2009年06月20日

じゃがいも入りの・・

ヤキソバにジャガイモを入れるところがあるんだそうです。
「ごめんねごめんね〜♪」の芸人で有名になった栃木県。

う〜ん。作ったことはないけど、これはありでしょう。
茹でたジャガイモは、なにをつけても、何もつけなくても、OKだもんね。
ウスターソース和え、ありですよ。

母の得意料理?のひとつに、
一口サイズに切って茹でたジャガイモにパン粉で衣をつけてあげる、という、
シンプル、かつ、揚げたては最高においしいものがあります。
フライといったらソース!
だから、ヤキソバに入ってるソース味なじゃがいも、あまり違和感なさそうな(笑)

ところでその、フライ衣つき揚げジャガイモが、
「芋フライ」として、これまた栃木名物なのは、
これを書くために、ヤキソバ+じゃがいもをネットで検索してて知りました。
我が家では、ホントよく作る揚げ物なので、
全国どこでもフツーにある家庭料理だと思ってましたよ!
独立してから、1人だと、全然揚げ物つくらなくなってしまったんですが、
近所の「○オゼキ」で、同じようなものを、たま〜に売っているのを発見!
土曜のお昼ぐらいに行くと、かなりの確立で揚げたてを買えるので、
午後か夜には、そいつをオツマミに第3の発砲酒飲んでます。

ということで話がかなり脱線しましたが。

ジェノバ名物ジェノベーゼパスタも。
麺をバジルペーストで和えるだけでなく、
ジャガイモ(もしくはジャガイモとインゲン)が具として入るものなんだそうです。

ということで、作ってみました(笑)
麺を5分ぐらい茹でたところで(って、例のレンジでチーンのパスタ容器で、ですけど)
途中でジャガイモ入れて、5分ほど一緒に茹でて、光熱費節約してます〜
あ、お湯はいつもよりちょっと多めでね。

IMG_08811.jpg

パスタだけより、こっちのほうが、
ジャガイモのほくほく感や甘みがあって、
あっし的には、おいしかったです!
タグ:
posted by かや at 19:19| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトに負けた!

■Egypt 1-0 Italy
Homos 40 (E)
ゴール前でノーマークの選手に頭できめられてしまい、まさかの負け。エジプトと同ポイントになってしまいました。う〜む。ブラジルに勝たなきゃ次にいけなくなっちゃったよ。経過を読んでると、後半なんかよく攻めてるんだけど。う〜む。

試合の翌日、リッピさんは選手達と話し合いをおこない、前日の試合の反省点を選手達に述べさせたあと、練習にはいりました。試合に出た選手たちはジムで練習。出てなかった人たちはピッチで練習だったそうです。

リッピ監督
「前半は、まるで練習どおりのことが出来ていなかった。後半がかなりましになりましたが、相手のキーパーにナイスセーブされてしまった。やはりこのぐらいの大会になると、出てくるチームは強豪ばかりです。勝つためにはベストの状態で試合に臨まなければならない。この大会で私たちは新しいことを試しています。今日は、それが奏功しませんでした。ワールドカップ優勝チームとの違い?今回の大会とは、メンバーのうち12人が違います。よく、あの優勝チームとあまり変わっていないと言わます。ですが、私は変わったと申し上げています。ご理解いただきたい。ベテランと若手の混在は上手く行っていると思います。活気ある若手に、経験豊富なベテランがアドバイスを与えることで、全体が伸びることを私は期待しているんです。」

ブッフォン。
「うぃっす。ブッフォンっす。やべえっす。チャンピオンがなんてザマだ、自滅っすよ。失点してから目が覚めても遅いっす。なんにも出来なかったわけじゃないけど、取り戻せなかったっす。アメリカ戦と同じで、練習でやってたことが全然できてなかった。ベストコンディションじゃないし、中盤で押されちまったっす。次のブラジル戦、絶対勝たなきゃ超やべえっす。ブラジルに勝って、準決勝でスペインに勝って、決勝でまたブラジルに勝つっす!俺たちがやるのは、いわゆるシャンパンサッカーじゃない。俺たち、6−0で大勝ちするチームじゃないんだ。そういうのはバルセロナとかブラジルがやるもんっす。でも、俺たち強いっすよ!調子がいいなら絶対負ける気がしないっす。だいたい、カンナヴァーロやキエリーニ以上の選手って、世界にどんだけ居るっすかね?でも、コンフェデで試して、ある程度以上手ごたえがなかったら、監督は本番までにどっか変える決断すると思うっすよ」

■U21
Sweden 1-2 Italy
Balotelli 23 (I), Acquafresca 54 (I), Toivonen 89 (S)
アズリーニのほうは順調に勝ち、次のベラルーシ戦は余裕をもって望めます。バロテッリ、得点もしたけど相手選手に暴行。一発退場でした。アクアフレスカのゴールは、うちのジョビンコからのパスを頭で決めてます。ジョビンコ、アベテと交代でピッチを去るとき、この大会はスウェーデン開催で思いっきりアウェイなのに、スタンディングオベーションもらったそうです。う〜む。CLの、サンチャゴ・ベルナベウのマドリー戦で2点決めて、アウェイのお客にスタンディングオベーションもらった、デルピエロをほうふつとさせるじゃあ〜りませんかね。セッコさん。なんとしても、ジョビンコは、売らないでください!

■ユーヴェ、ジョビンコの代理人のダミコさん
「ジョビンコはユヴェントスで活躍のチャンスを与えられ、しっかり生かした。いい1シーズンでした。才能は十分で、まだ若いのにいろいろな仕事をこなせる。問題は往々にして、この国のビッグクラブでは若手にあまりチャンスがないことです。ですがジョビンコはその点も理解したうえで来季もユヴェントスに居る道を選ぶと思いますよ」

ユーヴェ、メルベリは来季オリンピアコスに行くのが決まったようです。カンナヴァーロが来ることで出番が減るのは確かですもんね。1年間、ありがとう!ゴール決めたあとの力コブは、頼もしかったぜい!

ユーヴェ、07年に来たティアゴ。結局あまり出番なくいい仕事もせず・・今スペインに行ってディアッラ、もしくはロッシの獲得交渉をやってるセッコさんは、反対方向に行く選手としてティアゴを売り込んでいると言われてます。来季はどこに?ちなみにティアゴの代理人のメンデスさんはクリスチャン・ロナウドの代理人もやってるので今はそっちのほうで大忙しなんでしょう。

■ゾラはウエストハム監督やってます。チェルシー監督に就任するアンチェロッティさんに。
「カルロなら、実力もモーティベーションも十分だよ。ユナイテッドが圧倒的に強いプレミアをもっと面白くできると思うよ。言葉の問題?いい先生から英語習うぐらいの稼ぎは、カルロならあるだろ。え、うちがバロテッリ買うんじゃないかって?。外向的で頭はいいし、今どんどん学んでる時期だよ。自分が反発買ってるのもわかってる。反抗的なのもふくめて、個性的だし、価値はあるだろうな。でもうちは買わない。ミランからカカが出てったこと?セリエAにとっての大損失だと思う。選手達は自分を高く評価してくれるところも大事だけど、やってて自分が楽しいところを選ぶんだよな。でもこんな形でイタリアを出ていくケースは長いことなかったと思う。カルチョに熱気を取りかえすためには、結果ばかり重視する傾向を、一から考え直さなきゃいけない。スポーツはビジネスじゃないんだ。情熱と文化なんだ。商売最優先でカルチョやったら、ますます人が興味失って、そのうち国技なんていえなくなるよ。」

■ローマのヴチニッチに、マドリーが2500万ポンドでオファー、の噂があります。実現して出て行ってしまったら、ローマにはシェフチェンコが来る?って、その場合はかなり年俸ダウンになるだろうけど。

posted by かや at 08:07| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。