2009年06月24日

アマウリ、イタリアを選んだ!

■U21
Italia 2−1 Belarus
Kislyak (44), Acquafresca (45+2, 74).
シニアチームはコンフェデ終わってしまいましたが、U21は好調。この試合はバロテッリが出場停止でしたが、アクアフレスカの2得点で勝ってます。2点目はうちのジョビンコ君の好アシスト。次は準決勝で、ドイツと対戦します。

■ユーヴェ、ジョビンコ。
「ユーヴェは俺が思ってるほど、俺を評価してないんだな。俺は、べつに先発したいなんてわがまま言ってるわけじゃないけど、もうちょっと考えてほしい。そりゃチームの1人としてやってくのは難しいのは承知だけど、いつも後回しにされるんじゃさあ。でも、今度は監督かわってシステムも替わるから、すこしは出番増えるかもな。」

ユーヴェ、今週末にもリヨンのグロッソを獲得する?グロッソはリヨンとあと2年契約があります。で、リヨンでは1シーズンあたり175万ポンド貰ってます。ユーヴェから提示されたのは1シーズンあたり200万ポンド、という額だそうですが・・

アマウリは9月にイタリア国籍を取得する見通し。わーい!
「9月のはじめの週にイタリアのパスポートがもらえると思う。ここに10年居るしね。嬉しいよ。それにイタリアの市民権を持ったら、リッピ監督は俺のことも見てくれるわけだろ。これまでイタリアに世話になったぶん恩返ししたい。イタリアとブラジルの違い?1年後にはでてくるんじゃないの。今はブラジルが全員調子良かったんだよ。イタリアは新しい選手どんどん試してる時期だから、同じグループで2年やってるブラジルのほうがチームとしては熟成されてたしね。3年前の優勝したイタリアだって、あんまり前評判はよくなかっただろ。でも、リッピ監督には経験とアイディアがある。きっと将来結果が出せると思う。・・カカがスペインに行っちゃたこと?セリエAには残念なことだけど、今度はジエゴが来ただろ。カカのが居なくなっても、面白いと思うよ。うちに決まる前はよく電話で話したよ。チームの様子とかトリノの住み心地とかいろいろ。ここは世界屈指のクラブで、真面目な人ばっかりだから、落ち着いて仕事できるってアドバイスした。」
「コンフェデのイタリア=ブラジル?どっちも応援してなかった。でも俺はいい試合好きだし。面白い試合だったよ。」

■コンフェデ終わって、イタリア代表カンナヴァーロ。ブラジルの3−0の負けの1点目は、カンナヴァーロの守備ミスからですから・・
「年寄りとっしょり言われるのん、慣れたがな。でもな、誰を試合で使うか決めるんは監督やでえ。僕、ワールドカップ優勝メンバーやったからだけで、代表に居るんとちゃうねん。たしかに、ワールドカップのあの7試合より、この大会の出来は悪かってんけど、監督は、今の代表やったら僕入れるのんが、いっちゃんこのチームが力出せるて、信じて使うてくれてんで。トッティもバッジョもデルピエロも居らんねんで。あのな、僕らがこれから作り直さなあかんのん、チームだけちゃう。スタジアムも、教育システムも、みーんなひっくるめてインフラからやらなあかんねん。イケメンでドリブルが上手いと誰でもディフェンダーになれるんとちゃうねん。・・今はカルチョにスターと言える存在て、居らんな。なに。カッサーノ?皆に嫌われとるんとちゃうで。みんなアントニオのことは気にかけとるし、僕だってなんどもカッサーノに、これまでいろいろやってもたから、今代表に入れへんねん言うとるわ。最終的に決めるのんはリッピさんやしな。でもな、アントニオはガールフレンドも出来て今落ち着いてきてるやんか。次のシーズンこそ呼ばれるかもしれんでえ。実力は十分あるねんから」

■インテル。もうすぐ新しいイブラヒモビッチといわれる、オーストリア出身、トゥエンテのアルナウトビッチですかMarko Arnautovic20歳と契約?この選手、昨シーズンは怪我で半年ほど起用できませんでした。ということでまず健康診断から始めて、問題なかったら話を進める、というようです。この選手にはラツィオ、チェルシーも興味ありだそうです。

インテルのヒメネス。ゾラ監督のウエストハムに移籍が決まりました。

■バーリ、ヴェンチュラ監督の就任を発表しました。セリエA昇格させたコンテ監督が来季もこのままバーリを率いて・・ではなく、コンテは6月30日で退任します。バーリは昨日、主力選手グベルティをローマに売却してますので、クラブと監督の間で選手の移籍の方針が違ったためではないかと推測されてます。
マタレーゼ会長
「互いに理解できなかったんですな。監督は結論を急ぎすぎる。これでは一緒にやっていけないということでこうなりました」
コンテ
「俺は俺なり考えがあって、セリエAやっていこうと思ってた。ディレクターだって俺の考えわかってて、お互いに納得したはずだっけ、それが3週間前だ。でも、いきなり話が違った。これじゃ、このあとだって俺の考えてるように行かないのまる見えだ。だから、辞めたっけ。でも、俺はバーリには感謝してる。ファンのみんな、ディレクターのペリネッティさん、ありがとう。これからも貪欲に勇気もって進んでほしい。俺はいつだって見守ってる。幸運を。」

■バイエルンのトニ。ブレシアでの同僚、グァルディオラのバルサに?の噂があるそうです。バイエルンは既に選手獲得に4300万ポンドを使っていて、そろそろ誰かを売る番では・・との推測かもですが。

■アーセナルのファブレガス。
「もし自分がイタリアでプレイできるとしたら、ミランでやりたいです。」
posted by かや at 06:22| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。