2010年05月27日

ユーヴェ、シーズン終了

■イタリア代表、いまのところ28人が練習キャンプ入りしてます。水曜午後には12人ずつのチームに分かれて練習試合を行い、どっちも3点ずつとってます。得点者は、ボリエッロ、ジラルディーノ、ペペ、パッツィーニ、カモラネージ、ディナターレやん。イアクィンタは腰痛、キエリーニは怪我のため不参加。

代表の練習キャンプを、ルー・ゲーリック病と闘病中のボルゴノヴォさんが訪問しました。
「皆さん、余計なことは考えずにカルチョだけに集中してください。リッピ監督は、全てが終わってから説明なさるでしょう。私はいままで、皆さんに助けていただいた。今は私が全力で皆さんを応援する番です」

■ユーヴェ、火曜にカナダのトロントで、フィオレンティーナと練習試合をやって、1−0で、負けてます。スコアラーはヨベティッチ。ちなみに、スタジアムのピッチは人工芝でした、ってあんま関係ないよ〜。デルピエロ、アマウリ、トレゼゲが試合にでてたそうですが・・フィオのほうは、イタリアから移動してきて緒戦。こちらもおやすみモードで、レギュラーはヨベティッチ、マルキオンニ、フレイだけだったそうです。う〜む。

フィオレンティーナ、ヨベティッチ。なんだか軽く決められちゃった感じだなあ。
「移動に10時間かかったけど、相手ユーヴェじゃん。絶対、燃えるぜ。ボールが来た、右に出した、シュート打った。入ったよ。」

デルピエロ。
「僕は天然の芝のほうがいいな。でも、雰囲気はとてもいいです。ファンの皆さんの熱い気持ちが伝わってきましたよ。でも、皆さんの期待に応えられなくてごめんなさい。」
「これで終わりました。僕たちは充電して次のシーズンに帰ってきます。」


ということで、ついに、ユヴェントスの歴史にのこるだろうトホホホホなシーズン、これで全部終了しました。夏休みに入ります。ワールドカップに出ない人は、7月3日にキャンプ地ピンゾロに集合。ここから、デルネリさんの時代が始まります。3日から18日まで合宿です。いやはやお疲れ様でした。

ユーヴェの新ディレクターのマロッタさんと、ミランのガリアーニさんが会った際に、ブッフォンの移籍の話がでた???という噂があります。おいおいおいおい!!国内チームはねーだろう。売ってしまうなら、せめて海外に・・
ブッフォンの代理人のマルティナさん
「ああ、ブッフォンは1ヶ月前にミラノに家を買ったんですけどね。皆さんご存知なかったんですか?・・冗談ですよ。驚かないでくださいよ。ともあれ、様々なオファーが着ているのは事実です。でもブッフォンはユヴェントスと契約があり、全く問題はありません。」

トレゼゲ
「ここ2年怪我だらけでね。本当の自分らしいとこ全然出せてないだけだよ。まだ俺は、全然、終わった奴だなんて自分では思ってないし。ユーヴェとの契約は1年のこってる。でも、契約があるから残れるわけでもない、俺とユヴェントスとの話し合いだよ。来期も俺が要るか決めるのは、新しいコーチングスタッフだからさ。考える時間必要だろ」

ユーヴェ、代表にも選ばれてるウディネーゼのペペ26才の獲得を考えている?

ジョビンコがジェコと交換に、ドイツのウルフスブルグに?と言う噂があるそうですが。
代理人のダミコさん
「いや。どこからその噂が出てきたのか見当もつかないです。全くの噂ですよ。このあとユヴェントスのディレクターと相談しますけれど、まだ予想たてるのは早いですよ」

■サンプドリアの新監督は、ディカルロさんに決まりました。ディカルロさんのキエーヴォ辞任が発表されて1時間しないうちに、サンプドリアは発表したそうです。どこかと獲得をめぐって競争してたのかな。
ディカルロさん
「お断りできないオファーでした。私にとっては少々大きい靴かもしれない、でも恐れることなく進んでいきます。こんなチャンスはめったにあるものではありません。キエーヴォでの仕事を続けたいと思っていたのですが、なんといってもチャンピオンスリーグに出られるクラブからのお話は魅力でした」

■レアル・マドリッドのペレス会長
「ホセ・モウリーニョはうちの監督です」
レアル・マドリッドは役員会を開催し、ペジェグリーニ監督の解任とモウリーニョさんの次期監督を決議したそうです。でも、モウリーニョさんとインテルとの違約金1600万ユーロは払わないそうです。

モウリーニョさん
「まず休暇です。それから、スペインに仕事にいきますよ。まだ全部が全部解決してはいないけれど、問題はないでしょう。なに。インテルに残る?それは、ないですな。ありえない。」

■で、インテルは次の監督にカペッロさんを考えている??
イングランド代表監督カペッロさん
「何かってえと、イタリアのクラブの監督やるんじゃねえかって話だな。今日はユヴェントス、明日はインテルかい。とにかくこちとら、今はワールドカップに集中してるとこだ。ちいっとばかし、放っといておくんな」

ちなみにカペッロさんの他、インテルの監督候補にはミハイロビッチ、ベニテス、グァルディオラの名前が挙がってます。

インテル、スネイデルがモウリーニョさんと一緒にマドリーに帰る?という噂。
「俺はミラノにいるよ。今期はハンパない最高だった、三冠だぜ。来期の目標は、3つともディフェンディングチャンピオンになることだ。もちろん、俺はそのためにインテルに居る。え、マドリーに帰る?モウリーニョ監督とそんな話したこと一度もない」

■フィオレンティーナ、副会長のコニーニさん。
「もはや、プランデッリさんが去るのは公然の秘密でしょう。先々週の金曜に私たちは来期の計画、移籍目標選手、戦術方針などを話し合いました。その時私たちは全員、今後もプランデッリさんと一緒に進んで行くつもりでした、ところが水曜にFIGCのアベテ会長から、アンドレア・デッラ・ヴァッレさんのところに、1本の電話があったわけです。あとは報道されたとおりですよ。フィオレンティーナにはそれまで、FIGCからもプランデッリさんからもお話はありませんでした。ですが、止められない話だった。」
「私たちはFIGCにもチェーザレにも敬意を払って決めました。監督ならだれでも、自国の代表監督はやってみたいでしょう。監督から、道を選択する自由を奪うことはできません。ましてこのような素晴らしいチャンスが来たんですから。プランデッリさんなら、世界屈指の名監督になれるでしょう。」
「他所のクラブには絶対に渡したくない人材です。ですが、イタリア代表はライバルではない。フィオレンティーナは1歩後退せざるを得ませんが、プランデッリさんの前途を祝福いたします。アルテミオ・フランキには、いつでもプランデッリさんの場所がありますよ。それから、チェーザレ、うちの選手をどんどん代表に呼んでやってください。さようならは言いません。また、会いましょう。ワールドカップ優勝の仕事をなしとげたら、いつだってフィオレンティーナに戻ってきてください。そして、私たちの夢を一緒に現実にしましょう」

その、フィオのヴァルガス27才ペルー代表。ユーヴェか、マドリー行き?

■この夏のミランの移籍関係の予算はおおよそ3000万ユーロ。うち、2000万はファーストチームの補強で1000万はユースへの投資だそうです。一方、インテルは・・1億ユーロの予算があるとみられてますからして、・・なんだかまた、ファンが満足するような選手が獲得できるか、ちょ〜っと怪しいかも。ちなみに、今のところ監督の最有力候補はアッレグリさんだそうです。

・・なんて2年連続緊縮予算、それも去年は上手い方向に使ったとは思えないんですけど、ベルルスコーニさんったら。
「私は、誰よりも一番のミラニスタだ。もし私がミランの監督をやってたら、怪我人もなんのそので、2位に6ポイント差でスクデットとってたぞきみぃ、はっはっはっはっはっはあ」

ミラン、フンテラールはベンフィカ行き?

■ローマ、デロッシ。マドリー行き?の噂があるそうです。
「友人にもローマの皆にも代理人にも、俺はしばらくワールドカップだけに集中するから、ほっといてくれって言ってある。もし、ローマが資金が必要だからとか、戦術上いらないからとか、どうしても断れないような話だったら、俺はでていくよ。でも、追い出されるまでは俺はローマに居たい。いろいろオファーが来たら、ホントありがたい話だよな。でも、国内ではローマ以外のとこにはいきたくない。海外経験は大事だよ。でも、俺と、自分の家族と、ローマとは、永遠の関係だと思ってる」
posted by かや at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。