2010年05月09日

ちょっと遅かったか。

先週作れば良かったか・・

最後まで、粘ってくれー!
「ビアンコネロ納豆ご飯」(笑)

IMG_21641.jpg

黒大豆納豆をお安く売っていたので、作ってみました。

白黒だけでは、あまりに寂しいので、
黒大豆納豆+新玉ねぎ+黒ゴマ+シソ+一味唐辛子。です。

ご飯はちょっと黒酢とハチミツを入れ、酢飯っぽくしてます。

要するに、・・体に良さそうでしょ(笑)
フツーに、美味しかったですよ〜。

posted by かや at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今シーズンはあと2試合

■ユーヴェ、今週はパルマと対戦します。
ザッケローニ監督
「私も選手たちも、このシーズンを出来うる最高の形でしめくくりたいと思っています。今週は十分に練習ができました。モーテイベーションも十分高いです。パルマは好調です。全力で対峙しなければなりません。たしかにこのシーズンは明るいものではありませんでした。私は、これまでのキャリアのうち、シーズン途中から引き継いだのは今回とウディネーゼとミランだけです。もし最初から手がけていられたら違うシーズンになったと思います。」
「このシーズンは早く終了するので、ヨーロッパリーグの予選が7月末に始まっても、そうひどい事態にはならないでしょう。」
「私のユヴェントスとの契約は6月30日まであります。残念ながら当初設定目標をクリアすることはできませんでした。残念ながらカルチョは結果が全てです。ですが、就任以降の私の成績を上回っているのはサンプドリア、インテル、ローマだけです。それに怪我人の多さを加味すれば、私の為した仕事はそう悪いものではなかったと思っています。」

ユーヴェ、イアクィンタ。契約満了後はプレミアに??って、今の契約は2013年まであります。ってことは当面は残ってくれそう、ってことか。でも、CL出られないのは確かですからねえ。
「イングランドとかロシアとか、俺、なにげ移籍の噂によく出てくるよな。でも、噂だけだけどな。俺はユーヴェで気分よくやってるし契約もあと3年ある。それに、辞めるんなら、何か勝ちとってからにするさ。イングランド?プレミアは凄いよなー。いつかはやってみたいよ。それにこのギョーカイ、ありえないはありえないしね」

イタリア代表カンナヴァーロ。
「プランデッリ監督?経験豊富やし、若い選手の扱いも上手いし、チャンピオンスリーグもやっとるし、なあ。それに僕、インテル移籍したシーズンの始まる前の、ちょっとだけやけどパルマで世話になってん。ほんの短い間やってんけどな、ええ監督やでえ。なに。リッピさんの後任にどないでっかって、・・悪うないなあ。」
「トッティがバロテッリ蹴飛ばしたこと?あんなん、やってはあかん事やで。僕らジョカトーレは、いつでも人のお手本やないとあかんねん。せやろ?フランチェスコ、間違うたで。でもな、自分がやってしもた事わかっとるし、もう謝ったやんか。せやから、もうごちゃごちゃ言わんとええやんか。」
「代表?いつでも僕ら、チームや。しっかりまとまっとるでえ。もちろん、トッティもネスタも大歓迎やでえ」


来期のユーヴェ監督か?と言われているベニテスさん、リヴァプールの新会長のブロウトンさんと話したそうです。・・ここで互いに考えてることが違ってたら、クラブを変える可能性もあり、ってことでしょうか。
ブロウトンさん
「気の置けない話し合いでしたよ。正直な意見の交換でした。大変有用でしたよ。リヴァプールは既に強化策をとりつつあります。今更、選手の放出で方針を変えたくありません。話したこと?どこが強いところでどこが弱みなのか、これからどんな方針でチームを強化したいのか、どんな選手が必要で誰をこのまま使い誰が不要か、どのポジションにどんな選手が欲しいのかの優先順位などです。シーズンの終わりに監督がクラブのディレクターと話し合う普通のことですよ」

■ローマは2ポイント差で首位インテルを追ってます。今週はカリアリと対戦なんですが、ヴチニッチがコッパ決勝で足首を負傷したため、また、キーパーのドニも出られず、ロボントがゴールを守ります。また、カッセッティが出場停止。メクセスもふとももを痛めていて出場微妙。

ローマ、ラニエリ監督が、インテルのモウリーニョ監督について。モウリーニョさんは先日「うちの最終戦の相手のシエナは、インテルに勝ったらローマからボーナスがもらえるんじゃないか」なんて発言してます。
「私の好きなフットボールの話ではないですね。私は、他者と互いに敬意を払い払われる関係を好みます。選手たちの気持ちを追い込んで、周囲の全てが自分の敵に思えるような心理状態にするのは実に簡単です。スポーツは、イタリアという社会の主要な原動力のひとつです。そこに、このような振る舞いで臨むのは、時限爆弾を仕掛けているようなものだと思います。私はスポーツに関わる1人であり、フットボールが好きな1人でもあります。モウリーニョさんをスペシャルワンに祭り上げオーラを付け加えているのはメディアでしょう。私は、モウリーニョさんは優れた監督だと思いますが、それ以上なにも付け加える言葉はありません。」
「コッパイタリアの話題がトッティの退場の話に終始してしまっているのは悲しいことです。他のことが話題になるべきですよ。しかしフランチェスコが主人公であることで、この話がいわばイベントになっているわけでもあります。私は同じローマ人同士、フランチェスコと話しました。フランチェスコは、自分が普通の人であり、一瞬冷静さを失ってしまったのを自覚しています。もちろん私たちのキャプテンであり、私たちと共に歩んでいきます。」
「ワールドカップですか?私の正直な気持ちとしては、うちのキャプテンにはワールドカップには行かないでほしいんです。あまりにもケガだらけですので。それにローマはフランチェスコを必要としているんです」
「このシーズン、私たちは素晴らしい旅をしてここまでやってきました。着任したとき、自分がなすべきことは既にわかっていました。前向きに考え、フェアプレーに努め、トップクラスのチームとスクデットとコッパイタリアを巡って対戦するところまで来ました。私たちはファンと一緒に、夢を追い続けます。フットボールでは、最も資金が潤沢なチームがつねに勝者です。モラッティさんが会長になって10年から15年、インテルは常に多くの資金をチームに注ぎ込んできています。ですがローマは違う方法で、トップに上ってきたんです。自分達の置かれた環境で最善を尽くすことが最も大事なんです。勝つためには様々な道があります。私たちは、常に自分の発したメッセージには責任をもたなければなりません。ここ数週間、イタリアのカルチョが世界に発したイメージは残念ながら良いものではありません。書店に並ぶメソッド本にも、選手たちを追い込んで力を爆発させるといった手法を含め、いかにして自分のチームを燃え立たせ勝たせるかといった手法が満載です。私は、サッカーはエンターティメントであり、闘争心であり、責任感でありタフなものと考えて指導しています。ですが何より一番大事なのは、敬意をもって他者に接することです。」

■ローマはヴチニッチとドニが使えないけど、インテルのほうは、これまたコッパで負傷したルシオ、コルドバが外れます。スネイデルも負傷、こちらはもしかしたら出られるかもしれないそうなんですけど・・なんだかどっちも、主力が抜けてますねえ。っていうか、ずーっと「たかがコッパイタリア」扱いだったのに、互いに、今期活躍した人たちが負傷してしまうとは。今年の決勝は、スクデットも絡んでいるせいかえらく熱のはいった試合だったんですな・・あっ。ってことはですよ。今更気が付いたんですけど。スーパーカップもローマ対インテルってことじゃん(笑)。

インテル、マテラッツィが、先週ローマのセンシ会長がラツィアーレがインテルを応援したことを「妾がインテルの立場に居ったなら、かような勝ちを、恥じたであろうの」発言したことについて。ちなみにマテは、メクセスに殴られてるそうです。
「なにが、インテルは尊大だの、妾は恥じる、だよ。ローマがコッパ決勝でやったことのほうが、よっぽど恥ずかしいじゃねえかよ。」

インテルはモウリーニョ監督に、2013年まで契約延長をオファーしたそうです。ちなみに、モウリーニョさんの現契約は、契約満了前にインテルを出て行くなら700万ユーロのペナルティをインテルに払うことになってるそうです。また、もし、モウリーニョさんが出て行った場合の次のインテルの監督候補として、カペッロさんとミハイロビッチの名前が出てるそうです。

■パレルモは4位をめぐってサンプドリアと直接対戦。
ザンパリーニ会長。
「なに。サンプドリアのデルネリ監督?最近はいい関係だが。もっとも私が首にしちまった頃のパレルモのメンバーは今のメンバーとは大分違ったけどな。なんせトニが居らん。トニの代わりを見つけるのは大変だったぞ。デルネリさんも本人の望みの選手が揃わないところで頑張らなきゃいけなくなって、やはり上手く行かなかったわけだ。なにカッサーノ。どこのクラブでも、欲しい選手だろう。現役じゃ最高レベルだ。代表にカッサーノの創造性が欠落しちまうのは、なんとも惜しい話だな。今の代表の誰も出来ない、デルピエロとかバッジョがやってた仕事が出来るんだぞ。目をつぶってたってまさにここしかない、って場所にドンピシャのパスが出せる。・・だから、サンプドリアはいやなチームなんだよ」

■ジェノア=ミランの対戦では、15年前にファンが亡くなる事故があったそうです。今回はその15年目にして初めて、ミラニスタがマラッシに入ることを許されたそうです。
ミラン、レオナルド監督
「日曜に、3位を決めたいんです。今週のジェノア戦はとにかく大事なんですよ。目標を達成するまでほかの事は考えません。このシーズンの最良のことは、選手たちとの関係がふかまったことです。よくも悪くも大変興味深かったし、人となりを知ることが出来ました。それから、試合前の控え室の雰囲気ですね。悪かったこと?なかったな。やりかたが悪かったから上手くいかなかっただけで、私はずっと前向きに考えてましたよ」
「明日の試合は、フィオレンティーナ戦と同じ気持ちで選手たちに相手に立ち向かって欲しいです。数字の上でも3位を確定したいんです。自分達自身で。」

そのレオナルド。もしかしたら今週末にCL出場を確定できたら、1週間早く解任されるんでは?という噂があるそうです。また、ミランはこの夏も増大するコストを少しでも減らす方針で、豪勢な補強は出来ないと発表したそうです。

ミランの次期監督はこの人?
ファンバステン
「話すべき時がきたら話します。まだ、セリエAのシーズンは終わってないでしょ。俺はミランではいつも幸せだった、でもミラニスタなら今のシーズンに集中してるべきで、まだ、次のシーズンがどうのこうの言ってる時じゃないです。自分がミランで仕事するんじゃないかって噂はうれしいけど、誰からも連絡はないですよ」

■ブンデスリーグは今週土曜が最終節でした。インテルとCL決勝で対戦するバイエルンは、1−3で最下位ヘルタに勝って、ブンデスリーグで22回目の優勝を決めました。オリッチとロッベン、ゴール決めてますねえ。調子いいです。

ドイツつながりで、元ドイツ代表キーパーのレーマン。2位で終わったシャルケで頑張ってましたが、シーズン終了とともに引退します。お疲れ様でした。

■バルサのイブラヒモビッチ。今期バルサで活躍したのはメッシで、いまいち力を出し切れませんでした。もしかしたら、来期イタリアに、それもユーヴェに帰ってくるんじゃねえかって話があるんですけどさ。・・・あのさー。B落ちの際にさっさと出て行った人たちは、ファンに受け入れられないって、カンナヴァーロでわかったと思うんだけどさ〜。・・な〜んちて、それ以上に、チャンピオンスリーグに出られないところに、イブラヒモビッチが来る、とは思えないです。


posted by かや at 08:54| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。