2009年05月23日

移籍の噂いろいろ


■ユーヴェ、パトロンのジョン・エルカンさんが、のこり2試合を監督を任せたチーロやんについて。
「要するに、勝てるユヴェントスに戻ることが最も重要なんです。フェッラーラなら出来るどころか、最適です。チームのモーティベーションの高め方がよくわかっている。このメンバーなら出来ます。是が非でも勝たなければならない残り2試合、2連勝できるでしょう。」

ユーヴェ、会長コボッリ・ジッリさんがラニエリさんの契約不履行申し立てについて。
「ラニエリさんの弁護士と論争になることはないと思いますよ。私達は必要な決断をしたんです。ラニエリさんは大変良い仕事をしてくださったのはわかっているだけに残念です。ですがアタランタ戦のあと、私達は来期のチャンピオンスリーグ出場を確実にする為、何らかの手を打たなければならなかったんですよ」

■イタリア代表監督リッピさん。当初、いわゆるいつもの顔ぶれを中心にコンフェデレーションカップに臨む発言をしてたんですが・・
「次の招集メンバーには今期カンピオナートで活躍した、多くの新しい顔ぶれが入るでしょう。コンフェデレーションカップは、前回のワールドカップを獲得したメンバーのような一体感のあるチームを構築していく上での大切なプロセスだと考えています。何度も繰り返しますが、私は18才から40才まで、誰もがイタリア代表の座を望んでいることを嬉しく思います」
新規に呼ばれると見られるのはカッサーノ(えっ!?)、マスカラ、フロロ・フローレス、デッセナ。だそうです。う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜む。もしカッサーノが入ってインザーギが入らなかったら、あっし、怒るよ(笑)。
コンフェデは6月14日から28日に南アフリカで開催されます。

■ミラン、今週末のローマ戦は、マルディーニにとって最後のサンシーロでの試合になります。
マルディーニ
「感慨深いものがあります。最後の試合には私のジョカトーレ人生25年間をお祝いするため、友人家族を招いています。いいプレイをお見せして、祝ってくださる皆さんのためにも勝利で気分よく最後を締めくくりたいと思います。私が去ったのちのミランは、カカキャプテンの時代を迎えます。カカならずっとミランに留まり、立派にキャプテンを務められると、私は思っているのです」

今、ミランからバイエルンに貸し出し中のオッド。バイエルンは買い取りオプション付きでミランからオッドを借りてたんですが、オプション行使しないと発表しました。ちうことはですよ、オッドはミランに帰ってくるわけです。ちなみにバイエルンは4月末にクリンスマン監督を解任していて、今はハインケスさんが(97-98マドリーでCL優勝)暫定監督やってます。来期はファン・ハールさんが監督になるといわれてます。

モウリーニョ監督がアンチェロッティさんについて。
「チェルシーの私の友人が、来期はアンチェロッティさんが来ることになるだろうと言っていましたよ。逆にチェルシーの選手達からは、アンチェロッティさんってどうよ、という類の質問を聞かれます。準備が念入りで、選手たちとは親しくつきあい共感を生み出すタイプの人だとお答えしてます。あの方なら、プレミアでも上手くやっていけるんじゃないでしょうか。一方、迎える選手のほうも、自分達を優勝に導いてくれる監督の出現をずっと待っているんですよ。まあ、チェルシーに行く行かないはアンチェロッティさんの選択ですが、良い選択をなさいますように。もし私がアドバイスを求められたなら?難しく考えずに、最高のアドベンチャーをやってみたらいかがでしょうとお答えしますね」

■ローマに買収かけてるアラブ=スイス系コングロマリットの代理人のフィオラネッリさん。
「前進に必要なものは全て揃っています。自信?あります。時間の制限がない話ですので、遅かれ早かれ、決まるでしょう。センシご一家次第ですな。ASローマのオーナーになるということはファン、メディア、更にはローマ市への責任も一緒に負うことになります。大変なことですよ。一朝一夕に決められるものではありません。状況を十分に勘案したのちに決断します。神は7日間で世界を創造されたが、私は神ではありません。もう少し時間が必要なんです。ローマを買収することの責任はよくわかっています。皆様を失望させることはないと思います。また、センシご一家はこれまで大変な熱意をもってローマを支えてきた。敬意を持って迎えられるのが相応しいと思います。昨今の批判は誤っています。私達はまだセンシご一家と直接話してはいません、先方からのご希望がないので。ローマは株式市場に上場していますので、買収の場合は法的手続きが別途あることもあり、なにかと難しいんでしょう。これだけは言えます。私達は人気取りをしたいのではありません。真摯なプロフェッショナルであり、ローマの今後を真剣に考えた計画をもっているんです」

■ジェノアのディエゴ・ミリトとティアゴ・モッタの二人がインテルに行きました。その反対方向へは・・
プレツィオージ会長
「まだ契約書に署名はしてないが、来期クレスポは99%うちだな。いやーなんせ来期うちは欧州カップ戦とカンピオナートとコッパで、年間60試合ぐらいやることになるだろう。出番は全員にありますよ。ま、ビッグクラブに目をつけられた選手は結局手放さざるを得ない。なんせ資金力が違いますからな。ミリトとモッタの二人が去ってしまうのは残念だけれど、あれだけの金額を積まれたら誰でもちょーっと断れませんわ」
クレスポと、インテルからカッリアリに貸し出し中のアクアフレスカがジェノアへ?で、アクアフレスカはそのまま貸し出し要員で、ナポリ行き、アタランタのフロッカリと交換、もしくは昇格を決めたパルマ、などの噂もあります。

■ラツィオのパンデフはユーヴェかバイエルンかマドリー行きという噂ですが・・
ロティート会長
「なにパンデフ。売りませんよ。出ていくことはラツィオより本人にとって損だと思うんですよ。あと2年うちに居るということは、うちで余すことなく持てる能力を引き出して、ラツィオに相応しい世界の舞台に復帰する、ということなんですよ。」

タグ:セリエA
posted by かや at 08:52| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オッド、やっぱり買い取りはなし、ですか。去年右サイドから崩される事が多くて、CL逃したのはオッドのせい、なんてのも言われていましたからね〜。コスタクルタのほうがマシだったとか、何とか。更なる奮起を期待したいところです。

アンチェロッティさんはやっぱり準備が念入りで、選手たちとは親しくつきあい共感を生み出すタイプの人、ですよね。モウリーニョさんもわかってるじゃん、っていうか。でも出て行って欲しくない〜。
Posted by 真奈美 at 2009年05月23日 14:56
コンフェデ、ありましたね〜。
今回は日本が出ない(アジア杯4位だったので出られない)ので忘れてました。
日本がいなくても視聴可能かしら?
深夜にでも放送があればいいのですが・・・
Posted by 眠り猫 at 2009年05月23日 17:23
モウリーニョさんって、言うこと辛らつだけれど、
しっかり的確にモノを見てるなー・・・
インタビュー読みながら、いちいち納得なんだよね。

>オッド
いやあもう、オッドとカモの二人は、
ワールドカップ優勝時の断髪式!が強烈で(笑)
おいといて。
マルディーニ後のミランディフェンスの鍵を握るのは誰か、
当面、試行錯誤もあるでしょうが、オッド、大いに期待されるところ!
って、どっかに貸し出されちゃったりして・・

>コンフェデ
そうなのよ!日本が出ないと、とたんにスポーツイベントの扱いが冷たくなりますよね〜・・
ナカムラが日本に帰ってきたら、
たぶん、スカパーもスコットランドリーグやらなくなるだろうし。
地デジのどっかでやるようだったら、
これきっかけに、テレビ買い換えようかな・・
まだ右上に「アナログ」表示が出るテレビなので(笑)
でも、今、ヤ○ダ電気自由が丘店が改修中だとのことなので、
再オープンのバーゲンに期待してちょっと買い替え待とうか、
なんてセコいこと考えてます(笑)
Posted by かや at 2009年05月23日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120036666
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。