2009年05月24日

フェッラーラ監督緒戦を前に。

■ユーヴェ、監督デビューのフェッラーラ。
「まいど。そらもう、おおいなる挑戦ですがな。ホンマ嬉しいですがな。そらもう、いつもとちゃいますな。燃えますなあ。ビッグチャンス?そうでんなあ。わし、話もろうて、ためらうことなく引き受けましてん。とにかく結果出すのんが、いちばんええ答えでんな。でもシーズン最後の2試合、自分が監督としてここのベンチに居てるとは。夢にも思いまへんでしたからなあ。ホンマ、ビッグチャンスですなあ。へへへへ明日からはわし、ユヴェントスのフェッラーラ監督ですねん。まあ、ブランはん来期のことはよう言わんかったですけどな、2試合だけやねんけど頼んまっさ、とは言うてまへんさかいに、来期の希望もありますねん。ここで2勝出来るか出来へんか、わしの将来かかってますねん。ボーナスもらえるかもしれまへんしな。なに。ユーヴェで仕事することなったら、代表のほうはどなしますのんて?6月末にはどうするか決まりますやろ。代表助監督の仕事もホンマええ勉強になりますねんで。でも、リッピはんはわしの決断には関与しまへん。わしが決めてええ話だす。」
「今週、仕事はじめる前にな、友人関係と監督としての責任はベツモンやと。きっぱり決めましてん。わし、皆から監督としてリスペクトされとるのん感じますわ。皆、プロですな。子供がボール蹴って遊んどるのんとはちゃいますわ。なにより、ネガティブな傾向を断ち切って自信を持たせる。それがいっちゃん大事ですねん。練習、エエカンジでしたで。シエナ?シエナにとってホームで最後の試合で、相手がユヴェントスだっしゃろ。そら、燃えなおかしいですがな。でも、わしらのほうが余程、勝たなあかん状況ですねん。なにメンバー。そんな、変えてまへんけどな。当日朝までお楽しみに。ラニエリ監督でっか。わしにとっても、監督でしたからな。監督と選手の間に軋轢起そうとする向きは居たはりましたで。残念なことですな。監督交代が必要やったかどうかは、わし、言う立場やないのんでよう言いまへん。でもな、ユヴェントスらしくシーズンしめくくるらなあきまへん。ホンマのユヴェントスはな、レアル・マドリッド戦の、あれがホンマもんですねん」
(・・この、フェッラーラの監督デビューの試合なんですが・・スカパーで放送がない!残念っ!)

ユーヴェ、デルピエロとディチェーリエ、マルキシオはシエナ遠征に参加します。デルピエロは怪我が心配されましたがm、土曜はフルに練習に参加していたそうです。あーよかったー。
ちなみに発表されたメンバーは以下のとおり。・・そっか。成長中のアリアウドがいましたなあ。カンナヴァーロが戻ってきて、出番が減らなきゃいいんだけど。あっし的、アリアウドって微妙〜に痩せて縦に引き伸ばしたきむたく、という印象があり(何のこっちゃ(笑))、「ころちゃー、ごろーちゃーん、ころちゃー、ごるごちゃーん♪」、というCMがちらっと頭をよぎるのでした。失礼しました。
Juventus squad: Buffon, Chiellini, Mellberg, Zebina, Zanetti, Salihamidzic, Amauri, Iaquinta, Del Piero, Nedved, Chimenti, Manninger, Camoranesi, Trezeguet, Poulsen, Marchisio, Giovinco, De Ceglie, Tiago, Marchionni, Legrottaglie, Ariaudo

■第37節はほぼ全部日曜に行われます。で、今更気が付いたんですけど、ラツィオ=レッジーナは既に水曜に行われてました。CL決勝でオリンピコを使うので、芝のコンディションを良くするために試合を前倒ししたそうです。

Lazio 1 - 0 Reggina
Zarate 26 (L)
レッジーナはこの何試合か奇跡に近いがんばりを見せてきたんですが、先行されてしまいます。後半はもとラツィオのコラーディを投入したんですが、残念ながら及ばず。降格確定してしまいました。

■ローマ、スパレッティ監督
「今後のことですか?センシ会長と話し合って決めます。ユヴェントスとは話し合っていません。今週のミラン戦は強豪同士の試合です。苦しい試合になるでしょうが、自信はあります。集中力と、闘争心がカギでしょう」

■ミラン、ベルルスコーニさんがアンチェロッティさんの去就について。
「そりゃ、シーズンが終わってから決めるよきみぃ。私はカルロを家族のように思っている、このあとどうなるかはシーズンが全部終わって結果が出て、そのあと話し合って、決める。親友として、最良の選択をしたいと思ってるんだよ」
あ、そっか。あと2試合のこしてミラン71、ユーヴェ68、フィオ67ポイント。フィオとうちの1ポイント差ばかりが気になってたけど、ミランとフィオは4ポイント差だから、今週ミランがフィオよりいい成績で終われば、予選あるなしおいといてCL出場は確定できるんだ。ちなみにミランはホームでローマ、フィオはアウェイでレッチェ。

・・とはいうものの、実はミランはCL出場が確定するまでは、アンチェロッティさんのチェルシー行きの発表を待っているだけ、という噂もあります。
アンチェロッティ監督。
「そうね。明日はきっちりローマに勝たないと、最終節のフィオレンティーナ戦がプレーオフになってしまう。そんな危ないことは避けたいですがな。うちはここ2年サンシーロではローマに勝っていますが、今のローマは苦境にあって、これまでとは訳が違う。だいたいユーヴェだってあれだけ不調でありながら、うちとの試合はしっかりやりましたからね。ローマも同じことになるかもしれません。今、うちはフィジカルは問題ありません。でも、精神的に少々疲れが出ています。目の前に目標がありながら届かない、そんな状態なんですがな。」
「明日はパオロの、最後のミラン公式戦サンシーロでの試合です。おそらく、自分が本当に引退してしまうのだと、改めて強烈に実感するだろうね。私は現役引退してすぐにサッキさんとの仕事に入ったから、それまでの、毎日練習する生活をがらっと変えてしまった時に、なんというか救いになったけれどね。パオロも、本人が望むならミランで重要な仕事が続けられると思いますがな。」
「確かに私はアブラモビッチさんとお話する機会がありましたが、ベルルスコーニさんは特になんとも思っていない、と思いますよ。私はミランと契約があるんだし、監督と言う仕事が、単なる職業以上に好きなんですがな。もしチェルシーの監督をやってみたいかといわれたら、イエスと申し上げますよ。確かにお金は大事なものではあるけれど、お金が全てじゃないんです。私にとっては。給料を増やしてくれとミランに言ったことは一度もないし、環境は全く申し分ない、これだけの環境を用意してくれている方々に、こっちがお礼をしなきゃならんと思うぐらいです。私は2010年の6月30日まではミランの監督です。これは、契約で決まってるんですがな。だから、はっきり言えとおっしゃるのなら、次のシーズンもミランに居るのは決まってる、と、申し上げますがな。この8年間、ミランとずっと良い関係を続けてきました。今も話し合いを続けています。だってああた、もしこれだけの関係じゃなかったら、イタリアで監督が同じチームで8年も監督を続けるなんて、ありえないでしょ。私はリラックスしていますし、心配事などなにもありません。確かに、英語の勉強はしてますよ。バカンスで外国に行くとき役にたちますから。」

マルディーニは日曜にサンシーロで最後の試合をやるわけですが、先週達成したミランで900試合の記念のメダル授与式が試合前に行われるそうです。
ガリアーニさん
「今後、これだけの試合数で1つのチームに貢献する選手は、もう出ないでしょう。カルチョの歴史に残る記録だと思います。それに、親子が同じチームのキャプテンとしてチャンピオンスリーグに出場した記録も、ちょっと出ない記録でしょう。マルディーニのキャリアは信じがたいような記録にあふれています。ありえない記録ですよ。私はまだ諦めていませんよ、6月6日まで時間はあるんだから、気が変ったらすぐ言うようにマルディーニに言っています。ミランで1000試合出場だって、パオロならやってしまいますよ」

ミランは5年前の04年5月16日、ブレシアと対戦しています。そうです。バッジョ最後の試合の相手が、アウェイでのミラン戦でした。途中出場したバッジョに、サンシーロのお客さんが全員スタンディングオベーションを送りました。マルディーニはバッジョをハグで迎え、試合後は一緒に控え室へのトンネルに向っています。

ベルルスコーニさんがマルディーニと、次のキャプテンについて。
「マルディーニはここ20年のミランで、最高の選手だな。わずかの差だが、私の中ではバレージを超えたよ。みんなずっと、プロとしてあれだけミランに貢献してくれたパオロが大好きだ。なに、次のキャプテンか。うちには、広い心と優れた人間性を持つ選手がいるぞ。ガットゥーゾだよきみぃ、はっはっはっはっはっはっはっはっはあ」

昨日、マルディーニが次はカカの時代と言ってたんですが、そのカカにマドリーが7000万ポンドでオファーしているという噂。

■フィオレンティーナはアウェイでレッチェと対戦します。フィオは1ポイント差でユーヴェを追撃3位を狙っているだけでなく、下の5位ジェノアは5ポイント差の62ポイントだからして、あと1ポイント獲得すれば4位以上が決まり、CL出場は確定します。
プランデッリ監督
「ゴールは近いです。でもまだ何も決まっていません。今週はレッチェに確実に勝つべく練習をやってきましたが、レッチェにとってはシーズン最後のホームの試合であり、残留がかかっているんです。大変モーティベーションは高いはずです。難しい試合になるでしょう。互いになんとしても3ポイントが欲しい、引き分けではどちらにとっても最後1試合が更に難しい試合になってしまいます。中途半端な気持ちでピッチにでてしまったら、結果は手に出来ないはずです。このシーズン、フィオレンティーナはずっと厳しい練習を続け、持てる力を発揮してきますた。精神的に成長したと思います。」

■パレルモ、先週のラツィオ戦で試合途中で負傷退場してしまったキャプテンのリヴェラニは右膝の半月板と靭帯を損傷、内出血してる状態だそうです。数ヶ月の離脱になってしまうそうです。

■セリエA昇格を決めたパルマは土曜にホームにヴィチェンツァを迎え試合を行っていたのですが、ヴィチェンツァのファンがスタンドの6メートルほどの高さから落下。周辺のヴィチェンツァのファン達が試合を中断するように選手達に訴え、20分ほど試合は中断されました。幸いにして周囲のファンが素早く電話で救急車を呼んだためファンは一命をとりとめましたが頭を打ってしまい意識不明。

■セリエA昇格のプレーオフをやるクラブが決まりました。ブレシア、エンポリ、リヴォルノ。ちなみに今週の得点者を見てたら、エンポリの得点者にフラーキの名前があった!16影出場停止になっていた親方フラーキ、サンプドリアからブレシアに移籍していて、2月から復帰してました。よかったじゃん!よーし昇格しておいでー!
posted by かや at 09:29| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
各国リーグももう終わりですね〜。ブレシア、エンポリ、リヴォルノはどこが昇格できるのかな〜。でも昇格候補のチームはやはりそれなりにAで戦った事が有るチームばかりですね。これで決まれば初昇格ってのはないですね。やっぱりそれなりに厳しいものがあるんでしょうね。

チロさんも来季もやって欲しいですね。暫定とかじゃなくて。人望は厚そうなのでいけるかなあ、と思います。選手が掌握しきれない、なんて事は無いはず。

カカがキャプテンに決まった、みたいに書いているメディアも多くて、やっぱりアンブロさんじゃダメなんだよねえ、と現地ファンも言っていて、レアルのペレスさんもこのところパッとしないミランにはアンブロさんで充分です、カカはうちが頂きます、なんて言ってるらしいのを見ると、なんか可哀相過ぎというか、頑張れアンブロさん、って気がしてきます。発奮して欲しいなあ。
Posted by 真奈美 at 2009年05月24日 15:14
いや〜今日はベルルスコーニさんの、
ガットゥーゾ→キャプテン説におーわらいしましたぜ!
ベルルスコーニさん、先日は、
息子がトッティを欲しがってるなんて言っちゃってるしね。

まあ・・ミランの次の監督によってキャプテンの選択も変わるんだろうな〜。
で、でもさ。
誰もキャプテン→ピルロって言わないの、
なんか、不思議じゃないですかね?!
ポジション的キャリア的キャラ的、どれ考えても、ありじゃない?
Posted by かや at 2009年05月24日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120101428
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。