2010年05月11日

代表はもうすぐ発表されます

■セリエA、最終節の出場停止選手。ローマ、リーセがスクデットのかかった最終戦に出場停止処分になってしまってます。他、Nicola Amoruso and Jaime Valdes (Atalanta), Nicola Belmonte (Bari), Nene (Cagliari) Per Kroldrup (Fiorentina), Salvatore Bocchetti (Genoa), Mathieu Flamini (Milan), Ezequiel Lavezzi (Napoli), Giulio Migliaccio (Palermo), Samir Handanovic and Aleksandar Lukovic (Udinese).お、ナポリはラベッシ抜きですか。サンプドリア、ちょっと嬉しいかも。

■ユーヴェが株主総会のあと、2006年のスクデット剥奪、インテルに与えられたことについ・
「このたびの、ナポリの法廷に提出された一連の新たな証拠から、複数名の審判とタイトルを与えられたクラブの間に幅広いつながりがあったことがあきらかになっています。よーするにですね、審判団ともやもやした関係にあるクラブへのタイトル授与はなーんかヘンでしょうー」

また、同時にサンプドリアのマロッタさんのディレクターへの就任と、スカウトチームのトップにパラティチさんが就任することも発表されています。ちなみにマロッタさんは、カッサーノとパッツィーニ両名をサンプドリアにつれて来た実績があります。

更に、4ヶ月交渉を続けてきたベニテスさんですけど、リヴァプールもうち同様7位で終わるというかなりトホホなシーズンだったため、来てくれるんじゃない?とかなり自信があったようですけれど、どうやら、ユーヴェに来る話は完全に潰えてしまった、らしいです。株主総会のあとディレクター達は次の候補の選択に入っているという噂が・・

■ユーヴェ相手にドッピエッタ決めちゃった、パルマとユーヴェの共同保有選手のランザファーメ23才。
「俺はパルマで馴染んでるし。ここで続けたい。俺、パルマ大好きなんだ。ここで主力になって続けたいし、俺はそう思ってるってことは言ってある。でもな。決めるのは会長とディレクターだからなー」

■サンプドリアは最終戦に勝ち、もしくは引き分けでもパレルモが引き分け以下なら、チャンピオンスリーグに出場できます。パレルモの下で終わったって、予選なしでヨーロッパリーグが出来ます(笑)
で、そのパレルモを率いているデルネリさんなんですけど、・・
「なに。ユーヴェからオファーがあったら?断る人など居ますかね、断る人が」
う〜〜〜〜〜〜〜〜む。今、来期のユーヴェ監督として今のところ名前が出てるのは、まずベニテスさん、プランデッリさん、スパレッテイさん、ヴェンゲルさん。だそうです。ヨーロッパリーグを予選から、というのは、あまりモーティベーションが上がる目標ではなさそうですからなあ。チーム再構築と言っても、人集めには、かなりハンディキャップになってしまいますわな・・

■ローマのトッティはカリアリ戦で2ゴール決めました。
「この2点は、俺を支えて傍にいてくれてる人、みんなに捧げるぜ。オリンピコは雰囲気最高だった。俺が苦しいとき、ホント、皆の励ましが嬉しかったぜ!気持ちの底っから、皆、ありがとうよ!ロマニスタの皆、ローマ市民の皆。俺達は最後まで、自分達の力信じて全力がんばるぜ!」

■そのトッティですけど、コッパイタリア最終戦でバロテッリを後ろから蹴飛ばしたことで4試合の出場停止。また、インテルのディレクターのオリアリさんも、試合前半とインターバルにに繰り返し審判に抗議したことで15000ユーロの罰金。また、インテルのバロテッリは、試合中に審判に抗議したことにより1試合の出場停止になってます。

ローマのディレクターのプラデさん。今、インテルから借りてるブルディッソの買取を考えています。
「ブルディッソの勝つメンタリティはチーム全体にいい影響を与えてくれてるんです。このままうちで使いたい選手です」

■ミラン、助監督のタソッティさん
「レオナルドがこれからどうするのかは私にはわかりません。ですが、1週間待てばはっきり説明されると思いますよ。なに。私が次の監督?ミランの監督という仕事に魅力を感じない監督はいないでしょ。まだライセンスのない人も、もってる人も、30年ここにいる人も、みんなそう思ってますよ。私はここに30年いますし。クラブとの関係は変わらないと思います」

ファンバステン。う〜ん。足首を痛めてるのにゴルフをやりに来ている、というのが、な〜んか、読みながら納得できず。読みがどこか間違ってるかもしれません。スイマセン。
「まだ私は準備不足です。それに、現役の頃痛めた足首がまたちょっと問題でね。治療しなければならないんです。ビッグクラブの監督という大仕事は、心がクリアでないと出来ないでしょう。私が今ミラノに来たのはゴルフをやるためです。ベルルスコーニさん?ずっといい関係ですよ。」
「ミラン監督の噂は新聞で読みました。なかなかいいアイディアですね。でも、監督が脚をひきずりながら選手を指揮するのはあまり見栄えのいいものではないと思います。まず、足首を治療して、なんでも出来るようになってからです。タソッティさんは経験豊富な監督だし、ミラン独自のカルチャーもファンも知り尽くしていますし、ガッリさん同様、申し分ない人選だと思います。レオナルド?よくやったと思います。あれだけ主力選手が居なくなってしまったあとをよくまとめて、3位ですからね。素晴らしい成績ですよ。」

■サンプドリアのパッツィーニ。来期はナポリに?
ナポリ会長のデローレンティースさん。
「私たちと一緒に挑戦したいなら、大歓迎しますとも。私たちと一緒にヨーロッパリーグをやるか、・・まあ、サンプドリアにのこればチャンピオンスリーグかもしれないけど。」

ナポリのカンナヴァーロ弟
「あんなマークしづらいのん、いっそうちに来てほしいがな。なあ。」

■パルマ監督のグイドリンさん。次のシーズンはウディネーゼ?という噂があるようですが、パルマのディレクターのレオナルディさん。
「私は常に計画を立てそれに沿ってものごとを進めていくのですが、今回は少々先がみえづらいんですよ。私は3週間前にグイドリンさんと話し合い、今後も一緒に仕事を続けていくということで合意したんですが、急に話が変わってしまった。これまでも常に、監督とは話し合って今後を決めていた。常にグイドリンさんの側に立って考えていたし解雇など口にしたこともありません、常に守る立場でしたよ。もし、来期うちにマリノさんが来るのなら私たちはこの時期にはグイドリンさんを解雇していますよ。私たちとしては、このままグイドリンさんに監督を続けていただきたい。要らん噂にはうんざりです。」
グイドリンさんのパルマとの契約は2011年までだそうです。

■イタリア代表監督リッピさん
「南アフリカに連れて行く選手のリストは決まりました。明日発表いたします。なに。ユヴェントスの選手たちの調子に不安はないかと?私はむしろ、このシーズン調子がよく、既に目標を達成して満足している選手のほうに不安を感じます。従いまして自分の選択に不安はありません。イタリア代表監督として注目され期待されることの責任の重さを私は常に感じています。もし責任を感じないのなら家でテレビ観戦しています。ですが私は当事者としてその場に居るほうを選びます。私の内には新たな欲求と熱意が生まれているのを感じます。ワールドカップという素晴らしい体験の始まりが待ち遠しいです」
posted by かや at 05:59| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。