2010年03月14日

土佐藩中屋敷から上屋敷まで歩いてみた

ここ数年、日曜夜8時といったら、
イモトが世界中回って動物と競争したりする番組を見てたりしたんだけど、
先日「竜馬伝」が始まってから、ついつい、見ちゃうんだな(笑)
NHKのこの時間帯のドラマを見てるのは数年前の「新撰組!」以来だったりします。
そんなわけで、砂の惑星デューンシリーズをやっと読み終えたので、
今度は、これまた何年かに1回引っ張り出して読みたくなる
「竜馬がゆく」を、読み始めてます。
全8巻。ちょっと読むのに気合が必要な長さですよね(笑)

ドラマのほうはなんといっても、岩崎弥太郎やってる人が凄いわ〜。
先週から出てきた温水さん、イメージハマってるかも(笑)
それに近々ジョン万次郎役でトータス松本が出てくるそうなので、
今から楽しみっす!

おいといて。

管理人、相変わらず、心身の健康のため、というか要するに安上がりな健康法のため(日焼けは仕方ない!あきらめました)、
昼休みは会社近辺(兜町の証券取引所近く)をうろうろ散歩しているんですが、
京橋方面に散歩すると突き当たるのが「鍛冶橋通り」。

IMG_18331.jpg

竜馬がゆく、の最初の江戸行きの頃に「鍛冶橋藩邸」という場所がよく出てくるので、
近くなんだなあ。と、なんとなく思っていたんですが、
読んでいくうちに、かなり身近にゆかりの場所がありそうなのがわかってきました。
が、微妙〜な距離で、昼休み1時間弱では回りきれないんだな・・

ネットで検索してみたら、(ウィキペディアより抜粋、まとめました)
江戸藩邸は大名が建てた屋敷の用途と江戸城からの距離により、上屋敷・中屋敷・下屋敷に分けられていて
土佐藩上屋敷は鍛冶橋、
中屋敷は白金と日比谷御門内二ヶ所、
下屋敷は品川大井、木挽町築地、巣鴨辻町の三ヶ所。と、なっています。

土佐藩上屋敷があった鍛冶橋は、有楽町と東京駅の間の、東京国際フォーラムのあたりです。
で、竜馬が塾頭をやっていた北辰一刀流の桶町千葉道場は、
藩邸の近くの京橋一丁目近辺。おっ、鍛冶橋ったら近いじゃん。(日本橋小舟町、もしくは堀留町の可能性もあり)
でも、竜馬が居たとしたら、土佐藩の上士と郷士の身分の差を考えると、おそらくは「上」屋敷ではないわけで、居たのは築地の中屋敷。ドラマでもそういう設定になってます。
(同じくwikiの坂本竜馬の項目を調べると、築地藩邸は下でなく中屋敷になっているんですよ・・どっちなんだろう。場所的に考えると、江戸城への距離ったら、築地なら大井や巣鴨より白金、日比谷系だよな・・中屋敷としているHP、ブログも多いので、中屋敷と考えます。なんか適当でスイマセン)

ネットでいろいろ検索し、
中央区役所が中屋敷、八重洲ブックストア〜ブリジストン美術館のあたりのどこかが桶町千葉、東京国際フォーラムが上屋敷。
という設定で、
日曜に、中屋敷から千葉道場経由で上屋敷まで(笑)歩いてみました〜

地図だとこのあたりが出発点です。
ここから左上の、京橋、東京駅方面に行きます。
適宜拡大して見ていってください〜


まず中央区役所。隣には築地警察署があります。

IMG_18251.jpg


中央区役所ったって、あんま馴染みないですよね。
でも、ほんの5分かそこらの距離にあるのが、
築地本願寺。

IMG_18141.jpg

昭和通りの角にあるのが、歌舞伎座(あと1ヵ月半で建て直しだそうです)。

IMG_18101.jpg


京橋方面に向って、
ホテル西洋銀座のあたりまでが銀座、その先が京橋。
IMG_18271.jpg

京橋3丁目→1丁目に抜けると、(オフィスビルに混じって小さいギャラリーが目立ちます)
八重洲通り沿いにブリジストン美術館があります。
IMG_18501.jpg

このへんのどっかに、道場があったんだろうけれど・・
由緒ありげな建物はないのね〜・・
京橋関係で唯一見つけた古そうなモノが、
京橋の親柱」明治時代のものだそうです。
IMG_18291.jpg

八重洲通りから東京駅の前にでて、左のほうに行くと、
八重洲ブックセンターがあります。
なぜか、二宮金次郎が店頭で読書(笑)
IMG_18461.jpg

鍛冶橋通りに出ると、明治製菓のビルがあります。
チョコレートのパッケージの形のバナーが可愛い♪
IMG_18301.jpg

そのすぐ近くが鍛冶橋交差点で、渡れば東京国際フォーラム。
鍛冶橋交差点。
IMG_18441.jpg

東京国際フォーラム。
IMG_18321.jpg

国際フォーラムの中です。
IMG_18381.jpg

所要時間、ぶらぶら歩いて40分ぐらい。想像以上に近い距離でした。

ちなみに、道場が小舟町、堀留町だった場合は、
日本橋を渡って三井本館(マンダリン・オリエンタル東京)から墨田川方面に300メートルぐらい行くので、
1時間ぐらいかかるかな〜。

という、休みなのに会社の近くをうろうろしちゃった(笑)日曜なのでした〜

posted by かや at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ〜、かやさんありがとうぉー!

由緒ある場所の東京見物をさせて頂きました〜!
これを見るとますますかやさんと一緒に歩きたくなります〜!

その昔、そういえば、私と主人と競争で読んでいた本の中で
小泉八雲シリーズ、是非その場に行って観たいと、機会を得て、
まだ子供たちが小さい頃だったけど、主人の教え子がその近辺に住んでいたので
少し案内してもらって(私たちはその時期大分に住んでいました)、
島根のラフカディオ・ハーン宅近辺を見物に出かけたことがあります。

やっぱり何かにハマると実際のところを訪れて見たくなりますよね。
良いもの魅せて頂きましたぁ〜〜!!
Posted by tikotiko at 2010年03月14日 16:14
tikotikoさんありがとうございます!
ホント、こちらにスケジュールに余裕をもっていらっしゃることがありましたら、
日本橋、人形町界隈をご案内いたします♪
1日じゃ足りないかな〜(笑)

日本橋兜町の会社から銀座方面には、何度か歩いていったことがあるのですが、
築地から銀座、京橋経由東京駅、というのは歩いたことがなく。
でも、道も平坦であるきやすいコースでした。
意外なほど、身近なところなのに知らなかったことが多く、
自分でもちょっと驚きでした!
Posted by かや at 2010年03月15日 06:24
会社のそばに名所が沢山有るのはいい事ですね〜。
私の実家は桶狭間の戦いの信長軍の待機場所で、今住んでいるところも大きく言ったら合戦場所の範囲内なのですが、何か建造物が残っているとかでは無いのでつまらないですね。
ジョン万次郎はトータス松本なんですね。それは楽しみですね。龍馬とか万次郎とかってなんとなく中山ゴンが似合いそうだと思われませんか?俳優じゃないけどやって欲しい気がします。
Posted by 真奈美 at 2010年03月15日 15:19
おおおっ凄い!
思いっきり、歴史の舞台に住んでらっしゃる〜♪
それも、信長の運が思いっきりひらけた最初の場所なんて縁起いいですね!

日本橋、つい近年昼休みに散歩始めるまでは、
昔の名残といったら日本橋そのものとか、
日本の郵便発祥の日本橋郵便局とか、
越後屋(三越)とか、白木屋(東急)とか、西川(西川ふとん店)ぐらいしか思い浮かばなかったんですよ。
今回、時代小説読んでいて、
妙に馴染みのある地名が出てきて驚いたのがキッカケで、
なんかますます散歩が楽しく(笑)ますますへんなやつになりそう〜♪
Posted by かや at 2010年03月15日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。