2009年01月20日

カルチョ・オスカー

■セリエAの選手達によって選ばれる賞、カルチョ・オスカーが決まりました。2008年の最優秀選手はイブラヒモビッチ。国内最優秀選手はデルピエロ。うん。妥当です(笑)。ベストキーパーのブッフォンは・・出てない期間が長いからちょっと微妙だけど。
Best Player Outright: Zlatan Ibrahimovic (Inter)
Best Italian Player: Alessandro Del Piero (Juventus)
Best Foreign Player: Zlatan Ibrahimovic (Inter)
Best Young Player: Marek Hamsik (Napoli)
Best Goalkeeper: Gigi Buffon (Juventus)
Best Defender: Giorgio Chiellini (Juventus)
Best Coach: Cesare Prandelli (Fiorentina)
Best Referee: Roberto Rosetti
Best Goal of 2008: Zlatan Ibrahimovic (Inter)
Best fan: Stefano Borgonovo

■サンプドリア、降格ゾーンがだんだん近くなってきてます。だんだん、ファンの怒りがたまってきているようです。で、ディレクターのマロッタさんが、カッサーノが先週末の試合後控え室に戻る際、ブーイングしたファンに逆ギレで怒った!ということについて。
「罰金?いや。どこがです?カッサーノはブーイングされ続けていた若手選手を庇っただけですよ。全く問題ありません。そのあとカッサーノ含めて選手たちはファンと面談してましたよ。なに。カカ?ミランに居るべきでしょうね。もしうちのカッサーノに同じオファーが来たとしたら?私だったら売らないな。」

サンプドリア、ミッドフィールダーのパロンボ
「ファンがブーイングするのは俺たちにもっとしっかり働けってことさ。やられたってしょうがないよ。この結果じゃな」
ちなみに今週末サンプの対戦相手は、インテルに勝ったばかりのアタランタ。

■ローマ、パヌッチ35歳。
「調子?いいですよ。もしできるもんならこのままローマにずっと居たい。実際問題、俺の年になると最初からやり直すのは、もう、大変なんですよ。控えになるのは嫌だけどこのまま続けるつもりです。近々ローマから契約延長の話が来ればいいんだけど。」

■ウディネーゼ、シーズン当初は調子良かったんですが、ここ10試合では7敗と絶不調。ということで、ペルージアやローマでよく行う「合宿」並みに、週末のパレルモ戦にむけて今週は午前9時から午後8時までみっちり練習になってしまった。また、ここもメディカルチームの責任者が交代してます。新しく来たペトルッチさんは、チェルシー、ヴァレンシア、ラツィオで仕事をしてきた人。(・・って、な〜。あのさあ。履歴書に立派な企業の名前がやたらたくさん書いてあっても、働いた期間が半年ぐらいの短期間ばかりの人って。たまにいるのよねえ〜・・派遣社員で契約期間満了としても、この短さ。ちょっと問題あったんじゃないかと思ってしまうこともあるのでした。・・ちょっと愚痴りました。失礼しました。)

■カカの移籍問題は、今や国民的関心事になってきてますね・・
なんと!ジョルジオ・アルマーニ御大74才。コレクションで何度もカカをモデルに起用してるそうです。
「ガリアーニさんに、いっそミランを全部売ってしまえと言いたいですよ。ミランの一番大事な部分を売ってしまうなんて論外です。たしかに1億700万ポンドという額は、カカにとっても、おそらくミランにとっても空前にして絶後でしょう。でも考えてみてください。これは、まだ26歳の青年の値段なんですよ。何か、全てがおかしくないですか。俳優に、写真家に、その他のプロフェッショナルにも、一部ではこのようなとんでもない額が動く。良いこととは思えません。ともあれ、カカが去ってしまったら大変残念なことです。カカ夫妻とは良いつきあいをしていますのでね」

代表監督リッピさん
「たしかにあれだけの額を積まれたらミランといえど気持ちは動くだろうし、マンチェスター・シティが潤沢な資金を使ってユニークな環境を整え、良い選手を集めようという意向もわかります。ですが、私はカカはミランに留まるべきだと思います。」

FIGC副会長のアルベルティーニ
「私にも何度かビッグクラブからオファーがあって、断ったことがあります。自分の将来はミランにしかないと信じて疑わなかった。これは、心とサイフの問題なんですよ。どっちを取るかといわれたら、私は、迷わず前者を選んできた。もちろん、カカに選択を強いるつもりはないです、決めるのは本人ですから。これまでミランで、とてもいい仕事をしてきたけれどね。クラブを変える道を選ぶ自由もありますもんね」

で、もしカカが出て行ったらミランはバイエルンのリベリー25才を獲得する?今、リベリーの年俸は650万ポンドなんだそうです。で、対価は3500万ポンド+貸し出し中のオッドを売り渡す?ちなみに、今、同じくバイエルンにいるトニが、リベリーにイタリア語を教えてるらしい(笑)
ラベル:ミラン セリエA
posted by かや at 06:51| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カカ残留宣言?どころか最初から話も聞かずに何時もと変わらない日々を送ってたそうですw
ベルルスコーニも最初から売る気無いクセに・・・話題作って消すというマッチポンプ的なやり方でイタリアの首相が務まるのかなぁ(苦笑)

最近サンプとウディネめっちゃくちゃ弱いですねぇ〜ウディネなんて10月頃はナポリと首位争いしてたのに。
グィ〜〜〜〜ンと急上昇したのがジェノア!!この強さ本物だとなんか嬉しいです^^
Posted by ゴリーナ at 2009年01月20日 15:11
ベルルスコーニさん、金額に目をむいたものの、カカは人格的にも何の問題も無いし、話題だけで売らずに取っとこ、てのが真相じゃないかって出てました。
でもこれでレアルとかカカ獲得に本腰か?なんてのも有るし、有能選手はどこでも欲しいってことでしょうね。
Posted by 真奈美 at 2009年01月20日 15:30
普通に考えれば。
試合に出れないならともかく、
ビッグクラブでバリバリ試合出っぱなしで申し分ない活躍してる選手がシーズン途中で移籍って、
かなりな、ワケアリだよね〜。
・・でも、デマにしても提示額が凄すぎ(笑)

といいつつ、1月も既に20日になってしまった!
移籍期間はあと10日。さ〜どうなるんでしょうか?!

ウディネ、シーズン最初は面白かったんだけどな。
監督解任かって話まで出てるしね。
今面白いのは、
あっし的には、やっぱ、カターニア(笑)
Posted by かや at 2009年01月20日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。