期に入ったと思います。そしてまた新たに成功への道を見出す。それがミランなんですよ」

ボバン
「マドリーはいい買い物したけれど、まだバルセロナには相当差をつけられてるな。私の考えですけど、カカは自ら望んで出て行ったと思うし、売ると決めたミランにも驚いています。チームでもっとも大事な選手を売ってしまったのにはかなりショックですよ」

ジラルディーノ
「カカやイブラヒモビッチはスターだからね。高給もらうだけの権利はあるさ。ま、俺だっていろんなものを築きあげてきた、でもずーっと給料は安いぜ。それが彼らと俺の違いだな。」

■イタリアスーパーカップ、今年は北京で開催されます。中国の縁起のいい数字を選んで、8月8日の午後8時キックオフだそうです。
posted by かや at 05:49| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

カカ、レアル・マドリッドへ

■カカ、マドリーに行きました。
ミランのコメント。
「ACミランは、6年にわたって人として、ジョカトーレとしてミランに多大な貢献をしてくれたカカに感謝いたします。熱心でプロフェッショナリズムにあふれたカカが去ることは戦力的に大きな損失ではありますが、私たちなら克服できます。カカの前途に幸いあれ。」

カカ、1月に1億ポンドのマンUのオファーを断ってるそうですが、ミランは今回の100年に一度の経済危機の影響で、多額の(6000万ポンドといわれてます)の損失を抱えてる状況でした。もしかしたら、カカを売って損失分を取り戻さざるを得なかった、のかもしれません。カカは、03年のオフにサンパウロから来ました。9月、アンコーナ戦でデビュー。そのあとスクデット、CL、イタリアスーパーカップ、欧州スーパーカップ、クラブワールドカップ、パローネドーロ、FIFAのプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、なんだ、ワールドカップ以外、主要なタイトル全部ミランでゲットしてるじゃないの。すごいですねえ。

カカ
「俺は、ミランで続けたかったけどね。世界中の景気がおかしくなって、あっちこっちのクラブがダメージ受けてるけど、ミランみたいなビジネスもやってるクラブは特にダメージ大きかったんだよな。ディレクターと話し合って、今、自分が出て行くことがミランのプラスになるなら、俺は移籍することにした。番号?5番だったら、凄い責任ごと引き継ぐことになるよな、ジダンはレアル・マドリッドでも代表でも凄かったから。番号決めるまでゆっくり考えるよ」

マドリー、ペレス監督
「とにかく一番欲しかったのはカカなんですよ。ガリアーニさんとは古いつきあいもある。もし買えるもんならうちに欲しい、と言ってみたところ話がまとまったわけですわ。私は直接本人と話していないし、直接見たのもサンシーロでのチャンピオンスリーグの試合に招待された2、3年前だけですが、あの試合のあと控え室に行ったら全員からちゅ〜の歓迎でしたよ、もちろんカカからもね。さすがミランです、カカが残りたいと望むわけです。ですが、もし、ミランが許すのならレアル・マドリッドでプレイしてみたいと本人も言っていましたでしょう。この移籍は誰にとっても良い結果をもたらすと私は信じています。何年か同じところに居たら、次の目標を目指すのはいいことです。かつてジダンが、今、カカがそれを選んだわけです。ガリアーニさんは、来季のミランはより優れたチームになるはずなので、ファンも反対はしないだろうとがおっしゃっていましたよ。ユヴェントスがジダンを売って補強したのと同様、ミランはこれで欧州の主役に立ち戻ることができるでしょう。来年のチャンピオンスリーグ決勝はサンチャゴ・ベルナベウで行われます。根が沸くば、私のレアル・マドリッドとミランの決勝であってほしい。」

英国筋によると、チェルシーのアンチェロッティ監督がパトの獲得を望んでいるとか・・
パト
「あわてなーいあわてない。まだ何にも決まってないですよ。ひとやすみひとやすみ。コンフェデが終わってからミランの人たちと話し合います。でもその前にアンチェロッティさんと話すと思います。自分がイタリアでここまで成長できたのはみんなアンチェロッティさんのおかげです。凄い人です、本当の恩人です。だから決める前に相談したいです。それに、俺、最終戦のときドーピングで居残りで、アンチェロッティさんにきちんとお別れしてないんだ。・・カカ?マドリーでも活躍できるといいね。でもチャンピオンスリーグじゃ、活躍・・して欲しくないな。ミランには大きい損失だけど、うちはカカだけじゃなくてチーム力もあるし、ロナウジーニョみたいな凄い人だっているんだ。」
ラベル:ミラン
posted by かや at 20:14| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカ入り


■イタリア代表、コンフェデ会場の南アフリカ入りしました。今、北半球が夏に向っている、ということは南半球は冬にむかってます。気温は10度前後で、風は強く湿度は高いそうです。イタリアチームの基地はヨハネスブルグとプレトリアの間のイレーネというところで、早速練習を行いました。10日にはニュージーランド代表と練習試合をやりますが、デロッシとカンナヴァーロが別メニューで練習してるそうです。正式発表はないそうですが、疲労と時差ボケの影響らしいです。

リッピ監督
「緒戦のアメリカ戦が一番重要です。最初に勝てば、あとが楽になる。最初に失敗すれば難しくなります。いいトーナメントになることを期待します。」
「ブラジルは今世界最強です。スピードがあり強く、大変危険です。他とは違う独自のスタイルをもっています。ですが私たちはワールドカップのタイトル保持者です。皆様もこの対戦に大変興味をお持ちのことでしょう。南アフリカに行ったことはありませんが、良いところだと聞いています。異文化の人々とのコミュニケーションを楽しみにしています」

■ユーヴェ、コボッリ・ジッリさん。
「私たちのユースチームのレベルの高さは、将来のユヴェントスに期待を高めるに足りるものです。私たちがユース監督のフェッラーラをトップチームの監督に推挙した理由が、ユースでの実績にあるんです。フェッラーラならベテランと若手をとりまとめてよいチームを構築できると、私は信じています。アリアウドは貸し出しません。来季はベテランのカンナヴァーロと一緒に仕事をし学ぶ絶好のチャンスだと私は思います」

ユーヴェ、ディレクターのセッコさん
「ジエゴをここに連れてくるまでに、長い時間がかかりました。ディレクターと現場のスタッフの合意ののちに動き出した話ですが、途中でバイエルン・ミュンヘンも獲得に乗り出してきたりで交渉はかなり難しかったです。なんとしても獲得したい選手でした。カンナヴァーロの復帰につきましては、ディフェンスの強化です。少なくとも1年はカバーできるでしょう、なんせ現イタリアキャプテンです。それに本人の復帰の意思も強く、減俸の条件を飲んでこちらに来たんですよ」

ユーヴェ、カモラネージ。今期は怪我もあり、ラニエリさんとあまり折り合いが良くなかったこともあり24試合しか出場できませんでした。監督替わったんですけどね。来季はバイエルンかマルセイユ?という噂がでてきました。

ユーヴェが獲得を考えている?といわれているウディネーゼのダゴスティーノ27才。
「今日クラブ同士で話し合ってるんだ。今はどっちの契約書にサインするか待ってるとこ。ウディネーゼは未熟な俺なんかを認めてくれて、1年目は俺ぜんぜん使えなくてさ。でも待ってくれたんだ。世話になったんですよホント。2年間頑張ったけど、まだ返したりないと思う。ユーヴェに行ったら、なんか、目標とか周囲の期待とか責任とか、こことは全然状況変わっちゃうだろうな、でも代表でちょっとは勉強したよ。」

■ラツィオはロッシ監督を解任しました。来季はバッラルディーニさんか、アッレグリさんか・・

■カカ、ブラジル国内でブラジル代表の許可を受けてレアル・マドリッドの健康診断を受診、クリアしました。コンフェデ終了後29日にヨハネスブルグから直接マドリード入り、6月30日に入団、5年契約が発表されるようです。

■ローマをスイスの投資家が買収?という話が進んでいるそうです。ローマのセンシ一族が持っている会社イタルペトロリは高額の負債をかかえていて、ローマを売らざるを得ない状況になっているとか・・イタルペトロリと、ファイナンシャルアドバイザーのメディオバンカが現在オファーを精査中とのこと。ローマは来季チャンピオンスリーグには出られない順位で終わってしまいましたが、資金があれば補強はしたいですよねもちろん・・

■代表でゴール決めたペリッシエールはキエーヴォの選手です。38試合に出場13ゴール。ナポリから声がかかっている?とも言われますがキエーヴォではセリエAでもBでも頑張って、人気の高い選手です。売らないんじゃない?との噂。

■フィオレンティーナ、プランデッリ監督
「私は頑固者でしてね。うちより資金潤沢なクラブが幾つもある、でも私はこのフィオレンティーナでスクデットを獲得したいという夢をもっているんです。夢想家といわれてもいい。挑戦は続けますよ。4位以内が2回。最初は自分でも驚いた。ですが2回目はほんのペナルティ差でした。難しいシーズンでしたがとても充実した、満足できた1年でした。次は本気で優勝を狙います。コッパイタリアの優勝から始めたいと思います。シーズン最後に皆で銀製の何かをもちあげて楽しく終わる、それがどれだけ励みになることか。そこを出発点として始めたいと思います。」
posted by かや at 06:12| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

移籍の噂いろいろ


■ユーヴェ、ブッフォン。
「うぃっす!ブッフォンっす。次のシーズンも、まじ面白くなるっすよ!だって俺たち超いい補強した、必要な場所に必要な人連れて来たっす。カカとイブラヒモビッチの移籍?他所が弱くなるかどうか俺にはわかんないっすけど、もし出てったなら、来年はとんでもない移籍しなかったほうがスクデットかな」

フェッラーラの監督就任は、リッピさんなど、ユーヴェ系の各方面から応援の言葉がかけられてますねえ。
ということで、カンナヴァーロ。
「チーロ監督やったら、勝った経験もあるしな。僕も、うれしいがな。チーロ、1ヶ月で人生変わってんな。若い監督がビッグクラブの監督どんどんやるようなってんな。新しいアイディアどんどん持ってくるのん、ええことやでえ。」

■ミラン、カカの今後について月曜日に発表があるといわれてましたが。
ベルルスコーニさん
「日曜の夜にこちらで話し合って、これから私本人がカカと電話で話すつもりだよ。私が決めていいもんなら、カカは手元においとくつもりだが、今は話そうにも、まだ何も決まっていないんだきみぃ」
ベルルスコーニさん、ガリアーニさん、レオナルド監督はマドリーからのオファー(6500万〜7000万ポンドといわれてます)を受けるかうけないか、話し合いを行うそうです。

マドリーのペレス会長
「カカはレアル・マドリッドでプレイするために生まれてきた選手なんだ。あらゆる点で、ジダンを思い出すよ。」
ちなみに、マドリーはメディカルチーフのヘルナンデスさんを、ブラジルに派遣したという噂です。次のパラグアイ戦までの間に、代表参加中のカカの健康診断を現地でやるんじゃないか、と言われてます。
カカ本人はワールドカップ予選、ブラジル=ウルグアイさの試合(4−0ブラジル勝ち)に出てました。
「俺の今後?もうすぐ話します。話すときがきたら話します」

■セリエB降格してしまったレッジーナ。来季の監督はノヴェリーノさんがやります。ノヴェリーノさんはいわゆる、昇格スペシャリスト。98年ヴェネツィア、00年ナポリ、01年ピアチェンツァ、03年サンプドリアの4回の昇格を成し遂げてます。すごいですねえ。

■U21はもうすぐスゥエーデンで開催されるU21のユーロに参加します。8チームを2つにわけて総当りの対戦を行い、上位2チームずつが上位進出。その前に、火曜にデンマーク代表と練習試合を行います。
「いい練習ができてます。調子いいですよ。もう1週間、更に磨きをかけます。クラブレベルでこそ上位進出はなりませんでしたが、イタリアのカルチョが、ヨーロッパ最高レベルにあると証明してきます。まず目標は準決勝進出、そこからです」ね・・
カシラギさんにしたら、シニアチームのほうにサントンとロッシを召集されちゃいましたから、苦しいとこですよね・・ともあれ、対戦相手は、16日セルビア、19日スゥエーデン、23日ベラルーシ。あら楽そうね、と思ったら、もうひとつのグループはスペイン、ドイツ、イングランド、フィンランド。こっちは熾烈。

■U21のバロテッリくんは、土曜にクリスキト、ジョビンコと一緒にローマでイベントに参加したそうなんですが、その場で人種差別的暴言をかけられ、更にバナナが投げられたとか。・・そういう、しょーもないことするなよ〜。

■今期、移籍の話というとよく名前が出てくるのがラベッシ。ナポリで給料が上がらないならどっか行っちゃうぞ、と言ってるようです。ナポリはクァリアレッラ獲得成功、更に、監督のドナドニさんがカッサーノの獲得を考えている?という噂もあります。もしかしたら、いいオファーだったらラベッシを手放すかもしれません。国外のマンC、リヴァプールからもオファーが来たという噂。

■ミランの最後のほうの試合、スタジアムにFly Emiratesの広告が出てたのがちょっと記憶にあったんですが、来季はエミレイツがミランに出資、既に2000万ユーロを払う契約が締結されてる?という噂。来期のミランのユニフォームは、Bwinでなくエミレイツがスポンサーとしてつくかもしれません。

■ローマ、来季は怪我の多いモンテッラに代わるストライカーを探す方針だそうです。で、名前が出たのが、オーウェン。週給10万ポンドでローマ入り?という噂。

ローマといえばパヌッチ36歳、1月には監督と意見の相違で試合に出られない時期がありました。今後はどうなるんだろう。
代理人のパリージさん
「監督との関係は元にもどりましたよ。本人は今は夏の休暇中です。充電して、帰ってきてから今後のことを考えると思いますよ。なにフィオレンティーナ?私にはなにも話がきていませんよ」


■イタリア代表、歴代最多出場の選手は先日引退したマルディーニ、126試合。で、それに次ぐのがカンナヴァーロの124試合なんだそうです。現役でそれに続いているのがブッフォン92試合、デルピエロ91試合、ザンブロッタ83試合ですから、いかに彼らの出場回数が多いかですわな・・
カンナヴァーロ
「記録のことなんて、僕、考えたことなかったがな。でもマルディーニの記録まであと2つなんやなあ。そら気になるわ。・・コンフェデ?イタリアてこれまで出たことなかったやんか。でも、出るからには勝たな。なあ。スペインも居るけど、前評判高いとこが勝つとは限らんでえ。」
posted by かや at 06:02| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

代表勝利!

■Italy 3 - 0 N Ireland
Rossi 19 (I), Foggia 52 (I), Pellissier 73 (I)
イタリア代表、この練習試合はコンフェデを前に、若手や普段あまり出番のない選手を中心にやったのですが、3人が得点するという、いい結果で終わりました。パッツィーニのPKが止められなかったら4−0でした。今回デビューしたのはサントン、ダゴスティーノ、マスカラ。キャプテンはやっぱり!ガットゥーゾでした。
リッピ監督
「これがカルチョです。結果と並んで、シエナ、カターニア、ジェノア、キエーヴォなどの代表が、大変いいカルチョを見せたことを大変よろこばしく思います。外国籍選手の多いトップクラブ以外の選手がこれだけ内容のいい試合おこないました。ペリッシエール、マスカラ、ロッシはよくやりました。サントンも速さをみせました。ガットゥーゾは本来のグラディエーターに戻るにはいま少しフィットネス不足でしたが、安心して起用できました。それからピサの皆さん、チームが大変なときなのに(Bからレガプロに降格してしまった)応援してくださってありがとうございました。イタリア代表はクラブチームを超えた存在であると、あらためて感じました」

ペリッシエール30才。代表デビュー戦で見事なボレーシュートの得点。
「出番は、ほんのちょびっとだろうと思ってたんですよ、でも30分も出れた。それも、1ゴールと惜しいのが1つ。今日はボールのほうから俺に寄ってきたんですよ。キエーヴォでやってるより今日はやりやすかったです。やっぱモーティベーション全然違うし、スタジアムじゅうが応援してくれるし。もちろん自分をここまでに育ててくれたキエーヴォに感謝してます。やっと恩返し出来た気分です。」

18才サントンも代表デビュー。
「このシーズン、まじ最高。っていうか、まだ自分のキャリアって本当には始まってないんだけどな。若いもんが試合に出るって、イタリアじゃ難しくって、インテルみたいなビッグクラブじゃなおさらで。でもモウリーニョ監督が信頼して使ってくれるなんて、俺はツイてると思う。ピッチに出たら、上がらないで冷静に、自分のベストが出せるかどうかがカギなんだな。俺、上がらないほうなんだ。コンフェデレーションカップ?いけたら嬉しいな。先週まではU21に行くつもりだったから、トップチームからここに呼ばれただけでも、凄い進歩だけどね。ポジション?インテルでは12試合、ずっと左でやってたけど。どっちも出来るよ。右のほうが好きなんだ。リッピさんとモウリーニョさんの違い?モウリーニョさんは楽しいよ。笑わせたり、ようしやるぞ、って気にさせたりする。リッピさんとは2日だけで、話したのも1回だけだからよくわかんないけど、チームのモーティベーション上げるの上手いです」

対戦相手、北アイルランドのウォーシントン監督
「いい経験でした。調子は良かったですよ。学ぶものはとても多かったです。今日デビューの若手が数名いましたが、彼らはとても楽しんでやっていました。ジョンソンは好調イタリアを相手にいい動きをしていましたよ。やはりイタリアは強いです。私たちがこうやるべき試合を、相手にやられてしまいました。」

■さてユーヴェ、監督きまりました。で。既にカンナヴァーロとディエゴを獲得しています。で、出て行くほうです。トレゼゲが出て行きそうなのはかなり前から言われてますよね・・でも今のところ、実際にオファーが来たのはローマだけといわれてますが、ユーヴェのほうは高く売りたいので、今の状況ではあまり積極的ではないらしい。また、ティアゴ、ポウルセン、カモラネージもオファーの額によっては売却ありとみられています。アルミロンは来期も貸し出しがみこまれます。

リッピ監督、フェッラーラのユーヴェ監督就任について。
「チーロ、おめでとう。チーロにはカリスマ性と、知力と洞察力がある。それに選手達と上手くやっていける力もあります。彼なら問題ない。きっとユヴェントスの歴史の1ページに残る何かを為すでしょう。」

レグロッタリエがフェッラーラ監督について。
「フェッラーラ、子供が出来た人みたいにすんごいわくわく状態で。嬉しそうですよ。俺たちもチーロと一緒の2試合、イイカンジで出来たしね。来期はいい一年になると思う。お互い、もう知ってる中だし、最初からやる気十分で出来ると思う。それに、昇格して最初は3位だろ。このシーズンは2位だった。だからさ。次は優勝だよ。」

■ウディネーゼのポッツォ会長
「ユヴェントスからダゴスティーノの打診がきたが、まだ本格的なオファーはありません。一時は次世代のトッティといわれた、わが国屈指のミッドフィールダーだからね。出すなら、キャッシュではなく選手交換の形にして欲しいと思っています。たとえばジョビンコ、マルキシオ、ディチェーリエ。・・厳しい交渉になるだろうな」

■ミラン、カカを売る準備を進めているといわれてます。本当に売ってしまうなら、かなりのキャッシュがミランには入ります。で、代わりに獲得を考えてるのがアーセナルの二人、ファブレガスとアデバヨール。アデバヨールは1月にも獲得交渉をたんだそうですが、今回はさらにキャッシュを積みまし。ファブレガスにはフラミニとセンデロスの交換の形でオファーを出す?

ちなみに、カカは今ワールドカップ予選のためにブラジル代表に参加してます。マドリーのシャツを差し出してサインを求めたファンがいて、・・サインしてくれたんだそうだ。う〜むもう決まってるんだろうか。

今年、意外に?ローマで活躍したブリギの代理人。
「いま年俸アップをを交渉中です。このシーズン、ブリギは文字通りベストを尽くし、一番試合にでていましたよ。それなのにローマの選手のうちでは年俸最低レベルなんです。妥当な額に引き上げてもらいたいですよ」

■バルサのグァルディオラ。
「イブラヒモビッチですか。いい選手ですね。過去、何人もの選手がバルセロナに来て、更にフットボーラーとして成長していますよ。」
イブラヒモビッチ代理人のライオラさん
「イブラはバルサが大好きだからなあ。でも、インテルが手放すかどうかですね」
一つ問題があるのが、バルサには給与上限が定められていて、最高額でも1シーズンあたり800万ポンドなんだそうです。その規則を撤廃してまで獲得するか・・のようです。

インテルのモラッティ会長、バルセロナに行ったという噂について。
「ええ、参りましたよ。ただ友人としてラポルタさんと一緒に食事をしただけです。ではごきげんよう」

■ジェノア、移籍市場で素早く立ち回って、既にディエゴ・ミリトとモットを売却済み。で、さらにアクアフレスカを契約金の一部にまで使って誰をつれてくるかったら、クァレズマのようです。
プレツィオージ会長
「来週にはクァレズマ獲得がまとまると思います。アクアフレスカ?あの実力なら、どこにいっても一流で通用するよ。パラディーノとクリスキトは、来年もうちで使わせてもらえるよう、ユーヴェとこれから交渉しようと思っている。」

posted by かや at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ユーヴェ、来期はフェッラーラ監督


■ユーヴェHPで公式に発表されました。チーロ・フェッラーラ42才、ユヴェントスの監督として2年契約しました。そうね〜。コンテは経験の点で、スパレッティさんはユーヴェDNAを持ってないという点で、それにそれぞれバーリ、ローマと契約したからして、なるべくしてフェッラーラになったという感じです。チーロやんは、過去3年間ユーヴェユースの監督をやってました、ということは、ジョビンコ、ディチェーリエ、マルキシオなどなどの今活躍中の若手を育成した人でもあり、ベテラン勢とは一緒にプレイした仲でもあり、控え室を纏めるという点では思いっきり適材でしょう。なんせワールドカップ優勝チームの助監督だしね。大いに期待!!

フェッラーラ。
「まいど。いやー夢が叶いましてん。わし、最高に厳しいけれど最高にやり甲斐ある仕事貰いましてん。引き受けたんは、3週間前だす。わしならやれる、思いましてん。そらもうめっちゃリスク高いしハンパのう厳しいけど、その分、自分が成長する為にもなりますよってな。何も怖いことありまへんがな。」
「わしのカルチョの基本は、常に、全員が、動くことにありますねや。そのためには心技体、全部レベルが高うないと、シーズンの最後まで持ちまへん。わしがいっちゃん気ぃつけなあかんのんは、そこんとこの、継続性でんな。楽しんでカルチョが出来て、上位維持できましたら、いうことありまへん。カンピオナートでそんなんやるのん、めっちゃ難しいのんわかってますねんけどな、いろんなシステムが応用できて、いつでもハングリーなチームになったらええなあ思うてますねん。」
「なになに。グァルディオラ。いや、わしはわしですねん。ベップはんでもリッピはんでもありまへんねん、いわばリッピ学校卒業生でっけどな、リッピはんとはちゃいますねん。ええ監督は継続こそ力なりで、選手から自然に尊敬される、たとえばカペッロはん、たとえばアンチェロッティはん。それぞれ自分のやり方でそうなりましたやろ。わしは、チーロ・フェッラーラなりにやりますねん。」
「ディエゴでっか。そうですなあ、違うシステムでやってたとこから来ましてんけどな。ディエゴ中心のチームに組み替えようとは思ってまへんで。ええ選手ではあっても、みんなとおなじにチームの1人やし、そんなシステムにしてもて、もしディエゴが居らんようになったら、どなしますねん?」
「テンプレートでっか?4−3−1−2がよろしいやろな。4−3−2−1や4−2−3−1に変えられまっさかいな。今居てる選手の特性考えたら、4−3−1−2がベストや思うてます」
「わしな、今日の午後にコヴェルチャーノ(代表キャンプ)からトリノに戻りましてん。ブランはんから電話ありましてな、新聞ごちゃごちゃごちゃごちゃ言うとるけど、これまで、わしは第2候補やってん言わはりましてん。でも他の候補の状況やら何やらよーく考えてわしに決めた言わはりましてん。いやー世界でも6番目7番目のクラブのベンチに、自分が監督として座りますねんで。こんなうれしいことありまへんわ。この5日、コヴェルチャーノで居っても電話が鳴るたび、どき、してましてん。話決まって、さーっと帰ってきましてん」

ディレクターのブランさん
「候補はいろいろありましたが、フェッラーラに落ち着きました。チーロの性格、仕事ぶり、そしてユーヴェ魂を考え、この結論を出しました。2年間は任せてみるつもりです。チーロにまかせることにより、ユース部門からトップチームへのドアが大きくひらいたことになります。」

■サンプドリアのディレクターのマロッタさんはユーヴェ入りするという噂がありましたけど・・
「お話をいただいたときは飛び上がるほど嬉しかったですが、私はサンプドリアに残ります。移籍市場がある点では、この業界はディレクターも選手も同じなんです。でも私はサンプドリアとガッローネさん一族に強い愛着をもっていますのでね」

■アタランタは来期監督にグレグッチさんを迎えました。グレグッチさん、これまでサレルニターナ、レッチェ、ヴィチェンツァの監督をやっていました。また、フィオレンティーナ時代のマンチーニの助監督の経験もあります。

アタランタ、先日フロッカリがジェノアに行ってしまいましたが、新規にレッチェからストライカーのティリボッキを獲得しました。このシーズンはレッチェで36試合に出て11ゴール。残念ながらレッチェは降格してしまったので、主力何人かを売らざるを得ない状況でしたから、結構お安くいい選手をゲットできたのでは・・加えて、インテルからカッリアリ貸し出し中の、アクアフレスカの獲得もありのようです。

■今期、ほんの1ゴール差の惜しいところで得点王を逃したボローニャのディバイオ。最後まで残留争いしてたチームで、37試合で24ゴールはお見事です!ボローニャとあと2年契約しました。また、来期のボローニャの監督は、このままパパドプロさんが続けます。

■ゼンガ、カターニアをやめて、ラツィオでなく、パレルモ監督に就任しました。2年契約、欧州カップ戦に出たら高額ボーナスつきだそうです。って、カターニアからパレルモですからね。互いにダービーの対戦相手だから、カターニアのほうからすればウラギリモノ、パレルモのほうにすれば前回4−0でやられたチームの監督なわけで、パレルモではファンの65%がクラブの決断に反対してるんだそうです。
「来るべき時に、来るべき場所に来たのだと感じています。私はパレルモのため、情熱、勇気をもって全力を尽くします。実はほんの数日前まで、自分がパレルモに来るとは思っていませんでした。ですが、ザンパリーニ会長とディレクターのサバティーニさんに出会った瞬間、直感的に、自分に、来るべき時に来るべき場所が与えられる幸運が訪れたのだと思いました。前回のダービーで大喜びしたのはなぜかって?そりゃあ、パレルモほどの強豪に勝てば嬉しいですよ誰だって。」

■インテルのバロテッリ。
「人種差別の歌やられたとき、いろんな人から励ましてもらったけどさ。カッサーノのは感動したぜまじ。どこがいけないかとか、これまで自分がいろいろ言われてきたこととか、超アドバイスしてくれた。なんかびっくりしたよなー、これまで自分が思ってたカッサーノと全然違って、すっげえポジティブなのな。え。インテルで一緒にやってみたいかって?今年はないだろうな。あ、家に帰ったら、プレステで一緒のチームにカッサーノ入れてみよう」

インテル、モラッティ会長とモウリーニョ監督が、もし妥当なオファー・・7000万ポンド以上・・が来たらイブラヒモビッチを放出しよう、という意見で一致しているという噂。バルサのグァルディオラはえらくイブラヒモビッチを気に入っているという噂もあります。エトー、ヤヤ・トゥーレ、シャビあたりと交換?

■「いやあ・・おひさしぶりです・・ジダンです・・カカですか?・・もうレアル・マドリッドと契約しましたよ・・ええ・・そうですね・・もし私の5番を継いでくれたなら・・いやあ・・私嬉しいですね・・ええ・・」
この、マドリーのカカ獲得は月曜に発表されるのではないかという噂がありますけど、さ。う〜むミランは一気にマルディーニとアンチェロッティさんに加えて、カカまで失うわけ?!

■ローマ、スパレッティ監督。
「来期に向けて、多少の補強が必要です。会長との話し合いは、その点についてでした。ローマはあるべき方向に向けて進んでいます。大事なのは常に挑戦すること、全員がチームのことを第一に考えることです。契約金について?話し合ったことはありません。私はローマで働きたいから、ここに居るんです」

ローマ、トッティがスパレッティ監督について。
「俺は、残るって知ってたぜ。日曜に、来期もスパレッティさんだって言われてた。あ?ユーヴェに行っちゃうんじゃないかって心配してたかって?興味ない。実際、スパレッティさんはここに居るじゃないか。そうだろ。スパレッティさんとデロッシと、今週はじめにこっそり話し合いしたろって?ああ、お昼にたまたま同じレストランに居たな。一緒に飯食ったわけじゃねえよ、テーブルみんな別々だったぜ。」

■ウディネーゼは、降格したレッジーナのコラーディと契約?という噂。そうねー。ウディネはクァリアレッラがナポリに行っちゃったから、ストライカー必要ですわな。コラーディは29試合出場10ゴール。キエーヴォでデビューした年はインパクトありましたねえ。あのあとラツィオ、ヴァレンシア、パルマ、マンC、レッジーナ、今度はウディネ。気が付いたら流浪系の人になってしまってましたな・・来期もセリエAで、がんばれよー!

■イタリア代表リッピ監督、今日は北アイルランドと練習試合です。早速、18才サントンの抜擢について質問されてます。
「サントンですか。私は以前、この選手は、いざ事を成すときに使えるのではないかと申し上げたことがありましたが、このたび実際に間近で見て、確信いたしました。たしかに、まだ子供です。ですがすばらしい特性がある。戦術にもすぐ馴染みます。」
「この試合では許された交代枠を使って多くの選手を実戦で見てみたいと思っています。所属クラブの成績に関わらず、チャンスを与えたい。チームとして一刻も早くまとまり、いいパフォーマンスをお見せしたい。もちろん、勝てれば尚良いです」
起用される選手の予想。De Sanctis; Santon, Legrottaglie, Gamberini, Grosso; Gattuso, D’Agostino, Montolivo; Mascara, Pazzini, Rossi。ってさ。これ、キャプテンはガッちゃんか、うちのレグロッタリエのどっちかだろうな。


posted by かや at 10:03| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

サントン、代表に大抜擢!

■ユーヴェ、次期監督はフェッラーラになりそうです。まだHPでは発表してないけど、RAIが報道したそうです。その一方で、スパレッティさんはローマと話がまとまり、このままローマ監督を継続、と、こちらも正式発表はまだのようですが同じくRAIが報道してるそうです。
グァルディオラ、レオナルド、フェッラーラと。なんだか、一気にビッグクラブの監督の年齢が10歳以上若返ったねえ。これ、凄いことかもしれない。

■イタリア代表リッピ監督、南アフリカ行きのメンバーを発表しました。サントンがいますわ。大抜擢ですな。それからモントリーヴォが入ってます。外れてしまったのはパッツィーニ。残念。でも当初外れてた、ガッちゃんがいるのは嬉しい。・・そういやあ、コンフェデは、フジテレビネクストが放送するようです。でもな〜。契約、・・たぶんしないと思う。
あ、それから上記のようにフェッラーラはユーヴェ監督が決まったようですので、今回はイタリアに残ります。助監督としてリッピさんと一緒にコンフェデに行くのは、ペルッツィだそうです。ペルッツィ39才、ワールドカップ優勝のとき、試合には出てなかったけど、大いにはしゃいでた姿を思い出します。きっとリッピさんと選手とのつなぎ役と、控え室のいいムードメーカーになってくれるだろう。がんばれよー!

メンバーは以下のとおり。
Goalkeepers: Marco Amelia (Palermo), Gianluigi Buffon (Juventus), Morgan De Sanctis (Galatasaray)
Defenders: Fabio Cannavaro (Juventus), Giorgio Chiellini (Juventus), Nicola Legrottaglie (Juventus), Andrea Dossena (Liverpool), Alessandro Gamberini (Fiorentina), Fabio Grosso (Lyon), Davide Santon (Inter), Gianluca Zambrotta (Milan)
Midfielders: Mauro Camoranesi (Juventus), Daniele De Rossi (Roma), Gennaro Gattuso (Milan), Andrea Pirlo (Milan), Riccardo Montolivo (Fiorentina), Angelo Palombo (Sampdoria)
Strikers: Alberto Gilardino (Fiorentina), Vincenzo Iaquinta (Juventus), Simone Pepe (Udinese), Fabio Quagliarella (Napoli), Giuseppe Rossi (Villarreal), Luca Toni (Bayern Munich)

■ローマのスパレッティ監督はセンシ会長、プラデさん、コンティさんのローマ首脳陣と2時間あまりの会議を行い、2011年までの契約延長に合意したそうです。数日中に公式には票されます。

■ミラニスタ300人ほどがミラン本部の前でカカを放出するなー!の抗議を行ったそうです。その内容が、「カカを放出したら次の選挙はベルルスコーニさんとこの候補には投票しないぞー!」「カカを売るならミランごと売っちまえ」なんて内容だとか。警官の警備下、緊張した雰囲気ではありながら、問題はおきなかったそうです。

ミラン、ピルロ。
「これからうちらー。代表の仕事いくんだけどー。だからー今はー。ほかのことおいといてー。でもー。ミランでイイカンジでやってるしまじー。アンチェロッティ監督?みんなー。かなり残念なんだけどー。でもうちらー。新しい挑戦やるとき来たんだしー。レオナルドはー。まじいい人だけどー。これからー。いい監督にならなきゃいけないけどー。でもレオナルドならまじ出来ると思うしまじまじー」

ベルルスコーニさん。
「なぜ、このシーズンうちが優勝できなかったかというとだな、最後の数分に、会長である私のアドバイスを聞かずに負けた試合があったからなんだよきみぃ。なんとかチャンピオンスリーグにはストレートでいけることにはなったけれどな。それから、ロナウジーニョの起用が少なすぎだ。あれじゃモラルが落ちて、悪循環だ。ロナウジーニョが90分ピッチに居るのを見られるなら、チケットを買ってスタジアムに行こうじゃないか、それだけの価値はある、と思う人も増えるだろうな。私はいつでも、あるがままのミランが大好きだ。これだけチャンピオンが揃っているんだから、ミラニスタはこれまでどおり安心して眠れるぞ。うしろのほうだって、来期はカラーゼとネスタが帰ってくるんだ。補強などいらんよはっはっはっはっはあ」・・って、話題のカカに言及してないのが、ちょっと気になるな。本当に売っちゃうの!?

ブラジル代表監督ドゥンガがレオナルドのミラン監督就任について。
「レオナルドなら、ロナウジーニョが本来の実力を引き出せるだろうな。理想的だよ。レオナルドは、どうしたらモーティベーションを高められるかをよく知っている。ロナウジーニョの凄さはみんな分かってるだろう。俺は来年のワールドカップには生まれ変わったロナウジーニョを連れていきたいし、ブラジル中がそう思ってるはずだ」

■インテルは既にミリト、モッタを来期に向けて獲得済みですが、さらにフィオレンティーナのメロ、ポルト時代にモウリーニョさんが面倒をみたデコ、カルバーリョといったあたりで補強したい?

■ナポリ。ローマのパヌッチにオファーをだしている?

■ネドヴェド。
「よっ!ネドヴェドだぜ!現役つづけるか、考えてるとこだ!たぶん、ゼロからやりなおしになるだろうな!ユーヴェではすごくいい待遇うけてて、今後もいい関係でいて欲しいっていわれてるし、でも他からもいろんなオファーがきてるんだぜ!要するに、俺はまだなんにも決めてないってことだけどな!決断しなきゃいけないけど、まじで難しいとこだぜ!これからバカンスに行って、ゆっくり考える!ユーヴェに戻ることはないと思うけど、あわてないでゆっくり考えるぜ!それに、このギョーカイ、ありえないはありえないからな!じゃあな!よい子は、ごはんを作ってくれるお母さんや嫁さんに感謝するんだよ!」
(・・管理人、週に2回ほど実家に行って掃除やら片付けものやらびおらちゃんと遊ぶやらしてくるんですが、先日、揚げたてだからもってけ。と、トンカツ半分もらったの(笑)。実家でもずっと、一枚じゃ多いので母とはんぶんこで食べてて、あっしがロースカツの細いほうの半分もらってたんだけど、いつもと同じく細いほうもらって、家に帰って、まだあったかいトンカツと、(スープは冷めるかもだけど、トンカツは冷めない距離なのがわかった(笑))ちよだずしの梅きゅうり巻きをオツマミに、麦焼酎+クエン酸+タンサン割りを飲みながら、・・母に感謝したねー。久々に食べた母の揚げたトンカツ、すんごいおいしかった!でも脚が悪いんだから、揚げ物やるときはマジで気をつけなさいよ。と言っときました。あ、クエン酸、今、ハマってます。掃除にも漬物にも焼酎割るのにも使えますよ!)


posted by かや at 06:13| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

ミラン系の噂いろいろ


■ユーヴェ、デルピエロが今期引退してしまった人たちについて。
「パヴェルの最終戦はとても特別な日でした。次のシーズン、皆が控え室に集まってもパヴェルはいないなんて、まだ信じられないです。最後の日、僕は自分でパヴェルに、ずっと自分がつかっているキャプテンマークをつけました。とても嬉しかったです。僕にはそれぐらいしかパヴェルにしてあげられなかった。本当に来年はパヴェルがいないと思うと寂しいです。同時にこのシーズンでマルディーニとフィーゴ、偉大なジョカトーレも去ってしまった。3人の幸運を祈ります。パヴェル、君と一緒にいられて本当に楽しかったよ!」

ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。最後2試合勝って2位になったけど、この成績はずっと一緒に、一所懸命やってきたラニエリ監督とスタッフの皆のおかげでもあるっすよ。その前の2ヶ月たしかにショボかったけど、結局、俺たちの実力でこの結果になったんっす。カンナヴァーロとジエゴが来て、もっと俺たち強くなるっすよ!でも、次のシーズンはパヴェルがいない。日曜の試合はまじ感動だった。2001年に俺が来てから、みんなどんどん入れ替わってるっすよね、なんか、時間の経つのって早いっすね。パオロとも、代表で一緒に楽しくやったし。フィーゴは、まじ偉大なるフィーゴぜよだし。それから、アンチェロッティさんも行っちゃったっすね。あの人、まじ人柄がいいんっすよ。チームの調子が悪いと、逆に、そこんとこネガティブに言われちゃうけど、これだけ長年成功してるってことは監督として実力あるってことっすよ。一緒に仕事できて良かったっす。」

イタリア代表監督リッピさん
「もしユヴェントスがフェッラーラを監督に迎えたいのなら、コンフェデレーションカップに同行せず、イタリアに残るべきでしょう。チーロはこれまで代表で良い仕事をしてくれています。今週中にはこちらに合流する予定ではありますが。」
「コンフェデレーションカップに連れて行く選手の候補は40人ほど居ます。うち、10人は決めました。正式な招集メンバーはのちほど発表します」

ユーヴェ、ディレクターの入れ替えも考えてるようです。それが、今イングランド代表のアシスタントマネージャーをやってる、ということはカペッロさんとローマの頃からずーっと一緒に行動している、バルディーニさん。99年から05年の間ローマに在籍、いい選手をいろいろ獲得してます。また、サンプドリアのディレクターのマロッタさんも候補にあがってるそうです。

フェッラーラ。
「せやから、監督は誰になるかは、今週中に決まりますねんて。最後2試合で、お、こいつもええやないかて、ディレクターに思わせたろ、わし頑張りましてんけどな。」

■ローマ、スパレッティ監督
「ユヴェントスからの話?ありません。私は木曜にセンシ会長とお会いしますが、その場で今後のローマの方針について意見が食い違うようでしたら、ローマのほうから何かしらの決断、発表があるかと思います」

■カターニア監督を退任したゼンガさん、来期はラツィオ監督?という噂。先週、ロティート会長は1年間40万ポンドの契約を提示した、といわれています。それにしてもラツィオの監督候補も多いですな・・アッレグリさん、バッラルディーニさん・・

■アンチェロッティさんはオランダ、アインホーヴェンの近くの英語学校に行ってます。英語の集中講座を受講するんだそうで、授業は1日10時間。・・控え室での選手とのコミュニケーションは大事ですもんね。その学校を勧めたのは語学の達人ヒディンクさんだそうです。

■ベルルスコーニさん
「なにカカ。まだ何もきめておらんぞ。月曜まではな。話し合いはこれからなんだ。そのあと、どうなったか話してやろうきみぃ、はっはっはっはっはあ」

ミランのパトの代理人のヴェロスさん
「最終的に決めるのはミランですけれど、チェルシーがパトに興味をもってくれるとは。嬉しいです」
パトの獲得はアンチェロッティさんの意向で、ミランへは4500万ポンドがオファーされてるとか・・カカに7400万ポンド+シーズン毎1000万ポンドのオファーの噂もあったそうですが、これはチェルシーがHP上で正式に否定してるそうです。カカを欲しがってるのはマドリーだそうで、こちらは5800万ポンド+ことのシーズンごとに800万提示とか・・いやはや。すんごい額ですねえ。

ガットゥーゾ
「もしカカどんば去ってしまったら、おいどん、悲しか。カカどん、いつだって全力たい。あげな良か選手手放してしまうまえに、よーく考えるとね。」

と、ガッちゃん嘆いていますが、選手が出る、ということはお金が入る。入ったおかねで誰をつれてこようか、ということなんですが、ユーヴェのアマウリに6850万ポンドでオファー?という噂。そうです。アマウリ=ブラジル系ですから・・そっか、もしイタリア代表を選べばユーヴェに残るけど、ブラジル代表を選んだらレオナルドのミラン。って、ありかもな。う〜む。ちなみにユーヴェは昨シーズン、1300万ポンド+ランザファーメ+ノチェリーノでパレルモからアマウリを獲得しています。

■ナポリのラベッシ。この数週間ユーヴェと移籍交渉中で、ずっとナポリ側が出したがっていなかったけれど、事態が進展しはじめた?という噂。

ナポリはクァリアレッラに続いて、チガリーニと契約しました。チガリーニはこれまでアタランタとパルマが半々で権利を持ってたんですが、ナポリが1000万ポンド程度で買い取ったそうです。

もいっちょナポリ系。スペイン、セヴィーリアで頑張ってます円蔵マレスカ29歳。契約は2011年までありますが、もしかしたらナポリに?という噂。

■アドリアーノは日曜にフラメンゴで無事ブラジルデビューしました、が。さっそく?水曜の練習に現れなかったそうです。う〜む。アド、おまえ何やってんじゃ。これじゃセレソンに呼ばれないよ。おいおいおい。

posted by かや at 06:22| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

イアクィンタ契約延長!


■ユーヴェ、トレゼゲはこのシーズン、両膝の怪我で5ヶ月離脱してました。
「あと2年契約あるけどね。俺はこれまで、全力でユーヴェに尽くしてきた。もし、本当にいいと思う話がきたら、出て行くと思う。」
トレゼゲの獲得に乗り出す?と思われるのは、ローマ、モナコ、マルセイユ、リヨン。リヨンに行ったら、ベンゼマ=トレゼゲになるのかな?かなり凄そう。

一方、イアクィンタは2013年までユーヴェと契約延長しました。
「嬉しいかって?もちろん。ホント、俺、ここで続けたい。勝つユーヴェに戻るために、今俺たち、クラブ総力あげて強い選手あつめてどんどん強化中だからさ。スクデットもチャンピオンスリーグも本気で狙うぜい!終盤まで首位のインテルとあんま差がなかったから、がたーっと失速したのが悔しい。やっぱカンピオナートに勝つためには、プロビンチアの試合を落とさないのと、継続性だな。それが足りなかったんだな。今期はいい勉強になったから、来期はしっかり、インテルにくらいついてくぜ!」

■ミラン、カカが7000万ポンドでマドリー移籍が決まった?という噂があります。今週のマドリーの会長選手で、ペレスさんが会長就任。ということで、マドリーの方針が決まって動き出したわけだな・・。カカ代理人は交渉中をみとめています。また、ガリアーニさんが専用機でカカ父とマドリードに行ったという報告もあります。カカ本人はブラジル代表のウルグアイさ戦にむけて準備中。

ミラン、アンブロジーニ。契約は2010年まであります。95年からずーっとミランに居て、既に400試合近く出場してます。今のところ契約延長の話はないそうですが、来期のキャプテンと言われてるし、本人も意識している様子。が、フィオから、うちでCL予選からやらない?という話が来てるそうです。

■パレルモ、現監督のバッラルディーニさんは、何かと会長が口をだす今の状況は、自分が全くリスペクトされていないと感じ、今期限りで退任を申し出てるそうですが。
ザンパリーニ会長
「来週、ディレクターとこれからどうするか話しあう予定だが、まずバッラルディーニさんにはちょっと待ってもらう。いい監督だからな。だが、シエナのジャンパオロさんもこれまたいいんだ。それに、ラニエリさんが今フリーだろ」
ちなみにバッラルディーニさんは来期ラツィオ監督?といわれてます。

■ローマはウディネーゼからモッタ23才を獲得しました。既に1月にウディネから貸し出しになってるんですが、スパレッティさんは13試合に起用、モッタも期待に応えていい仕事したので、ローマ入りしてから代表召集されてます。ということで貸し出し契約終了後、買い取る予定。次の世代のイタリアのフルバックは、サントンとモッタ、と言われてます。

ローマ、ペロッタ31歳。移籍の噂が出てますが。
代理人のボッツォさん
「オファーは数々ありますよ。でも、決まってないものを、どうこう言ってもなんにもならないでしょ。本人はこのままローマで引退まで頑張りたいと言ってるし、クラブもそこのところはよくわかってます。なに。たしかにスパレッティさんと大変いい関係だけれど、もしスパレッティさんが去ったとしてもローマに残るでしょ。だってそれまでにここ、監督が入れ替わりたちかわり5人いたんだもの、それにペロッタはプロですからね。監督がだれであろうといい仕事やりますよ」

■インテルのイブラヒモビッチ。エトーと交換でバルサ行き?の噂があります。お〜。イブラヒモビッチはご存知のようにトップスコアラーで終わるいいシーズンでしたが、エトーも46試合に出て34ゴール。すごいですねえ。ちなみにエトーの契約は来期までだそうです。で、バルサはもしイブラヒモビッチが獲得できなかったら、ビジャかベンゼマを獲得に向う?

■ウディネーゼのクァリアレッラ26才、ナポリ人(笑)。このシーズン、41試合出場21ゴール。他所から目をつけられるのは必至のいい成績でした。ユーヴェ入りの噂もあったんですが、ナポリと5年契約しました。
「決まってんけどな、ずーっと言わんかってん。発表するのん待ち遠しかったわー。みんなになあなあ次どないする聞かれても、なんもいわれへんかたけど、これで堂々喜べるでえ。ナポリ人やったらもう、子供の頃からずーっと、ナポリしかないやろ。皆、いつかはナポリでやりたいねん。俺、ずーっと前から言うてた夢やねん」

■コンテはバーリ監督の契約を延長しました。
「2年契約しようと思ってたんだけんども、縁起かついで、1年にしといて契約終わったらまた話し合うってことにした。まだユーヴェの監督は決まってないし、俺は自ら望んでバーリを選んだ。すぐ、話はきまったっけ。」
ということは、ユーヴェ監督はフェッラーラか、ブランか・・おいといて。来期昇格するバーリは戦力補強を始めてます。早速、降格したレッジーナのコラーディ、パレルモのディフェンダーのサヴィーニ・・この選手はユーヴェがデチェーリエを貸し出しもしくは売却した場合、ユーヴェ行きといわれてます・・それから、これまた降格したトリノのミッドフィールダー、ロジーナに声をかけてるそうです。

■チェルシーのアンチェロッティ監督。アブラモビッチ会長から、選手獲得費用としてかなりの額の裁量を与えられたといわれてます。英国の新聞によると、さっそくミランからパトを連れてくるべく働きかけてるそうです。チェルシーは以前からリベリー、ビジャの獲得が噂されてますが、ミランから監督がきたということでパトが最優先課題になったとのこと。改めてパトはこのシーズン27試合に先発、15ゴール決めてます。まだ19才だったのね。若いわね〜。チェルシーは3000万ポンドを提示しているそうです。・・ってことはですよ、既にミランからマルディーニとアンチェロッティさんが居なくなってるところに来て、カカとパトがミランから居なくなるかもしれない、ということ?ミラン、どーなってしまうのだ?!
posted by かや at 06:09| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

うちの次期監督は・・


■ユーヴェ、コボッリ・ジッリさんが次期監督について。
「若く、冷静で、チームに高いモーティベーションを与えることができる。そして、イタリア人である。そういう人材が理想ですな。ブランさんがファイルを作成しているところです。今週末までには、確定すると思います。なにスパレッティさん。候補に入っているかもしれません。この微妙な時期に、私から誰かを後押しするようなコメントは申し上げたくありません。フェッラーラ?ファンに愛されているのがよくわかりました。ブラン?新聞では私がうちのディレクターのブランに、ジャン=クロード、君は「ブランさん」を二人にしようというのかね?と聞いたことになっていますね。ともあれ、私たちが望んでいるのは、柔軟性と、実績と、ユヴェントスに適したスピリットを持ち合わせた人物です。」
ということで、おそらくファイルが作成されているのは、フェッラーラ、コンテ、ガスペッリーニ、スパレッティ、ブラン・・といったあたりでしょうか。

ユーヴェ、まだ来期の監督が発表されてないんですが・・獲得するのではないかといわれている選手は、ウディネーゼのダゴスティーノ、パンデフ、サルヴィオ(アルゼンチン出身、U20チャンピオンシップで活躍)、だそうです。
一方、出て行ってしまうのでは?と見られているのがディチェーリエ。え〜っ。と思ったんですが、リヴァプールが注目してるんだそうです。

7月にプレシーズンのトーナメントとして、スペインのマドリッドとアンダルシアで「ピースカップ」開催が予定されています。参加予定チームがユーヴェ、セヴィーリア、韓国のSeongnam、レアル・マドリッド、アル=イッティハド、マラガ、アシュトンヴィラ、セルティック、リヨン、フェネルバフチェ、ポルト、と結構豪華。
ディレクターのペソット。
「イタリアを代表して招聘されたことを嬉しく思います。シーズン最初の真剣勝負の相手がセヴィーリアなんて嬉しいじゃないですか。いいテストですよ。それに、トーナメントの主旨が、皆で団結して平和のために、なんてメッセージでしょ。いいじゃないですか。」

ネドヴェド代理人のライオラさん
「ネドヴェドはユヴェントスに別れを告げただけで、引退したわけではないですよ。たとえばラツィオ。ある、かもしれないですよ。」

■ウディネーゼのクァリアレッラ、ナポリと5年契約しました。クァリアレッラはこのシーズンおおいに活躍し、36試合出場13ゴール。

■アタランタのデルネリ監督は、噂どおりサンプドリアと契約するようです。

■ローマのペロッタ31歳。ローマの夏のセール候補だそうですが、買い手はフィオレンティーナか、バイエルン?

■ミラン、ガリアーニさんがレオナルド新監督について。
「レオナルドはカペッロさんの作った道を継ぐ者と考えています。選手としてもディレクターとしても全く申し分ありません。それにレオナルドで大丈夫かと言う声は、ベルルスコーニさんの執事と言われたカペッロさんの時ほどではないですよ。この決定はベルルスコーニさんと私が話し合って決めました。レオナルドはチャンピオンである上に、教養ある人物です」

■イブラヒモビッチ。もしかしたらインテル退団?の噂がたまに出ますが・・
代理人のライオラさん
「まだイブラヒモビッチに他からのオファーはありませんけれど、8月末までにスーパーオファーが来たならば考えますよ。いや、金額よりモラッティ会長がイブラを手放すかどうかだな。本人はインテルで幸せにやっているので、今後、もしオファーが来たとしたら、その内容次第で考えます。・・と、この3ヶ月言い続けているんですけれど、いまだにお話がないんですよ。でもたとえばですよ、このあとチェルシーが3億ユーロ払おう、と言ってきたらどうします?考えるでしょ。でもイブラと他の選手の違いは、自由に振舞えることなんです。インテルではそれが許される。本人としては次は是非ともビッグイヤーを手にしたいと思っているだろうし、モウリーニョ監督がインテルに来てからはとてもやりやすそうですよ。マンチーニ監督はイブラを理解しきれていなかったから。ともあれ、報酬が増えるだけでは、イブラは動かないでしょうね。でも、私が思うにモウリーニョさんあってこそ、ここまでの選手になったんだと思いますよ。会長とイブラはいい関係ではあるけれど、才能開花の点に関してはモウリーニョ監督に感謝です」

■ディバイオ。最終戦で残留を決めたボローニャですが。今期の得点の半分はディバイオが決めてるそうです。
「俺、引退までここに居たいです。ボローニャは、ジェノアでいまひとつ自分でも納得できない状態だった俺を呼んでくれて、新しいアイディアで、生き返らせてくれた。もうすぐ会長(ボローニャ会長のメナリーニさんは女性の会長です)と話し合う機会がもらえるけど、会長すごく嬉しそうだったもん。来期もやるぞって気持ちになったと思いますよ。それに、もっと強ければ、今年みたいに最後の最後までどうなるかわからない、ってことはなくなるしさ」

■U21代表カシラギ監督は、各クラブユースのトーナメント、ヴィアレッジョトーナメントに注目してます。今、準決勝まで来ていて、残っているのがキエーヴォ=ジェノアとパレルモ=ユーヴェの2試合。
カシラギ監督
「優勝はユヴェントスでしょう。選手の質が他より高いです。イモービレ、アリアウドあたりはトップチームでも即戦力で使えると思います。サンプドリアとインテルは既に敗退していますが、サントンやマリルンゴといったいい選手がいました。ラツィオのメンディチーノも大変な才能を持っています。ジェノアのシニョリーニ、ジェノアのエル・シャラーウィですかねEl Sharaawiにも注目しています。今年チャンピオンスリーグで優勝したバルセロナは、選手のうち7人がバルセロナユース出身でしょう。イタリアとはそのへんが違いますね。イタリアでもバロテッリやサントンなど、最近はユース出身の選手も出ていますが、彼らを重用するのはいわばギャンブルでもあり、使うほうも勇気が必要なものですよ」
posted by かや at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

アンチェロッティさん、チェルシーへ


■チェルシーHPで、アンチェロッティさんの監督就任が発表されてます。7月1日から3年契約。長期間にわたって高い目標を目指すチームを育成、国内外で成功しているのが選択された理由。チェルシーは暖かくアンチェロッティさんをお迎えします、とのこと。
ちなみに、英国はイタリア以上にスタジアムでの喫煙規制が厳しいようで、先日の英国、FAカップ決勝のときにチェルシーのヒディンク監督が控え室でタバコを吸って罰金とられたそうです。アンチェロッティさん、こちらでもタバコはおあずけですな・・
ともあれ、そんなわけで、ミランからカカを連れていく、ピルロを連れていく、いろんな噂が既にでてます。さーミランはどうなってしまうのか。

■ミラン監督に決まったレオナルド39歳。2011年6月夏まで契約しています。
「監督に選ばれて本当に嬉しいです。俺もミランが本当に大好きなんです。今日はとても大事な日になりました、想像以上の、凄く特別な気分です。でも俺はサッカー選手にはなりたかったけど、監督になるとは思ってなかったです。でもなんだかんだいろいろあって、ミランに12年いて、こういう状況でカルロの後を継ぐことになりました。これまで以上にカルロとの絆を感じます。」
「昨日は控え室で、選手たちが皆、友が去るのを惜しんで泣いてたんです。とても強烈な感銘をうけました。カルロは友達でした。いつも俺を励ましてくれて、ここの監督の話が来たら是非受けるようにアドバイスしてくれたんです。ここ数日で全てが決まった、でもすごく悩んだ日々でした。でも、今は嬉しい気分で一杯です。これから新しい挑戦を始めるんです。これから、謙虚さと意欲をもって、新しいミランを再構築していきます。でも基礎も、勝ちに対する貪欲さ、闘争心も十分揃っているから大きく変えることはありません。カカですか?どこのチームだってカカなら欲しいでしょう。もちろん俺としてはこのままうちで続けて欲しいけど。」

で、そのレオナルド監督になってから最初の移籍のターゲットは・・ブラジル人ではなく、アーセナルのアデバヨール、もしくはチェルシーのエッシェン?といわれてるそうです。

■元インテル、アドリアーノは昨日フラメンゴでデビューしました。その、Atletico Paranaense戦で、しっかり頭で得点して、勝ちに貢献してるんだそうです。やっぱ、タダモノではない。ちなみにフラメンゴはアドリアーノがプロデビューしたクラブで、背番号は29番。なんか、噂によると、ロナウド並みに体格が良くなってるという話もあるので・・お肉の29?なんちて思ってしまいましたが、フラメンゴでデビューのときにもらった番号なんだそうです。へー。

(・・管理人、10年ほぼ毎日イタリアサッカーのニュースを読んでるうちに、気持ちの上では、ミランの監督というよか、毎朝挨拶する近所のオッサンみたいな存在になってしまった(なんのこっちゃ)、大好きなアンチェロッティさんが、セリエAから去ってしまうのはこの上なく寂しいですトホホホホ〜。この方の、選手を励まし、守り、叱咤し、時にとぼける、温かみのある言葉の数々に、あっしがいただいたものは、本当の本当に、言葉で言い尽くせないぐらい大きいです!カルロ、ありがとう。次のシーズン、チャンピオンスリーグで会いましょうぜ!)

ラベル:ミラン セリエA
posted by かや at 20:56| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。