2010年06月12日

フランス、引き分け

■ワールドカップ、始まりましたねえ。さっそくウルグアイさ=フランス、おなじみの選手が多い試合だったんで、3時すぎに起きてみてました、っていつもとあんま変わんないんだけど(笑)・・やっぱ、客席の雰囲気が、お祭りっぽくいいねえ。ワールドカップ、って気がしますわ。試合も、0−0ではあったけどなかなかいい試合でした。相手が10分ほど1人減ってたチャンスに点をとれなかったフランスですが、・・ここは引き分けでも、あと2つ勝てばいっかー、という余裕かな。試合のあと、両チームの選手がなごやかな雰囲気だったのは、気持ちよかったです。それにこの試合の日本人の審判チーム、「仏の手」の判定があったあとだけにフランスの試合の審判やるのは難しかったでしょうが、いい審判やったと思います。選手だけでなく審判の皆さんも、いい試合をやってくださいまし!

■イタリア代表は11日夜に地元チームGauteng All Starsと練習試合をやって、6−0で勝ちました。45分ずつ違うメンバーを使い、最初は4−2−3−1、後半は4−4−2でした。ゴール決めたのは前半がペペ、イアクィンタ、ディナターレやん、後半はパッツィーニが2点とクァリアレッラが1点。この時期の南アフリカは秋から冬ですからして、ときどきナイトゲームは寒くなるんだそうで、気温対策の練習にもなったそうです。

ピルロはグループリーグの3試合には出られない可能性が出てきました。
また、この練習試合にはデロッシが出ませんでした。右ふくらはぎを痛めてしまったそうです。でも月曜には間に合いそうとのこと。幸い、カモは復帰して練習試合にでてましたが・・なんだか例年になくトラブル多いなあ。

セリエAのちょっと年とった選手には、カンナヴァーロの移籍発表以降は何かといえばドバイ行き、なんて噂が出るんだけど・・こんどは、リッピ監督が大会終了後にドバイのアルアハリに行くんじゃないかって噂が出てるそうです。いやはや。

それについてカンナヴァーロ。
「ああ、その話僕も新聞で見たでえ。笑わしてもろたがな。僕、誰も勧誘なんてしてへんがな。ドバイは海もあるしあったかいし、せやからリッピさんにとっても気持ちのええ場所やとは思うけどな、次どこで何するか決めるのん、リッピさん本人やんか。たぶん、このワールドカップのあとは、ドバイで監督やろうとは思わんのんとちゃうか。」
「報奨金を寄付する話?僕ら、何かええことしたいねん。問題にはならんし、挑発するような話でもないし、今僕らはな、何より纏まりが必要な、大事な大事なときやねん。」

■オバオバ・マルティンスはグループBのナイジェリアでワールドカップに出てます。緒戦いきなり、優勝候補アルゼンチンと対戦。
「アルゼンチンったらみんなメッシ、メッシだけど、あそこ、全員凄いんだぜ。テヴェスとかミリトとか、まじ凄い。俺達ナイジェリアの、選手だけじゃなくってホント全員にとって大事な試合だぜ。チーム対チームだ。俺達だって、なにげいいメンバー揃ってるぜ」

ナイジェリアサッカー協会のオグンジョビさんですかねTaiwo Ogunjobiさん
「ナイジェリアから多くの人たちが応援に来ています。また、南アフリカの人たちも私達ナイジェリアをサポートしています。これはアフリカのワールドカップなんです」

■カペッロさんのイングランド代表はアメリカと対戦します。
「こっちにきて8日目だが、こちとら、なかなかいい感じだ。練習も進んでる。ファンの期待もソコソコいい感じなんだろうが、こちとら、決勝まで行くつもりだ。このチームなら、行ける。なに。先発はだれかって?いつものことだが、俺ぁな、選手にも本番2時間前まで言わねえのさ。なぜって、前の晩に言ってて、もし誰かが急に怪我してみな。前の日には使う予定がなかった奴を急に使おうったって、難しいんだよ。」
「これまでにイングランドがやってきたのと、同じスピリットを本番でも出せばいいんだ。フィジカルも良し、集中具合もよし、気合も十分ときた。英国の最高級を揃えたんだからな。勝つ自信?もちろんだ。」
「イタリアかい?俺が言うのもナンだが、国民が応援しないってえのはちょいと失望したな。こちとらの仕事はイングランド代表で出来ることは全部やることなんだが、そっちは自分の国の代表をサポートしてやるのが筋じゃないのかえ?」
「インテルかい?ベニテスさんは経験豊富だし、トップクラブでの仕事になれてる。インテルでもいい仕事やるだろう。インテルはどこにだって勝てる。今年の初めに俺は、インテルは参加してる全部のトーナメントに勝てるんじゃないかって言ったんだ。そのときモウリーニョ監督は、そんなことを言うのはフットボールを理解していない人ですな。なんて言ってたんだが、結果はどうだい。たぶん、俺ぁちったあ何か解ってるってわけだ」

■ユーヴェ、クラシッチ獲得にちょっと問題発生です。CSKAがユーヴェの提示額に「あー・・その金額では少々・・クラシッチには他からもお話がありますので。たとえばマンチェスター・ユナイテッドさんですとか、インテルさんですとか」要するに、ユーヴェの提示価格1250万ユーロに対し、CSKAは当初の値段1400万ユーロ以上に、更に吹っかけてきたという話・・で、ユーヴェはビッド競争には参加せず、クラシッチのほうにユーヴェに来たい気持ちがあるなら来るでしょう、と構えている方針だそうです。・・ヨーロッパリーグ予選から、うちの皆と一緒に頑張ってくれるだろうか。もし、来てくれたなら、見た目だけでなく中身も熱い、パヴェルの後継者としてファンから感謝されるのは間違いなし!

モッジさん。
「クラシッチねえ。強い選手ではありますけれど、チャンピオンといえる程ではありませんわね。ネドヴェドの後継者ですって?見た目だけざぁますわ。」
「ユヴェントスの中身は、確かに多少はよくなりました。アンドレア・アニエッリさんは若く、かつ能力も高うござぁます。ですが、それ以上に何よりも大事なのは、ユヴェントスのファンであることですの。そして、見通しをたてる力がありますのよ」

クラシッチについて、インテルのスタンコビッチ。
「クラシッチに電話で相談されてね。イタリアはいいぜ、どこのクラブでも話があったら、成長するためにも来るべきだって言ったんだよ。もちろん、俺の同僚にセルビア人が増えるのも悪くないよな。上手いよ。一対一でも一対ニでも、とにかく上手いんだ。止められないよ。集中度高い選手だ。とにかく、こっちにくると人生が変わるさ。毎試合、何キロか余計に走ることになる。でも、それが学ぶことなんだ。名選手になりたいなら、まずチームのことを考えてプレイしなきゃいけないのさ」

■ミランはこの夏、ロナウジーニョを換金する?ロナウジーニョのミランでの年俸は900万ユーロぐらいと言われています。でも、ここ何年か、シェフチェンコやカカなど、人気のある主力を売りつづけてきたファンにとっては、またスターは減るのはあまり嬉しい話ではないかも。

■ウエストハムのディアマンティ。以前、リヴォルノやC落ちしたフィオレンティーナ、当時のフロレンティア・ヴィオラに居たことのある選手です。まだ27才。来期はパルマに戻ってくる?
また、パルマはユーヴェを出る可能性の高まったジョビンコにも興味あり?

■パレルモはグロセットのストライカー、ピニッラ26才を獲得しました。

■レッチェはユーヴェのウルグアイさ出身、ミッドフィールダーのオリヴェラさを獲得しました。オリヴェラさは2003年からユーヴェ在籍だったんですが、アトレチコ・マドリッド、サンプドリア、ペニャロール、ジェノア、再びペニャロールと転々と貸し出しされてましたが、レッチェに売却。まだ27才だ。がんばれよー!

posted by かや at 08:39| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。