2009年06月09日

カカ、レアル・マドリッドへ

■カカ、マドリーに行きました。
ミランのコメント。
「ACミランは、6年にわたって人として、ジョカトーレとしてミランに多大な貢献をしてくれたカカに感謝いたします。熱心でプロフェッショナリズムにあふれたカカが去ることは戦力的に大きな損失ではありますが、私たちなら克服できます。カカの前途に幸いあれ。」

カカ、1月に1億ポンドのマンUのオファーを断ってるそうですが、ミランは今回の100年に一度の経済危機の影響で、多額の(6000万ポンドといわれてます)の損失を抱えてる状況でした。もしかしたら、カカを売って損失分を取り戻さざるを得なかった、のかもしれません。カカは、03年のオフにサンパウロから来ました。9月、アンコーナ戦でデビュー。そのあとスクデット、CL、イタリアスーパーカップ、欧州スーパーカップ、クラブワールドカップ、パローネドーロ、FIFAのプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、なんだ、ワールドカップ以外、主要なタイトル全部ミランでゲットしてるじゃないの。すごいですねえ。

カカ
「俺は、ミランで続けたかったけどね。世界中の景気がおかしくなって、あっちこっちのクラブがダメージ受けてるけど、ミランみたいなビジネスもやってるクラブは特にダメージ大きかったんだよな。ディレクターと話し合って、今、自分が出て行くことがミランのプラスになるなら、俺は移籍することにした。番号?5番だったら、凄い責任ごと引き継ぐことになるよな、ジダンはレアル・マドリッドでも代表でも凄かったから。番号決めるまでゆっくり考えるよ」

マドリー、ペレス監督
「とにかく一番欲しかったのはカカなんですよ。ガリアーニさんとは古いつきあいもある。もし買えるもんならうちに欲しい、と言ってみたところ話がまとまったわけですわ。私は直接本人と話していないし、直接見たのもサンシーロでのチャンピオンスリーグの試合に招待された2、3年前だけですが、あの試合のあと控え室に行ったら全員からちゅ〜の歓迎でしたよ、もちろんカカからもね。さすがミランです、カカが残りたいと望むわけです。ですが、もし、ミランが許すのならレアル・マドリッドでプレイしてみたいと本人も言っていましたでしょう。この移籍は誰にとっても良い結果をもたらすと私は信じています。何年か同じところに居たら、次の目標を目指すのはいいことです。かつてジダンが、今、カカがそれを選んだわけです。ガリアーニさんは、来季のミランはより優れたチームになるはずなので、ファンも反対はしないだろうとがおっしゃっていましたよ。ユヴェントスがジダンを売って補強したのと同様、ミランはこれで欧州の主役に立ち戻ることができるでしょう。来年のチャンピオンスリーグ決勝はサンチャゴ・ベルナベウで行われます。根が沸くば、私のレアル・マドリッドとミランの決勝であってほしい。」

英国筋によると、チェルシーのアンチェロッティ監督がパトの獲得を望んでいるとか・・
パト
「あわてなーいあわてない。まだ何にも決まってないですよ。ひとやすみひとやすみ。コンフェデが終わってからミランの人たちと話し合います。でもその前にアンチェロッティさんと話すと思います。自分がイタリアでここまで成長できたのはみんなアンチェロッティさんのおかげです。凄い人です、本当の恩人です。だから決める前に相談したいです。それに、俺、最終戦のときドーピングで居残りで、アンチェロッティさんにきちんとお別れしてないんだ。・・カカ?マドリーでも活躍できるといいね。でもチャンピオンスリーグじゃ、活躍・・して欲しくないな。ミランには大きい損失だけど、うちはカカだけじゃなくてチーム力もあるし、ロナウジーニョみたいな凄い人だっているんだ。」
ラベル:ミラン
posted by かや at 20:14| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南アフリカ入り


■イタリア代表、コンフェデ会場の南アフリカ入りしました。今、北半球が夏に向っている、ということは南半球は冬にむかってます。気温は10度前後で、風は強く湿度は高いそうです。イタリアチームの基地はヨハネスブルグとプレトリアの間のイレーネというところで、早速練習を行いました。10日にはニュージーランド代表と練習試合をやりますが、デロッシとカンナヴァーロが別メニューで練習してるそうです。正式発表はないそうですが、疲労と時差ボケの影響らしいです。

リッピ監督
「緒戦のアメリカ戦が一番重要です。最初に勝てば、あとが楽になる。最初に失敗すれば難しくなります。いいトーナメントになることを期待します。」
「ブラジルは今世界最強です。スピードがあり強く、大変危険です。他とは違う独自のスタイルをもっています。ですが私たちはワールドカップのタイトル保持者です。皆様もこの対戦に大変興味をお持ちのことでしょう。南アフリカに行ったことはありませんが、良いところだと聞いています。異文化の人々とのコミュニケーションを楽しみにしています」

■ユーヴェ、コボッリ・ジッリさん。
「私たちのユースチームのレベルの高さは、将来のユヴェントスに期待を高めるに足りるものです。私たちがユース監督のフェッラーラをトップチームの監督に推挙した理由が、ユースでの実績にあるんです。フェッラーラならベテランと若手をとりまとめてよいチームを構築できると、私は信じています。アリアウドは貸し出しません。来季はベテランのカンナヴァーロと一緒に仕事をし学ぶ絶好のチャンスだと私は思います」

ユーヴェ、ディレクターのセッコさん
「ジエゴをここに連れてくるまでに、長い時間がかかりました。ディレクターと現場のスタッフの合意ののちに動き出した話ですが、途中でバイエルン・ミュンヘンも獲得に乗り出してきたりで交渉はかなり難しかったです。なんとしても獲得したい選手でした。カンナヴァーロの復帰につきましては、ディフェンスの強化です。少なくとも1年はカバーできるでしょう、なんせ現イタリアキャプテンです。それに本人の復帰の意思も強く、減俸の条件を飲んでこちらに来たんですよ」

ユーヴェ、カモラネージ。今期は怪我もあり、ラニエリさんとあまり折り合いが良くなかったこともあり24試合しか出場できませんでした。監督替わったんですけどね。来季はバイエルンかマルセイユ?という噂がでてきました。

ユーヴェが獲得を考えている?といわれているウディネーゼのダゴスティーノ27才。
「今日クラブ同士で話し合ってるんだ。今はどっちの契約書にサインするか待ってるとこ。ウディネーゼは未熟な俺なんかを認めてくれて、1年目は俺ぜんぜん使えなくてさ。でも待ってくれたんだ。世話になったんですよホント。2年間頑張ったけど、まだ返したりないと思う。ユーヴェに行ったら、なんか、目標とか周囲の期待とか責任とか、こことは全然状況変わっちゃうだろうな、でも代表でちょっとは勉強したよ。」

■ラツィオはロッシ監督を解任しました。来季はバッラルディーニさんか、アッレグリさんか・・

■カカ、ブラジル国内でブラジル代表の許可を受けてレアル・マドリッドの健康診断を受診、クリアしました。コンフェデ終了後29日にヨハネスブルグから直接マドリード入り、6月30日に入団、5年契約が発表されるようです。

■ローマをスイスの投資家が買収?という話が進んでいるそうです。ローマのセンシ一族が持っている会社イタルペトロリは高額の負債をかかえていて、ローマを売らざるを得ない状況になっているとか・・イタルペトロリと、ファイナンシャルアドバイザーのメディオバンカが現在オファーを精査中とのこと。ローマは来季チャンピオンスリーグには出られない順位で終わってしまいましたが、資金があれば補強はしたいですよねもちろん・・

■代表でゴール決めたペリッシエールはキエーヴォの選手です。38試合に出場13ゴール。ナポリから声がかかっている?とも言われますがキエーヴォではセリエAでもBでも頑張って、人気の高い選手です。売らないんじゃない?との噂。

■フィオレンティーナ、プランデッリ監督
「私は頑固者でしてね。うちより資金潤沢なクラブが幾つもある、でも私はこのフィオレンティーナでスクデットを獲得したいという夢をもっているんです。夢想家といわれてもいい。挑戦は続けますよ。4位以内が2回。最初は自分でも驚いた。ですが2回目はほんのペナルティ差でした。難しいシーズンでしたがとても充実した、満足できた1年でした。次は本気で優勝を狙います。コッパイタリアの優勝から始めたいと思います。シーズン最後に皆で銀製の何かをもちあげて楽しく終わる、それがどれだけ励みになることか。そこを出発点として始めたいと思います。」
posted by かや at 06:12| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。