2009年11月22日

北欧?な休日 A

先日、ごぉさん宅「おとちゃんノート」で鳥柄生地の記事(ダジャレちゃいまっせ〜)を見てから、
北欧家具のイケアが気になってましてね。

たしかこの辺、横浜にあるんだけどあれ、どーやって行くもんだろうか。
港北インターチェンジのあたりにあるらしいけど・・
と、HPにアクセスしてみたところ。

なんと!田園調布からイケア直行の、無料送迎バスが出てるじゃあ〜りませんか!

やった〜♪ってなもんで、早速行ってまいりました。
れいれいさん宅がフィンランドで、
今度はスゥエーデン。
ということで、今回の休暇、北欧2カ国目です(笑)

送迎バスは、田園調布の駅改札を出て左側のバスターミナルから、
だいたい30分に1本ぐらい出てます。
高速使うから立ったまま乗れないので、
満席になったら定刻前でも出発してしまうそうです。

田園調布の風景。こういう銀杏並木の道が放射状に何本かあります。
IMG_14701.jpg

旧駅舎。
IMG_14721.jpg

うちの小鳥さんが、代々お世話になってる病院の看板。
kotorinobyouin.jpg




で、田園調布からおよそ30分弱で、港北インター降りてすぐのイケアに着きます。
IMG_14751.jpg

あっしゃ特に買うものがなかったけど、
一応、入り口のとこでエンピツと地図をもらいました。
IMG_14791.jpg

実物のディスプレーを見て、
気に入った家具の、タグについてる番号を地図についてるリストに記入しといて、
出口の近くの、セルフサービスゾーン、という倉庫みたいなところで、
その番号の商品を自分で見つけてカートに乗っけてレジに運ぶ。というシステムになってます。
商品は組み立て式になってて、セットがダンボール箱にはいってて、
組み立て用のツールも799円とかそんな値段で売っていて(笑)
持ち帰って自分で組み立てる、そういうやつです。

入ってすぐ2階にあがると、家具を組み合わせて部屋にしたディスプレーのゾーンがあり・・
この辺は、さすがに家具屋っぽい。
でも、自由に座ったり寝転んだりしてOKだし、
自分で組み立てられる=カジュアルなものばかりで、気楽に見れます。
お値段もめっちゃ手ごろ!
ただ、自分で組み立てる、というのが、一番の難点・・

食器、照明、収納用品、寝具類、インテリア小物、ファブリックなどは1階にあって、
そういうちーさいものはフツーに売り場から自分で持っていくようになってます。
いや〜・・衝動買いしそうで危なかった!
お手ごろな値段で、いろいろ揃ってますわ〜
日本と北欧との、生活習慣の違いなんだろうね。
小さい照明とかアロマ入りのロウソク、キャンドルホルダー類が凄く充実してました。
ロウソクについてはカルチャーショックを覚えるぐらい、
いろんな大きさや色や香りのが揃ってましたよ〜

回ってみた感想は、要するに・・
フランフランが、でっかくなってカジュアルになった、ってな印象でした。

で、結局買ったものは・・調理用のシリコンのへら99円、が一つと、怪しいお菓子だけ(爆)
だって交通費片道150円、総所要時間50分ぐらいで行けるんだから、
しばらくして本当にほしいものが出てきたら、また行きゃいーから、と自分に言い聞かせて衝動買いを押さえました。

・・ところが。
イケアに行ったのが、金曜。
で、管理人、土曜に実家に行ったときに、
れいれいさんの展覧会の話と、この、イケアの話をしたのよ。
管理人父は車でよく横浜方面に行くので、
場所と、外国の家具やのでっかいのだ、というのは知ってました。
で、織物の先生の話と家具の話がごっちゃになって、
帰るときには、玄関マットとダイニングセットが古くなってきたから、
「ちょっと」イケアに行って見てきてくれ、ってな話になってしまった(笑)
いきなりだけど、ちょっとで行ける場所になっちゃったからな〜。

しかし!
管理人とちがって、父は和風とか、重厚感が漂うものが好みなので、
イケア系のダイニングセットのテイストは、絶対違うわけで、これは別に探してもらうことにして。
玄関マットは、インターネットで見たらオリエンタルラグというのがあったので、
もしかしたら好みのがあるかもしれない、と、日曜に再度行ってみたわけですが。


・・これがねえ。
金曜はゆったり見れたんだけれど、
休日だと、恐ろしいぐらいごちゃごちゃに混んでます!
まあ、管理人同様に、買い物というよりぶらっと見に来ている人も結構多いようでした。
年齢層は、やっぱり、若いです。子供も多いです。
お年寄りはあまり見かけませんでした。
で、肝心の玄関マットは、
いわゆるじゅうたんっぽい模様のだったら、ここじゃないほうが高級感があっていいのがあるんじゃない?
ってな感じで、
2回目は全くサイフを開くことなく、ただ歩き回って帰ってきたのでした。


で、もしかしたら気になってらっしゃる方もいるかな?
金曜に買った、「怪しいお菓子」。

一度レジを出ると、外に、北欧の食料品、お菓子コーナーがあって、
これまた楽しいんだな〜。
で、買ってきたのが、塩味&リコリス味のグミ。
IMG_14811.jpg

デンマーク製です。
色は黒いです。
形は、お魚です。
IMG_14841.jpg

これがお菓子だなんて、あまりに、怪しいじゃないですか!
これは試さずにいられませんわ(笑)

リコリス味、とは、wikiで調べたらアニス+甘草の風味、ということですが。
たまーに、外国のお菓子にある味の記憶があるので、
話のタネに。と買ってきたんだけど。
家に帰って何ヶ国語かで書いてある説明を良く見たら。

「salmiakki」の文字があるじゃないか!

わっ。超まずーい!といわれる、フィンランドの飴「サルミアッキ」か!!
・・やっちまったなー(爆)

って、実際食べてみたら、たしかに塩味とリコリスの風味と、
いわれてみれば、アンモニアっぽいような・・

でも、捨てるほど、不味くはないです。
あまりお勧めはしないけど・・
実際、買ってから3日目。ぽつぽつと、既に幾つか食べてます。
たぶん一袋完食しちゃうと思う。
夏場だったら、塩分補給になって体にもいいんじゃないかなあ。
なんちて思うあっしって、ヘンかしら。(爆)

で、文字通りのお口直しに・・
北欧フィンランドといえばサンタクロースの国ですね〜
で、
フィンランドといえば、「北欧?な休日」 第一弾でご紹介しました、れいれいさん。
いよいよ月曜から始まる、個展のご案内第3弾!クリスマスバージョンです。

※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。
Get Adobe Flash Player


このご案内で紹介されてる小物も楽しいけど、
あっしゃ、プロならではの微妙な色彩がなんともいえない、タピストリーが楽しみです!

posted by かや at 20:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 小鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パルマが3位!

■Bologna 1 - 3 Inter
Milito 22 (I), Zalayeta 23 (B), Balotelli 42 (I), Cambiasso 72 (I)
Sent off: Maicon 91 (I)
序盤、ボローニャは攻守にわたりよかったようです。特にキーパーのヴィヴィアーノ、この選手はインテルとボローニャの共同保有選手ですけど、何度もナイスセーブあり。失点した30秒後にはアダイルトン→サラジェタさで同点にしている。後半もボローニャ、かなり攻めてるんだけれど、やっぱ力の差でしょうか。コーナーキックからの2得点含め、インテルの勝ち。マイコンは終盤に線審に暴言で、次節フィオレンティーナ戦に出られません。

インテル、モウリーニョ監督。
「いい内容の勝ちでした。問題はみあたらず、結果に相応しい内容でした。バロテッリ?1ゴール、1ミス。いつもどおりです。交替させたのは、警告を1枚もらっていたからです。経験則からみて、1枚イエローカードをもらったらその後は自分の気持ちをコントロールできる選手はわかっていますが、マリオはおかまいなしに、これまでと同じ調子でやってくれますので。1人減ってしまうリスクを回避しただけです。」
「これからあとは、バルセロナに集中しなければなりません。助監督は今日ミラノに残してきましたので、バルサ対策として最善の練習プログラムを纏めていることでしょう。あとは私の仕事です。選手たちはリラックスして練習に臨んでほしい。帰りのバスの中からバルセロナ戦の準備をはじめます。私はカンプノウに3年いました。その間の記憶は戦術より大事です。カンプノウでお客を楽しませられる試合をやることは、選手たちのキャリアのうちでも難しいテストの一つです。インテルにとっては真の挑戦になるでしょう。イブラヒモビッチ?99.999%出てくると思います」

ボローニャ、コロンバ監督
「よく守りましたよ。このような試合は練習どおりに出来るように願いながら準備するんですが、今日はミスが少なかったです。相手はうちよりすこしミスが多かったものの、うちのミスは、2回のセットプレーからの失点です。あれが、勝敗を分けました。残念です。折角サラジェタのゴールで失点直後においついたんですが。前半を1−1のまま終えられたらよかったな。1−2まではともかく、3点とられたところで心が折れてしまった。最後の最後まで諦めてはならない、得点のチャンスを作らなければいけないんです」

火曜にインテルと対戦するバルサだけれど、アビダルとヤヤ・トゥーレが発熱および体調不良を訴え、検査したところ豚インフルでした。もし更に感染者が増えた場合は試合延期もありえます。UEFAのガイドラインではチームが感染者多発のためdecimated・・直訳で、衰退してしまった場合は試合延期を認めるそうです。ちなみにバルサ、今はイブラヒモビッチが怪我で離脱中。
ちなみのちなみに、レガではオサスナの選手が4名、ベティスの選手が13人罹患しているそうです。

■Fiorentina 2 - 3 Parma
Gilardino 25, 62 (F), Amoruso 30 (P), Bojinov 52 (P), Lanzafame 67 (P)
Sent off: Donadel 85 (F)
なんと!昇格してきたパルマが勝ちました。1点目は昔ユーヴェにいたアモルーゾ。2点目、元フィオのボジノフ君の1点は、代表召集されたけど出番のなかったガロッパからのクロス。勝ち越しの1点は、パヌッチ→ランザファーメ。パヌさん頑張ってます!暫定だけど、これでパルマは23ポイントで今3位です。ちなみにフィオは5位。ちなみのちなみにユーヴェは24ポイントで2位。

フィオ、プランデッリ監督
「好調だったあとに試合のない期間が続くと、休み明けに問題が発生することがあります。特に、代表参加勢が戻ってきたばかりのときは。パルマは調子が良く、私たちはいくつかしょーもないミスがありました。3失点は注意力不足の結果です。3点目を失点したオフサイドトラップからは、学ばなければならないものがあります。昨シーズンはよくああいう場面で失点しましたので、対策を講じてきました。ですが今日はややリスキーな内容でした。2−2なら勝てると思っていたのですが、相手のほうがうちの弱みから得点してしまった。パルマは常にカウンターを狙っていて、大変よく統制がとれていましたが、うちの選手たちもよくやった。失敗だとは言えません。」

パルマ、グイドリン監督
「いいパフォーマンスをやるだろうとは思ってたよ。アウェイではホームほどポイントを稼いでいないけれど、アタランタ戦以外はとてもいい出来だったのでね。2−1でリードしたときはこのままテンポを保って最後までいけると思ったけれど、やはり上位陣が相手の場合は押されたときは失点しちまうな。でも、チーム全体、とにかく立ち直った。実に、よくやったよ。」

■ユーヴェ、デルピエロ。いよいよ!ウディネ戦で復帰の予定。
「ここ数日シーズンが始まる前みたいに、すごくわくわくしてるんです。だってこれまで見てるだけだったもの。ゼロからの出発みたいな気がして。準備万端です。出られなかったあいだの分も、本当に、全部ぶつけて勝ちたいです。もういちどユヴェントスを率いて、僕達の目標を達成するために、ユヴェントスの為に。出られなかった間、チームのみんなの力がなかったら、僕はもっとつらかったと思います。だから、貰った分の力を、ピッチ上でみんなにお返ししたいです。」

ユーヴェ、フェッラーラ監督
「まいど。デルピエロでっか。この2週間、ホンマよう練習してますで。でもな、長いこと試合離れてまっからな、そこんとこも考えなあきまへん。なに。4−2−3−1のテンプレートに合うか?合わせる力ありまっせ。練習で横のほう入れても、ようカバーしてますわ。デルピエロが帰ってくるちうことはですな、ピッチの上で実際プレイするだけの事やのうて、カリスマが帰ってきたでー!ちう気持ちがな、チーム全体にひろがるちうことですねや。なになに。ジエゴ、カモラネージ、アマウリと、上手いこと出来るか?どう使うかは、秘密しとこ。でもな、今使えるストライカーはアマウリとデルピエロだけですけどな、せやからこうなった、ちう決定とはちゃいまっせ。」
「国際試合後の試合はちょいと厄介なもんですけどな、ここ2回の練習では全体エエカンジでやっとりますわ。インテルにちょっとは近づきましたけどな、まだわしら追う立場でっさかい、勝つこと以外かんがえたらあきまへん。ボローニャ、ナポリと失敗してもた後やしな、もう失敗したらあきまへん。このあとオリンピコでは全勝する勢いでやりまっせえ。そらもう、あとはインテルがコケてくれるのを待ってますわ」

■サンプドリアのカッサーノ。6月19日に、交際中のカロリナ・マルシアリスさん18才と結婚式を行うと発表したそうです。ちなみに、今回の南アフリカワールドカップは6月11日から7月11日に開催されます。ってことは期間中だよね。召集されないのが前提ってことかい。

■ナポリはラツィオと対戦します。
マッツァリ監督
「私たちにとってはチャンピオンスリーグの決勝のように大事な試合です。全選手が使える状態ではなく、起用するメンバーは試合前まで考えます。選手達には、フィオレンティーナ、ユヴェントス、ミランを相手にするのと同様な気持ちで、もてる全力を出してほしい。今は3ポイント4ポイント差の間に多くのチームがいるので、継続的に結果を出すのがセリエA勝ち残りには大事なんです。クァリアレッラ?2週間順調そうに練習しています。もうすぐ回復できるでしょう。私は、ストライカーが点を取らなくても、チームの誰かが点を取ればよいと考えています。現代フットボールではミッドフィールダーが上がることで相手の守備を突破するキッカケができるんです。1月の戦力補強ですか?今のチームを良く見直し、それからですね。」

そのラツィオのパンデフ。この夏に移籍を願い出たんだけれど、ラツィオは価格設定に失敗。移籍できませんでした。9月25日にパンデフは法的な契約見直しを訴えたけれど、ラツィオはパンデフを試合に出さないことで応酬。今月、1回目の裁判が行われたけれど決まらず、年明けに第二審が行われるそうです。
この件について、サッカー選手協会が動きだしてます。選手のストライキもありえるそうです。

■インテル=アーセナル間で、バロテッリ=ファブレガスの交換?の噂がでてきた。アーセナルのヴェンゲル監督は、以前からバロテッリに注目していて、今後のイタリアサッカーにおける最大の期待の星の1人と発言してます。もしかしたら1月にも実現する?

■また、アーセナルはサンプドリアのパッツィーニの獲得を考えている?既に1500万ポンドでオファーしたといわれています。また、ドログバがアフリカネーションズカップでしばらく離脱するチェルシーも、1月になったらオファーするのでは、という噂もあります。ちなみにサンプドリアはフィオから650万ポンドでパッツィーニを獲得してるので、短期間に倍ぐらいに価値が跳ね上がってますわな・・

■で、チェルシーとインテルは、アトレチコ・マドリッドのマラドーナ婿のアグエロ21才の獲得を考えている?チェルシーは夏に4300万ポンドでオファーしたんだけれど却下されてます。ちなみにアグエロ本人は、インテルに行きたいと以前発言したことがあります。ちなみのちなみに、アトレチコのほうは夏には5000万ポンドの値札を付けたものの、この不況下、結局誰もそんな値段は出せなかったわけで、実は売りそびれて後悔してるとも(笑)・・

■イタリアサッカーリーグ協会は来年1月から始まるとされていた「ファン・パスポート」・・クラブがファンの身分を記載したIDカードを発行し、スタジアムに行くときは常に携帯すること・・構想を来季からに延期しました。
イタリアサッカー協会会長のベレッタさん
「マローニ内務大臣と話し合い、ファン・パスポート構想の実施を来季からに延期いたしました。新しいシステムがクラブについて本当に役立つものになるよう、今後もこの件につきましては政府と当協会との緊密な連携を保ちつつ進展させていきます」

■来年のイタリアスーパーカップも、3年連続して北京で開催されることが決まりました。

■プレーオフでスロベニアと引き分け、アウェイゴール差でワールドカップ出場を果たせなかったロシアのヒディンク監督。おそらく解任でしょうな・・で、ヒディンクさん、なんと!チェルシーにディレクターとして帰ってくる?という噂があるんだそうです。もし実現しちまったら、アンチェロッティさん、やりにくくなるよなー!見た目はなんとなく風貌が似てて、怖いのがヒディンクさんでにこにこしてるのがアンチェロッティさん、というイメージだけど、選手たちに対する方針がめっちゃかけ離れてそうだからな・・
で、ロシア監督はマンチーニが引き継ぐ?!ちなみにマンチーニは先日、プレミアのどっか、もしくはイタリア代表監督になってカッサーノを召集する、なんて発言してましたが・・

■ヴィエリ。先日、引退を撤回してブラジル第3ディビジョンのボンビスタと契約、を発表したんだけれど、健康診断に現れず、連絡もなかったそうです。うーん。ヴィエリは以前にも、サンプドリアと契約したものの一度の練習参加もないまま2週間後に契約解除、という前例がありますので・・。

posted by かや at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。