2009年06月26日

ピルロ、売りません。

■いやーコンフェデが凄いことになってますねえ。アメリカが、スペインに勝っちゃいましたね。
スペイン代表カシージャス
「10回やれば1回ぐらい負ける相手だな。でも、昨日のアメリカは確かに強かったよ。決勝行きの実力はあると思う。たしかに俺たち、思いっきり本気でやってたとはいえない。自軍のゴール前10メートルぐらいが空白だったな。それが失点につながった。ワールドカップ?まず予選突破。それから大きい目標に向っていけばいい。でも、運はいつも自分の味方してくれるとは限らないから、注意深くやってかないと」

プジョル
「アメリカにはそんなにチャンスはなかったな。でも凄くアグレッシブだった。ほんの2回だけのチャンス、しっかり点にしたもんな。」

今日のブラジル=南アフリカは順当に1−0でブラジルが勝ってます。

■ユーヴェ、デルピエロ。これまでユーヴェで603試合に出場しています。ユーヴェとの契約は2010年で満了なんですが、まだユーヴェから次の契約の提示がないようで、契約満了後は移籍?なんて噂がでてるそうですが。
デルピエロの代理人、ステファノ・デルピエロ。
「休暇先でも新聞でいろいろ噂は拝見していましたよ。全て、噂ですね。心配することなどありません。このシーズンだって自分で決めるのも、ゴールをセットアップするのも、抜群の実力を発揮してましたでしょう。それに今はシーズンとシーズンの間で試合がない時期ですから、なにかと噂ばかりが流れがちな時期ですもの」

■ウディネーゼ、ダゴスティーノ
「明日、代理人がミラノに行ってユーヴェと話し合うことになってるけど。内容は、俺全然知らないです。今はウディネーゼと契約があるんだし、俺は、契約まもるつもり。ポッツォ会長はホントいい人ですよ。人間的に尊敬してます。まあ、数日以内に話まとまると思うけどね。それに、ここまで来たらもっと上目指したいのが本音だし、そろそろ、自分も上にいってもいい時がきたかなとも思うし。家族とも話し合ってるけど、やっぱジョカトーレとして進歩もしたい、挑戦もしたいし。何より、子供のころから大好きなユーヴェが俺と契約してくれるなんて、ホントにハンパなく嬉しいです。」

■ミラン、ガリアーニさん
「アンチェロッティさんから選手の打診?いや、なんにも。それに、ピルロは売りませんよ。そもそも売ってくれというオファーがないんだから。今のところオファーがあるのはパトだけですよ。お断りしましたけれどね。なにどこからだって?お話したくありません。パトはうちでビッグイヤーを持ち上げたいなんて、嬉しいこと言ってるしね。20才にしてあれだけの実力がある選手は他にいませんよ。なに。ゼコ。ウォルフスブルグの選手でしょう。クラブは売りたくないけれど、本人はくりかえし、うちに来たいと希望しているようですな。選手の意思に反した契約というのは難しいもんですよ。なに。ファブレガスとルイス・ファビアーノが?いつかはうちに来たいって?新聞で見ました。うれしい言葉だねえ。でもうちが欲しいのはストライカーで、ターゲットはゼコなんですよ。もし。この話がまとまらなかったら、ファビアーノか、もしかしたらアデバヨールか。ああ、先日ヴェンゲルさんとちょっとお話しましたけれど、アデバヨールは売りたくないようでしたな。もし、もう一度話がきたらもちろん考えますよ」

ミランからフランス2部リーグのディジョンに貸し出していたオーバメヤンPierre-Emerick Aubameyang,選手20才。父は元ガボン代表だそうです。このシーズンは34試合に出て8ゴールと活躍。ガボン代表デビューも果たし、モロッコに2−1で勝ってるそうで。来季は同じフランスのリールに貸し出しになります。

■ジェノアのパッラディーノはジェノアとユーヴェの共同保有選手ですが、来季もジェノアにとどまります。このシーズンは28試合出場3ゴール。ジェノアの5位という成績にも大いに貢献してます。また、ユーヴェはパレルモとのランザファーメ共同保有契約延長にも合意しました。

■ローマのペロッタに、バイエルンとウォルフスブルグからオファーが来ている?

■パルマはミランとの、パロスキの共同保有契約を延長しました。また、インテルユースの、何て読むんだビアビアニーですかね。Jonathan Biabiany選手を獲得しました。このシーズンはモデナに貸し出しになっていて、18試合に出場しています。

■パレルモ、ザンパリーニ会長。実は財政難だった、ミランの年俸一律減額に追随?
「なにシンプリシオ。このまま置いときたいところだが、既にうちは、2人買っている、それに、オファーが来ている。代理人も一所懸命働いているんだがなあ。そこで、提案だ。どこも、自分とこの選手の給料を一律30%下げようじゃないか。」

■コンフェデ敗退したイタリアのリッピ監督、テンプレートを4−3−3から4−4−2に変更?デロッシを中盤から下げてディフェンダーに、中盤にはブリギ、ダゴスティーノを召集・・なんて声が出てるそうです。また、アマウリを召集できるようになったら、ここまでトニにこだわらなくなるのでは?などという噂。
posted by かや at 06:23| Comment(4) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ピルロは今の所売らないんですね。ピルロ売っちゃったら、なんかガッちゃんも一緒にいなくなっちゃいそうじゃありませんか?
今日は私(これはどうでもいいんですが)とマルディーニとパオロ・カンナヴァーロのお誕生日であり、マルク・ヴィヴィアン・フォエさんの命日でもあるわけですが、マイケル・ジャクソンとファラ・フォーセットの命日にならなくて救われた感じがしました。アメリカじゃ前日ですもんね。バイト先ではマイケルのCDの注文が結構入っているそうです。影響力有りますね。では行って来ます。
Posted by 真奈美 at 2009年06月26日 15:40
毎度ですーーーーっ!!
ダゴスティーノまだ決まりませんかぁ〜!?
左利きのレジスタってだけで魅力を感じますねw
今季は8得点だったかなぁ、もの凄く飛躍した感じがしますね。
元々はローマの下部組織出身でデロッシ、アクィラーニ、ガッロッパと同世代ですよね!!
獲れたら大きな大きな戦力になりますねぇユーヴェは^^
Posted by ゴリーナ at 2009年06月26日 18:02
>コンフェデ@スペイン
やっぱり〜〜って感じです。
勝ち抜くためのモチベーションって大事だなって・・・今更ながらかんじました。
ブラジルどうかなぁ〜〜と思ってましたが、チーム内の競争がめっちゃ激しそうで
これはこれでモチベーションになるのでしょうね・・・
ロビーニョが下がって守備してたり(^_^;)ドゥンガのチームは
11人全員が守る・・・「これはブラジルが理想とするサッカーじゃない」という意見もかなりあるようですね。WCを勝ち抜くには守備が強いことも大事な要素ですが
それ以上に「(それぞれの国民が考える)美しいサッカーをすること」が
義務付けられるチームの監督は大変ですね。
P.S
今回のピッチコンデションあまりよくなかったですね〜〜
今の季節の国際大会であのコンデション・・・WCでは大丈夫なのか?心配です
植え替えればよいってものではないので、ゲーム後のメンテナンスとか・・・
技術者の方はどのように育成されているのでしょうね?
Posted by iceberg at 2009年06月26日 19:27


まず、真奈美さん、お誕生日おめでとうございます!
新たな、良い1年が始まりますように。
早速、お仕事忙しそうですね・・
地元スーパーは外が蒸し暑いぶん、
エアコンガンガン効いてました。
折角のお誕生日の週末、体調くずしませんように!

ゴリーナさん、ダゴスティーノ情報ありがとう!
ネドヴェドがいなくなってヘコみそうだったんですけど、
かなり、心強くなってきたぜい!
そうですかあ。ローマ系だったのかあ。
ローマもなにげいい選手育ててるのね〜
ただ、・・商売はヘタですわな(笑)

icebergさん、
おっしゃるとおり。モーティベーションは大事です!
欧州勢なんだかんだ言いつつ、
やっぱどこかに「たかがコンフェデ」意識があったのかもしれません。
でも、世界のサッカーのレベルは確実に底上げされてきてるのも感じます。
まして、真冬の状態良くないハゲハゲピッチでワールドカップ・・
もしかしたら、意外な番狂わせありかも?なんて思わせてくれますな〜。

>マイコー・ジャクソン
むか〜し東京ディズニーランドにあった、
キャプテン・EOってなにげ好きでした。
同年代の人たちとカラオケに行くと、
未だに、最後はウイ・アー・ザ・ワールドで〆ます(爆)
女の子はシンディ・ローパーのパートを、
男の子はブルース・スプリングスティーンのパートを取り合いになります。
・・で、あんま人気がないのが、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロスのパートだったりして。

でもな〜。
ジャクソン5で、「ベン」なんて唄ってたあの可愛い坊やが、
いつのまにか色が真っ白になり、鼻が欠け・・
年を取るというより、変形していくような感がありましたわ。
ネヴァーランドとはよく言ったもの。
自分でも、大人になりたくなかったんだろうね。
でも、自分の理想型って、人それぞれなんだなあ。と、
あの方みるたびに思いましたよ。
このまま年をかさねて、自分の世界を表現し続けていく姿が、
怖いものみたさ半分ですが・・見てみたかった。

ともあれ、・・
この多様化の時代、世界中の誰でもが、名前だけじゃなく曲を数曲知ってるポップスターって、
おそらくはマイケル・ジャクソン、マドンナあたりが最後なんじゃないかなあ。
ああいう存在、今後は、出現しなさそうな気がする。
まだ50歳だし、逝っちゃうのは若いよ。
10年後に還暦ツアーとかやるとしたら、
フツーにムーンウォークとかやっちゃいそうな勢いだったのにな。

ご冥福をお祈りします。
Posted by かや at 2009年06月26日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122257664
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。