2009年06月28日

籠でくつろぐびおら


昨日、実家に行ってきました。びおら、元気でした。
でも落ち着いたら、ちょっとあっしが嫌いになったようで(苦笑)

そりゃそうだよね。ここ3週間ずっと病院に連れてってたもんだから、
こいつが来ると自分はまた病院に連れていかれる、と思っていて。
放鳥したら、逃げ回って大変でしたわ。
母が髪を染めていたんですが、
逃げ回ってるうちに、その、毛染め中の頭に着地したもんだから・・
捕まるなり、足の裏を洗われて籠に入れられてしまいました。

そんなわけで、くつろぎながらも、ちょっと足を気にしてるびおらです。




posted by かや at 10:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アズリーニ敗退



■イタリアU21、準決勝でドイツに1−0で負けました。前半に相手に長距離シュートを決められてしまい、挽回できず。決勝は5−4でスウェーデンに買ったイングランド対ドイツになります。
カシラギ監督
「残念です。なんとも申し上げようがない。今日の前半は今回のトーナメントで最高の出来だったんです。なんでだろう。一晩考えさせてください。でも準決勝まで来れたことを誇りに思います。今回の敗けを糧にして、このチームは更に成長すると思います。」
優勝せずに負けた、となるとすぐに進退問題が出てくるんだけど・・カシラギさんが解任された場合、次はコンテ?という噂もあるそうです。

というわけで、イタリアはU21もここで終わってしまいました。ということでみんな休暇にはいります。が。その前にユーヴェのジョビンコ君は水曜に以前から問題があった鼻の手術を行うそうです。21日間、練習できません。でも7月のユーヴェの練習再開時には間に合います。

■コンフェデレーションカップ、決勝を前にアメリカ代表監督のブラッドレーさん
「ここ数日で降って沸いたチャンスじゃないんです。ここまでの積み重ねがあって、アメリカはここに居るんです。ここまでには長い道がありました。多くのMLSの選手達はヨーロッパに行き、ワールドカップでは惨敗し、それでも私たちは前進をつづけたんです。この大会は、アメリカサッカーにとって、大変大事なステップなんです。最初のブラジル戦では、私たちは致命的な失策をおかし、一人少ない状態で戦わざるを得なかった。ですが、エジプト、スペインと、エネルギッシュかつバランスよく、積極性に富み、頭脳的な試合をおこないました。ブラジル戦で学んだことを、幸いにして同じ相手に実践できるチャンスを掴みました。オバマ大統領は、「イエス・ウイ・キャン」と言いつづけて大統領の座を勝ち取りました。私たちも申し上げます。「イエス・ウイ・キャン」。」

■ウディネーゼのダゴスティーノ。ユーヴェ行きが確実視されてるようですが・・
ウディネーゼのポッツォ会長
「ユヴェントスはうちのダゴスティーノの価値を正当に評価していないような印象を受けました。値打ちが分かっているなら、それなりの価値に見合うオファーで然るべきでしょう。ですから、移籍が実現するか否かはユヴェントス次第です。ダゴスティーノは私たちが望むレベルを超えた実績を出したんですから。共同保有でもかまいませんよ。もしこの件がまとまらなかったら?ともあれまだ、そこまで進んでいませんので申し上げられません。移籍市場が閉まるまでにまだ時間はあります。他の動きもあるでしょう。ダゴスティーノもユヴェントスにおおいに興味があるようです。ですが、ダゴスティーノに興味をもってくださっているのは、ユヴェントスだけではありませんのでね」

この、ユーヴェのダゴスティーノ移籍の話が難航しているのは、実はポウルセン嫁のせい?といわれています。というのも、ポウルセンがフェネルバフチェからのオファーを断ったのはポウルセン嫁がトルコ行きを拒んだからなんだそうで・・ということで、ダゴスティーノを買おうと当てにしていた売却代金640万ポンドあまりが入らなくなってしまった。と言う話。で、もしダゴスティーノがダメならレデズマ、メロ、ディアッラあたりを買う?

■インテルのヴィエイラ。思ったほど活躍してないですね・・このシーズンは怪我もあって出番、少なかった。来季のモウリーニョさんの計画には入ってないともいわれてます。あと1年契約はのこってますが、PSGに?ちなみにPSGにはいつのまにかマケレレもいます。

■ミラン、ガリアーニさん。
「来季の目標は、上位3位以内。このメンバーだったら達成できるでしょう。過去、ベルルスコーニさんはミランに大いに投資した時もありました。ですが、先日まで私たちには金銭的な問題がありました。今は、解決いたしました。今後はもう、ミランのために尽くそうという選手たちを売却せざるをえないようなことは、なければ良いと思っています。私たちは現実を見据え、現実的な目標にむかってまい進してまいります。ファンの皆さんにも、この状況をご理解いただきたい。」

そのミランですが、今一番必要なのはセンターバック。ローマのメクセスの獲得を考えていたようですが失敗。かわりに、ブレーメンのメルテザッカー?

木曜の夜にアンチェロッティさんとガリアーニさんとミランのディレクターのブライダさんが、ミラノのレストランで会談していたそうです。ピルロの移籍か?!チェルシーは1500万ポンドを提示、ですがミランは2500万ポンド欲しい?

■昇格してきたバーリ、バレットとランゲッラをウディネーゼとの共同保有選手にしました。両名とも、来季はバーリで仕事します。

■ローマはセンターフォワードを探してます。先日からずっと出てる名前がシェフチェンコ32才。既に昨年スパレッティ監督と会って直接話したこともある、という噂。ローマは優秀な物理療法師のコッティさんを雇用したそうです。シェヴァとコッティさんは過去一緒に仕事をしたことがあり、体をきっちりケアしながらプレイしていくという点ではこれは大いなるメリットですねえ。また、他にもローマに来るのではないか、といわれてる選手はインテルのフリオ・クルス(パナシナイコス行きといわれてましたが、パナシナイコスはシセを獲得したため?)、マドリーのハンテラーの名前が出てきてます。たしかに。マドリーったらカカとクリスチャン・ロナウド来ちゃったもんね。出番が減るのは明らかですわな・・それにローマとマドリーはいい関係で、シシーニョ、バティスタもマドリーから来てます。

■ローマに行くんじゃないかといわれている、キエーヴォのキーパーのソレンティーノ。
「俺には直接話きてないですよ。代理人まで話が来てるかも知らない。ジェノアからはずーっと、来ないかっていわれてますけど。まあ、移籍って選手本人がいつも一番最後に聞かされるのが常ですけどね。でも、俺はまだ30だし、控えでもいいやとは思ってない。ローマに行ったところで毎試合ベンチから試合見るんじゃな。やっぱ試合にでて初めて、チャンスがつかめるもんでしょう。」

■ラツィオのパンデフにはユーヴェ、バイエルンからオファーがある、といわれてますが・・リヨンからも話が?

■フィオレンティーナはマドリーからドレンテを借りることで合意した?

■ドイツサッカー協会副会長ベッケンバウアーが今大会のイタリアについて。
「今回のイタリアは、調子が悪かったですな。驚きましたよ。エジプトに負ける。ブラジルには、惨敗といっていいでしょう。まるで、早く家に帰りたいが為に負けたような印象すらありますよ。今後ですか?国際試合のスケジュールは、どこの国も確かに多いです。私が現役のころもかなり多かったけれど、今は更に増えている。疲労がたまるのはよくわかります。今後?リッピさんにお聞きになったら。でも今回の大会でリッピさんでも負けるというイメージが世界中に広がってしまいましたね。ですが、ワールドカップの前年に選手を大幅に入れ替えてチームを若返らせるのは大変危険です。要になる選手達は、まだまだ高いレベルの仕事が出来るんですから、このまま使うべきだと私は思います。彼らを軸に、まずディフェンスから手直しすれば良いのでは」

posted by かや at 08:30| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。