2009年01月19日

ラツィオ=ユーヴェ戦のあと監督語る


■ラツィオと引き分けたあと、ユーヴェのラニエリ監督
「苦戦を覚悟してローマ入りしました。ラツィオのペースで試合は進みましたが、私たちも自分達のゲームを試みました。前半はラツィオ、後半は私たちの展開で、面白い試合だったと思います。このようないい内容で1ポイント持ち帰れるのですから、今日は良しといたします。今後も前身あるのみです。好不調の波はどこのチームにも訪れます。今、私たちは待望の戦力が復帰しつつあります。いつかはインテルに追いつけると希望を持って全身いたします。」
「若手のアリアルドは親善試合、コッパイタリアで安心してみていられました。メルベリ?今日はディフェンスに少々不安があったのですが、メルベリには、ディフェンスはこのまま行こうと話しました。レアル・マドリッド戦のドレンテに上手く対応できていたように、今日、ザラテへの対応は申し分なかったので。来週はシソコとモリナーロが使えないのは停滞ですが、思えば3ヶ月ずっと非常事態でやってきたようなものです。交代要員には事欠きません。いまや、全員がファーストチョイスといえます。誰を起用してもいいプレイをみせてくれるでしょう。一月の戦力補強?99%必要ないでしょう。ブッフォンですか?土曜の練習後ゲホゲホやっていましたが、日曜日に発熱してしまいましたので。チェルシー戦?チェルシーは今不調のようですが、角を曲がればすぐ調子が戻りそうな様子です。油断なりません」

■ラツィオのロッシ監督
「試合が始まってしばらく積極的に攻め、追加点のチャンスもあったのですが、セットプレーが上手く連携していませんでした。後半は相手をタイトに封じこめる力が残っていませんでした。バランスは悪くなかったですよ。もう少し、うちに運があったら結果はわからなかった。ザラテが交代のとき不満そうだった?ザラテは天性の得点力の持ち主ですが、本来の力を発揮するにはもっとスペースが必要です。私は監督として、勝つためには決断しなければならないし、途中交代は誰しも嬉しくない。ですが全員ののぞみをかなえてやることはできないんです。監督という職業は状況に応じて、つらい決断をしなければならないし、選手たるものそれを受け入れなければならない。そういうものです。このチームは若いけれど、ここまでとてもよくやってきていると思います。今後も目の前の1試合に集中し、ひとつひとつ勝ち進みます」
タグ:ユーヴェ
posted by かや at 19:32| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度です〜〜〜!!!!
ラツィオVSユーベは見応えがあって面白かったですねぇ!!
1−1でも最後まで両チームがカウンター狙いでド迫力でした、カウンターのカウンターを更にカウンター返しみたいなw
でもサラテ下げたのがラツィオの失敗!!絶対にロッキでしょう、もう入れてなかったし最後(苦笑)
ユーベにまた若武者出現!!19歳のCBアリアウドという逸材が出て来た〜〜〜!!
今後も1軍に常時帯同しそうですね^^
Posted by ゴリーナ at 2009年01月19日 23:34
まあ簡単に勝たせてはくれませんね。
凄い応酬で見ごたえありでしたね。
Posted by 真奈美 at 2009年01月20日 15:27
んっふっふ〜いい若手があとからあとからですよね〜♪
ちょっと前だったら、ありえなかったな〜。
なんか、10年後のイタリア代表も、
全然だいじょぶだろうな、ってな気がする。
キエリーニ君あたりがキャプテンになってたりして(笑)
Posted by かや at 2009年01月20日 19:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112857796
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。