2010年05月06日

コッパのあといろいろ

(・・いや〜皆様スイマセン。今朝、記事をアップしたんですが、seesaaブログさん調子が悪く、まっしろけ〜な画面になってしまって受け付けられないんですよ。アップできたか分からず、もう一度「テスト」と書いてアップしてみたけど、それも反映せず。申し訳ないけど時間切れで出社してしまいました。
そんなわけで謎の記事やら、謎のレス・・「かや」って書いたんですけど、反映しそこなって文字化けしてたりで、ご心配かけました。申し訳ありません。)

■コッパのあと、インテル、モウリーニョ監督
「最初から難しい試合でしたよ。スネイデルとコルドバが起用できないというのは、なんとも良くない予兆でした。ともあれ、私たちは90分、アグレッシブかつ集中的かつ面白味のない試合をやりました。インテルは往々にしてこういう試合をやらざるを得ないチームなんですよ。点を取って、試合をコントロールして相手にチャンスを与えずにジュリオ・セーザル中心に守って守ってカウンターで点を狙う。そういうやつです。」
「ローマはもうだめだと悟ったときから、冷静さを失ってしまいましたな。特にトッティは、最後にキレてしまった。あそこで実質的にはゲームオーバーだったと言えるでしょう。」
「今度は皆さん、空港までのお出迎えはいいですよ。皆さんもお休みが必要ですから。さて、あと3試合。トロフィーは2つ残っています。今日のインテルは最後まで持てる力を出し切りました。このまま最後まで、夢を目指して戦い続けます。バルセロナで申し上げたとおり、私たちにもファンにも、優勝はすばらしい夢なんです。是が非でもカップを持ち上げなければ行けないという、強迫観念ではないんです」
「私は今日、ポルトガルとイングランドとイタリアで、全てのトーナメントの優勝を手にしました。悪くない。インテルは大いに変わり、前進しましたよ。監督と選手は変わった。ですが、インテルは更に飛躍的に変わりました。このままインテルの監督を続ける可能性?もちろんありますとも」

インテル、マテラッツィ
「試合中にメクセスに2回ぶん殴られたけど、俺達のゴールのいいアシストしてくれたから、チャラにしてやるよ。ヘヘ、ありがとよ!」

■ローマ、ラニエリ監督
「長い間かけてローマはここまで這い上がってきた。長かったです。それだけプレッシャーもかかっていました。ハーフタイム直前のちょっとした出来事が試合の流れを変えてしまいましたが、ローマは出来るかぎりのことをやりました。インテルは見事でした。私たちは短いパスでボールをつなぐ自分達のカルチョをやりたかった。長いパスではインテルに立ち向かえないからです。予想以上に苦労しました。インテルの得意な戦法で、中盤でボールを取られてしまいました。トッテイですか?フラストレーションの爆発によるファウルですな。やってはならないことでした。今日はインテルの完勝です。いいゲームでの勝ちでした。賛辞を申し述べます。カンピオナートですか?私たちは私たちに出来うる最善を尽くすだけです。最後の最後まで前進いたします」

ローマ、トニ
「俺達はいい試合やったけど、インテルはカウンターで1点とったあとは試合やろうとしてなかった。俺達、2回PKもらえたかもしれないかったけど、よくあることだよ。うちより格が上のチームとの試合じゃ、たいていもらえないんだ。もし俺達に有利な判断が1つでもあったら、試合はかわってたかもしれない。インテルはしょっちゅう審判がどうのこうの文句言ってるけど、たしかに強いよな。でも俺、インテルが不利になる判定って記憶がない。ドイツだと、強いチームがここまで助けられることはないね。ここの審判はビッグクラブの機嫌をそこねるのが怖いのさ。スクデット?俺達はチャレンジャーだ。インテルの自滅を願うしかないとこまで来ちゃったし、実際そうなるの難しいと思うけどね。俺達はそう願いながらベスト尽くすだけさ」

ローマ、トッティ。おそらく2試合か3試合は出場停止になりそうです。
「すっげえ大事なときに、緊張のあまりに魔が挿すってやつだった。あ?ざんざ超侮辱されっぱなしだったんだよ、直接にも遠まわしにも、ローマやローマ市民まで馬鹿にされてよ。いつまでも黙ってらんねえよ。それも、悪キャラ売りにしてる同じ奴が、ずーっと言ってんだよ」

(トッティの退場につながる行為ですが、トッティが蹴る場面だけ見ると、なんで?!と驚いちゃうんだけど、ワールドカップ決勝のジダンとマテのように、退場に至る前にも何らかの前哨戦があったんだろうな〜。)

■リヴァプールのベニテスさん。決断はプレミアリーグ最終戦が終わった、来週早々になるそうです。ユーヴェが提示している条件は、年俸350万+高額のボーナス、といわれています。

■ユーヴェ、ジョビンコ。ユーヴェはサンプドリアのパッツィーニが欲しいので、もしかしたら交換?サンプドリアにはCL出場の可能性がありますからして、CL出場経験のある選手を連れてくるというのは、ありえる話ですな・・

■上記のように、もしかしたらモウリーニョさんのインテルは今期限り?の観測も出てきました。その場合来期の監督として、モラッティさんは、イングランド代表監督のカペッロさんを考えているそうです。例のカルチョポリのとき、インテルはカペッロさんに興味を示し、また、カペッロさんもこの際イブラヒモビッチとヴィエイラを買っちゃあどうだい、とインテルにアドバイスしたとか・・ちなみに今カペッロさんは年俸828万ユーロ。イングランドとの契約はあと2年あるそうです。ちなみのちなみにモウリーニョさんの年俸は1200万ユーロと言われてます。
ラベル:ローマ インテル
posted by かや at 22:12| Comment(5) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コッパはインテル

■コッパイタリア結果
Inter-Roma 1-0
39' Milito D.
まずインテル1冠。ミリトのゴールは文句なし!シーズン26ゴールだそうです。一方ローマ、87分にトッティがバロテッリを倒し、うしろから蹴りをいれて警告2枚で退場、なんて本当だろうか。う〜む。詳細はのちほど。

■ユーヴェ、トレゼゲにリヴァープレート行きの噂があるそうです。トレゼゲはご存知の通り、フランスで生まれたけれど2歳のときにアルゼンチンに渡り、育ったのはアルゼンチン。ちなみに、モナコと契約して17才でフランスに戻ってます。こどものころはリヴァープレートを応援してたそうです。って、トレゼゲには今いろんな行き先の噂があり、アメリカのMLS、サウジアラビア、ブラジルのコリンチャンスなども上がってるそうです。また、リヴァープレートはカモラネージの獲得も考えている?という噂もあります。

ユーヴェはカリアリのマルケッティに、ゼビナ+ジョビンコ半分+800万ユーロのオファーを出している?

ユーヴェ。次期監督候補はまずベニテスさんですけれど、プランBとしてゼニトのスパレッテイさんに声をかけた、といわれてます。でもな〜。今のスパレッティさんの契約は相当な金額をもらってるといわれてますからなあ。ちなみにスパレッティさん、昨シーズンもユーヴェ監督就任の噂がでていて、結局チーロやんになったのはむしろ驚きだったという経緯あり。

ユーヴェ、今後に向けて強化したいならこの選手をのこり半分も買っちゃおうぜ、クリシート君。ところが今、インテルとミランの両方がクリシート獲得にむかっているという噂もあります。
代理人のジェッダさん
「1月から2月にかけてはユヴェントスとジェノアの間で、パラディーノとクリシートの交換の話がありましたけれどね。それっきりです。ユーヴェのほうの状況が変わったのでね、最初から見直しになるんじゃないかな。本人はジェノアでとても快適にやっています。こちらは現在、待ちの状態です。もちろんワールドカップ前に決まって欲しいですけどね。今の状況をはっきりさせておきますよ。ドメニコ・クリシートはジェノアとユヴェントスの共同保有で、今はジェノアで大変幸せにやっているんです」

ユーヴェ。アマウリがパレルモに戻る?という噂があるそうですが。
ディレクターのセッコさん
「そのような噂があるそうですが、単なる噂です。私たちはアマウリを手放す予定はないし、本人もユヴェントスで続ける意向です。キアルですか?いい選手ですが私たちの獲得予定選手ではありません。」

ユーヴェ、シッソコにボルドーが興味あり?!

■イタリア代表監督リッピさん
「大変面白いシーズンです。近来にない少ない点差の中での戦いになっています。スクデットはまだわからない。もうスクデットは決まったかのような報道もなされていますが、あと2試合。どうなるかわかりませんよ。コッパイタリアですか。リラックスした試合であってほしいです。皆さん冷静な対応をお願いいたします」

イタリア代表カンナヴァーロ。代表132試合は歴代トップだそうです。
「なに。南アフリカのあとも、キャプテン続けるのんかって?僕な、世間ではずーっと前から年寄りいわれとるねんで、とっしょりとっしょり。そんなんがワールドカップ終わって8月なって、どない思わはるねん?今度もワールドカップ持って帰ってきたいがな。でも、今度はずーっと持っときたいなあ」

■バイエルンのリベリ。CLの準決勝でリヨンのリサンドロ・ロペスに悪質なタックルをやってしまい3試合出場停止処分になってしまいました。バイエルンはUEFAの懲罰委員会に処分取り消しを申し出てたんだけれど、やっぱりダメ。22日の決勝に出られません。

バイエルンのファン・ハール監督。バルサ時代の、モウリーニョが助監督やってたときの監督なんですが、モウリーニョさんが準決勝に勝ったあとピッチに飛び出してファンを指差しておーよろこびしたことについて。
「私でしたら、あのような刺激的な振る舞いはしないです。バルセロナ時代ですか?大変真面目に仕事をしていました。時間は厳守だし、自分で分析して結果を私のところに持ってくることもありましたよ。謙虚だったな、あの頃は。実にいいアシスタントだったし、私も彼が成長するのを見るのは楽しかったですよ」

CL決勝について、バルサ名誉会長のヨハン・クライフ。
「勝者はインテルだと思います。彼らのほうが強い。それにまだ優勝経験がない。私は72年のロッテルダムでの、インテルとの決勝戦を覚えていますよ。私が2点きめて、アヤックスが勝った試合です。それにしてもスナイデルとロッベン、いずれもレアル・マドリッドを去った選手がチームに貢献して、決勝まで来た。不思議なもんですな。なに。モウリーニョスタイルのフットボール?好きじゃないな。結局チームには何も与えていないですよ。メンタリティは変わってない、カンプノウではフットボールをやらずして勝った。要するに、結果だけを考えた試合だった。世界中がいい試合を期待しながら、テレビで見ていたのを忘れていたんだろうな。なに。次期ミランの監督にファンバステン?完璧な選択です。ファンバステンの現役時代の上手さは別レベルでした。頭もいいし、ミランのことはよく知っている。それにチャンピオンであり、他者に敬意をもつことをよくわかっています」

■ミラン、ネスタ。3月10日からずっとケガでお休み中ですが、今週は練習にフルに参加してるそうです。もしかしたら今週のジェノア戦から戻ってくる?!ちなみにミランの最終戦は、サンシーロでユーヴェ。

■フィオレンティーナのヴァルガス。火曜の練習で膝の靭帯を痛めてしまい、3週間アウト、ってことはシーズン終わってしまった!ヴァルガスにはずーっとマドリーがチェックいれているといわれてます。このシーズンは8ゴールなんだけど、あっしゃフィオの試合みてると、ついつい、ヴァルガスかヨベティッチを追ってたりするんだよね。いい選手ですわ〜。

フィオレンティーナのジラルディーノに、マンCが2000万ユーロでオファー?
posted by かや at 05:41| Comment(3) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。