2010年05月14日

シーズン後の話が増えてきた


■ユーヴェの来期の監督はデルネリさん?ってさあ。サンプドリアはCLいける、かもしれないんだよ。ユーヴェだったらヨーロッパリーグの予選からじゃん。と、思うのは当然あっしだけじゃなくてサンプドリアのファンもなわけで。「ジジ、ヨーロッパの色は白黒より綺麗だぜ〜」なんてバナーが出てたそうです。
また、ユーヴェはシーズン終了後の月曜に臨時取締役会を開催することになってるそうで、その席でアンドレア・アネッリさんが新会長に就任、サンプドリアのマロッタさんのユーヴェのディレクター就任が紹介されるとみられています。

■サンプドリアはプレスリリースを発表しています。
「サンプドリアはスーパーマーケットではありません。ここ数日、新聞という新聞、全国紙までが移籍といえばサンプドリアの名前を大きく取り上げていますが、私たちは、スーパーマーケットではありません。会長ガッローネ以下全員、シーズン終了までお話を控えさせていただきます。サンプドリアは4位の夢を目指し、ファンの皆様といっしょにシーズン最後を楽しく締めくくりたいと思っています。まだ、大変大事な目標があります。私たちは常にリスペクトの気持ちを忘れず前進したいし、皆様も同じであることを期待しています」

■ユーヴェ、デルピエロ。ワールドカップ期間中、スカイスポーツイタリアの解説の仕事で南アフリカに行くそうです。が、まだ正式発表はされてないそうです。

■ヨーロッパカップは、アトレチコ・マドリッドが延長戦のすえ2−1でフラムに勝ち、優勝しました。ということで、来期のうちの目標は打倒アトレチコだー!

■インテルのモウリーニョ監督。
「ある雑誌に、私は片足をスペインに、片足をミラノに置いていると書いてありましたが、間違ってます。たしかに、遅かれ早かれ、いずれはレアル・マドリッド監督をやると思いますよ。イングランドでビッグクラブの監督をやって、イタリアでもビッグクラブの監督をやってますから、スペインでも、いずれは。それにしても・・なんとも偽善的ですな。人々は私のところに来る。肩を叩いて励ます。ニコニコして、あんた最高だ、なんて言う、それからボロクソにけなすんですよ。サインをねだってきたり一緒に写真を撮らせてくれと頼んでくるくせに、突然態度が変わる。わたしは、カルチョ文化のそこが嫌いだ。そういう監督さんまで何人かいましたよ」

インテルがこの夏に獲得しようと考えているのは、ゲラード、ヴァルガス、サニャ。売却のほうは、バロテッリ、マイコン、ジュリオ・セーザル、ムンタリ?
ゲラードはモウリーニョさんがずっと欲しがっている選手だそうですが、ディレクターのブランカさんは、モウリーニョさんが監督を続けるか否かには無関係で獲得の話をすすめている、といわれてます。

インテルのモラッティ会長
「うちのカピターノとカンビアッソ両名がワールドカップにいけないと知り、私はきわめてに失望いたしました。彼らは、まさに、彼らの国を代表するやんごとなき選手たちであり、代表チームでプレイする価値があります。インテルがこれだけ素晴らしいシーズンになったというのに、さてもさても奇妙な決断です。ミリトとサムエルの召集は嬉しく思いますが、サネッティとカンビアッソが家にのこるのは、大変残念です。ではごきげんよう」

■一方、アルゼンチン代表監督マラドーナは。
「こにゃにゃちわなのだ。私が、今回呼べずに残念に思ってるのは、怪我でほとんど出番がなかった、フェルナンド・ガゴだけなのだ。サネッティもカンビアッソも、ずーっと前から呼ばないと決めていたのだ。説明の必要は、ないのだ。これでいいのだ。」

■イタリア代表カモラネージ
「どうよ。俺達、強そうだろ。どの国もイタリアと当たりたくないよなあ。俺達はもういっかいカップ持ち上げるためだけに、南アフリカ行くんだ。どの相手だってわかってるさ。調子?いいよ。これから2週間、チームとして超練習するんだ。優勝候補?いつだってワールドカップって言ったら、イタリア、ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、フランスってとこだな。今年はユーロ優勝のスペインも強いし、カペッロ監督のイングランドもすっげえ成長したしな。最後までわかんないだろうな」

イタリア代表イアクィンタ
「あと1試合、サンシーロにいっていい〆の試合やりたいな。結果っていうより、やっぱミラン=ユーヴェでしょう。そりゃ燃えるぜ。代表?ここから23人になるんだけどね。残りたい。そのためにも、本気でサンシーロで1点決めたい」

■最終戦でユーヴェと対戦するミランですけど、ベッカムが練習場に来てチームメイトを励ましたそうです。また、ネスタが練習にフルに参加してたそうです。

■ローマ、トニ。ご存知のようにバイエルンから貸し出し中なんだよね。
「今週が最後の試合だなあ。この機会にお礼言っとくよ。ローマの会長、監督、ディレクターの皆さんから用具係の専門家の皆さんまで、本当に、俺を暖かく迎えてくれてありがとう。チームのみんな、ファンのみんな、俺がここに来た日からずーっと傍にいて応援してくれてありがとう。俺達、もう特別なものを手に入れた。それから、シーズン最後に、もっと。な。・・たぶん。ローマ、ありがとう。俺は、さようならはいいたくない。すぐに会おうぜ!」

■今週末の最終節で、ローマが勝ち、インテルが引き分けか負けなら、ローマの優勝が決まります。過去1986年に、既に降格がきまってたユージェニオ・ファスケッティのレッチェが、最終戦アウェイで3−2でローマに勝って、タイトルがユーヴェに決まったことがあるそうです。
インテルと対戦するシエナの会長、メッツァローマさんは名前のとおりロマニスタ。
「シエナが歴史を作るチャンスです。大変デリケートな試合だし、インテルはおそらくタフな試合だとは思わず、控えだって3点ぐらいは取れると思ってるはずです。私は選手たちに、プロとして熱のはいった、パレルモ戦やフィオレンティーナ戦で見せたようなパフォーマンスをやるように言いました。なに、ボーナスは出すんですかって?いいプレイをやった満足感、だけですよ」
posted by かや at 06:08| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンプはスーパー状態ですか。確かにインテルやミランやユーべの選手だとなんとなくお値段高そうで手が出しづらいようなイメージはありますね。その点、サンプだとお手軽に買えちゃいそうな感じなのかな。チームにとってはそりゃ堪ったもんじゃないでしょうね。

マラドーナ、選手にオルテガを選ぼうとして首相とかに必死で説得され、スタッフ入り希望も阻止されたとか出ていました。お友達だから何とか入れてあげたい、って事なんでしょうが、まったく役に立たなさそうですよね。何か飲んだくれになりそう。
オルテガ、代表キャンプとかに酔っ払って現れては威張り散らしたりとかそういう感じなんだそうですが、いつからこんな風になってしまったんでしょうね。数年前まではまじめにやっていた気がしたのですが。
Posted by 真奈美 at 2010年05月14日 12:43
サンプドリア、セリエAで4位か5位かだもんね。
高品質だし、お買い得感、満載(笑)
でもおっしゃるとおり、ごっそり抜かれてしまったら、
肝心の、夢のチャンピオンスリーグかヨーロッパリーグかで、
納得できる仕事が出来なくなっちゃうわけで・・
既にディレクターのマロッタさんを引き抜かれてるんだけど、
(連れてったのは、うちなんだけど・・)
後任者、だいじょぶだろうか。

オルテガ!お〜随分懐かしい名前が。
フランスワールドカップの頃かあ。
当時のアルゼンチンって、
なんだか一癖も二癖もありそうな奴ばっかだったような(笑)
Posted by かや at 2010年05月14日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149822418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。