2009年01月25日

首位に並んだっ!!


■第20節土曜の試合の結果。ユーヴェ、勝ちました。インテルと並んで同点首位。B落ちしてから2年半、帰ってきたぜ(感涙)。長かったぜ!!

■Juventus 1 - 0 Fiorentina
Marchisio 20 (J)
ユーヴェのパトロン、フィアットグループ総帥のジャンニ・アネッリさん没後6年の日ということで、場内では試合前にスクリーンにアネッリさんの映像が放映されてたそうです。その記念日に、暫定かもしれないけど、インテルに並んで首位になった、んだけどさ。う〜ん。正直なとこ、これ、引き分けじゃないかな〜・・前半のジラルディーノのゴール、オフサイド判定だったけど、あれはオフサイドじゃないように見えたんですよ。アルテミオ・フランキの試合だったらゴールだったかもな。ともあれこの1点は、デルピエロのパスから。出したデルピエロのセンスもいいけど、パスコースを上手く予測したマルキシオもさすが!それからやっぱり、帰って来たブッフォン。安心感あります。同じく怪我から復帰組のザネッティ、メルベリも存在感ありました。終盤、ジョビンコ君と交代されたデルピエロが珍しく悔しそうだったのはメディアに突っ込まれそう。

ユーヴェ、ラニエリ監督
「フィオレンティーナは厳しい状態が続いていたから、いつも以上に闘志をむき出しにして立ち向かってきました。とても、良いフットボールでしたよ。最初から最後まで苦しい展開でした。ただ、ゴールがなかっただけです。うちもしばしば押さえきれない場面がありました。前半のジラルディーノのゴール?ミスでしょうね。通常より厳しく判定されるクラブがあるように私も思います。あのゴールはオフサイドじゃなかったですよ。線審の視界から、マルキオンニが見えなかったんでしょう。それがカルチョです。残念ながらどこのクラブであろうと、審判の判定は受け入れなければならない。ミスはいつでも起こりえるもので、試合の一部なんです。時に特定のクラブに多発することがあり、続けば自分たちだけが認めてもらえないようで気分がわるい。当然です。」
「デルピエロが交代されて怒っていたことですか?得点にからんだパスはすばらしかったです。ですが、私が交代を決めた時間は相手のプレッシャーがきつく、相手の守りを崩すために元気な選手を入れる必要があったんです。試合に出たいのは誰しも同じですが、エゴは許されません。ベンチに下がって数分したら、デルピエロも私の決断を理解しました。マルキオンニもマルキシオも今日は大変良い出来でした。全力を尽くし、チームをひっぱる原動力になっていました。ブッフォン?キーパーにとって長期離脱から復帰する緒戦は常に難しいものです。特に今日のような寒い日はつらい。ブッフォンには、守備に大声で指示を送るよう指示しました。声を出すことで自分の集中力も気合も維持することが楽になります。首位に並んだこと?調子がよければ、良い結果がでるんです。」

ユーヴェ、今日の得点者マルキシオは、ユーヴェ初ゴール。
「監督の指示通りに前に行って、まだ指示通りピッタリじゃなかったんだけど決めれた。最高です!それから、最高のアシストしてくれたデルピエロに感謝です。これで首位に並んだ?そうなんですよ。明日、インテルがヘタこいたらありがたいな。でもまだ先長いからね。今日着てたユニ?俺のことすっごい褒めてくれて、新たなタルデッリとまで言ってくれたお礼に、ボルゴノーヴォさんにさしあげます。」

試合の前に、コボッリ・ジッリさん。
「20世紀イタリアにおいて尊敬される人の1人であるジャンニ・アネッリさんと、ユヴェントスの歴史は切っても切り離せないものがあります。これからも1試合全身するたびに、関係は深まっていきます。天国で今のユヴェントスを見て、きっと満足なさっているでしょう。選手、スタッフともに経験あるベテランと若い力のバランスがとれ、勝ちに対して貪欲なチームを、アネッリさんは大好きでした。」

フィオレンティーナ、デッラ・ヴァッレ会長
「選手達は全員よくやりました。問題は別のところにあります。審判はここ何週間もずっと、私のチームに厳しい。今日の試合もでした。もううんざりだ。子供だってわかる間違いだ。前半など目を覆うばかりでしたよ。私はどうやって今日の敗因をフィオレンティーナのファンの皆さんに説明したらいいんです?次の試合も同じなら、私もいい加減黙っていられません。今日以上に冷静に試合を見ますよ。審判決定責任者のコリーナさんから納得の行く説明がいただける試合であってほしいです。1試合2試合なら運がなかったといえるだろうけれど、立て続けに運がなさすぎる出来事がフィオレンティーナばかりに起こっているんです。」

■Reggina 0 - 1 Chievo
Italiano 93 (C)
レッジーナ、後半ずっと1人少ない状態で頑張ったんだけど、ロスタイムにやられた。PKもらえてもいい場面も2回ありました。残念。キエーヴォは1月にやってきたマキンワを早速起用。キエーヴォの得点はロスタイムの最後、25メートルの距離のシュートをイタリアーノが決めてます。

レッジーナのフォティ会長
「ファンの非難ごうごうだろうとね、私はいつもどおりです。逆にファンに持ち上げられたっていつもどおりですよ。キックオフ直後からわいわい唄って私に抗議するのは解せないです。あれじゃ、チームの士気が落ちて当然ですよ、あの応援だってこの結果に影響してますとも。PKを2回も貰えなかったこと?うちの出来も良くなかったけど、たしかに、審判の判定も影響してます。ともあれまだ18試合残ってます。今日だって、1人少なくても、最後の最後まで全力でやりましたよ。この経験を先々に生かしてほしい。」

■暫定とはいえユーヴェに並ばれてしまったインテル、今週はイブラヒモビッチが出場停止なんで、アド=バロテッリ君の2トップかと思ったんですが、意外やメンバーにバロテッリが入ってない。他、オビオビ、ブルディッソ、ヒメネスが外れてます。アタランタ戦で振るわなかった、コルドバとマックスウェルは入ってます。挽回のチャンスですかね。
モウリーニョ監督
「バロテッリをメンバーに入れなかった理由?戦術的理由です。イブラヒモビッチのような、毎試合試合を決定づけられるユニークな選手には、代わりがいません。だからチームの総合力で戦わなければならない。精神的に安定し正しい姿勢で試合に臨むなら、使える作戦は多い。いい試合が出来るでしょう。イブラヒモビッチ?明日使えない選手の話は、今は、したくありません。アドリアーノ?コッパのローマ戦でもアタランタ、ジェノア戦でもいい仕事をしました。立派に貢献してますよ。ですが、チームとして一丸となって試合をする。それが一番大事なんです。難しい試合になるでしょう。繰り返しますが、明日の試合はチーム力が大事です。先週のベルガモでの試合ではそれがなかった、でもその試合以外、ずっとやってきたことです」
メンバーは以下のとおり。・・イブラヒモビッチがいなくったって、ぜんぜん強そうなんですけど(笑)
Inter squad: 1 Toldo, 12 Julio Cesar, 22 Orlandoni; 2 Cordoba, 6 Maxwell, 13 Maicon, 25 Samuel, 26 Chivu, 39 Santon; 4 Zanetti, 5 Stankovic, 7 Figo, 19 Cambiasso, 20 Muntari, 33 Mancini, 77 Quaresma; 10 Adriano, 9 Cruz, 18 Crespo

■今週インテルと対戦するサンプドリアは、カッサーノが首を痛めて遠征参加しません。ルッチーニは出場停止。先週フィオから移籍したパッツィーニが、さっそくはいってます。がんばれよー!
遠征メンバーは以下のとおり。Sampdoria squad: Castellazzi, Mirante; Campanella, Gastaldello, Raggi; Delvecchio, Dessena, Donati, Franceschini, Padalino, Palombo, Pieri, Sammarco, Stankevicius, Ziegler; Bellucci, Marilungo, Mustacchio, Pazzini.

■ローマ、オカカ。このシーズンは野獣バティスタ、メネス、ヴチニッチと、競合する相手がみんな調子いい。そんなわけで先発はわずか1試合、途中出場は7回。
代理人のスコペリッティさん
「月曜に、このままオカカはローマで続けるか貸し出すかを話し合う予定です。シエナ、キエーヴォ、リヴォルノからお話はありますのでね。オカカはセリエA、B問わずに試合に出れることを最優先して考えていますよ。ローマで出番がなくて、かつ、先方と合意できるならどこでも行きますよ」
ちなみにオカカ君、昨シーズンはセリエBのモデナに貸し出しになってました。

ローマ、センシ会長一家の会社イタルペトロリは、ウニクレディート銀行に3億6000万ポンドの負債があるそうです。そのせいか、海外からの買収の噂がでているそうで・・ちなみに夏に話が出たジョージ・ソロスではないそうです。

■ミラン、アンチェロッティ監督は今週のボローニャ戦がミランでの400試合目です。
「400試合ですか。いろいろありましたな。でも正直なところ、こんなに長く居られるとは思ってなかったです。まだまだ続けたいですよ。イタリアで、一つのクラブで400試合も指揮を取らせてもらえるには、クラブとのいい関係が不可欠です。幸い、私はそれに恵まれました。そうね、選手としてここにいた経験があるのが幸いしてるんでしょう。なに。カカですか。考えうる最良の形で解決して、だからチーム全体、先週とは打って変わった状況ですがな。雰囲気、ポジティブでね。熱気がありますよ。そうなんですよカカはいつだってチームを明るくしてくれる。なに、レアル・マドリッド?もうそんな話は終わったと、私は思いますよ。ベッカム?楽しそうにやっててね。私たちも嬉しいです。戦術もすぐ理解したし、しっかり練習もできている。3月9日にはアメリカに帰ることになってますが、将来、本気で欲しい選手ですがな。守備参加も出来るし、攻撃のセンスもある。だから入れても戦術のバランスが悪くならないんです。実のところ慣れるのには時間がかかるタイプかと思っていたけれど、ほとんど即日使用可でしたよ。プロですねえ。それにね、人間が出来ている。ボルゴノーヴォさんのところに行こうと私が提案したら、即座に承諾しました。高潔な精神の持ち主ですがな。日曜のメンバー?明日決めます。ロナウジーニョを使うか、セードルフを使うか。戦術的によーく考えて決めます。どっちもフィットネスには問題ないですよ。ボローニャはバランスを見出したら、良くなったねえ。明日はディバイオのカウンター攻撃で攻めてくるんじゃないかな。」

ミラン、ベルルスコーニさん。
「たしかにうちは、世界中からいい選手を呼んでいる。先入観から、揃いも揃って世間から批判を浴びているがね。ロナウジーニョもシェフチェンコも「終わって」なんかいないぞ。パトには洋々たる前途がある。ベッカムはフットボーラーではなくロックスターのように言われているが、日々の行動がいちいち、世間の偏見を覆してくれるんだよ。格の違う選手なだけじゃない。大変な好青年じゃないか。誰が喜んでこんなにいい選手を手放すもんかね。客寄せ効果だけだろうって、とんでもない。実に勤勉で前向きなプロフェッショナルだよ。残念ながら、LAギャラクシーとの契約があって、遵守しなければならんのだ。なに。カカ残留?実に、見事な決断だったじゃないか。オファーを断って、その一方、うちに対して賃上げを要求せずだよ。今後数年、このままでいいと言うんだ。見上げたもんだよ屋根屋のふんどし、とはこのことだよきみぃ、はっはっはっはっはっはっはっはあ。なにレアル・マドリッド。もうとっくに終わった話だろう。カカはこれからもずっとミランの選手なんだよ」
posted by かや at 10:20| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度です〜〜〜!!!!
ユーベ勝ったぁぁぁ!!暫定首位ですなぁ。
ここまでポイント縮んで面白くなったのも無敵のインテルが年明け早々に躓いたからですなぁ。
これは終盤にもの凄いドラマがっ!!!!
ミランも着いて来いよぉぉぉ〜〜〜その方がよりドラマチックになる^^

ブッフォン帰って来たらやっぱ大きい!!もの凄い存在感で最近はレジェンドとしての貫禄も出て来たっすねぇ。
そして若手が上手く絡み合う!マルキジオ初ゴールおめでとう!!
Posted by ゴリーナ at 2009年01月25日 22:58
ブッフォン復帰、嬉しいですねえ。
動いてる姿が見たいので明日のすぽるとで写るとよいのですが。
マルキジオもレンタル(?)から戻って活躍しているようで何より。
Posted by 眠り猫 at 2009年01月26日 01:40
アレちゃん、怪我で出たくても出られないシーズンも良くある人ですから、交代で不服顔になるなんて元気の証拠でむしろ喜ばしい事のように思えますね。ずっと元気でシーズン終えて欲しいです。例年筋肉トラブルが良く有りますよね。

アンチェロッティさんも就任した当時は暫定監督って感じの捉えられ方でしたが、立派に長期政権ですね。くびにならない成績でながーくやって欲しいです。
Posted by 真奈美 at 2009年01月26日 15:10
そーなんです、やっぱブッフォン。
マニンガーはもの凄く良くやってくれたけど、
やっぱ、ゴールポストの間にブッフォンが居て、長い手足でばーんと相手のシュート弾き飛ばしてくれたりすると、
うおおおおっ、ユーヴェだぜ、これで勝ったら首位だぜ!!
なんちて、朝5時ごろ、コーヒーがりがり挽きながら、気分めっちゃ盛り上がってたわけで(笑)

それにゴリーナさんおっしゃるとおり、
先週末の感じだったら、ミランがどんどん追い上げて来そうな気がする・・
まあ、誰を起用するかで、
アンチェロッティさん毎試合悩むでしょうが・・
Posted by かや at 2009年01月26日 19:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。