2010年05月02日

ミランCL確定

■土曜の試合がおわって順位は以下のとおり。暫定ですが、ローマ首位奪還してます。そしてミランはCL出場確定。
Classifica: Roma 74, Inter 73, Milan 67, Sampdoria 60, Palermo 58, Juventus 54, Napoli 53, Genoa 48, Parma 46, Fiorentina 46, Chievo 44, Bari 43, Cagliari 42, Udinese 42, Catania 40, Lazio 40, Bologna 39, Atalanta 34, Siena 30, Livorno 29

■Parma 1-2 Roma
Totti 5 (R), Taddei 75 (R), Lanzafame 81 (P)
ローマ、先週24連勝の記録が止まりました。でも今週はしっかり勝って暫定首位です。開始5分でトッティ先制点。2点目は、トニ→トッティ→タッディ、とトリプルTで決めました。ヒメネスが警告2枚で、次週出場停止になってます。
ところでパルマで1点決めてるランザファーメ。いつも腹へってそうな名前なんですが、ユーヴェユース出身。コンテがバーリにつれてって、セリエB優勝したシーズンはえらく活躍してます。今はパレルモからパルマに貸し出し中の選手なので、パレルモの順位次第では、資金源として売られるか、呼び戻されるか・・が、ありかもしれません。

ローマ、ラニエリ監督
「今日は点をとった時間が早すぎたかと思いました。ピサーロ不在と、ピッチが乾きすぎていたために上手くパスが回らず、パルマのボジノフとビアビアニーには常にプレッシャーをかけられていました。ですが後半は逆にうちが押す展開となり、やりやすくなりました。しかし、今日のパルマはよくやりました。苦しい試合でした。彼らは欧州カップ戦を目指しているので、モーティベーションの高さが力になったんでしょう」
「ラツィオ=インテルですか?フォルツァ・ラツィオ。本当はフォルツァ・ラツィオというよりフォルツァ・カルチョかな。今行われた、タルデーニでの試合はフットボールの勝利でした。もちろん私たちはローマに集中します。ラツィオが成すべきことをやったなら、インテルといえども厳しい試合になるでしょう。」

ローマ、ゴール決めました。暴れ馬タッディ。
「俺達、プレッシャーの中で生き延びるって、慣れてるからさ。3ポイント獲得することだけに集中できた。パルマはいいプレイしたし集中力あって苦労したけど、俺達は仕事に見合う結果が出せたと思う。それに、俺しばらくゴール決めてなかったからさ。こういう時にロマニスタの皆の前で決めれて凄くうれしい。いろいろあったけど6ヶ月かけてトップギア入れて、先週はコケたけど、ローマはまだまだイケるんだ。ラツィオ=インテル?ラツィオも、今日のパルマみたいに全力でインテルにぶつかってくと思う」

ローマ、デロッシ。
「先週負けてるから、今日勝ったのはまじ大事。シーズン最後の1分まで、勝てるって信じてやるだけです。明日のラツィオ=インテル?ラツィオは残留かかってるから、今日パルマが俺達にやったみたいに、必死だと思うよ。え、ラツィオ応援するのかって?もちろん。」

パルマ、グイドリン監督
「ローマみたいなところに先に1点とられちまったら、追いつくのはそりゃ大変です。でもうちの選手たちは先行されても心が折れることなく、逆にローマがうちのシステムを真似た3−5−2で後半やってきた。点をとった時間が早すぎたんだろうな。先週のジェノア戦みたいな、いい試合ができましたよ。集中していたし、何度か逆に攻めた。なに、トッティは胸じゃなくて腕でボールを落としたろうって?コメントしたくありません。」

■Milan 1-0 Fiorentina
Ronaldinho pen 78 (M)
Sent off: Ambrosini 87 (M)
これでミランは、CL出れます。レオナルド、最低限の目標はクリアできました。・・やれやれ。でも、フンテラール、ロナウジーニョの2人がいながら、75分点がとれず、インザーギを入れたら、すぐに、クロルドルップがボリエッロにファウルでミランにPK。やっぱ、ピッポが前のほうでちょろちょろするのは、相手ディフェンダー相当嫌なんだよなー。ロナウジーニョがしっかり決めて1点。でもフレイ、いい方向に飛んでましたよ。あと10センチ。惜しい。ミラン、アンブロジーニが警告2枚で次は出られません。

ミラン、ベッカム
「南アフリカ?行きますよ。試合には出られないけど、ワールドカップでしょう。今後ですか?自分は契約に忠実に、LAギャラクシーに専念します。」
思えばワールドカップに出るために2年間、自腹切ってミランにきて、すっごく献身的なプレイやってて、これは!イングランド恐るべしと思ったら。本番に出られないレベルの大ケガだもんなー。ホントもったいなかったよなー。

ミラン。次期監督にスパレッティさん?!という噂が出てるそうです。

■ユーヴェ、明日はアウェイでカターニアと対戦します。
改めて、今の状況は、4位サンプドリアが60ポイント。5位パレルモ58ポイントを挟んで、うちは6位で54ポイント。あと3試合で6ポイント差をなんとかしないとCLができない、ということになります。まあ・・最終戦の相手のミランが今日3位確定して、最後に残った目標はとりあえず達成したからして・・やれやれ状態で、多少気を抜いてくれたらいいんだけど。
ザッケローニ監督
「残すところ数試合です。選手たちには、カリアリ戦以後ここまでやってきたとおりのことを続けてもらいたい。インテル戦も、結果は出なかったものの内容はよかったです。バーリ戦では更に向上しました。まだまだ、良くなるんです。カターニアはこの試合に向けて合宿に入り、メディアをシャットアウトして全力で調整しています。ホームでは、持てる力を余すことなく発揮できるチームです。」
「先週のサンプドリア戦で私たちが4位になれる可能性はかなり低くなりました。ですが、私たちは、ユヴェントスです。最後まで戦います。練習も十分です。私は4位になれると信じていますし、もちろん選手たちもわかっています。決して最後まで諦めません。私の今後ですか?シーズン終了後に考えます。私はこれまでシーズン途中から仕事を引き継ぐことが多かった。来期は最初から始めたいと思っています。シーズン最初から私が手がけた場合の実績は皆様ご存知でしょう(09-99、ミランで優勝)。ですが、どこで、最初から始めるかはまだ私もわからない。6月30日まではユヴェントスと契約がありますが、自分の今後は5月16日以降に考えます。もし興味のあるオファーがあったなら、アドバイザーと相談して決めたいと思います」

ユーヴェ、ジエゴ。ここにきてやっと、お、こいつ本当はかっこいいんじゃない?と思えるプレイが見られるようになってきた。
「ユヴェントスはチャンピオンスリーグとか、最高のトーナメントが相応しい人が揃ってるんだよ。でも、ヨーロッパリーグだって大事なトーナメントだし、俺はピッチに出たらいつだって出来る全力尽くしてる。今のチームにあと何人か加わったら、もっと強いチームになれると思うよ。来期の目標?スクデットだよ。ベニテスさん?今クラブにいない人のことは話したくないです。それって、今の監督をリスペクトしてないことになるでしょ」

カンナヴァーロ。9月には37才になります。戻ったものの、ファンとは結局いい関係には戻れず。あっしもなんだけど、・・カルチョポリのときに出てった人たちはねえ。残ってくれた人たちのこともあって、いまいち心から応援できないんだなあ。カンちゃんはその円のワールドカップ優勝チームのキャプテンで、パローネドーロももらって、それがセリエBで次の1年、というのはたしかに、ありえない。おまけに、今を遡ること10年(あっ!!あっし、最初のHPを始めたのが、2000年のGWだったんだ。文字通り、10年だ!・・われながらよく続けてるぜ自分)、HP始めたきっかけになったのは、パルマのHP見てたら、カンちゃんのインタビューが、なぜか頭の中で勝手に関西弁に変換されたときだった、そういう、もの凄く思いいれのある選手なんだけどさ〜。カペッロさんに次いでさっさと見切りつけてでていってからが、どうもな〜・・
ともあれ、カンナヴァーロ。
「誰やねん。カンナヴァーロは終わった、ちうとる奴は。僕、いっちゃん経験豊富なエキスパートやねんで。まだまだやがな。トリノ離れてもまだまだやるがな。でもな。もっかいワールドカップで優勝したら、そこで辞めると思うわ。僕ら、ベテランと若いのんがエエカンジで混じっとるやんか。ディフェンディングチャンピオンやさかい、守りきったるでえ。」
「ユーヴェに戻って後悔しとるかって?ぜんぜん。たしかにこのシーズン、ええことなかった。目標にも届かんかったし監督は途中解任やし、チーロは監督だけやのうて、友達やさかいな。せやから、僕、余計につらいねん。責任は全員にあるねん。チーロだけやのうて皆で分けあわなあかんねん。せやろ?」
「そら、僕はユーヴェの人気者やない。わかっとるねん。でも、ピッチの外のことはどうでもええねん。僕はこれまで、スクデットもワールドカップも勝ってきたねん。全部が全部なんでも僕の責任やないねん」

ユーヴェ、来期はネドヴェドが帰ってくる、かもしれません。ディレクターになって、だけど。
元代理人やってたライオラさん
「2日前までは、ありえない話だったんですけどね。アンドレア・アネッリさんが会長になりましたからねえ。パヴェルは愛着のある場所で仕事をしたいと思うタイプなんで、仕事につくとしたらラツィオかユヴェントスか、チェコ代表か・・ユースチームの仕事?どこからともなくそういう噂があるようですけれど、ともあれ、パヴェルがアネッリ一族とユーヴェといい関係にあるのは事実ですよ」

ユーヴェが来期の獲得目標にしてるのはこのへん?という噂。
ヴァルガス、リベリー、ファブレガス、パッツィーニ、クイト、フェルナンド・トーレス、ジェコ、キアル、ボヌッチ、マルケッティ、ロリス。

■サンプドリア、デルネリ監督。
「ヨーロッパリーグ出場の目標は達成できました。悪くない。さあ、新しい目標が出来ましたよ新しい目標が。このごに及んで、大変なエネルギーを使う仕事です。サンプドリアがチャンピオンズリーグに出るため、賭けにでたっていいでしょう。1度に1つずつ勝ちを積み重ねていくんです。今週末のリヴォルノから始まります。新聞の予想では楽勝とされていますが、現実はそんな楽なもんじゃありません。ベストメンバーで臨みます、決して相手を過小評価してはいけません」

■フィオレンティーナのジラルディーノ。そろそろ、南アフリカ行きメンバーの発表間近です。まず29人を発表。そこから絞って23人になります。
「ワールドカップ?アルゼンチン、ブラジル、イングランド、スペインと並んで、俺達イタリアも優勝候補だと思うよ。」

■インテル、バロテッリの代理人のライオラさん。
「何日か前、マリオが自分の車のホイールが緩められてるのを見つけたんです。もし気がつかなかったら、交通事故を起していましたよ。このような状況では、マリオはインテルに居られません。マリオは、ファンにもチームメイトにも怒ってないんです。でも、インテルとの問題はまだ解決していない。いつ、どうやって解決できるかはわからない。バロテッリは心から謝っているのに、インテルの誰かが、理解しない。理解したくないんでしょう。私はインテルと話し合わなければならない。マリオは私の顧客であり、代理人として、顧客の立場で顧客を守るのが私の仕事です。これまでインテルとの間であったことを話します。クラブがモウリーニョ監督に率いられているかどうかは私はしらない。モラッティ会長次第です。なにイブラヒモビッチ。(ライオラさんはイブラヒモビッチの代理人でもあります)スペインのメディアからの批判が集中していますが、そりゃ負けたんですからね。仕方ないです。メディアは、負けたらウラギリモノとして貶めるかわりに、勝ったら神にまつり上げるんです。いいことじゃないですけどね。これも仕事ですよ。」

posted by かや at 09:10| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。