2009年11月07日

エリクソンさん、CM出演

■ユーヴェはアタランタと対戦します。インテルに7ポイント差つけられてしまった上、先週はナポリに2−0からひっくり返されてますから、今週はしっかりいい形で勝ちたいところ。
フェッラーラ監督
「まいど。そうですなあ、継続的にきっちり結果だすのんが大事ですなあ。マッカビ戦のあと、気合戻ってきてますしな。熱い気持ちで、自信もって、最後まで諦めない。それが大事ですねん。わしらの実力やったら、7ポイント差は取り返せますねん。なに。チャンピオンスリーグでは1失点しかしてへんのに?カンピオナートはぼろぼろ点とられる?うーん。なんですやろなあ。でも、何か理由はあるんですやろなあ。どっちゃにしろわしら、勝てる可能性は十分にありますねん。そのためにも、もっと注意深く、もっと上手くやらなあきまへんねん」

カンナヴァーロ。
「せやな。ベルガモ行って、ええ試合、やろな。難しいやろけどな。あそこ、監督コンテやしな。今ちょっと勝てへんとこやけど、すぐ立ち直るで。これまでも、そうやって来とんねんからな。」
「今、僕らインテルに差あつけられとるけどな、ここまでしっかりやって来とるやんか。ナポリ戦の後半はしょぼーんとしてもたけど、マッカビ・ハイファ戦はええ試合やってんで。なあ」

■CLでユーヴェと同じグループの、ボルドーのストライカー、モロッコ出身チャマク。スピード感あってなかなかいいねえ。ボルドーとの契約は今期一杯なので、もしかしたらユーヴェ、サンダーランド、アーセナル、ウエストハムあたりが1月にも交渉開始?という噂があります。
チャマク25才。
「今後のことも考えて、正しい選択したいです。今はまだ、ボルドーとの契約延長はしてないけど、シーズンはまだ8ヶ月ある。湯栗考えます。ドアは開いてます。俺は出て行ける。でも、誰かに追い出されてるわけじゃないです。」

■今週ユーヴェと対戦するアタランタ。金曜の練習に来たビアンコ、ベッリーニ、ペッレグリーノのディフェンダー3人が風邪の症状があるため、練習せずに自宅に帰るよう指示されたそうです。う〜む先日パルマが大量に風邪っぴきを抱えてたときに対戦したのがアタランタなんだけど、あれは第9節10月25日ですよね・・潜伏期間としては長すぎだから、別のところでひらってきたんでしょう。

アタランタ、コンテ監督がユーヴェとの対戦を前に。
「俺、ユーヴェには13年いたっけ、そうそう簡単に忘れられないけど、今はアタランタに居るんだし、ここでじっくり働くつもりだ。ユーヴェはやりにくい相手っしょ。ナポリ戦見たけど、いい試合してたっしょ。厳しい試合になると思う。でも、楽な試合なんてひとつもないのがカンピオナートっしょ」

■ミラン、ロナウジーニョ。
「俺、ずーっとフットボーラーつづけたい。他の仕事やってる自分が考えられない。マルディーニみたいに40歳になっても、もしかしたらもっと年とっても続けたい。え。引退までミランに居るかって?もちろん。俺、今のミラン大好きだよ。だって今のミランなら攻撃的サッカーできる。ドリブル大好きだけど、ゴール決めるのにもっといい場所にチームメイトがいたらそこにパス出す。俺、ゴールスコアラーってよりアシストが好きなんだ。チームの誰かがゴール決めると、俺、まじで嬉しい。グループの1人になるってことは、ただのチームメイトより友人になるって意味合いのほうが強い。毎日何時間も一緒にいて、一緒にいろんなこと経験して、そうやってりゃお互い友達になるし、自然に助け合おうって気になるさ。前からここにいたブラジルの仲間がミラネッロの雰囲気教えてくれたけど、実際来たら皆が言ってた以上に雰囲気良くって、すごく家族的なんだ。ミラネッロに行くことが、家に帰るみたいな気がする。」

■インテル=パルマ間で、サントン=ケニア代表22才マリガ、ミッドフィールダーの交換?という噂があります。サントン、今のままでは確かに出番がないしね・・他、ジェノア行きの話もあるそうです。

■サンプドリア会長のガッローネさんが、「カッサーノが代表召集されない理由の裏には極めて醜悪な理由があるけれど話すつもりはない」発言してます。

で、それを聞いたイタリア代表リッピ監督。
「私には付け加えることはありません。新聞でよみましたが、唐突な話です。何を意味しているのか、私も知りたい。心当たりがありません。」

サンプドリアはそののち、カッサーノが代表召集されないカルチョ上以外での理由、もしくは深刻な出来事はありません、と正式に発表しています。

現ナポリ監督のマッツァリさん
「おかしな話でしょうこれは。私とリッピさんとは良い関係ですが、ナショナルチームの監督が一クラブの監督に代表チームのメンバー選抜について意見を求めるなんてことがあっては、ヘンですよ。まあ、もし、意見を求められるようなことがあったとしたら、私はカッサーののことは悪く言えないです。私は2年間サンプドリアでカッサーノを見ていましたが、すっかり元のレベルに戻っているし、今もどれだけサンプドリアに貢献していることか。全く申し分ないですよ。」

で、醜悪な話というのは、カッサーノと、リッピさんの息子でいろんな選手の代理人をやっているダビデ・リッピさんとの関係が悪い・・「最良の友人ではない」・・というところにネタがある、ような感じです。

■イタリア代表、11月中旬にオランダ、スゥエーデンとの練習試合があります。選抜メンバーは日曜に発表される予定。火曜にはローマのボルゲジアーナ練習場に集合し、木曜には地震で被災したイタリア中部のアクィラに行きます。

■新たなるカルチョポリ疑惑?の話。最近でなく04−05シーズンのことですが。
元審判コミッションの秘書をやっていたマルティノさん
「当事、審判を選ぶお仕事をやっていたのはベルガモさんとパイレットさんでした。私は2度、試合毎の審判を抽選するボールに、ある特定の審判の名前を書いた紙を分かりやすいように入れておくよう指示されました。私は色の褪せた使い古したように見えるボールに指示通りの審判の名前を書いた紙をいれ、両氏に報告しました。また、あるジャーナリストが抽選に参加したとき、ベルガモさんが妙な咳をしたらそれが合図だったかのように黄色いボールを取り出したこともありました」

それを聞いたモッジさんの弁護士のプリオレスキさん
「なんで今までそれを言わなかったんです!」
マルティノさん
「私は申し上げたと思いますが、カラビニエリが言わなかったのではないでしょうか」

■フィオレンティーナ、ディレクターのコルヴィノさん。アンドレア・デッラ・ヴァッレ会長の退任に追随してフィオを辞任、ローマに?という噂もあったそうですが。
「先日まで南米に行っていました。私たちはイタリアを含む欧州以外の状況も調査する必要がありますので、何度か行っています。フィオレンティーナを向上させるために、いろいろやっていますよ。楽じゃないですけどね。その分野で最善をつくすのが私の仕事です。クラブにも動いてもらうよう働きかけています。今後もずっとフィオレンティーナに居ますかって?ええ。本気で自分でもそう思ってますよ」

■トッテイが水曜にローマと2014年まで契約延長したそうです。来週、正式に発表されます。今トッティさんは33才ですから、実質、引退までの契約です。

■ラツィオは木曜のヨーロッパリーグの試合で、まあ相手がヴィジャレアルとはいえ4−1の大敗。カンピオナートのほうも第2節から勝ちがありません。そんなわけで降格ゾーン近くまで落ちてと来ちゃってます。いうことで、バッラルディーニ監督、解任?の観測が出てきました。次の候補はミハイロビッチ、ベレッタ?

■フテレビジがセリエAダイジェストをやってたのは、何年前のことでしょうかね・・アナウンサー、いろんなキャラ作ってくれましたな・・うちでもシニョーリ、エリクソン監督、マッツォーネ監督など、何人か無断拝借してしまいスイマセンでした。で、あっし的お気に入りだったのは、「爺じゃないっ!」のヴァヴァッソーリさん、「麻呂は・・・・でおじゃ〜る」の、当時ラツィオのエリクソン監督。その、エリクソンさんがティッシュのCMに出てます。結構笑えます。

posted by かや at 09:37| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。