2010年05月24日

CLのあといろいろ


■インテル、モラッティ会長がモウリーニョ監督がレアル・マドリッド行きの話をしたことについて。
「来期のことについて、私とモウリーニョさんとはまだ正式に話し合っていません。あれほどプロフェッショナル精神を高く持っている人なのですが、このタイミング、あの場でおっしゃられたのは残念です。私には全く説明もほのめかしもなかったですよ。ですが、私はほんの少しだけモウリーニョさんを理解できたと思っているのですが、あの方は報酬額より、新しい挑戦を求める方ですのでね。ではごきげんよう」
モウリーニョさんの契約は2012年まであります。もし契約を途中で解約の場合は違約金として1600万ポンドをインテルに払わなければならないそうです。

ハビエル・サネッティ。
「モウリーニョ監督は、インテルで、本当に信じられないほどすばらしいお仕事を成し遂げました。だから、出ていくかなという雰囲気はありました。どうするかは監督ご自身の選択です。監督はイタリアでは敵が多すぎましたから、ここでの生活には疲れてしまったのではないかと僕は思います。人としても監督としても本当に素晴らしい人です」

マイコン
「みんな、モウリーニョ監督の幸運を祈ってるよ。それに相応しい人だから。俺?インテルにのこる。契約あるし。でももし、モウリーニョ監督に呼ばれて、それでもってインテルがリリースしてくれたら、俺は監督と一緒に行くぜ」
「試合の前にみんなでお互いに、歴史作ろうぜ、もし3冠成し遂げたら、俺達の名前はずーっとインテルの歴史に残る、って言いあったんだ」

カンビアッソ
「監督に幸運を。俺達は来期、新しい監督で出直すよ。最高の終わり方だった。この喜びはずーっと続くと思う。だって、勝てるもの全部に勝ったんだ。これ以上嬉しいことなんてないさ。これまで、インテルは国内のトロフィーしかとれないって、ずっとけなされてきた。でも。今は俺たちインテルがヨーロッパ最強なんだぜ。新しいけなし文句考えといてくれよな。」

マテラッツィが試合後着てた、何か書いてあるシャツ。あれは、今ユーヴェが05−06シーズンのスクデットの返還をインテルに求めてることに対して、「これもインテルから取り上げたいんだろ」という言葉と、ビッグイヤーをもちあげてる自分の写真だったそうです。
マテラッツィ。
「最高だぜ。全部ゲットだぜ!このシャツ?効果あったぜ。練習のときも試合中も、まじ闘争心出たぜ!こんなシーズン、たぶんもうないだろうな。だから来週は記念に、チャンピオンスリーグのタトゥーどっかに入れるぜ」


・・ということでインテルは次期監督を探してます。カペッロ、ミハイロビッチ、ベニテス、マンチーニといった名前が出てますが・・誰になるんだろうか。

インテルとアトレチコ・マドリッドの欧州スーパーカップは、8月27日にモンテカルロでおこなわれる予定です。
ちなみに、インテルはその5日前の22日に、ローマとイタリアスーパーカップをやります。本来カンピオナートとコッパの勝者同士の試合だけど、インテルがどっちも勝ってるから、コッパの2位・・カンピオナートも2位だったけど、ローマと試合、ということだそうです。また、この試合は当初北京で行われる予定だったそうですが、開催場所はサンシーロになりました。

■CL決勝で破れたバイエルンのファン・ハール監督。
「試合後、選手全員と握手しました。負けてしまいましたが、私は選手達を誇りに思っています。試合内容も悪くありませんでした。こういう試合は中身がよくても負けることはあります。リベリー不在が影響した?私たちはユヴェントス戦とリヨン戦はリベリー抜きで勝ちましたよ。たしかに、このような状況で、バイエルンとインテルの実力差がほとんどありませんでしたから、リベリーのような創造的センスのある選手は必要でした。自分らしさを貫いてタイトルを獲得したモウリーニョ監督にお祝いを申し上げます。」

■ユーヴェ、キエリーニ。
「インテル、すごいよな。チェルシーとバルサとバイエルンに勝ったんだもんな。決勝は別にどっちも応援はしてなかったけど、やっぱインテル凄い。ミリトは3冠の大事な試合全部に決定的な仕事してるんだろ。世界レベルだよ。立派な。え。マテラッツィのシャツ?見てない。それに、そういう系の話ってしたくない。」
「ワールドカップ連覇?夢だね。それを、実現させたい。本気だぜ。俺にとっては初めてのワールドカップだから、すっげえ力はいってるよ。連覇できるさ。そのためにはいろんな細かい幸運も必要だけど、それより大事なのは全員がベスト尽くすことだよな。今度は誰の大会になるかって?カンナヴァーロだよ。前回と同じだよ。ホント、チャンピオンだらけのワールドカップだけど、ちょっとしたことが凄く大事なんだよな」

■フィオレンティーナのデイレクターのメンクッチさん
「今は待つしかありません。ですが、代表の仕事をオファーされたなら、そりゃあ・・断れないでしょう。プランデッリさんの幸運をおいのりしますよ。FIGCからお話があったのはシーズンが終わった後でした。いろいろ話し合いましたよ。ですが私たちはフィオレンティーナの今後だけに集中していました。先週まではプランデッリさんがこのまま監督を続ける前提で話し合ってきたんです。もし離れた場合は計画を修正しなければなりません。最終決定はオーナーが決めます」

■ウディネーゼはナポリのスイス代表、デニスの獲得を考えている?

■ローマ=レアル・マドリッド間で、デロッシ=ファンデルファールトの交換?!・・う〜ん。ローマの資金難は解決してないもんなあ。でも。デロッシは売ってくれるなよ〜。トッティの次のキャプテンは、この人っきゃいないでしょう。

■ところで、セリエCからBに昇格がかかってるエラス・ヴェローナ。リミニとプレーオフで、勝ったほうがBに上がってきます。プレーオフの2試合だけ監督をやるヴァヴァッソーリさん、しっかり1試合目を0−1で勝たせました。ちなみにゴール決めたのは元ミランのダラボナ。ちなみのちなみに観客5846人。

■セリエB降格したシエナ。来期の監督はコンテです。2年契約しました。思えばコンテは05−06シーズン、シエナでデカニオさんの助監督として監督の仕事を始めたんでした。だから帰って来た、ということになります。
コンテ。
「すぐに決めた。最初にメッツアローマ会長と話したとき、即、ここで仕事やりたいと思った。でっかいプロジェクトだし、熱気あるし、ディレクターもペリネッティさんとか優秀だし。即決めたっしょ。俺のほうも、かなり期待されてる。仕事はやまほどあるっしょ」

posted by かや at 06:16| Comment(3) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
欧州制覇を成し遂げたインテル側の人達はこの世の春を謳歌中^^
ミランの逆襲にも期待してますが90年からの20年間で8度の決勝進出に5度の優勝なので当分良いかな。
それよりユーヴェの逆襲ですよねやっぱりイタリアと言えば、思えばインテルにCL優勝回数は抜かれたんですね。
ローマやサンプの初優勝もリアルで見たいですねぇ、両チームとも過去に1回だけ決勝に行ってるのでね。
まぁとにかくセリエ勢が優勝したので今季はハッピーエンド!!!
後はW杯で世界王者イタリアが連覇を成し遂げて完全フィニッシュの2010年となれば記念にデッケエ買い物してしまいそうですw
Posted by ゴリーナ at 2010年05月24日 15:10
インテル悲願の優勝おめでとう〜なわけなのですが、いつもだと活躍した選手を褒め称える報道一色になるのですが、今回はモウリーニョさんの去就問題ばかりですね。
それだけ良くも悪くも人々の耳目をひきつける注目の存在って事なんでしょうね。
さらに移籍先がレアルマドリードってのも肝みたいです。
早速テレビとかではスペインにおける最高のチームにしてスペインチャンピオンのレアルマドリードに最高の監督が移籍か?なんて言ってバルセロナなんてチームの存在なんか最初から無かった事になっていました。
それだけの世界的人気なのに最近成績がやや不調なので、レアルも焦って、モウリーニョさんを連れて来るとか、ルーニーを買うとかミリトもついでに買うとか、焦って買い込もうとしているんですね。
そういう評価なのに実際にはCL覇者でも無ければスペインチャンピオンでも無いですからね。
一般人気としてはレアルって凄いんですね。ずーっと一番らしいです。
Posted by 真奈美 at 2010年05月24日 15:22
ゴリーナさん、
セリエAのクラブが優勝した、とはいえ、
・・イタリア人、少なすぎでしょ〜(笑)
おいといて。
来期、サンプドリアがどのへんまで行けるか、
かなり楽しみです!
でも。
監督も替わるし、メンバーもかなり入れ替わっちゃいそうだからなあ〜。
ローマは、これ以上選手の換金セールがないように・・

真奈美さん、
マドリーは資金が潤沢なだけに、
オトナ買いというか。欲しいものばんばん買っちゃうよね〜
2位で終わったペジェグリーニさん解任してまで、
やっぱ、モウリーニョさんですかね?!
っていうか、
モウリーニョさんのほうがその気になってるときじゃないと、ってかな?
Posted by かや at 2010年05月24日 19:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。