2009年06月23日

コンフェデおわって

■イタリア代表リッピ監督
「私たちはここで大会を終わります。ですが、経験の浅い選手達とフォワードについての言葉には注意を払っていただきたい。このような試合に勝てるようになるには経験が必要なのです。ブラジルは予想通り強かった。そして私たちは最高の状態にありませんでした。私の監督就任以来、この大会はもっとも良くないときに当たってしまったといえます。批判は受け入れます。ですが、再構築するまでには至らないと考えます。私はこのチームが完璧だと申し上げたことはありませんし、このメンバーを来年のワールドカップに連れていくと申し上げたこともありません。私は代表監督に戻った際に、まずチームの再構築にとりかかりました。当時は経験豊富な選手たちがいて、彼らがチームの基盤となりました。今、私は、別の明確なアイディアを持っていますし、多くのことが実現してきました。入れ替え?名前は挙げたくありません。ベテラン、新しい選手達、それぞれについて考えています。バロテッリ?ですから、名前は挙げません。ともあれ、バランスを取ることが重要と考えています。」

ブッフォン
「うぃっす!ブッフォンっす。若い連中、向上心ハンパないっす。連中が成長することが俺たちの力になるんっすよ。それに、これわかって欲しいんっすけど、代表のユニフォーム着てるときの試合と、クラブでやる試合は、まじ別モノっす。代表は経験とか個人のキャラとかがまじ影響大きいんっすよ。ぶっちゃけ、まだ、後を托せるまでの選手はいないっす。まあ、国内リーグがここんとこ欧州じゃちょっと低迷してるし、ここで負けても仕方ないっすかね。現状、ちょっと微妙で。競争力高いとは言い切れないっす。プレッシャーかけてるときはいいんだけど、そうじゃないときいまいちだし、まあ、今回のトホホな経験だって、今後に生かせればいいっす。」

ブラジル代表カカ
「3−0は俺も驚いた。こんなに実力の差はないと思う。でも今日俺たちいい試合できたと思います。ここでイタリアが去ってしまうのは残念だけど、やっぱりイタリアは強いですよ。2006年俺たち負けてるし。今回のイタリアは調子が悪かったけどどうですか、って・・それはイタリアのリッピ監督に質問してください。まさか誰も予選でイタリアが負けるなんて思ってなかったでしょ。それに、俺はイタリアでは本当に世話になったんです。今日の自分があるのもイタリアでプレイする機会をもらえたからだと思うし、本当に恩があります」

■ユーヴェ、クリスキトは今ユーヴェとジェノアの共同保有選手なのですが、ジェノアのプレツィオージ会長はいたく気に入って100%保有の交渉をしているそうです。でもユーヴェのフェッラーラ監督は来季クリスキトを使いたい。更に、ジェノアのアクアフレスカも欲しい。
クリスキト代理人のファッブリさん
「ユーヴェから買い戻しの話がきていると知ったらクリスキトは喜ぶでしょうね。でも、ジェノアはクリスキトが欲しいし、ユーヴェは話を進める前に、まずトレゼゲを売らなければ始まらないでしょ。」

ネドヴェドの代理人のライオラさん。
「いまのところパヴェルには、日本、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアからお話をもらっています。ですがラツィオの話が、かなり興味深い。ロティート会長は選手としてだけでなく、引退後もパヴェルにはラツィオを代表する仕事をやってもらいたいと話していました。いいアイディアだと思いますよ。これから更に話しあいたいと思っています。2週間以内にはどうするか決まるでしょう。しかしロティートさんと微細に渡る話をするとなったら、私はラテン語を真剣に習わなければならないな。実は、学生時代ラテン語は不得意で、試験に2回落ちましてね。パヴェルに教えてもらわないと。」

■ローマの野獣バティスタ。本人はローマを去りたくないと言っているし、マンCのオファーを断ったといわれていますが、アトレチコ・マドリッドに?

一方、ローマはバーリのグベルティと4年契約しました。


■ミラン。う〜〜む。ピルロの後釜は?なんて話が出てきちゃったよ。やっぱベルルスコーニさんの「売りたくはないんだが、うちが赤字であるという事実をつきつけられてはねえきみぃ」発言が効いてしまったようです。で、ピルロが出て行ってしまったら、マドリーのガゴを獲得する?ガゴはかつてミランに居たものの怪我でほとんど出番のなかったレドンドと同じようなタイプの選手だそうです。ちなみにガゴはブラジル国籍ではありますが、母親がイタリア人なので二重国籍。EU内選手登録できます。

■一時よく移籍候補として名前がでていたパレルモのキアル。クラブも本人も来季残留の方向で話が進んでいる?
キアルの代理人
「たぶんこのまま残るでしょう。本人もそう望んでいます。多数お話はあるようですが、いずれも本気ではなさそうです。ビッグクラブから、ザンパリーニ会長が興味を持つようなオファーがない限り、ここに居ると思いますよ。」
実際のところは、同じポジションで現在カターニア貸し出し中だったカプアーノが、貸し出し期限満了後のオプション行使されて買い取られてしまったため、キアル売るのやめとこうな〜、になったようです。

■ウディネーゼのディナターレやん。この人、ウディネにずーっといますねえ。04年から居るそうです。ウディネで決めたゴールは合計55本。ですが、今期はパルマとナポリから声がかかってるそうです。
ウディネーゼのディレクターのガスパリンさん
「ナポリとパルマからディナターレについての飼料を求められましたが、まだ交渉は本格化していませんよ。それに、ディナターレはクァリアレッラと同じナポリ出身ではあっても、生まれ故郷のナポリより、こちらフリウリ地方に愛着をもっているんですわ」

■U21、インテルのバロテッリはスゥエーデン戦の際にタックルされた相手に蹴りを入れたのを審判に見られ、一発退場になっています。次の試合ベラルーシ戦は出場停止。ですが、地元スゥエーデン側が常にバロテッリを侮辱する言葉をかけ、キレるのを誘ったのが一因のようで。
カシラギ監督
「録画で見ました、たしかにあれはファウルです。ですがね、スゥエーデンの選手たちの振る舞いだって、試合中でもピッチの外でもほめられたもんじゃないですよ。何人かにはペナルティが下されてしかるべきだと思います」
posted by かや at 05:44| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。