2009年06月07日

代表勝利!

■Italy 3 - 0 N Ireland
Rossi 19 (I), Foggia 52 (I), Pellissier 73 (I)
イタリア代表、この練習試合はコンフェデを前に、若手や普段あまり出番のない選手を中心にやったのですが、3人が得点するという、いい結果で終わりました。パッツィーニのPKが止められなかったら4−0でした。今回デビューしたのはサントン、ダゴスティーノ、マスカラ。キャプテンはやっぱり!ガットゥーゾでした。
リッピ監督
「これがカルチョです。結果と並んで、シエナ、カターニア、ジェノア、キエーヴォなどの代表が、大変いいカルチョを見せたことを大変よろこばしく思います。外国籍選手の多いトップクラブ以外の選手がこれだけ内容のいい試合おこないました。ペリッシエール、マスカラ、ロッシはよくやりました。サントンも速さをみせました。ガットゥーゾは本来のグラディエーターに戻るにはいま少しフィットネス不足でしたが、安心して起用できました。それからピサの皆さん、チームが大変なときなのに(Bからレガプロに降格してしまった)応援してくださってありがとうございました。イタリア代表はクラブチームを超えた存在であると、あらためて感じました」

ペリッシエール30才。代表デビュー戦で見事なボレーシュートの得点。
「出番は、ほんのちょびっとだろうと思ってたんですよ、でも30分も出れた。それも、1ゴールと惜しいのが1つ。今日はボールのほうから俺に寄ってきたんですよ。キエーヴォでやってるより今日はやりやすかったです。やっぱモーティベーション全然違うし、スタジアムじゅうが応援してくれるし。もちろん自分をここまでに育ててくれたキエーヴォに感謝してます。やっと恩返し出来た気分です。」

18才サントンも代表デビュー。
「このシーズン、まじ最高。っていうか、まだ自分のキャリアって本当には始まってないんだけどな。若いもんが試合に出るって、イタリアじゃ難しくって、インテルみたいなビッグクラブじゃなおさらで。でもモウリーニョ監督が信頼して使ってくれるなんて、俺はツイてると思う。ピッチに出たら、上がらないで冷静に、自分のベストが出せるかどうかがカギなんだな。俺、上がらないほうなんだ。コンフェデレーションカップ?いけたら嬉しいな。先週まではU21に行くつもりだったから、トップチームからここに呼ばれただけでも、凄い進歩だけどね。ポジション?インテルでは12試合、ずっと左でやってたけど。どっちも出来るよ。右のほうが好きなんだ。リッピさんとモウリーニョさんの違い?モウリーニョさんは楽しいよ。笑わせたり、ようしやるぞ、って気にさせたりする。リッピさんとは2日だけで、話したのも1回だけだからよくわかんないけど、チームのモーティベーション上げるの上手いです」

対戦相手、北アイルランドのウォーシントン監督
「いい経験でした。調子は良かったですよ。学ぶものはとても多かったです。今日デビューの若手が数名いましたが、彼らはとても楽しんでやっていました。ジョンソンは好調イタリアを相手にいい動きをしていましたよ。やはりイタリアは強いです。私たちがこうやるべき試合を、相手にやられてしまいました。」

■さてユーヴェ、監督きまりました。で。既にカンナヴァーロとディエゴを獲得しています。で、出て行くほうです。トレゼゲが出て行きそうなのはかなり前から言われてますよね・・でも今のところ、実際にオファーが来たのはローマだけといわれてますが、ユーヴェのほうは高く売りたいので、今の状況ではあまり積極的ではないらしい。また、ティアゴ、ポウルセン、カモラネージもオファーの額によっては売却ありとみられています。アルミロンは来期も貸し出しがみこまれます。

リッピ監督、フェッラーラのユーヴェ監督就任について。
「チーロ、おめでとう。チーロにはカリスマ性と、知力と洞察力がある。それに選手達と上手くやっていける力もあります。彼なら問題ない。きっとユヴェントスの歴史の1ページに残る何かを為すでしょう。」

レグロッタリエがフェッラーラ監督について。
「フェッラーラ、子供が出来た人みたいにすんごいわくわく状態で。嬉しそうですよ。俺たちもチーロと一緒の2試合、イイカンジで出来たしね。来期はいい一年になると思う。お互い、もう知ってる中だし、最初からやる気十分で出来ると思う。それに、昇格して最初は3位だろ。このシーズンは2位だった。だからさ。次は優勝だよ。」

■ウディネーゼのポッツォ会長
「ユヴェントスからダゴスティーノの打診がきたが、まだ本格的なオファーはありません。一時は次世代のトッティといわれた、わが国屈指のミッドフィールダーだからね。出すなら、キャッシュではなく選手交換の形にして欲しいと思っています。たとえばジョビンコ、マルキシオ、ディチェーリエ。・・厳しい交渉になるだろうな」

■ミラン、カカを売る準備を進めているといわれてます。本当に売ってしまうなら、かなりのキャッシュがミランには入ります。で、代わりに獲得を考えてるのがアーセナルの二人、ファブレガスとアデバヨール。アデバヨールは1月にも獲得交渉をたんだそうですが、今回はさらにキャッシュを積みまし。ファブレガスにはフラミニとセンデロスの交換の形でオファーを出す?

ちなみに、カカは今ワールドカップ予選のためにブラジル代表に参加してます。マドリーのシャツを差し出してサインを求めたファンがいて、・・サインしてくれたんだそうだ。う〜むもう決まってるんだろうか。

今年、意外に?ローマで活躍したブリギの代理人。
「いま年俸アップをを交渉中です。このシーズン、ブリギは文字通りベストを尽くし、一番試合にでていましたよ。それなのにローマの選手のうちでは年俸最低レベルなんです。妥当な額に引き上げてもらいたいですよ」

■バルサのグァルディオラ。
「イブラヒモビッチですか。いい選手ですね。過去、何人もの選手がバルセロナに来て、更にフットボーラーとして成長していますよ。」
イブラヒモビッチ代理人のライオラさん
「イブラはバルサが大好きだからなあ。でも、インテルが手放すかどうかですね」
一つ問題があるのが、バルサには給与上限が定められていて、最高額でも1シーズンあたり800万ポンドなんだそうです。その規則を撤廃してまで獲得するか・・のようです。

インテルのモラッティ会長、バルセロナに行ったという噂について。
「ええ、参りましたよ。ただ友人としてラポルタさんと一緒に食事をしただけです。ではごきげんよう」

■ジェノア、移籍市場で素早く立ち回って、既にディエゴ・ミリトとモットを売却済み。で、さらにアクアフレスカを契約金の一部にまで使って誰をつれてくるかったら、クァレズマのようです。
プレツィオージ会長
「来週にはクァレズマ獲得がまとまると思います。アクアフレスカ?あの実力なら、どこにいっても一流で通用するよ。パラディーノとクリスキトは、来年もうちで使わせてもらえるよう、ユーヴェとこれから交渉しようと思っている。」

posted by かや at 07:57| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。