2009年11月26日

ミランとユーヴェ、試合のあといろいろ


■2−0でボルドーにやられてしまったあと、ユーヴェ、フェッラーラ監督。
「まいど。なんや不思議なことに、一番ええカンジで、相手にスペース出さんとプレイしとったときに、失点してまいましてん。わしとこのセットプレーは上手いこといかんと、相手に、止まったボールから2度やられてまいましてん。ボックス近くでフリーキックやらしたらあかんのんはわかってましてんけどな、結局、ようけやってもてなあ。ボルドー、上手いことやりましたわ。」
「誰かマークして、ぴとーっとひっついとれば、自分がボール取れひんでも相手もよう取れひんやろ。最初の失点は、そこの失敗だす。カセレスがほんのすこしだけ遅れたところを、やられてまいましてん。なになに。最後にバイエルンに負けへんかったら勝ちぬけ?そうですねん。自信は、ありますて。今日決められんかったんは残念ですけどな、勝てる内容やなかったのんですわ。次はホームのオリンピコで、ファンの皆さんの前で、引き分けやのうて勝ちまっせえ。」
「デルピエロでっか。チーム全体が苦労してましてん。せやからデルピエロも、相手に押されてましてん。誰かひとり、ちうことやおまへんで。全体の出来が不満ですな。なに、メロ。たしかになあ。週末もいまひとつやったのんで交替しましたけどな、問題なさそうやったんで先発にしたんですわ。今日も苦労しとりましたけどな、メロだけやのうて全員苦しんでましてん。たしかにメロにしたらベストパフォーマンスやないけれど、今日は全員揃って、調子出せへんかったんですわ」

ブッフォン。
「うぃっす。ブッフォンっす。やられちまったっす。戦術の問題じゃないんっすよ。カンピオナートとチャンピオンスリーグの、メンタリティの違いっす。カンピオナートはフィジカルの強さがモノいうけど、ヨーロッパ舞台の試合だと、どこでも全部が統制とれてて、ちょっとの失敗が命取りになるっす。まじで、超きっちり統制とれてないと、アウェイで優勢になる試合なんてできない。それが出来てるのはイタリアではミランだけで、だからミランはCLに強いんっすよ。最終戦のバイエルン戦は、これまでの、チャンピオンスリーグ最強ディフェンスの名前を取り戻すような試合やりたいっす!そのためにも、もっと集中しないと。特にセットプレーのときヤバいっす。それにしてもボルドーって、止まったボールからのプレイが絶妙上手いっすよ。これまでの8ゴールのうち7つが止まったボールからだし。」

ジエゴ。
「大事な試合だったけれど、失敗だな。何かが上手く機能してなかった。何がよくなかったのか話し合って、上目指すよ。」

レグロッタリエ
「止まったボールから2点やられた。後半の最初は調子よく始まっただけに、余計悔しい。最近のチャンピオンスリーグは、止まったボールからのプレイで試合が決まる傾向があって、流れの中から決めるのは難しくなってきてるんだよ。今日は、ボルドーが上手かった。勝って然るべき内容だったと思う。俺達は確かに、ユヴェントスらしいベストの状態じゃなかったよ。ビアンコネロを着てる以上もちろん責任がある。いつも上手くいくとは限らないけど、最後のホームの試合はまじ頑張るよ。」

ユーヴェは、先週末のウディネーゼ戦でファンが無関係にバロテッリを侮辱する唄をうたったということで、18000ポンドの罰金をとられてます。昨シーズンのイタリアダービーでも、一部のファンがバロテッリのルーツがアフリカ出身であることを侮辱したということで、ユーヴェは無観客試合を命じられてます。また、インテル=ボローニャでもボローニャの一部のファンがバロテッリに向って猿がなんとか、なんて唄を唄ったそうですが、罰金などのペナルティは免れてるそうです。
ブラン会長
「レイシズムを失くすためには、私たち全員の協力が不可欠なんです。前途には長い道のりがありまず、ファンの皆さんがこのような唄を繰り返さないことからはじめていただきたい。レイシズムというバチアタリな行為は撲滅しなければなりません。フットボールに関わる、全ての、いろいろな肌の色の人たちが直面する問題です。まずユヴェントスが先陣を切って、レイシズム、非礼に対して立ち上がりたい。既にユネスコとコラボレートして、仕事を始めています。これを何日でも、何ヶ月でも、何年でも続けたいと思います」

■すいません。今朝はユーヴェが最後にトドメのような2点目失点、あれかなりショックで・・ミラン、楽々次のラウンド行き、ではなさそうですな。マドリー10、ミラン8、マルセイユ7、チューリッヒ3、でした。ということは、このグループもまだどこも決まってないんだ。マドリーに圧倒的な強さが感じられないからして、ミランはやっぱしっかり自力でチューリッヒに勝っとかねば・・
レオナルド監督
「マルセイユはチャンス大きいですね。でもうちもかなり近いですよ。今日は出だしが良く、すぐに得点しました。ですがすぐ失点もしてしまった。このところのミランの試合展開とはちがうものでした。今日勝ちぬけを決めてしまいたかったんですが、まだ、自力でのチャンスもあります。最終戦はチューリッヒまで勝ちに行きます。楽観的に考えていますよ」

ゴール決めたボリエッロ。
「昨日までは膝の捻挫で、まだ今日もちょっと怪しかったんだけどね。でも今日は大事な試合なのわかってたし、試合始まったら、アドレナリンが出てきて痛みふっとんじゃいましたよ。いいプレイ出来てたと思う。ゴール決めたし、ボール取られなかったし。後半はロナウジーニョのアシスト、もっと上手く出来たらよかったな。リラックスしてたよ。また試合に出れるようになってホント嬉しいよ。6週間前は見てるだけだったのが、今は自分がピッチに出てゴール決めてるし。それにさ、俺が戻ってから、ミラン負けてないんだよね。ファンからも監督からも信頼してもらえてるのは最高うれしい。」

■ローマ。結果、トッティ頼みになってしまってる感は否めません。もちろん、すこしなりとも他にも戦力を・・と、資金がないながらも探しているんですが、トッテナムのパブリチェンコはロシアに帰ってしまいそうだし、バイエルンのトニはヴァレンシアに売却の話が進んでいるとか・・で、ヴァレンシアにトニが来た場合、ヴァレンシアから6〜700万ポンドでジジッチを借りる?と言う噂。ジジッチ、名前は爺っぽくても29歳。昨シーズンはサンタンデールでいい仕事してたそうですが、ヴァレンシアでは出番がないそうです。また、ローマは野獣バティスタ、チチーニョ、ドニを1月に売りに出す?という噂もあるそうなんですけどさ。・・・結構、気前よく売っちゃうな〜おいおい。だいじょぶか?

■このシーズンからセリエC、Dがレガプロという呼称になってますが、2010年7月から、「セリエB」という呼称がなくなって、「セリエA2」になるかもしれません。ある調査によるとセリエB22クラブの会長のうち8人が反対、9人がまだ決めていない、ということは5人が賛成してるのか。・・ちなみにセリエBという呼称は1929年からずっと続いてるそうです。

posted by かや at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ユーヴェは決して完敗って感じの試合じゃあ無かったですよねえ。なんかちょっとのもたつきとか隙とかをうまいこと突かれた感じでした。決して悪い出来ではなかったと思います。でも結果は見事に負けだから。次に賭けるしかないですね。

ローマ本当にトッティでもっているというか、彼がもしいなくなるような事があったらモチベーション的にしまりが無くなって空中分解しそうですね。引退した後も何らかの仕事で残るって契約は大変いいことだと思います。
Posted by 真奈美 at 2009年11月27日 15:08
いや〜今日会社の帰りにちょっと飲みに行ってねえ。
そこ、スポーツバーみたいな感じのギネスの店で、
なんと!バイエルン=マッカビやってたの。
これはうっかり見える席に座ったら、見入っちゃうぞ、いかん!と、
テレビに背を向けて座りました(笑)
そんなわけで、バイエルンの敵情視察はあらためて・・

おいといて。

デルピエロもトッティもそろそろ年齢的限界が近いしね。
どっちも後継者を、真剣に考える時期だろうな〜。
ユーヴェのほうはジョビンコとかジエゴといった、
バッジョ、デルピエロの伝統を引き継いだ、背のちーさい候補が二人もいるけど、
ローマは、どうなるんだろうか・・


Posted by かや at 2009年11月27日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133997377
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。