2009年06月12日

ひるやすみ日本橋ウォーキング

管理人、最近脚の筋肉が弱ってきたような気がして、
4月ぐらいから、昼休みにうろうろ会社近辺を歩いてます。
管理人の勤務先の会社は日本橋兜町の東京証券取引所のすぐ近くなので、
そのへんを基点に水天宮、八丁堀、蛎殻町、小舟町、京橋、呉服橋、本石町、などなど、
名前は雰囲気あるけど、実際はオフィスビルばっかなんですけどね。

・ぐるっと日銀コース(日本銀行を一回りするコース)
・三越本店屋上で英国庭園と日本庭園を見るコース
・酢醤油コース(ひげた醤油本店とみつかん酢本店の前を通るコース)
・水天宮で戌の日割引のおせんべい買って帰るコース
・ドラッグコース(薬品関係の会社が多いコース)
・東京駅大丸のスイーツ売り場を歩いて一周して戻るコース
・調味料コース(えすびー、ブルドッグそーす、味のもと、おまけにアミノ酸びる、なんて怪しい名前の建物があるコース)

なんて、40分ぐらい歩いて会社に戻るコースを発見してます。

そんな中で、アミノ酸びるに次いで気になったのがこれ。
「一石橋」。日本銀行のすぐ近くにあります。

IMG_08481.jpg

一石橋、という文字をみたとたん思い出したのが、
「子連れ狼」の、エンディングテーマでしたっけね。
タイトル忘れてしまったんですが、
親とはぐれて迷子になったら、どこで待ち合わせする?なんて歌。

「ててごとははごと、ごとごとで、
一石橋で待てばよい♪」

片親の大五郎はここで、ごとごと回る風車を持って、
拝一刀を待っていたのか・・

って、これ、思いっきり架空の話じゃなさそうなんですよ。

「wiki 一石橋」でググってみたら、
壊れたときに、後藤さんという商人二人で再建された橋だから、
ごとう二人→五斗+五斗で一石、と名づけられたとされているとか、
迷い子のしるべ、というのが設置されてた、なんで書いてありました。

ちこっと、物知りになったような(笑)


posted by かや at 21:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジエゴ語る

■ユーヴェ、ジエゴ。
「俺、イタリア語の勉強するよ。ゴール決めたあとや勝ったあと、一緒にいい仕事したみんなに、お礼したいから。ブレーメンでやってたように、ユーヴェでも出来ればいいんだ。もっと戦術は勉強して上手くならなきゃいけないけど、全力出せるようにがんばる。たくさんゴール決めて、セレソンにも選ばれたい。最後に試合出たのは去年の9月のボリビアで、ポルトガル戦も召集はされたけど出れなかったしさ。」
「ブレーメンで気分よく3年間過ごせた。凄く勉強すること多かったし、勝てるチームで本気で勝ちを目指すことで、自分でも成長したと思う。いいフットボールやると、ファンが素直に応援してくれるんだな。」
「ユーヴェとブレーメンの交渉はまじ長かったよ。何度も話し合って問題をクリアしていって、正しいときに正しい形で移籍成立って感じだよ。もちろん凄くうれしい。ブレーメンに、最後にトロフィー残して終わるのもいい形での退団だと思う。次のシーズンからはセリエAでまた挑戦するんだ。まず最初もここに慣れなきゃいけないけど、クラブがいろんな面で援助してくれてる。その分も早くゴール決めてお礼したい。俺は二重国籍でイタリア国籍もあるんだけど、イタリア語は、言ってることだいたいわかるけど、人前で話せるようなレベルじゃない。勉強しないとな。基本がポルトガル語だから、ドイツ語よりは楽だと思うよ。」

イアクィンタ。
「カカとイブラヒモビッチがいなくなったら?俺もブッフォンと同じ。そりゃ、うちには有利だよ。競争相手のチャンピオンが居なくなるんだろ。で、うちにはジエゴとカンナヴァーロが来たんだから、これで俺たち、次はスクデットだぜい」

■ミラン、レオナルド監督
「パトとピルロはミランの鍵を握る選手です。売りません。昨今さまざまな噂がささやかれていますが、来期のミランのメンバーが確定するのは、移籍期間が終わってからです。ロナウジーニョ?大事な財産ですよ、もっと責任もって仕事をやってもらいたい。今年はベストシーズンに並ぶ出来とはいえませんでした。才能をあれだけ持ちながら、出し切れなかった。ですがミランは1人の選手に依存するタイプのチームではなく、チーム力が持ち味です。マルディーニ?実は私は監督の仕事を承諾するまえ、真っ先に相談したのがマルディーニでした。ですが、マルディーニは私がどう考えているかを、既にわかっていたんです。私もマルディーニの考えが分かった。互いに説明しあう必要がなかったんですよ」

■ネドヴェドが来季昇格のパルマ行き?という噂があるらしい。
パルマの会長ジラルディさん。
「なに。ネドヴェドとうちが交渉している?私はなにも知りませんが、ネドヴェドは皆さんご存知のとおり、目覚しい働きのチャンピオンだからねえ。なにパロスキ。権利は半分ミランが持ってるんだが、互いに難しい交渉になりそうだな、本人はミラン行きの夢があるはずだから。でもまだ若いんだし、セリエAの経験を積んでからでもいいんじゃないかね」
パルマは他にも、インテルのヒメネス、ウディネーゼのディナターレやんの獲得を考えているとか・・

■インテル。・・イブラヒモビッチはホントにバルサに行ってしまうんでしょうかね。月曜に、エトーがミラノにきていたとフランスの新聞が書いてるそうです。エトーのバルサとの契約は来季まで。資金潤沢な英国のクラブ(マンC)に移籍?ともいわれてるそうですが・・

今期で引退したフィーゴ。
「ミラノに住んだ4年間は、わしのサッカー人生最良の4年間だったぜよ。インテルでの待遇は大変良かった。クラブ関係者全員に感謝してるぜよ。一生忘れないぜよ。自分の最高のプレイが出来なかったのは申し訳ないが、インテルとの良い関係は今後も続くとおもう。わしはもう、年をとったぜよ。長かったジョカトーレ人生のあとは、もっと家族と一緒に過ごす時間を大切にしたいぜよ。」
「モウリーニョ監督が来て、わしにもう一度チャンスが訪れたぜよ。わしは、レギュラー起用が条件の契約などしたことがない。控え室では皆が平等でアタリマエぜよ。モウリーニョ監督がわしを高く評価してくれているのはわかっていた。自分はここで、ゼロからや
りなおせると思った。控えになるのを受け入れるのは嬉しいものではないが、高給目当てに、このまま漠然と居座るのも気に入らなかった、そこにモウリーニョ監督が来たぜよ。」
「わしがマドリーを去ったのは、あと1年契約はあるが試合に出る機会がなかったからぜよ。さっきも言ったが、わしはカネなどどうでもいいぜよ、自分はジョカトーレとしてまだまだイケると思った、だからインテルに移籍することにしたぜよ。そして、こうして幸せなサッカー人生を終えることが出来た。わしは幸運だった、でも勝つための努力もしたんぜよ。」

■ポルトガルつながりで、チェルシーのデコ。
「モウリーニョさんがいるなら、絶対、勝てる。俺がこれまで出合った監督じゃ最高だな。」
デコはチェルシーではあまり出番がありません。監督がアンチェロッティさんになったけど、今後はどうなるか・・インテルのほかにも、興味をもってるクラブもあるのかもしれないですねえ。

■ナポリは、今スペインのセヴィーリアであまり出番のないキーパー、ディサンクティス32歳を獲得する?

■うちのトレゼゲに声をかけてるのはローマだけでなく、実はナポリも獲得を考えているとか、1000万ユーロ以下で売りに出すとか、の噂が出ていますが。
トレゼゲの代理人カリエンドさん。わあ。ナポリ人だった。
「明日ユヴェントスと話し合いの予定がありますねや。その場で、別のクラブを探してもええかどうか決まると思います。移籍金やら移籍先やらごちゃごちゃ噂ででますけどな、今はまだ何も決まってまへんねや。なにナポリ?初めて聞きましたで。私ナポリ人でっから、トレゼゲがうちの地元に来るんやったら大歓迎ですがな。まあ、どっちゃにしてもまず、ユーヴェが方針決めな始まりまへんて。ユーヴェが売らんならこのままでよし、でも市場に放出するんやったら、そらもう、いろいろ話が来ますやろな。」

■ナポリつながりでカレカ。この方、むかーし、ナポリでフェッラーラと一緒にプレイしてた経験と、ブラジル代表でレオナルドと一緒にプレイした経験、両方があるんだそうですが、えらくチーロやんを高く評価してくれてます。うれしいねえ。
「チーロとレオがユーヴェとミランの監督ね。べつに驚くことないな。監督の素質十分だからさ。でも私は、チーロのほうが監督としては1歩抜きん出ていると思う。大物選手が揃った控え室でどう振舞えばいいかは熟知しているからね。チーロはマラドーナの現役時代に一緒にナポリにいたんだが、控え室での行動は実に適切だった。どういう言葉をかければマラドーナが奮起するか、逆に、苦しんでいるときに得意の皮肉でいかに緊張をほぐすか。上手いもんだったよ。ユーヴェにはマラドーナほどの存在はいないけれどスターは多いからね。チーロのバランス感覚は役にたつだろう。ジエゴはゾラのような感じだね。動きも、才能も、ゴールを決めるセンスも良く似ている。点を取るだけでなく守備参加もできる。デルピエロとも申し分なくやっていけるだろう。アマウリは力強いセンターフォワードだけでなく、繊細なボール使いもできる。ジエゴの絶妙のアシストがあったら更に伸びるだろうね」

■ジェノア、着々と来季に向けて選手を集めてます。既にフロッカリ、クレスポ、ペレ、ときて、次はシーズン終了前に何度か名前が出てきた、シエナのミッドフィールダーの、モロッコ出身カルヤですかねHoussine Kharja。300万ポンドで獲得しました。

posted by かや at 05:57| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。