2009年11月19日

アンリの「神の手」だろー!

■フランス代表はアイルランドと延長戦まで行って、103分に1−1の引き分けにもちこみ、ワールドカップ出場を決めました。いや〜・・ホント世界の実力は拮抗しつつあるなあ。決めたのはアンリ→ディフェンダーのギャラス、なんだけどさ。これが、もんだい。アンリの、パスってよか、あれスローで見ると、思いっきりハンドじゃん。
フランスの新聞は「神の手」という見出しで、ワールドカップ出場記事を報道してます。一方、アイルランドのほうは「いかさま」「カエルの手」「白昼堂々の盗み」、と報じてます。

ドメネク監督
「これ以上できないほどの試合でした。うちは予選に勝たなければならなかったし、その目標は果たしました。痛みを伴うものではあったけれど。」

アンリ
「俺はプレイしただけ。俺じゃなくって、認めた審判にきいてよ。後悔してるかって?いや。俺達ワールドカップ行けるんだぜ」

ギャラス
「俺はティエリーが手で触ったとか見てない。あっと言う間だったし、俺はボールが自分とこに飛んできたのしか見てない。」

アイルランドのキーン
「明らかにハンドですよね。・・うんざりです」

ディフェンダーのセントレジャー
「アンリがやったことより、これだけのテクノロジーがあるこのご時勢、判定にはリプレイ活用すべきでしょう。こっちのほうが問題だと思う。正直言って、今日の判定は審判が正しい判定したとは思わないです。そもそも、アンリの場所がオフサイドなんだし。審判と線審の仕事が、俺達には高くついたってわけ。」

アイルランドの助監督のブラディさん
「もう一回、パリで再試合やりましょう。実現するとはおもわないけど、私たちは、やりたい。相手のホームで。そこでフェアな勝者を決めようじゃないですか。120分間、アイルランドは勝ちに相応しい試合をやったんです。ですが、このような恥辱に満ちた日が、サッカーにはあるんですよ。」

ディフェンダーのキルバーン
「俺達みんな再試合やりたい。まじ、やるべきだと思う。リプレイみてガックリだよ。思いっきりはっきり見たんだぜ。試合終わってすぐ審判に聞いたら、「あれは100%ハンドではありません」って言われた。」

アイルランドの法務大臣は、再試合をやろうじゃないかとラジオで発言したあそうです。

■スゥエーデン戦のあと、イタリア代表リッピ監督。この試合に出てきた前回大会出場者は、結局途中からカモラネージが出た、のみで、あとは新しいメンバーでした。
「共に攻めあいで、満足できる試合でした。今日起用したのは新しいチームでしたが、大過なく、熱気と闘争心のあるプレイが出来ていました。イタリア代表のスピリットは、つねに代表チームにあります。ですがこのチームを完成させなければなりません。そのためには、皆様のお力もお借りしたい。そして、12月4日に決まる対戦相手を待ちます。」

スゥエーデン戦でキャプテンマークつけてたのは、先発の中では一番出場試合数の多いディナターレやんでした。
「キャプテンなって、俺、ごっつうれしいねん。ジョカトーレなって最高の名誉やねんで。いつも俺監督からええチャンスもろとるしな。クラブでも、国際試合でも、いつでもベスト尽くしたろ思うてるねん。この調子続けて、南アフリカいきたいねん。」
「ストライカーの近くでやる仕事も、ゴール狙うチャンス増えるねんな。俺、ずーっと4−3−3でやって来てんけどな、後半4−4−2で、外側の仕事やってん。上手いこと出来た思うで。でもな、今日のことはホンマ、ずーっと忘れられへんと思う。俺、イタリアのキャプテンやってんで。」

ゴール決めました。キエリーニ
「ここ2、3年で、自分でもかなり成長したと思う。クラブでもレギュラーで、代表にもコンスタントに呼ばれてるのが良かったんだな。これまで、良くやってきたと思うよ。普通より余計に信頼されるようになったし、もしかしたら最初のワールドカップにいけるかもしれないって、最近よく思う。ユーロの時の、カンナヴァーロの怪我が結局俺には大チャンスだったな。あれがなかったら、自分がここまで来れてたか怪しいよな。今度の2試合で、カンドレヴァには驚いたね。これまで近くでよく見たことなかったけど、練習やってるの見ただけでも上手いのわかるだろ。パラディーノも1年半ぶりだったけど、上手くなったし、体もしっかりしてきてる。そろそろ次の段階にいけると思うよ」
「オランダ戦のファン・ペルシーの怪我?俺はこれまで、わざと怪我させるようなプレイはやったことない。良く見れば、えげつないファウルじゃないのわかるよ。事実捻じ曲げて、本当のところから違うところに話をもってく奴がいるんだよ。ファン・ペルシーがあの状況で大怪我になったこと自体、俺も驚いてるぐらいだ。早く回復してほしい。」
「4年前のチームとちがうとこは、少なくとも半分がワールドカップ優勝経験者ってことだな。そこに新しいメンバーがくわわって、ディフェンディングチャンピオンとして南アフリカに行くんだ。」
「フェッラーラ監督?すごく世話になってる。国際レベルで長いことやってたから、ちょっとしたコツをたくさんもってて、それが違いになるんだよ。レベルが高くなると、そういう、ちょっとしたことが、すごく大きいわけ。」

■ロシアはワールドカップ出場を逃してしまった。あのヒディンク監督でも不可能だったのね。・・契約は2010年夏までなんだけど、出場できなかったことでここで解任の可能性がでてきてます。
ヒディンク監督
「契約は、ワールドカップの決勝のある2010年7月まであるでぬん。問題は、私が、2012年のユーロを目指して続けるかどうかですむにだ。ドイツ戦とスロベニア戦の前までは、ロシアサッカー協会はこのまま一緒に仕事を続けようと言ってたでよ、でも今後また話し合うことになるでよぼせよ」

posted by かや at 23:09| Comment(2) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あんりのゴール、あれは思いっきりハンドですよね。審判もどうしてちゃんと見ていなかったのか、ロビー・キーン達がおさまらないのは無理も無い。
でも、マラドーナの髪の手は、そりゃあんた、わざとでしょ、って言いたくなるのですがアンリだとしょうがないなあ、審判さんもっとしっかりやりなさいって思ってしまうのは何故でしょうか。贔屓目かな〜?
Posted by 真奈美 at 2009年11月20日 15:11
そうだよねー!
これ、上記のように、れいれいさん宅でお手伝いしながら
テレビをちらっと見たら、ニュースでやってて。
「うわ、思いっきりハンドじゃん!」
と、いきなり叫んでしまったという(笑)
見事なまでに、ハンドだよねー!
なんで審判止めなかったんだろう。見えないとこにいたのかな。
あれでワールドカップ行きが決まっちゃ、アイルランド気の毒っすよ。ホント。
Posted by かや at 2009年11月20日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133386857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

スロベニア 大使館
Excerpt: 坂口尚のマンガ「石の花」のヒロインである「フィー」は、スロベニア人であり、ユ.... 坂口尚のマンガ「石の花」のヒロインである「フィー」は、スロベニア人であり、ユダヤ人でないにもかかわらず、ナチスの..
Weblog: 芸能ニュースフラッシュ!!
Tracked: 2009-11-20 00:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。