2009年01月28日

トレゼゲも復帰?




■ユーヴェ。水曜のウディネ戦は、トレゼゲがベンチ入りするらしい!
ラニエリ監督
「結果最優先で臨みます。ウディネーゼは今は不調ですが、ユヴェントスに勝つことで再起しようと全力で向ってくるでしょう。私たちも全力を尽くします。トレゼゲ?先発ではありませんがメンバーに入れました。回復中であり、練習をみたところOKでしたので。イアクィンタも起用する予定ですが練習が少し不十分かもしれません。いずれにせよ怪我人の復帰は大変喜ばしいことです。早く全員が100%の力を出せる状態に戻ってなってほしい。カモラネージ?まだ復帰までには時間がかかりそうです。モウリーニョさんのコメント?それは、モウリーニョさんにお聞きになったらいかがでしょう。アマウリがブラジル代表に呼ばれなかったこと?もし、それでアマウリがずっとユヴェントスにいられることになるのなら、ドゥンガ監督の考えに同意します。よくやってくれています。常にチームのことを考えて、出来うる最良を尽くしています。いい選手ですよ。」
ってことでトレゼゲが帰ってくるかもしれない!でも。ユーヴェ戦の放送がない。トホホ。

ユーヴェは19歳のキーパー、キレフ選手をスイスのグラスホッパーに貸し出します。

■ローマ、スパレッティ監督がパレルモ戦のメンバーについて。
「トッテイは先発で起用します。パレルモはいいカルチョをやる上に、大変熱気がある。いい監督もついています。なにパヌッチ。ええ、先日の行動は敬意を欠いたものです。このままローマに残るか否かは私にはわかりません。私は選手たちの意思も考えてメンバーを選びますが、パヌッチはローマのために試合に出るのを拒んだのですから、今回は召集いたしません。もし去ることになるのなら、現状のディフェンス力を再考しなければなりません」

イングランド代表監督のカペッロさんが、ローマ監督スパレッティさんと対立中のパヌッチについて。
「なにパヌッチ。友達だよ。そうさな、奴さんちょいとばかしおかしなところがあってな。俺ぁ現役選手に友達ってえのは1人っきりいない。そいつが、パヌッチだ。ローマと仲が悪いってえのは、さもあらん。まあ、監督と何があったか俺にゃわからんがね、奴さんはいつだって試合に出たいタイプなのさ。そいつは確かだ。」

■フィオレンティーナ、強豪との対戦が続いてるとはいえ3連敗、チャンピオンスリーグも終わっちゃってます。
プランデッリ監督
「現状の、UEFAカップ出場権のあるポジション維持を目指します。チャンピオンスリーグは難しい。順位表が示すとおりでした。・・先週の試合ですか。私は選手たちに、よく練習し、ピッチでは練習以上の最高のプレイをするよう指導しています。それが答えです。私たちはファンの皆さんの気持ちと一緒にピッチに上がり、ファンの皆さんに応援されて全力で頑張ります。チーム力でこの苦境から脱却します。夢を力に前進します。このスポーツは、夢をかなえるために戦うものです、それがなければ勝てません。更に良い試合を目指してまい進いたします」

■ロンドンで2月10日開催予定の、イタリア=ブラジルが両国の政治的対立(理由は、イタリアからブラジルに逃亡したテロリスト、バッティスティ氏の引渡しをブラジル側が拒んでいる)のため中止、と一度発表されましたが、政局とスポーツは別もの、として結局スケジュールどおり行われるそうです。

■代表といえば、アルゼンチン代表はフランス代表と試合を行います。メンバーは以下のとおり。サムエルが2年半ぶりに復帰!
Goalkeepers: Juan Pablo Carrizo (Lazio), Sergio Romero (AZ Alkmaar)
Defenders: Javier Zanetti (Inter), Martin Demichelis (Bayern Munich), Gabriel Heinze (Real Madrid), Daniel Díaz (Getafe), Nicolás Burdisso (Inter), Walter Samuel (Inter)
Midfielders: Javier Mascherano (Liverpool), Fernando Gago (Real Madrid), Maximiliano Rodríguez (Atletico Madrid), Jonás Gutiérrez (Newcastle), Luis González (Porto)
Strikers: Lionel Messi (Barcellona), Sergio Agüero (Atletico Madrid), Carlos Tevez (Manchester United), Ezequiel Lavezzi (Napoli), Lisandro López (Porto), Germán Denis (Napoli), Angel Di Maria (Benfica).

■ミラン、アンチェロッティ監督がベッカムについて。
「私は何も強制したくないんですがな。ベッカムがここに居る時間は短いけれど、既にミランの一員となるのはどういうことかも、チームが自分をどう考えているかもわかっています。もしずっと居るのなら、そりゃあもう、嬉しいですよ。でも契約があるでしょういや、LAと契約を締結しなおしたなんで、ないですよ。ベッカムがうちにいるのは3月9日までです。そのあとは、私にもミランにもどうにもできません。決められるのはベッカム本人だけなんですがな。」

■インテル、助監督のバレージ弟、ジュゼッペ・バレージさん。そっか、モウリーニョさんは出場停止なんだ。
「インテルの敵は外です。身内じゃないですよ。チームはカターニア戦にむけて集中しています。アタランタ戦の頃にくらべると統一感が出ています。いい結果を出したいです。サンプドリア戦で自信をつけていますしね。アドリアーノが相手選手の腹部を殴ったこと?あれ、倒れた選手のリアクションが大げさだったと思いますがね。ストライカーが自分のマーカーを外そうと、無意識のうちにとった行動が不運にしてああなってしまったのだと思います。フェアに振舞っていたのに3試合出場停止はペナルティが重い。バロテッリ?私がインテルから言われていることは、バロテッリは市場には出さないということだけです。インテルに残ります。現状はストライカー2人でやって、チームのバランスが良いのですから、このまま続けて、よりコンパクトでバランスの良い状態を目指していこうと思ってます」

■対戦するカターニアのゼンガ監督。思い出のインテルとの2試合目はホーム。
「ファンにとってもこの水曜の試合は大事です。今日このインタビューが終わったら、先週のインテル=サンプドリアの録画を見て対策を考えます。それから、この場を借りて申し上げます。モウリーニョ監督、お誕生日おめでとうございます。私が思うに、モウリーニョさんは業界最高の監督です。でも水曜の試合は、負けませんよ」

■レッチェ、フィオレンティーナで出番がなくなってしまったセネガル出身ストライカー、パパ・ワイゴーを今シーズン終わりまで借りました。この選手、フィオとジェノアの共同保有。昨シーズンはヴェローナにいました。左右のストライカー、ウィンガー、フルバックと出来る仕事は多種多様。まだ25才。がんばれよー!そのレッチェは、残留が目標。水曜には同じく残留を目指すキエーヴォと対戦します。

■アタランタ、インテル戦で大活躍のフロッカリ。スペインのヴィジャレアルから声がかかってるそうです。
posted by かや at 06:49| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パヌッチ、出て行きそうですね。カペッロさんがローマ監督時代に、パヌッチが風邪気味だったので、起用を見合わせてベンチスタートにして、途中で起用しようとしたら「俺は途中からは出ない!!!」って出ようとしなかったって人ですからねえ・・・起用法を巡ってのケンかとか、そういうのしちゃったかな。パヌッチはキレたら相当怖いようです。
まだどこか買い手があるでしょうね。
Posted by 真奈美 at 2009年01月28日 17:32
パヌッチ、プライド高いんだな〜。
でも、それだけ仕事もするもんね。
それに契約問題も絡んでるから、
むやみに大人しくしてるより、駆け引きに出てるのかもしれない。
年齢的に、微妙なところだしね・・

でも今パヌッチが抜けたら、
ローマの後ろのほう、まずいっすよ!


Posted by かや at 2009年01月28日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113279769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。