2010年05月29日

モウリーニョさん、契約解除


■レアル・マドリッドのペレス会長。金曜にミラノに行きました。マドリーは月曜か火曜にモウリーニョさんの監督就任をメディアに発表したいため、会長自ら出向いて違約金の件を直接話し合ってさっさと纏めちゃおう、ということです。スペインでの報道では、モラッティさんは、「レアル・マドリッドが1600万ユーロでモウリーニョさんの契約を買い取ったのならやんごとなくリリースいたしましょう」と言ったとのことです。また、イタリアの報道では、インテルはモウリーニョさんを解任したけれど強制的にではなく、「交渉は誠実かつ正しく」行われたとのことです。

すなわち、マドリーが違約金をインテルに払うことで合意、インテルはモウリーニョさんの契約を解除しました。これでモウリーニョさんは自由の身になりました。

■インテル、モラッティ会長。上記の発表の前に。
「新監督を決める期限は設けていません。出来ることでしたらモウリーニョさんにこのまま続けていただきたいと希望しています。なに、ゼーマンさん。もし私がゼーマンさんを選んだら、私は壊れてしまったと思ってください。後任はいろいろ考えています。グァルディオラは既に検討いたしました。スパレッティさんはこのましく思っていますが、ロシアでお仕事中であり離れられないでしょう。バッジョ?私はバッジョをリスペクトしていますが、バッジョは監督になりたいと言ったことは一度もありません。ではごきげんよう」

■セレソンは既にヨハネスブルグ入りしてるのでした。で、インテルのブラジル代表キーパーのジュリオ・セーザルが、本番で使われるサッカーボール、ジュビラニについて文句言ってます。
「だーめだこりゃ、スーパーで売ってるやつみたいだ。すっげえ不安定。」
セーザルの前にも、フランス代表キーパーのロリスが、特に高くあがった場合「破滅的」、という発言をしてるそうです。

セレソンついでにドゥンガ監督。
「インテルの連中(ジュリオ・セーザルとマイコンとルシオ)が歴史的快挙のあとに合流したもんだから、チーム全体が、なんだかハッピーおすそわけ感でね。それに、折角ここまできたなら、もっと勝ちたいという貪欲さも出てきてるよ。この「インテルの壁」はうちの武器だな。5ヶ月前のインタビュー覚えてるか?俺は、インテルがルシオを買ったのは最高にいい買い物だって言った。それからイブラヒモビッチ対策を聞かれた。ルシオが仕事するだろうし、ルシオはインテルのメンタリティを変えることができるんじゃないかと言った。大当たりだったろう。ルシオはそういう奴なんだ。試合という試合はとにかく負けたくない。練習の最後にやるミニゲームだって負けたくない。ルシオの貪欲さ、ジュリオ・セーザルのテクニック、マイコンのパワー。これが揃えばチャンピオンスリーグ優勝は夢じゃないと思ってたよ。この壁はちょっと越えられないだろうな。ほとんど、不可能だろうな」

■ミラン、ロナウジーニョの代理人デアシスさん
「ミランとの話し合いの予定はありません。今は連絡待ちです。ミランが方針をきめたのちに、どうなるか決まるんですよ。他所からお話があったとしても、私たちに直接でなくミランのほうに行くんです。すなわち、決めるのはミランです」
ミランはロナウジーニョをマンCのアデバヨールと交換?という噂があるそうです。

■ミラン=ユーヴェ間で、ヤンクロウスキ=カモラネージの交換の噂があります。どっちも、契約は2011年まで。また、ミランはユーヴェのフィリペ・メロの獲得を考えている?という噂があります。

■カターニア、ディレクターのロモナコさん。この人も、モウリーニョさんのおかげで有名になったよなあ。
「なにマキシ・ロペスがナポリに?それはない。ない。市場に出しません。よほどいい話がない限り、99%来期もうちです。ナポリからの話はありません。なにミハイロビッチ。カターニアとの契約を見直しているところですが、挑戦しがいのあるところで仕事をしたいというのが望みですのでね。私たちも納得できる話でしたら。フィオレンティーナに行くのも自由ですよ」

■ミハイロビッチのお父様が亡くなられました。ご冥福をお祈りいたします。ミハイロビッチは家族とともに故国のベルグラードに帰りましたが、来週イタリアに戻ります。そういう事情で、今、交渉は止まってるのですが、フィオレンティーナの監督として、2年契約するのではないかという噂がでてます。

■ユーヴェはフィオレンティーナのジラルディーノの獲得を考えている?
ジラ代理人のボネットさん
「私にとっても、それはニュースです。新聞は拝見いたしましたが、それ以上は申し上げられません。まず、早急にコルヴィノさんに連絡してオファーの有無をはっきり確認して、疑惑を払拭しなければ。なに。ミハイロビッチが次の監督じゃ、やりにくいのではって?アルベルトは問題なくフィットするでしょう。フィオレンティーナに残るつもりです。まあ、監督が不要であると判断するなら話は別です」

ユーヴェ、キエリーニ。
「ユーヴェがどう変わるか?わかんないんですよ。もし監督がこれまでと同じような方針だったら、アグレッシブになると思うけど。でも変わるのは確かだな。一緒に働いてた人たちが、相当居なくなるんだし。これが良かったのかどうかは1年たってみないとわかんないと思うよ」
また、キエリーニがイタリア代表の守備力について。
「すっげえ練習してるよ。俺達より守備が上手いチームもあるだろうけど、個人のレベルじゃなくってチームとして上手くいってるって話だろ。ディフェンスが上手くいく時は、チーム全体が上手くいってるときなんだよ。ディフェンダーがいいプレイしたからってそれで試合が決まるわけじゃない。もちろん、ワールドカップはいい結果だすぜい!」

モッジさんがユーヴェの首脳部交代について。
「ついに、舵取りの上手い人がトップに立ちましたわね。アンドレア・アニエッリさんはカルチョを真に理解している方です。お父様の後継者ですわ。ええ、カルチョを理解している人がトップになるのはよいことざぁます。デルネリさん?良い監督さんですわね。大物ではありません。ですが、良い監督さんざぁます。マロッタさんもカルチョを理解していらっしゃいますわ。さて、こうして頭の良い人たちがそろいました。ユヴェントスで、よいお仕事をなさるでしょうねぇ」

■インテルはトゥエンテから、怪我をかかえてるのを承知でアルナウトビッチを借りてました。結局、途中出場3回。インテルの三冠に貢献・・したとはいえない。でも、次のシーズンはラツィオ?

■パレルモは、降格したシエナのマッカローネを獲得したい?マッカローネ30才、シエナに3年いました。3年間に40ゴール決めてます。本人は残留したいと言ってるそうです。また、マッカローネにはずーっとサンプドリアが興味を示してるそうです。ちなみに来期のシエナの監督は、コンテ。

posted by かや at 08:28| Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レアルは最初は違約金の面倒までは見ないよって言っていたのに、結局支払う事にしたんですね。それだけ欲しい人材なんだって事なんでしょうね。
今のところ選手で新監督を歓迎しているのはクリスティアーノ・ロナウド、カカだそうです。ポルトガル語を喋るから親しみやすいのでしょうか。

ドイツは災難続きですが、バラック亡き後(死んで無いけどそれ位ショックかも)ラームがキャプテンに任命されたのですが、これがファンにはかなり不評で、ラームがキャプテンなら敗戦を願う、なんてサイトが速攻で立ち上がったりして、本人落ち込んじゃったそうです。
頼り無いから、あんな人がキャプテンじゃ全然ダメ、って事らしいですが、そういうファンが推す、ポドルスキとかシュヴァインシュタイガーとかがキャプテンになるより余程良いと思うんですけどねえ。この人達だと絶対喧嘩してチーム大崩壊とか試合で退場とかしそうです。
カーンがずっとやっていたんだから、キーパーがキャプテンなら良いんでは無いのか、と言う意見も有りますが、カーンはやたらカリスマ性と言うか迫力が有ったけれど、カーンやレーマン以降のドイツのキーパーは、ドングリの背比べ状態で、どの選手も確固たる地位を築いたとは言えないので、キャプテンになっても直ぐ選手が付いて来るような信頼や指導力はまだ無い気がしますね。
ラームは見た目が強そうじゃないから、ダメに見えるのかな?サネッティも、頼り無いって言われ続けてもなんとかなっているんだから、大丈夫だと思います。デカくて強そうじゃなくっちゃダメ、って言ったらカンちゃんも失格になってしまうし。

ヘイゼルの悲劇の追悼の為にリバプールのファンとユーベのファンの親善試合が行われるそうです。名前まではわからなかったのですが、その当時の双方に所属していた選手も来場するそうです。
とても良い事なのですが、リバプールファン団体の過激な一部がイタリア人皆殺しとか、襲撃をほのめかしていて、実行されそうな場合は中止されます。
過去を教訓に遺恨を水に流して心温まる交流をしようとしているんだから、ぶち壊すような事は絶対しないで欲しいです。またなんとかの悲劇なんて後から名付けられるような事件はゴメンです。
Posted by 真奈美 at 2010年05月29日 20:04
ドイツのキーパー・・
う〜むたしかに、カーンのカリスマ性はハンパなかったですもんね。
カーンのあとは、カリスマ性といったらバラックだわな・・
でも、そのバラックが居ないんだもんね。

なんか、やはりというか。
欧州以外で開催するワールドカップって、
欧州のいわゆる有力国勢は、実はあまり気持ちが入らないのかな〜・・なんて思ってしまうんですよ。
日韓のときのフランスがいい例で、
自国大会で優勝したあとなのにグループリーグで敗退だし。

サネさんといえば、サネッティのいないアルゼンチンのキャプテンって誰?
セリエAを通じてサッカーを見てるからして、
どうしてサネッティとカンビアッソがいないのか、
頭では、記事読んで、うむ、これでいいのか、と理解できても、
なんか気持ちのほうがな〜・・

Posted by かや at 2010年05月29日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151445426
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。