2009年11月20日

バロテッリはミラニスタ?

■ユーヴェ、イアクィンタはリハビリ中。12月5日のインテル戦に間に合いたいところ。
「手術やって3週間だけど、リハビリは厳しいよ。まじ苦しい。でもインテル戦には出たいな。出て、決勝点決めたい。凄い試合になるだろうな。もちろん、勝つための薬なんかなくてさ。90分以上、きっちり集中してなきゃいけないんだけどね。」

ユーヴェ、ジョビンコの代理人のパスクァリンさん
「リヴァプール行き?思いっきり、噂です。ジョビンコはユヴェントスに留まります。代理人である私が確認してるんですよ。誰がそんなこと言ってるんです?ジョビンコはユヴェントスの選手であり、監督とクラブに忠実でなければならないんです。リヴァプール行きはありえません」

■代表デビューで話題のカンドレヴァはウディネーゼの選手です。ナポリが、カンドレヴァとインレルの二人の獲得を考えている?
ウディネーゼ、ポッツォ会長
「話し合いはたしかにありました、ナポリのデローレンティース会長とはいい関係ですよ。ですがまだ何も決まっていませんし、移籍期間まではご無用に。カンドレヴァはうちにとっては贈り物のような、いい選手ですけれどね。結局最後は本人が決めることになるでしょう。」

■インテル、バロテッリ。
「俺、ミラン大好きだよ。なぜだって?え、知らなかったの?じょーだんだよじょーだん。ミラニスタがインテルに行くわけねーじゃん。今年はインテルでがんばるよ。」

このジョーク、いかにもバロテッリらしい、やっちまったなー!な発言なんだけど、いろんな人がこれについて発言を求められてます。やっぱ、バロテッリ注目されてるのは確かですわ・・

インテルのキャプテン・サネッティ。
「明日バロテッリは、ピネティナじゃなくてミラネッロでファンにサインしてたりしてね。」

バロテッリの姉妹のクリスティナさん。
「マリオがどこのチームが好きかはわからないけど、子供のころはミランのファンバステンが大好きで、むさぼるようにビデオ見てたわよ」

モウリーニョ監督
「もしマリオがミラニスタなら、パトはインテリスタじゃないですかね?ともあれ、バロテッリのジョークは単なるジョークで、責任あるほどの発言ではないでしょう」

24日にインテルは、CLでバルサと対戦します。ところがバルサのイブラヒモビッチは太ももとそけい部に痛みがあり、出られないようです。イブラヒモビッチは3ヶ月で3回目の怪我。多いなあ。狙われるのかなあ。でも9試合に出て7ゴール決めてるんだからさすがだよね。
カンビアッソは、ちょっと残念そう。
「大試合だからね。チャンピオンがみんなそろってやれたら、いいんだけどなあ」

インテルのサントンの怪我ですが、膝半月版の手術が必要で40日ほど戦線離脱になりそうです。

■イタリア代表監督のリッピさん。
「昨日私は、ブーイングはなかったと申し上げましたが、それは事実ではありませんでした。傷ついたか?当然でしょう。誰だって自分を非難するブーイングは聞きたくないでしょう。私とサポーターとの関係は良くないものなのか、私にはわかりませんが、私とナショナルチームの関係に綻びはありません。私はこのまま仕事を続けます。なぜブーイングが続くのか。これまでワールドカップに優勝した監督には、ありえなかった現象です。」

イタリア代表パッツィーニ。
「アマウリはイタリア人じゃない発言は、問題提起したんじゃなくて、アマウリはまだイタリア人じゃないのは事実でしょ?それだけだよ。事実を言っただけ。サポートしてくれたメディアの人たちもいて嬉しいです」


イタリアの防衛大臣のラルッサさん。
「リッピさんの選手選択はわからんね。カッサーノを呼ばないのは復讐かね。アマウリはイタリア人じゃないけど呼びたいのに、なぜティアゴ・モッタやサラテは話にならないんだろう。要するに、二重国籍云々じゃなく、ユヴェントスの選手だからじゃないか。」

リッピさんが応えて。
「防衛大臣がこのような発言をなさるのは、普通のことでしょうか?・・要するに、今、イタリア共和国は全てが通常通り問題なし、ということなのでしょうか」

■フランスに負けてワールドカップ出場を逃したアイルランド代表監督、トラパットーニさん。水曜の試合のあと、木曜午後になって初めて会見を行いました。
「アンリは「俺は手で触った」なんて言っちゃあいけなかった。判定するのはアンリの仕事じゃないんだ。あの状況は、要するに、信頼性を失っちまったわな。審判もミスをする。監督だって選手だってミスをする。もし逆に、うちがああいうゴールを決めてたら?もちろんうちはフランスと同じく批判されるだろう、でも自分が大変な責任を負ってるときは、こういう状況はあってはならないもんだ。それがスポーツってもんで、フェアプレーってもんだあね。フェアプレーってえ言葉はしょっちゅう言ってても、これじゃ学校で子供にサッカーは訓練の賜物だなんて言えないね。再試合は無理だろうさ。わかってますよ。でもこういうケースはまた将来、起こらないともかぎらない。そういうときのために責任者はこれをきっかけに考えて、さらに考えとくのさ。いいチャンスだよ。テレビがリプレイやる限り、こういう事は起こるはずだ。あたしは思うんだけど、あそこで30秒試合を止めてればもっといい解決がみつかっただろう。次にこんなことがあったら、何かはやるべきだよ。」
「それにしても残念だ。疑問な点も多いよ。3ヶ月前に規定が変わって、シードされたチームはセカンドレッグをホームでできるようになっただろう。シードなしのチームで、2試合目がアウェイになったのはあたしんとこだけだよ。ともあれ、FIFAにあたしが考えてることは言ってくるちもりだ。90分終わったとこで延長にしないでPKにしたってよかったろう。まあ、今はいろんな人が興味をもってることだがね。メディアからスポンサーまで。」

アイルランド助監督のタルデッリさん
「何がフェアプレイですか。もう、スポーツじゃありませんよフットボールは。政治のかけひきの場になってるんですよ。3ヶ月前、ビッグチームが揃って苦しくなってきたら急に会場のルールが変更になったり、うちはあれだけいい試合やったし、相手のゴールは認められるべきじゃない。PKまでいけた試合でしたよ。すくなくとも審判は試合をとめて、本人にハンドをやったか聞くべきでしたよ。それが審判の仕事でしょう。もしハンドやってたなら、アンリは言ったと思う。でもあの瞬間に審判はそういう選択肢が浮かばなかった。アイルランドのチームも選手も、なめてたんでしょう。」

ユーヴェ、カンナヴァーロ
「トラパットーニさん残念やなあ。フェアプレイやったのにな。それに、アンリもゴール決めたあと、大よろこびせんほうが良かったんしゃうか。でもなあ。フランスていつも何やかや、僕とこのイタリアのやりかたはフェアプレイちゃう、ちうて文句言うとるやんか。もう、よう言われへんやろ。まあ、自分が当事者やったら難しいことになってもた思うやろけど、少なくとも、大喜びは、ようせんわ。それにこれ、相手がスポーツ文化の国のアイルランドやったから良かったねんで。他の国やってみ?出場停止になっとるかもしれへんでえ。」
posted by かや at 06:40| Comment(6) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アンリ、よっぽど嬉しかったんでしょうがあちこちで「手でゴールしたけど審判が見ていなかったみたいで認められたよ!ワールドカップにいけるよ〜ん」みたいな調子で喋り捲ってますね。有頂天状態ですね。そりゃ分からないでもないけれど、黙っていたほうが利口ですね。でもそうやってはしゃいでしまうのがアンリ、なのかな。
Posted by 真奈美 at 2009年11月20日 15:15
南アフリカ行きを決めたゴールのアシストだもん、
嬉しいよな〜。
勝っても喜び弾けなかったほうがいい、なんて意見もあるけど、
おそらく本人は、
おっしゃるとおり「審判が何も言わなかったんだからOKじゃん」
と、罪悪感も何もなく、
ワールドカップ出場の立役者は俺おれおれおれ〜♪ってなもんで・・

それにしてもトラップさん、
おそらくアイルランドサッカー協会との打ち合わせもあったんだろうけど、
時間おいてからインタビューしたのは、さすが老練。
かなり、印象よくなったと思いますわ。
Posted by かや at 2009年11月20日 18:47
>アマウリ
確かに優秀なプレーヤーではあるけれど、イタリアが今まで育成してきたプレーヤーの中にも優秀なプレーヤーはいるのだから、そちらを優先すべきではないかという意見も多いですね・・・
カモラネージの時も「賛成反対」さまざまでしたが、結果で反対意見の人を
納得させてきたのだから、アマウリも選ばれれば頑張ってほしいです。

>カッサーノ
彼がもっと感情をコントロールできるようにならなければ
選ばれても周りがたいへんでしょうねぇ(^_^;)
何人かのプレーヤーのコメント読んでいると、
今の状況は「カッサーノ本人が作りだしたもの・・・」という意見があって
WCは長い時間一緒に生活するわけだから、リッピとしては他のチームメイトのことも
考えているのかな・・・
Posted by iceberg at 2009年11月20日 18:56
一度も実戦に起用できないまま、
ワールドカップに連れて行くということは・・
堅実な策をとるリッピさんのことですから、
よほどの非常事態でもない限りありそうもない、と思います。
それにな〜。
我々日本人は、なんとなく、
外国人=助っ人、とある意味先入観で受け入れがちな部分ってあるけど、
多分サッカーの本場イタリアにしたら、
外国人は助っ人どころか、
なんでうちの国籍じゃないやつが居る?とホンネでは思ってる人、多いかもしれないですよね・・

チームとして一丸にならなきゃいけないときに、
チーム内不和のリスクがある人は、余程の事態でもなければ呼ばれないと思います。

カッサーノも同様だと思うんですよ。
ここ2年ぐらいの実績が申し分ないとしても、
代表メンバー同士の不和がおこってしまうリスクは結構高そうだし、
それにワールドカップったらハンパない緊張感で、
あのジダンがキレて、フランスが負けるキッカケになったぐらいだからして・・
大事なところで1人減ってしまうリスクもありそうだし。
やっぱ、こっちも今回は無理かなー。

Posted by かや at 2009年11月20日 19:57
こんなHNを使っているくらいなので私はフランス代表も好きですけど、アンリの件はちょっと無いだろうと思いました。
あのハンドもあからさまに故意で酷いけど、それ以上にあのコメントは醜いですね。バルサの選手はよく守備的なチームをアンチフットボールとか批判してますけど、「不正でもバレなきゃいいだろ」みたいな事を公言している人間の方が遥かにアンチフットボール的な選手だと思うのですが。

アマウリの件はユーベの選手なので彼をフォローしたい気持ちはありますけど、彼も彼でセレソンとアズーリを天秤にかけるような真似はすべきではなかったですね。
まあでも最終的にはリッピが決めるのに勝手な事を言っている選手はちょっと幼稚だなと。ましてや全くの部外者なのに口を出している防衛大臣は…。
Posted by ジダン at 2009年11月20日 20:46
あれは、誰が見ても思いっきりハンドだよね!
アンリはおそらく現役やってる限り、このあとずっと言われつづけるだろうし、
フランスも今回のワールドカップは、
いい印象で迎えられないのが確定してしまったわけであり・・

でも、それでも出たいのがワールドカップなんだろうな。
ベッカムが言ってた、
ワールドカップにいけるかどうかかかってる試合で、
自分がとっさにどんな行動とってしまうかは自分でもわからない、
の一言が、なるほどなんですよ。

あれは、審判がきっちり見てきっちり判定すべきだった!
審判のせいにしてるんじゃなく、あきらかに審判のミスだもん。

再試合も出来ないことだし、
トラップさんのように、今後は気をつけようと言うしかないですわな・・

でもこれ、相手がアイルランドだから、
メディア上でフランスが非難されるだけで済んでるんだろうな。
欧州のいわゆる強豪といわれる国だったり、
南米の熱狂的なサッカーファンを多数かかえる国だったら、
ホント、どうなったかわからんぞ〜。
アイルランドとトラパットーニは、
結果は残せなかったけど、潔きアイルランドとして、
歴史にちーさく名を残したかも。
Posted by かや at 2009年11月21日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133406337
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。