2009年05月30日

チェコの脅威もう1年!


■今週末のフィオ=ミランは、マルディーニの最後の試合です。対戦相手のフィオレンティーナ監督のプランデッリさんも賛辞を送っています。
プランデッリさん
「マルディーニは最後の「クラブの象徴」、バンディエラの1人です。25年にわたってミランに多くを捧げた人生は、ジョカトーレとして、また、1人の人間の道として多くの人の鑑となるでしょう。私もマルディーニにはとても良い思い出をもっています。常に対戦相手からもリスペクトされ、手本とされていました。日曜はスタンディングオベーションが贈られるでしょう。」

とは言うものの、フィオとミランの試合はチャンピオンスリーグに予選なしで行けるか否かがかかってます。もしミランが2点差以上で負けた場合は4位転落、予選からになってしまいます。
フィオのジラルディーノは去年までミランにいました。
「もしミラン戦でゴール決めたら?もちろん。喜ぶね。フツーに。でも、前半の試合みたいなブーイングはやめてほしい。真剣勝負なんだから。俺たちのためにも、フィレンツェ市のためにも勝ちたい。え、最近はゴール決めてもバイオリン弾かないって?あれは、特別なときだけやるんだ。」

フィオレンティーナはウィンガーのヨルゲンセン33才との契約を来年7月まで1年延期しました。
キャプテンのモントリーヴォ
「俺も気になってて。毎週どうなってるか聞いてたんだけど、本人も、どう返事したもんか悩んでたみたいで。うちの主力のひとりだから、残れて俺もホント嬉しいです」

■このところ週末になるとマルディーニ引退が大きく取り上げられるなかで、ほとんど話題になってないのが、うちのネドヴェドの引退。だから、ホントは引退なんかしないで来期もやるんだろ?って気がしてならないんだよね・・
ネドヴェドの代理人のライオラさんは、金曜にセッコさんとブランさんと1年だけの契約延長について長時間話し合ったそうです。土曜も話し合いは続けられるとのことで・・たのむぜ。うちで、ビッグイヤー持ち上げようぜ!で、監督がコンテだったら、ありえないぐらい最高だな〜。

フェッラーラ監督
「まいど。シエナ戦終わったら即、練習してましたで。ファンの期待に応えるためにも気分よく勝って終わらな。なになに。パヴェル?正直言うてな、ホンマ引退するんか、わかりまへんねん。ホンマに辞めてまうんやったら悲しいですなあ。マルディーニと同しで、プロの見本やったし、選手として人として、見習う点ぎょうさんありますしなあ」

来期もしかしたらうちの監督になる、かもしれないといわれてる、バーリの監督コンテ。そんなわけで土曜のトレヴィゾ戦はバーリ最後の試合になる。かもしれません。
「新聞が盛んにいろいろ書いてくれてるっけ、でも俺もマタレーゼ会長も、バーリ辞めるなんて一言も、自分から言って、な〜い。ただメディアがいろいろ書いてるだけっしょ。今はホントに自分でもこの先どうなるか、わからな〜い。でも、俺はまじで、全力火の玉でがんばった。たぶん、こんなに頑張るなんて今後ありえな〜い。」

ユーヴェの監督候補はコンテかフェッラーラに絞られてきた感がでてきたところに、もう2人候補が増えました。まず。アーセナルのヴェンゲルさん。え゙〜〜〜そんな、それじゃイタリアダービーがヴェンゲルさんとモウリーニョさんの対戦ってプレミアみたいじゃん。で、もう1人がフランスのリーグ1で大活躍のボルドーのブラン監督。ちなみにユーヴェのディレクターのブランさんはJean-Claude Blanc、ブラン監督はLaurent Blanc。同じブランさんで、交流もあるそうです。

ユーヴェ、マリ代表のシッソコ。
「あ、もう怪我だいじょぶ。でもチームが苦しいときこそ、仕事して皆の役にたちたかったです。ラニエリ監督に申し訳ないことしましたよ、俺をユーヴェに連れてきてくれたのが他ならぬラニエリさんなんだもの。・・レイシズム?俺には、トリノでは全然ない。もともと、あっちゃいけないことなんだよな。」

ユーヴェ、トレゼゲは来期もしかしたらローマ?
代理人のカリエンドさん
「来期?トレゼゲの人生の選択次第ですな。トレゼゲはもう多くのものを手にしている。人生には、お金より大事なものがありますでしょ。ローマはトレゼゲが欲しいと私は思っています。トレゼゲの妥当価格は1000万から1100万ユーロでしょう。」

ユーヴェ、クネゼビッチは移籍期間終了直前にリヴォルノから借りた選手なんですが、結局怪我で1シーズンまるまる仕事ができませんでした。でも来期リヴォルノに帰ることなく他所に行くようです。ちなみにこの選手クロアチア出身なんですが、まもなくイタリア国籍が取得できます。

■インテル、バロテッリ。今、凄い頭してますね〜。これ、帽子じゃなくって、地毛を優勝記念で染めちゃったのね。おいといて。
「前は、インテルでもずーっとベンチに居るぐらいなら、どっか外国のちっちゃいクラブでやってたほうがマシだと思ってた。俺は、そう思うわけ。試合に出られないんじゃ居てもなんにもならない。でも今は気分良くやってる、だから今は、インテルで続けたい。もし将来、ビッグクラブから話が来てインテルと話がまとまったら、外国でチャレンジしたい。なに。イブラヒモビッチとやってくの難しいだろって?いや。俺とやってくほうがむずかしいんだよ。ぜんぜんやってけないってわけじゃない。お互い主張するけどな。メッシ?パローネドーロはメッシだな。文句なしナンバーワンだよ。ロナウドだって叶わないさ。あ、そういやあ俺、2年前にロナウドからユニフォームもらったんだ。近い将来、ロナウドが、俺のユニくれって言ってくるようになるかもな」

■ナポリのラベッシにリヴァプールから今の年俸の3倍での移籍オファーが来たそうですが、ナポリは断ってます。ちなみに今のラベッシの年俸は100万ポンド。
代理人のマッツォーニさん
「ラヴェッシはワールドカップ予選のあと、ナポリに帰ってくると明言、できないですなあ。本人はナポリは自分に愛着をもってないと感じているようで、この状態では居たって嬉しくないですよ。私も、ナポリとラベッシの良い関係は終わったと考えています。延長の件でこちらのディレクターと最後にお話したのは7ヶ月前でした。英国の有名クラブから話がきたけれど、契約延長を考えているからといってすっぱり断ったということでした。それ以来、こちらから連絡をとってもディレクターのマリノさんも会長のデローレンティスさんも、お話をとりあってくれません。ラベッシ本人が電話をかけたときも電話に出ることさえなかったそうですよ。そういうわけです。ナポリはいいところだと感じてはいても、クラブとの関係は極めて良くないと言えます。この状態が続くのでしたら、ヴァカンスが終わって、ナポリの夏合宿に参加するとはっきり申し上げられません。」


posted by かや at 09:43| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々選手や監督が入れ替わりますね。寂しいなあ、とも思いますがニュースターもぽこぽこ沸くのでサッカーから全く関心がなくなるような事はないですね。
昔も、リネカーとか、バレージとか好きで引退後は興味が薄れるかな、と思ってもピッポやマルディーニがお気に入りになったり・・・今もジエゴがポルト時代からお気に入りだったりで、世代交代しています。えでもジエゴって問題児って言うか危険発言とか平気だから、ユーヴェに来て大人しくお仕事だけしてくれるかちょっと心配だったりします。油断するとすぐぷくっと太っちゃったりするし。やっぱりカッサーノタイプかな。カッサーノだって実は結構好きだったりしますし。婆さんになってもサッカーファンでしょうね。
Posted by 真奈美 at 2009年05月31日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。