2009年06月13日

クエン酸


管理人の最近のマイブームが、クエン酸。
蛇口とかシャワーヘッドに、白い物体が付いてなかなかとれないので、
ネットで見かけた、クエン酸掃除を試みてみました〜

・・取れた!
殺菌効果もあるし。クエン酸えらいぞ!

それに、食用にもなるって言うじゃない。
早速、麦焼酎+クエン酸+タンサン(いきなり酒かい)を試してみたら。
余計な香りなどなく、すんごく、すっきりしゅわっとして、なかなかいい!

で・・
先日、新生姜を見かけたんですよ。
ガリ漬けよう。と思って買ってきたけど、
お酢が足りない。

・・そうだ!クエン酸があるじゃん!

ショウガを薄切りにしてさっと茹でて、
お酢ぐらいの濃さにしたクエン酸+水+人口甘味料、に漬けてみたんですよ。

そしたら、色は綺麗だし、味もたしかにガリっぽいけど、
なんか、う〜む。なのね。
やっぱ人工のモノじゃだめなのね。
テイクアウトの寿司についてるガリのほうが美味しい(爆)

やっぱ、お酢と砂糖は、えらい!
なのでした。

でもなんか悔しいので、
いまいちの手作りガリに、カツオブシと出汁醤油をあわせました〜
なにげ、いいオツマミになりました!

IMG_08851.jpg

・・ガリ+カツオブシかあ。

ガリアーニさん、やっぱ、カカは売らないほうがよかったんじゃなかい。
とりあえずあ、ローマのオカカを買っとく(笑)?
posted by かや at 12:04| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マドリーの移籍方針

■ユーヴェ、コボッリ・ジッリ会長
「ミランはカカ売却によって自ら力を削いでしまった、そのぶんの補強は必須です。ですが、レオナルドの監督就任はギャンブルで、うちのフェッラーラ監督就任は安全策、というご意見には同意いたしかねますな」

トレゼゲ
「このあと?今はバカンスだからさ。もうちょっとしたら帰るよ。でも、まだどうなるかわかんないな。俺、ここに9年いて、この先どうするか、ぶっちゃけ俺次第なんだよね。7月3日に話しあうことになってる。このシーズンははっきり言っていいシーズンだったとは言えなかった。前半は怪我で。後半は監督となんか上手くいかなくて。でももう怪我は治ったんだし、次のシーズンはユーヴェでも他所のチームでも、俺、主役のひとりでまじ頑張りたいんだよね」

トレゼゲの代理人のカリエンドさん、ナポリ出身。
「せやから、ユーヴェはトレゼゲ売りまへんて。セッコさんが売りに出さんて、言うたはりましてん。なになに。レアル・マドリッドに?トレゼゲも行くんちゃうかって?カカとロナウドとトレゼゲが居ったら、そらもうえらいことでっせ。1人で45ゴールぐらい決めるんちゃいまっか。」

ユーヴェ、ディレクターのセッコさん
「ラツィオのパンデフ?うちにはストライカーは十分居ります。たしかに、先方からのお話はありましたけれど検討に値するものではありませんでしたので。フェッラーラですか?カリスマ性十分でしょう・それに準備は入念ですよ。モーティベーションを上げるのも上手いです」

ユーヴェ、左バックにはモリナーロとデチェーリエがいるんですが、いまひとつ機能しきれてない。ということで名前が出てきたのが、リヨンにいるイタリア代表グロッソ。この選手、な〜んか・・ワールドカップ準決勝ドイツ戦の2ゴールで、持って生まれてきた運の7割がたを一気に使い果たしてしまったんじゃないかと(笑)思ってるんですけど・・インテルはともかく、リヨンでは結構いい仕事してます。来たら、心強い!

■元ユーヴェ、パレルモのミッコリ。
「ユーヴェに居るときの俺の失敗ずらか?最初はよかった。でも、だんだんレギュラーになってきたら、何かと、デルピエロと「競合」してることにされちまったずら。そんなもんなかった。俺は、デルピエロと仲良かったずらで。ユーヴェの1年は22試合に出て9ゴールだったから、悪いシーズンじゃなかったし、俺は今だってユーヴェの皆はリスペクトしてるずら。問題があったのはディレクターずらで。まあ、終わっちまったことだ。良くある話ずらでよ。」

■コンフェデ参加中のイタリア代表の練習を見に、多くの子供を含む5000人もの人が練習場に集まったそうです。地元チームとの練習試合は6−0で勝ち。
ガットゥーゾ。
「リッピ監督ば縁起かついで、ワールドカップ連覇のためにもここでは勝たないほうがよろしいでしょう、なんて言うちょったばってん、そんなの迷信たい。イタリアば、勝つためにここに来たとね。時間つぶしのためじゃなか。それにしても、南アフリカば何かと苦しか国ばってん、こげな大勢の人ば、この大会に熱心に集まってくれるのは感動とね。良か大会にして、歓迎してくれた皆に、笑顔になってもらいたか。」
「レアル・マドリッドがどんどん選手ば買うこととね?新聞で見たばってん、FIFAのプラティニ会長も良くは思ってなかと。金持ちのクラブば、金じゃんじゃん使うてどんどん選手ば買うて、フツーのところはそれが出来んと。フットボール業界もNBAのごたる年俸上限制度ば作れば解決できるとは思うばってん、そうカンタンに行く話じゃなかとね」

■ローマは、シェフチェンコの獲得を考えている??という噂。って、う〜むあっしゃシェヴァはチェルシーの「トロイの木馬」で、アンチェロッティさんをつれてチェルシーに帰ったからして、その報酬の意味もあり英国で出番は少ないながらも数年は安泰に・・なんて思ってたんだけど、そう甘いものではなかった。でもミランのレオナルド新監督の来季のプランに、申し訳ないけど、今更シェフチェンコが居るかったら、う〜むなわけで。といってチェルシーに戻ったところで、アンチェロッティさんはとにかく実績ださなきゃいけないんですから、シェヴァは年齢的にもピークを過ぎてるし、どしどし使ってもらえそうにない。また、昨年の夏からローマはシェフチェンコに興味をしめしていて、スパレッティ監督とシェヴァが会ったことがあるという話もあります。

■ナポリがアンブロジーニの獲得を考えている?と言う噂。ナポリったらドナドニ監督だもんね。ミランつながりか。で、ナポリにはチガリーニ、ガルガノさ、ハムシク、いい中盤の選手は多いけど皆24才以下と若い、ということで、ベテランを導入しようという発想。なるほど。でもマルディーニ後の今期ばかりは、アンブロジーニはミランに残るだろうねえ。ちなみにアンブロ君のミランとの契約はあと1年。

■インテル、リヨンのベンゼマの獲得交渉を始めた?とフランスで報道されてるそうです。ベンゼマ、リヨンで43ゴール決めてます。が。まだ21歳なんだ。若いですねえ。ちなみにベンゼマは、アルジェリア系のフランス人だそうです。お〜。ジダンと同じだ。


■来季昇格するチーム、おなじみパルマも楽しみですけど、あっし的にはなんといっても、元ユーヴェのキャプテン、熱血コンテ監督のバーリです。いや〜楽しみだねえ。
コンテ
「俺、ユーヴェの監督候補になれただけでも、誇りに思う。フェッラーラには頑張って欲しい。でも、俺が監督になってから何度かチーロと話すことあって、自分の戦術とか熱く語ったっけ、でもチーロいつもクールだった。今度はチーロが、チーロの戦術語る番っしょ。きっと、皆、驚くっしょ。うちのホームのユーヴェの試合は、リズムと身体能力の、俺たちのカルチョ見せてやる。ユーヴェに、堂々挑戦する。」
「昇格しても、あんまり変えない。俺は、4−4−2でやるべさ。げれっぱでセリエAにようやっと残る程度の中途半端な補強なら、しないでくれって、クラブに頼んだ。気になる監督?カッリアリのアッレグリさん。相手がビッグクラブでも、堂々自分のカルチョ貫くのは凄いっしょ。会長も本気で信頼してて、5連敗してもびくともしなかったっけ。ゼンガ監督もなまらいい仕事したっしょ。あの人の、止まったボールからの戦術は勉強になる。最近イタリア人の監督が海外で仕事してること?いいことっしょ。それだけ、イタリアには、ナショナルチームにもビッグクラブにも相応しい人材がいるってことだ。選手の国外への移籍?とんでもないオファーが来ると、クラブと株主は経営のこと考えると、反対できないんだべ。それに、海外で挑戦するのはいいことだと思う。」

■セリエB、プレーオフ準決勝のセカンドレッグが行われました。ブレシア=エンポリは3−0、途中バローニオが怪我で交代しながらもブレシアが勝って決勝進出。エンポリ、後半に入った親方フラーキが奮闘したんですが点にならず。もう1試合はリヴォルノ=グロセットは4−1でリヴォルノが決勝進出。

■一方、降格してしまったレッジーナの来季監督にはノヴェリーノさんが就任します。ノヴェリーノさんにとっては9つ目のクラブ。この方、98年にヴェネツィアをBからAに昇格させた実績があります。

■マンUはマドリーへのクリスチャン・ロナウド移籍を発表しました。マドリーはまだまだ物足りず、ヴァレンシアのヴィジャ、インテルのマイコンを連れてくるようです。しっかし資金源はどうなってるんだろうなあ。まあ、日経平均も1万円回復したしね。2月3月ぐらいは、ある意味100年に一度の買い時だったんでしょうね。なんのこっちゃ。冗談でなく、株価が回復しているのは確かですから、うまく投資していればどん底状態からソコソコの状態になってるかもしれません。

■で、そのクリスチャン・ロナウドの後に入るのか。ローマのヴチニッチのマンU入りの噂があります。昨年もローマにオファーがあったそうですが、ローマが断った直後にユナイテッドはベルバトフの加入を発表したといういきさつがあります。

■プラティニが最近のマドリーの移籍市場での動きについて。カカとクリスチャン・ロナウドで合計1億6500万ユーロですよ、円にしたら227億6300万円ぐらい。とんでもない額ですよね・・
「近来、高額での選手の移籍が多数成立しています。UEFAはフェアプレーを目指しているのですが、財務バランスにおけるフェアプレーという観点から申し上げれば挑戦的な行動といわざるを得ない。私たちは更に明確かつ透明性の高い確固たるシステムを構築すべく、最優先で、この点について新たな規定策定を考えています。」

ラベル:セリエA
posted by かや at 08:22| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。