2008年11月24日

第13節結果など



■第13節終わって順位は以下のとおり。なんとなく、ローマの試合以は、予想外な結果という感じ。えっ。最下位ってキエーヴォ?!
Inter 30 punti; Milan 27; Juventus 24; Napoli 24; Lazio 23; Fioentina 23; Udinese 21; Genoa 21; Catania 21; Atalanta 17; Palrmo 17; Siena 16; Sampdoria 16; Cagliari 14; Roma 14; Lecce 12; Torino 12; Reggina 11; Bologna 9; Chievo 6

■Bologna-Palermo 1-1
20'pt Di Vaio (B), 47' st Succi (P)
ボローニャ、ミハイロビッチ監督
「土壇場で引き分けられてしまったのは残念です。もう1点きちんと決めとけばよかったんだが、これがあるからサッカーなんだよ。うちがローマ相手にギリギリで点いれた、あれの逆だな。でも大事なのは、こういう試合のあとヘコたれちゃいけないことだ」

パレルモ、バッラルデイーニ監督
「前半まるで動けてなかったけれど、後半は相手を押さえていた上に、8回ほどもチャンスがあったのはいいことです。」

■Chievo-Siena 0-2
38' st Galloppa rig. (S), 43' st Maccarone rig. (S)
キエーヴォ、ディカルロ監督。
「うーん。私がここに来てから5失点だけれど、好調のデルピエロに1点とられたのを含め、全部PKで失点なんだなあ。要するに、PKなんだな。今日だって相手ストライカーはきっちり抑えましたよ。70分間は大変よかった。・・ここで下をむいちゃいけない。なに、2連勝すりゃあ状況はがらっと変わりますよ」(・・って、次はアウェイでウディネーゼ。ここで勝ったら、かなり気分は盛り上がりそう。がんばれよー!)

■Lazio-Genoa 1-1
25' st Milito (G), 35' st Dabo (L)
ラツィオのロッシ監督
「調子いい同士、いい試合でしたよ。まだ前のほうの攻撃陣は改良中だけれど、バランスが良かった。」

■Lecce-Roma 0-3
11' pt Vucinic (R), 38' Juan (R), 4' st Totti (R)
レッチェ、ベレッタ監督
「今日は完敗です。どうにもなりませんでした。シーズンのうちには、こういう手詰まりの時が必ず来る。ひたすら練習して乗り切るしかありませんな」

ローマ、スパレッティ監督
「ローマらしい試合が出来るようになった。シャープになってきたし、90分間、正しいアプローチで臨むことができました。今はとにかく勝って、地に足をつけ、歩みを進めなければなりません。十分いろいろやってきましたが、まだまだ改良の余地はあります。」

ローマ、トッティ
「やっと帰って来たぜ!こんなに負けっぱなしなんて、俺たち経験なかったからな。長かった。でももう大丈夫だ、俺たちはいつものローマに戻れたんだ。それが大事なんだ。あ?目標の4位はまだまだ遠いでしょうって?今はとにかく、ローマらしいローマに戻れたのが素直に嬉しい。これからどんどん向上してけばいいんだ。そうしなきゃダメだけどな。」

■Napoli-Cagliari 2-2
9' pt Hamsik (N), 11' st Lopez (C), 39' st Lavezzi (N) , 50' st Conti (C)

■Reggina-Atalanta 3-1
10' pt Cozza (R), 21' pt Corradi (R), 35' st Corradi (R), 49' st Doni (A)

■Sampdoria-Catania 3-0
お〜。カッサーノが2得点じゃん。
6' Bellucci (S), 17' st Cassano (S), 46' st Cassano (S)
サンプドリア、マッツァリ監督
「やっと、試合の内容に相応しい結果を手にすることが出来ました。大変嬉しく思います。ベルッチも完全復調しました。カッサーノは申し分ない。リッピ監督、いつでも見に来てくださいよ。」

カターニア、ゼンガ監督
「今日の最優秀は、審判だろうね。1−0のときにうちにはPKがもらえてもいいプレイがあった。今日の判定は悉くうちに不利だったな。実力を考えればいい勝負になったはずなんだけれど。カッサーノ?皆さんご存知の通りですよ。いい選手ですよ。」

■Torino - Milan 2-2
25' Stellone (T), 28' Pato (M), 34' Ronaldinho (M), 78' rig. Rosina (T)
トリノは2002年以来ミランから得点してなかったそうです。で、点とって逆に慌てたのかな。得点直後に失点しちゃってますね・・ミランがきっちり勝とうと考えてたのは、終盤にガットゥーゾに変えてシェヴァを入れて、ロナウジーニョ、カカ、パト、セードルフがいる上にシェヴァという超攻撃的フォーメーションにしたことでもわかるけど、結果、ひきわけられてしまった。78分、トリノに与えられたPKはカラーゼのハンド判定なんですけど、これがももに当たったあと腕にあたったのをハンドとされてのもの。

トリノ、ディビアジ監督
「今日はいいパフォーマンスで、調子のいいチームに勝ちました。自分たちのミスで苦労する場面もあったけれど、最初の20分はミランを相手サイドからほとんど出さなかった、それだけでも1ポイント獲得以上の価値があります。まあ、順位表をみたらそう落ち着いてもいられないんですが。ロジーナ?フィットネスが完全ではなかったのによくやりましたよ。それにミランのアッビアーテイは昨シーズンうちに居たから、PKはやりにくかっただろうね。審判の判定?私たちはここ12試合の失点は、わずか4ゴールですよ。ロナウジーニョが蹴った場所からほんの2メートルのところにうちのプラタリが居て、腕にあたった。ありゃ避けようがないでしょう。カラーゼのハンドはそれとは違いますよ。問題にする必要なしです。」

ミラン、アンチェロッティ監督
「審判の判定には、何も申しません。ただね、夏に確認されたルールでは、ボールが体のほかの場所にあたった後に腕に当たったら、故意のハンドとはみなされなかったんじゃないですかね。今日の前半にトリノの選手が腕にロナウジーニョのシュートをあてて止めた、あれのほうがペナルティじゃないかと私は思うんだけど。う〜む。ともあれ、判定は下されたんです。私はなにも申しません。リードした後、もっとコンパクトにまとまって相手のチャンスを減らしゃよかったんだし、3−1にするチャンスもあった。でも、失敗しちまいました。そういうことですがな」
「今のところ、うちは自分たちらしいいいカルチョをやっていると思います。ただ、いい試合をやっても勝てない。レッチェ戦もそうだった。今日もまたそうだった。今後の課題は、リードしたときに如何にテンポを保つか。それなんですがな。なにピルロ。2ヶ月試合に出てなかったけれど、いいパフォーマンスでしたでしょ。大いに貢献してくれましたよ。なに。1月にベッカムが来るから、もっと使う選手の選択肢が増えますねって?そうなんですがな。いっそ、くじ引きで誰が出るか決めることにしましょうかね。うふ、うふ、うふ。ロナウジーニョも継続的にゴールを決められるようになって、いよいよ本領発揮だしねえ。シェフチェンコも貢献してますよ。まだまだ試合はたくさんあるし、みんなにチャンスがあるんですがな」

■ちなみに次節の組み合わせはこうなってます。ローマ=フィオ、インテル=ナポリ。いや〜これまたおもしろそうですねえ。ちなみに今週半ばは、CLあり。
Prossimo turno (30/11/2008): Atalanta-Lazio; Cagliari-Sampdoria; Catania-Lecce (sabato 29/11/2008, ore 18:00); Genoa-Bologna; Inter-Napoli; Juventus-Reggina (sabato 29/11/2008, ore 20:30); Palermo-Milan (ore 20:30); Roma-Fiorentina; Siena-Torino; Udinese-Chievo

■ユーヴェ、イタリアダービーのあとにディレクターのブランさん。
「あのムンタリの1点は、歴史に残るおーわらいモノのゴールです。あんな、な〜に〜?やっちまったなー!!なゴールは、ちょっとない。・・しかし高くついてしまった。たしかにインテルは賞賛に値するいい試合をやりましたが、うちにもリードするチャンスはあったんです。ともあれ、まだ5月迄、時間はあります。シーズンはまだ半分まで来ていない。チャンスはあります。5月にどうなっているかですよ」

イタリアダービー、開始直後に膝を捻挫してしまった好調ティアゴ。靭帯に損傷はなかったけれど、治療に30〜40日かかります。折角調子よくなったのにな〜。う〜む。まだポウルセンもザネッティも戻れないし・・そうなんですよ。特にポウルセン。期待してただけに、是非是非、暴れて欲しい!早く帰ってきてくれ〜。

■インテル会長モラッティさん
「一方的にうちが圧倒した、ワンサイドゲームになりました。とても大事な試合に、全員がすこぶるすばらしい仕事をしました。いい試合でしたよ。一番気に入ったのは?もちろん、ゴールです。イブラヒモビッチのゴールがなかった?気にしていません。そのかわりに誰かが絶好調の働きをみせてくれるのですから。イブラはゴールだけでなく、大変すばらしい仕事をしてくれます。モウリーニョ監督はこの一週間大変集中して仕事に取り組んでいました。この試合がインテルにとってどれだけ大事なのかをきちんと理解していました。」

■イタリア代表監督リッピさん、イタリアダービーを見てました。・・見てたならさ〜。アマウリ欲しいでしょ〜。ね?
「インテルは実にいい試合をしていた。中盤と後ろは大変良く仕事をしていました。アマウリ?イタリア国籍を取得したなら考えます。カッサーノの召集ですか?私は常々申し上げておりますが、18才から40才まで、全ての選手にチャンスがあります」
「コンフェデレーションカップの組みあわせですか?実のところ、ブラジルとは06年ドイツワールドカップの決勝で対戦するかと思っていたのですが、そこで出会うことはなかった。2月と6月の対戦が楽しみです。エジプトも強敵となるでしょう。要注意です。更に力を蓄えて臨みたい。ですが私たちはまだ、2010年ワールドカップに参加できるかいなかの予選の最中にあることを忘れてはなりません。楽勝といわれても、サッカーにありえないはありえないのですから」

posted by かや at 08:52| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トッティはこれで完全復活といけるのでしょうか。トッティのいないローマはやっぱりクリープのない珈琲かサビ抜きのお寿司って印象ですから、復活出来たら相当大きいですよね。

意外って言ったら、ロナウジーニョが結構点取ってるのが意外って言ったら失礼でしょうか。なーんか、夜遊びして遅刻して顰蹙、みたいなのを想像していました。アドリアーノの見すぎかしら・・・

かやさんご紹介の動画を見て以来、リッピさんがダンディなワイナリーのオーナーにしか見えません。ワイナリー別対抗戦に向けて、ブレンドに余念がないリッピさん、って感じです。ビアンコネロとロッソネロの割合が〜とか。
Posted by at 2008年11月24日 15:00
上の、名前が消えちゃいました。
Posted by 真奈美 at 2008年11月24日 15:00
ローマ、よくも悪くも、トッティの存在が大きすぎなんだよね・・
トッティが現役のうちに、次世代のことも考えて人員確保しとかないと、まずいことになるかも。

つくづく、マンシーニを売ってしまったのが惜しまれるわな〜。

リッピ農園(?)でトラクターを運転してるのは、何気にヴィアッリだったりするのね(笑)
それにしても凄いCMですよね〜。
Posted by かや at 2008年11月24日 16:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110109965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。