2009年01月17日

本格的ミラノ風リゾットのつくりかた


先日写真をアップしたように、あっしゃ、よくリゾットの素にお世話になってるんですが・・

本格的ミラノ風リゾットの作り方のビデオを発見!
もちろん!イタリア語です。
詳細わからないけど(笑)雰囲気を楽しんでください〜

手順はこんな感じかな。

・タマネギをみじん切りにしてオリーブ油で炒める
・サフランをスープでふやかしとこく
・洗ってない米を5分ぐらい中火でいためる。
・白ワインを入れて強火にしてアルコールを飛ばす。
・熱いスープを入れて15〜18分ぐらい中火でかきまぜながら煮る。スープは途中で足していく。
・最初にふやかしといたサフランを入れる。
・塩で味を決める。
・バターとチーズを入れてよーくまぜる。
・お皿に丸くもりつける。

ワインは、フランチャコルタ(ブレシア近郊の微発泡ワイン)が合うそうです。いいね〜。
ちっちゃい辛めのシャンパン買ってきて、インスタントリゾットで優雅な昼めしにしようかな(笑)
タグ:食品
posted by かや at 08:46| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優雅ですね〜♪
私はこれからお正月のお餅の残り(冷凍保存)を
食べようと思ってたところ(笑)

ピラフみたいに米から炒めるとは知りませんでした。
あちらは「炊く」という習慣はないのかもしれませんね。
Posted by 眠り猫 at 2009年01月17日 14:50
これは便利な映像を有難う御座います。
海外では生のお米を炒めて作る料理が多いですね。マルディーニはピラフやリゾットがかなり好きだけど、パスタよりどうも太りやすいので気をつけているとかを読んだことが有ります。
私は胃袋に関してはマラドーナ並みの自制心なので、いつもポンポコリンな狸か豚かみたいなお腹ですって狸や豚に失礼ですね。
Posted by 真奈美 at 2009年01月17日 15:25
ははははは結局お昼は
「けんみんの焼きビーフン」でしたよ〜(爆)
なにげ、常備しちゃってます。
どんな野菜でも、受け入れてくれちゃうし、
手早く作れるし、食後があまり重たくないのが嬉しいっす〜

お餅、うちも数年前までは、
いわゆる「のし餅」を切り分けて冷凍してました。
たしかにパック入りのお餅とは食感違うし、
お正月だ!って気がしますよね(笑)

>炊く
そうですよね〜。ゆでるとか炒めるとか蒸すはあるけど、
「炊く」は日本独自の文化なのかなあ。

>米はパスタより太りやすい
・・う〜む。あっしゃどっちも好きだしパンも好きだしコナモンも好き・・
お肉、魚はあまり食べないけど、でんぷん大好きだな〜(笑)




Posted by かや at 2009年01月18日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112726188
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。